羽生結弦の母親は宗教にハマっている?はウソ!(写真あり)

ネット上で「羽生結弦選手は宗教にハマっている」とか「宗教は母親の影響?」とか噂になっていますね。
ソチ・平昌オリンピックと2大会連続で金メダルを獲得し、最年少で国民栄誉賞を受賞するなど、国民的なヒーローとなった羽生結弦選手ですが、事の真相はどうなんでしょうか?

その辺のところを検証してみます。

【宗教のうわさの背景はあの精神力とペンダントと母親?】

羽生結弦選手がソチで金メダルを獲得したのが2014年。
その時、まだ19歳でした。

その後、NHK杯でけがをして、復帰後の初めての大会が平昌オリンピックだったにも関わらず男子フィギュアでは66年ぶりとなる2大会連覇。

大舞台でも力を発揮できる強い精神力と、「怪我をした右足に感謝する」とコメントするなど、20代の若者とは思えない高い意識を持つ羽生選手。
そこから、「あんな強い精神力を持つのはどのようにして育ったんだ?」と不思議に思う人が多かったようです。

さらに、演技の前に十字を切ったり手を合わせたりするしぐさ
これが何か宗教的な臭いを感じさせるようで…。

極めつけは、胸に光るペンダント
それが、宗教的なお守りの類ではないかとされ、「羽生結弦選手は宗教にハマっている」と噂がたちました。

そして、宗教にハマっているのは、母親の影響だと疑われています。

羽生結弦選手の母親は由美さんといって、常に羽生結弦選手に付き添い、現在カナダのトロントで一緒に暮らしています。

母の由美さんは、羽生選手がインタビューで家族のことを聞かれた際に、「家族と競技は関係ない」とシャットダウンしたり、羽生選手の身体や衣装に触れようとするファンを制止したこともあります。

さらに、2015年NHK杯の前に恋愛禁止令を出したり、羽生選手に携帯電話を持たせなかったりするところから、記者の間では「怖い存在」と思われています。

いつも母親べったりな羽生選手に対し、マザコン疑惑を抱いたり、母親の影響が強いことから、「母親が宗教にハマっていて、羽生選手はその影響を受けている」などと噂されるようになったのです。

なんか、根拠があるようなないような話ですが、ホントのところはどうなんでしょう?

スポンサーリンク


【胸に光るのは何のペンダント?試合前のしぐさは何のため?】

羽生結弦選手は3つのペンダントをしています。

2013年頃からしている一番大きなきらきら光るペンダントが宗教のものではないかと噂されていますが、実はこれ地元で『寺岡接骨院きくち』を営む整体師、菊池晃さんからの頂き物のパワーストーンです。

昔から羽生選手のサポートしている方で、喘息持ちの羽生選手がこれをつけたら呼吸が楽になり上手くジャンプが飛べるようになったため、それ以来ゲンを担いでいるそうです。

菊池さんの念の入れ方でペンダントの値段も変わるらしいという噂から宗教色を感じた人がいたようですね。

残りの2本のネックレスは、アクアチタンなど健康グッズの会社ファイテンのもので、同社のものは多くのアスリートが愛用しています。
羽生選手はファイテンとアドバイザリー契約をしていて、『RAKUWA ネックレス×100アースカラー』という商品が出ています。

また、試合前のあのしぐさについては、インタビューでこんなコメントをしています。

「あれは儀式のようなもの。手を合わせるのは瞑想で、体を触るのは気になるところを最終確認するため」だそうです。

スポンサーリンク

【羽生選手の母親はどんな人?】

いつも羽生選手のそばにはお母さん、由美さんがついていますね。
そこから「マザコン疑惑」?が出ているようですが、由美さんってどんな方なんでしょうか?

