ぼくりり、ツイッター炎上で謝罪?ラストライブは「葬式」!

“ぼくりり”のツイッター騒動


“ぼくりり”が突如の引退発言のあと、ツイッターで大変なことになっていますね。

きっかけは、ツイッターでの

「こんなことなら、才能なんてなければよかった。ありきたりな人間に生まれればよかった」

という“ぼくりり”のつぶやき。

このつぶやきが賛否を呼び、エールや批判が寄せられていた。

その後、以下のようなつぶやきが続きました。

「今このツイートを見ている、僕のアンチの皆さん。皆さん、僕に嫉妬しますか?皆さん、僕が羨ましいですか?皆さん、僕になりたいですか?」

「アンチの意見が欲しいって言ったのに、僕に惹かれた信奉者ばかりで辟易しました」

「アンチ以外答えないでください。その他はリプライで答えなさい」

この物言いが更なる批判を招きます。

「アンチのことばかりつぶやいていないで、もっとファンを大切にすべき!」と批判するフォロワーに対し、『説教ババア』とよ呼び、

「リプ欄の説教ババア軍団うざすぎワロタ」

「『ファンを大切にしろ』?黙れよ説教ババア アーティストにも客選ぶ権利あるんだよ!!!」

「説教したいならてめえの子どもにしろや チヤホヤされたいならホストクラブいけカス」

「引退を前に、ファンが“ぼくりり”ロスにならないようにわざと嫌われようとしているのか?」といううがった見方をする人たちまで現れる始末。

スポンサーリンク


“ぼくりり”が謝罪?ラストライブ告知のため?

そんな中、一連の騒ぎに辟易したのか、“ぼくりり”がとうとう謝罪しました。

*9月28日のつぶやき

「【お詫び】 皆様から頂いたご指摘の通り、応援してくださるファンの皆様、とくに説教バb……貴重な御意見をくださる妙齢の方々への礼儀と感謝を欠いた態度をとってしまい、誠に申し訳御座いませんでした。心よりお詫び申し上げます。改めまして、ぼくのりりっくのぼうよみを応援してくださって、誠にありがとうございます」

ただ、そこにアップされている“ぼくりり”の写真の表情が挑発的なんです。

♣“ぼくりり”のツイッターはコチラ

だれかに謝るよう言われて仕方なく謝罪したとも思われます。

実際、その日すぐあとに、

「卑屈を押し付けるのは呪いだ 何言われようと好きに生きるのが僕の仕事です」

とつぶやいています。

そんな“ぼくりり”も、その直後「お母さん」にiPhoneを取り上げられたようで、9月29日以降1週間ほどツイッターに投稿がありませんでした。

その最後の投稿で“ぼくりり”はラストライブの告知をしています。

この流れから想像すると、もしかしたら、所属事務所から謝罪をするよう言い渡されたのかも…。

ちなみに、ラストライブのタイトルはなんと「葬式」。

偶像“ぼくりり”を葬り去る儀式と位置付けています。

ラストライブの日程と場所は以下のとおりです。

  • 日程:2019年1月29日
  • 会場:昭和女子大学 人見記念講堂

渋谷駅に大きな広告があるそうです。

興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

ボクノリリックノボウヨミと宇多田ヒカル

「ぼくのりりっくのぼうよみ」は、その名の通り秀逸なlyric(歌詞)で人気ですね。

ジャンル的にはヒップホップだけど、独特な歌詞の世界観で他のアーチストとは一線を画してる感じ。

ちなみに、”ぼくのりりっくのぼうよみ”という変わったアーチスト名は、以前、気持をこめて詩を読もうとしても棒読みになってしまう自分のことを自虐的にネーミングしたものだとか。

1998年2月12日生まれで、デビューが2015年12月というから17歳でデビューしたことになります。

17歳とは思えない歌声から、宇多田ヒカルさんを思い起こす人も多いようですね。

宇多田ヒカルさんは15歳でデビューし、やはり当時その年齢には思えない歌唱力と音楽性で注目されたアーチストですね。

スポンサーリンク

ぼくりり、宇多田ヒカルを歌う

実は、ぼくのりりっくのぼうよみはライブで宇多田ヒカルさんの曲をカバーしているんです。

2016年12月、渋谷CLUB QUATTROにてワンマンライブ”Hello,world!”を行いました。

そのステージのアンコールで宇多田ヒカルの”First Love”に大幅なアレンジを加えて披露したんです。

ちなみにこの曲は、ボーイズⅡメン、May Jさん、徳永英明さんなど多くのアーチストにもカバーされている名曲です。

”ぼくりり”が歌っているところを生で見たかった…。

“First Love”歌詞はこれです(⤵)。

Fist Love 作詞・作曲:宇多田ヒカル

最後のキスは
タバコの flavor がした
苦くて切ない香り

明日の今頃には
あなたはどこにいるのだろう
だれを想っているんだろう

You are always gonna be my love
いつかまた誰かとまた恋に落ちても
I’ll remember to love
You taught me how
You are always gonna be the one
今はまだ悲しい love song
新しい歌 うたえるまで

立ち止まる時間が
動き出そうとしてる
忘れたくないことばかり

明日の今頃には
私はきっと泣いている
あなたを想っているんだろう

You are always be inside my heart
いつもあなただけの場所があるから
I hope that I have a place in your heat,too
Now and forever you are still the one
今はまだ悲しい love song
新しい歌 うたえるまで

スポンサーリンク

宇多田ヒカル”First Love”の歌詞

宇多田ヒカルさんも英語の歌詞が多いので少しだけ解説します。

何度も繰り返される“You are always gonna be my love”ですが、love の意味はわかりますか?