実際、羽生選手は、世界的なコーチ、ブライアン・オーサーさんに教えを請うため、2012年からカナダのトロントで母親と暮らしています。
ブライアンコーチと言えば韓国のキム・ヨナを育てたことで有名な人ですね。

「わざわざご主人と娘を残してまでカナダまで付いていくなんて…」と思われる方もいるようですが、これには事情があります。

羽生選手は喘息持ちで食が細いんです。

渡航当時、カナダのビッグサイズのステーキやジビエなどの肉料理になじめず食事に悩んでいたそうです。
そこで、由美さんがトロントで一緒に住み、食事や喘息のケアをすることに。

息子の健康を気遣っていらっしゃる愛情深い方なんですね。

由美さん、羽生選手が有名になる前は、デパートやクリーニング店で掛け持ちでパートをして家計を助ける働き者で、2010~2011年は、羽生選手の衣装まで作っていたそうです。

あのスパンコールもお母さんのお手製なんですから、一着作るのにかなりの時間がかかったでしょうね。
地元のファンの間では、心温まるエピソードがたくさん知られています。

また、記者に「家族と競技は関係ない」とインタビューをシャットダウンしたのは、ソチで金メダルを獲得した後、地元に多くの取材陣やファンが殺到し、家族のみならず、近所や知人にまで迷惑をかけたからだそうです。

家族があまりテレビに出ないのもそのためで、逆にそれが根も葉もない噂に発展してしまったようですね。

実際、由美さんはインタビューで「頑張っているのは本人で親ではない」という趣旨のコメントを残していますから、羽生選手本人が注目されるのはともかく、家族や近所の方はそっとしておいてほしいのでしょう。

同時に、現在の羽生選手の活躍はあくまで本人の力によるもので、親が偉いのではないという謙虚な姿勢も感じられます。

なお、ここではあまり触れませんでしたが、お父さんは長年中学校の教頭先生を務め、現在は校長先生になっていらっしゃいます。

立場上、メディアに出ることを謹んでいるのでしょう。

結論、羽生選手の高い意識や精神力は、ご両親の教育がしっかりしていたうえに、本人の努力があってこそなのではないでしょうか。


羽生結弦、実家の住所がバレた?自宅は全壊?

【羽生結弦の実家の住所は?自宅は全壊?】

スケート界のプリンス、羽生結弦選手の実家の住所は宮城県仙台市泉区。
県営住宅に住んでいました。

というのは、高校生ながら四大陸選手権で銀メダルを獲得した2011年。
世間から注目されるようになったそんな年、大会1カ月後の3月11日にあの『東日本大震災』が発生したのです。

そのとき、羽生結弦選手はスケート場『アイスリンク仙台』で練習の真最中。
スケート靴のまま四つん這いで外へ避難したそうです。

この『東日本大震災』により、自宅は全壊。
4日間の避難生活の末に、県営住宅に移り住むことになったんです。

ところで、フィギアスケートは、本格的にやろうとするととてもお金がかかる競技だと言われていますよね。
ですから、有名選手の実家は裕福なご家庭が多いので、羽生結弦選手の実家もお金持ちかと思いきや、実はごく普通のご家庭。

お父さんは中学の教頭先生、お母さんはパート勤め、そして4歳上のお姉さんという家族構成です。

数年前まで羽生結弦選手の衣装は、お母さんの手作り。
お姉さんは、結弦選手のために大学を諦めたりと、一家で結弦選手を支えてきました。

羽生選手が試合後のインタビューで語る「自分を支えてくれた家族に感謝します。」という言葉は、報道向けのコメントではなく心の底から出る言葉なんでしょうね。

スポンサーリンク

【羽生結弦の実家がストーカー被害!】

2014年のソチオリンピック、2018年の平昌オリンピックと2大会連続で金メダルを獲得。
大会2連覇は男子シングル種目としては66年ぶりの快挙ということで、最年少で国民栄誉賞まで受賞してしまうのですから、スゴイを通り越してますよね。

そんな羽生結弦選手が、『東日本大震災』で自宅のみならず練習場にしていたスケート場『アイスリンク仙台』も失ったことが話題になり、テレビで繰り返し仙台の被災状況が放送されました。

地元の新聞記者によると、その際、羽生結弦選手の実家の近隣住所までも報道されてしまったため、カメラを手にした多くの女性ファンが周辺に集まり、ストーカーみいたになっているそうです。

羽生結弦選手はカナダを拠点にしていますが、年に数回帰省します。
商店街を歩く姿が見かけるらしいですが、地元では暗黙のお約束としてそっとしてあげているそうです。

世界各地を飛び回り、熾烈な戦いを続けている羽生結弦選手ですから、実家に戻ったときくらいはゆっくりと休ませてあげたいですね。

スポンサーリンク


【羽生結弦のプロフィール】

  • 生年月日:1994年12月7日
  • 血液型:B型
  • 出身地:宮城県仙台市泉区
  • 所属:全日本空輸 (ANA)
  • 学歴:東北高校を卒業し、早稲田大学人間科学部(通信教育課程 eスクール)に進学
  • 主要な成績:2014年ソチオリンピック優勝、2018年平昌オリンピック連続優勝、2014年世界選手権優勝、2017年世界選手権優勝、2013年~2016年グランプリファイナル4連覇、2012年 – 2015年全日本選手権4連覇
  • 世界ランキング:2013年10月~2018年4月・1位、2018年10月現在3位。
  • 主な記録:ISUジャッジングシステムの国際大会において、史上初のショートプログラム100点、フリースケーティング200点、トータルスコア300点超え。世界記録を12回更新(2012年~2017年)。ショートプログラム(112.72点)、フリースケーティング(223.20点)、トータルスコア(330.43点)は世界歴代最高得点記録。2018年国民栄誉賞を最年少で受賞。
  • 持病:2歳から喘息を患い、大幅に改善したがいまだ完治には至っていない。

中村勘九郎の父親はあの中村勘三郎!

【中村勘九郎の父親:中村勘三郎の七回忌】

中村勘九郎さんの父親である勘三郎さんがんが亡くなって7年が経ちました。
今年(2018年)9月には「七回忌追善 偲ぶ会」が開かれ、なんと1200名もの芸能関係者が参加、そして、10月、11月には「七回忌追善 興行」が開かれる予定です。

勘三郎さんは歌舞伎はもちろん、TVドラマやCMなどでも大活躍でしたから、良くご存じの方も多いのではないでしょうか。

9月の「偲ぶ会」では、勘三郎さんの2人の息子である勘九郎さんと七之助さんが兄弟でそれぞれあいさつしました。

上の写真の向かって左は中村七之助さん、中央が中村勘三郎さん、右が中村勘九郎さんです。(東京スポーツ新聞社より)

そのなかで、勘九郎さんは
「父と丸6年会っていないのが不思議な気がする。長い巡業に行っていて、ひょっこり帰って来るような気がしてならない。…父に会いたい気持ちが増しましたと同時に、何より父がみんなに会いたいだろうと思います。」

と涙ぐんでいたのが印象的でしたね。。

また、雑誌『アエラ』では、「七回忌追善 興行」を前に、やはり、兄弟でこんな風に語っています。

  • 勘九郎さん

「父の追善公演をさせていただくことは、本当に嬉しい。
ことに歌舞伎座と平成中村座でできるのはありがたいこと。

父は新作歌舞伎に取り組んだが、それ以上に古典歌舞伎を愛していた。
僕たちもきちんと古典を受け継がなければならない。…

偉大すぎる父を持って大変なことはないかと言われるけど、それはない。…

歌舞伎座新開場の時、父はどんなにこの舞台に立ちたかっただろうと思い、胸がいっぱいになった。…

父は祖父から「追善のできる役者になれ」と言われて育ったそうだが、僕たちもこうして父の追善公演ができる。
そのありがたさを感じ、心して務めていきます。」

  • 七之助さん

「松竹の副社長が、父は『歌舞伎座を背負いながら、平成中村座を作り上げた方なので両方で追善公演を行うことが功績に応えること』とおっしゃったのは嬉しかった。…

僕は常に父を意識して毎日舞台を務めています。
父が生きていた時は安心し、甘えていた部分もあるけど、いざ言ってくれる人がいなくなったことの恐ろしさ。…

僕たち兄弟は重度の父親コンプレックス。
甥たち(勘九郎の息子勘太郎と長三郎)の初舞台の時は父が見たかっただろう、一緒に出たかっただろうと思い胸が詰まった。…」

なんか、しみじみするお話ですね。

スポンサーリンク


【中村勘九郎の父親:勘三郎ってどんな人?】

では、簡単に中村勘九郎さんの父親である勘三郎さんについてご紹介します。

*中村勘九郎さんのプロフィールはコチラ

【父・中村勘三郎プロフィール】

  • 十八代目 中村 勘三郎
  • 生年月日:1955年(昭和30年)5月30日
  • 本名:波野 哲明(なみの のりあき)
  • 屋号:中村屋
  • 妻:好江(七代目中村芝翫の次女)
  • 父:十七代目中村勘三郎
  • 祖父:父方…三代目中村歌六、母方…六代目尾上菊五郎
  • 所属事務所:ファーンウッド

子役時代から46年間、五代目 中村 勘九郎と名乗る。

江戸の世話物から上方狂言、時代物、新歌舞伎から新作など、幅広いジャンルの役柄を務める。
コクーン歌舞伎や平成中村座を立ち上げ、渡辺えりや野田秀樹、串田和美らと組み、古典歌舞伎の新解釈版や新作歌舞伎の上演、地方や海外公演も精力的に行う。
現代劇『浅草パラダイス』は長期人気演目。
2012年、食道癌を発端とし、同年12月5日に急性呼吸窮迫症候群のため死去。
2013年(平成25年)4月には新生・歌舞伎座こけら落としを控えていた。
享年57歳。


中村勘九郎が銀魂でハチミツまみれ?画像つき!

【中村勘九郎が映画『銀魂』でふんどし姿でハチミツまみれ?】

中村勘九郎さんは歌舞伎はもちろん、映画やドラマでも幅広い役をこなせるマルチ俳優。
最近の映画では、2018年8月17日に公開された『銀魂2 掟は破るためにこそある』にも出演していますね。

その映画の第一弾に当たる2017年公開の映画『銀魂』で勘九郎さんが全裸でハチミツまみれの熱演をしているんです。

当時、映画『銀魂』のジャパンプレミアムに出席した中村勘九郎さんが、集まった子どもたちに
「おじさん、ち○ち○出しているからね」
と話しかけ周りの出演者から制止される爆笑シーンがありました。

あの真面目な勘九郎さんに何が起きたんでしょう?

【映画『銀魂』とは?】

もともと、『銀魂』は集英社『週刊少年ジャンプ』にて2004年から2018年まで連載された空知英秋のSF時代劇漫画です。

舞台は、江戸時代末期。

宇宙人「天人(あまんと)」の襲来を受けた日本は、天人との間に攘夷戦争に突入します。
しかし、弱腰の幕府は天人の侵略を受け入れ開国し、江戸は天人の支配下に。
天人と戦った攘夷志士達は弾圧され、侍は力を奪われていきました。

そんな時代、剣術道場の跡取りながら剣を活かせず無気力になっていた志村新八は侍魂を持った青年、坂田銀時と出会います。

新八は、銀時の営業する万事屋でともに働き出すが、やがて、江戸の治安を預かる真選組の侍たちなどと関わり合っていく人情ストーリーです。

登場人物も、近藤勲(近藤勇?)、土方十四郎(土方歳三?)、沖田総悟(沖田総司?)、志村新八(永倉新八?)など歴史上の人物名をパロディー化しています。

スポンサーリンク


【中村勘九郎の『銀魂』での役は?なぜハチミツまみれ?】

映画の中で、勘九郎さんは真選組局長・近藤勲を演じています。
男気あふれるが『天然キャラ』。
常に裸で竹刀を振っている男です。

映画版『銀魂』の第一弾は、原作の「カブト狩り(第10巻)」と「紅桜篇(第11-12巻)」をベースにしていますが、
勘九郎さんがハチミツまみれになったのは、逃げた将軍のペットであるカブトムシを捕まえるために、近藤勲が全身にハチミツを塗りカブトムシをおびき寄せようとするシーン。

ジャパンプレミアムで勘九郎さんはこんな風に語っています。

「皆さん衣装もすごく凝っていて、暑い思いをされていたと思うんですけれども、僕はほとんど裸だったので、全然苦労していないですね。そういう点では。」
「ロケの時はだいたいガウンを着ていたので、みんなから『AV男優だ』って(笑)」

これには会場も大爆笑。

共演の小栗旬さんは、勘九郎さんに「役者魂を見せていただいた」としたあと、

「初めて会った時からずっと蜂蜜まみれだったので、その時点で凄いなっていうのと、(自分が)飛んだ時に、(蜂蜜を)飛ばしたいからって、やたらここ(股間)に蜂蜜を集めて」

と笑いながらコメントしていました。

この映画、監督を務めたのは深夜の人気TV番組「勇者ヨシヒコ」を撮った福田雄一さん。
ギャグとパロディー満載の楽しい映画です。
まだ見ていない方は、DVDでご覧になってはいかがでしょうか?

中村勘九郎の浮気相手はあの有名女優?ホント?

【中村勘九郎があの大物女優と浮気?】

2019年の大河ドラマ『いだてん』の主演も決まり、今話題になっている中村勘九郎さんですが、かつて浮気騒動が起きたことがあります。
その浮気相手と噂されたのは、大物女優:宮沢りえさん。

それは2016年のこと。

「あの真面目そうな勘九郎さんが!」と当時話題になりました。

でも、ちょっと待って下さい。
宮沢りえさんは1973年生まれですから当時43歳。

一方、中村勘九郎さんは、1981年生まれですから35歳。

あり得ない年齢差ではありませんが、不自然だと思いませんか?

それもそのはず。
じつは、宮沢りえさんと浮気が疑われたのは、同じ「中村勘九郎」でも、父親の「18代目中村勘三郎」さんの方なんです。

お父さんもかつて「勘九郎」を名乗っていたことがあり、当時「五代目 中村勘九郎」でした。
今の勘九郎さんは、「六代目 中村勘九郎」。

なんでも、「文芸春秋」がある歌舞伎俳優の不倫疑惑を追っているという噂から生まれた誤解のようです。

写真中央が父「五代目 中村勘九郎(18代目中村勘三郎)」、向かってその右が「六代目 中村勘九郎」

「六代目 中村勘九郎」さんは、奥さんの女優、前田愛さんと今でもラブラブで、二人の息子さんも初舞台を踏み、円満な家庭を築いているようです。

*嫁:前田愛さんとの馴れ初めについてはコチラ⇒【中村勘九郎と嫁、前田愛との馴れ初め】

スポンサーリンク

【五代目 中村勘九郎と宮沢りえの不倫騒動とは】

では、お父さんの方の勘九郎さんと宮沢りえさんとの不倫騒動の経緯をご紹介します。

父、勘九郎さんと宮沢りえさんが不利疑惑をもたれたのは1994年のことです。
当時、宮沢りえさんは婚約していた貴花田関と破局し、憔悴のあまり拒食症に陥っていました。

そんななか、京都のホテルで泥酔したりえさんが、グラスを片手に左手首を切る事件がありました。(りえさん自身は自殺説を否定しています。)

そして、その事件(事故?)が起きる直前に会っていたのが勘九郎さん。
そのことから不倫疑惑がもたれました。

しかし、勘九郎さんは記者会見で疑惑を明確に否定。

勘九郎さんによると、酔っていたりえさんから電話であるお店に呼び出され、行ってみると、りえさんが余りにも泥酔していました。
心配した勘九郎さんはタクシーでホテルまで送り届けただけだそうです。

そのあとに、先ほどの手首を切る一件があり、一気に不倫疑惑が広まりました。

当時、婚約解消で傷ついていた宮沢りえさんを中村勘九郎さんが励ましていたのは事実だそうですが、不倫に関しては両人ともきっぱりと否定しています。

だとすると、こちらも誤解から生まれた報道のようですね。

とかく華やかなイメージがある歌舞伎界と芸能界。
役者さんたちも大変ですね。