もちろん、「愛」とか「愛する」という意味もあるんですが、「恋人」という意味もあるんです。
「あなたはいつも私の愛です。」より、「あなたはいつも私の恋人です。」の方がしっくりきませんか?

“are (always) gonna ”は、“be going to”の砕けた言い方ですから、「これからもいつも恋人だよ」みたいなニュアンスです。

また、次に出てくる英語は、“I’ll remember to love you taught me how”までが一つの文章。

“remember to ~”で「~することを覚えている、忘れない」という意味です。

ですから、「愛することを忘れないわ」と言っています。

この love は、ふつうに「愛する」ですね。

ではどのように愛するかというと、“You taught me how”、つまり、「あなたが教えてくれた仕方で」となります。

ですから、「あなたが教えてくれたように仕方で人を愛することを忘れないわ」とうたっているんですね。

次の、“You are always gonna be the one”の“the one”は、「1」ではなく「その人」という意味。

“You are the one.”とか、“He is the one.”というかたちでよく使われる表現です。

では、どんな人かというと、それは前後の文脈から考えます。
この曲の場合は、「恋人」、「いつも想っているいとしい人」のことを指しています。

続く、“You are always be inside my heart.”は、「あなたはいつも私の心の中にいます」。

“I hope that I have a place in your heat,too.”は、「あなたの心の中にも私の場所があるといいな」という意味。
すぐ前の、「あなただけの場所がある」を受けての言葉ですね。

こうやって見てくると、“ぼくりり”の書く詩とはまた違った世界観ですね。

わざわざこの曲をライブでやったのは、何故なんでしょうね?
純粋に、“ぼくりり”のファイバリット・ソングだからなんでしょうか?
いずれにしても、メロディーが美しい名曲なのはまちがいありません。

ボクノリリックノボウヨミの歌詞の意味は?”SKY’s the limit”編

“SKY’s the limit”は、ボクノリリックノボウヨミが資生堂アネッサのCMソングとして書き下ろした曲で有名ですね。
割とストレートな歌詞で、インスタやツイッターで自分を表現する現代の若者の行動を肯定的に歌っています。

今回は”SKY’s the limit”の英語部分を中心に意味を探っていきます。

タイトル”SKY’s the limit”ってどんな意味

まず、タイトルの”SKY’s the limit”ですが、これは直訳すると「空(sky)が限界(limit)です」ですが、「限りがない、限界がない」という意味です。

もともと、英語の慣用句に”The sky’s the limit.”というのがあります。

これは、短縮形を使わないで書くと”The sky is the limit.”ですが、通常”The sky’s”を使います。

1911年、アメリカの新聞に掲載された”Then good luck, and remember the sky’s the limit.”(では、幸運を祈る。そして、君には限界がないことを覚えておきなさい。)の文章がオリジナルと言われています。

美しさを求める若者、特に女性へのエールとして力強いフレーズですね。

“SKY’s the limit”の歌詞の意味


では、歌詞を見ていきます。

Sunrise 光り包まれて
Being alive,being vivid
I’ll be better for your life
強く美しく私が輝く
We are beautiful

“Sunrise”(サンライズ)は「日の出」。

これはわかりますよね。

“Being alive, being vivid”(ビーイング アライブ、ビーイング ビビッド)。

“alive”の意味は、「生き生きしている、生きている」、”vivid”は「あざやかな」です。

“Being alive, being vivid”で「生き生きしていること、あざやかなこと」。

続く”It’ll be better for your life”(イトル ビー ベター フォー ユア ライフ)は、「あなたの人生にとってそれがより良いでしょう。」

つまり、「君の人生にはそのほうがいいよ。」ということですね。

“It’ll”は”It will”の短縮形です。

で、「その」が指しているのが、”Being alive, being vivid”。

わかりやすくいうと、「生きるなら、生き生きと、あざやかでいるほうがいいよ。」くらいでしょうか。

余談ですが、個人的には、”It’ll be better.”より、”It would be better.”の方がしっくりくるんですけどね。

「~したほうが」みたいに仮定法的な雰囲気が出るので…。

“We are beautiful”(ウィー アー ビューティフル)「私たちは美しいです。」

これもわかりますね。

スポンサーリンク


幸せな日々 描き出した未来と
華やかさが包み込む
花束が舞う 街のなか

どの一瞬も私は私
ただsummer color 見にまとって
ありのままでまた笑った

こもままの私だけ
愛を 愛を 朝の陰に隠れ
party time まだね終わらない
笑顔満ちて これはきっともう運命

“summer color”(サマーカラー)は、直訳すると「夏色」。

ただ、英語にこのようないい方はないので、詩的に作ったものでしょう。

“party time”(パーティー タイム)は「パーティーの時間」です。

グロリア・エステファンやカーティス・ブロウに同名の曲がありますが関係はなさそうです。

ここでは「とても盛り上がっている時間、楽しい時間」ということでしょう。

風が吹いて ひらひらと舞う髪が
夢のなかじゃない 変わってゆく日々が
光が射して暖かく微笑むよ
誰の目も気にせずに歩き出す
We are beautiful

“幸せそう”を追いかける自分を
華やかだなんて思えなくて
花束が舞う街の中

この一瞬の私がすべて
逆さまなまま息をして
徒花咲かす 枯れないな

画面越しの世界だけ
愛を 愛を
虚構のまま踊る

“本当は”なんて意味ないよ
太陽浴びて I gotta post my picture

“i gotta post my picture”(アイ ゴッタ ポスト マイ ピクチャー)は、「写真を投稿しなければならない」です。

“gotta”は、日常会話や歌詞などで良く使われるいい方です。

“got to”のくだけた発音で、“have to”となじく「~しなければならない」という意味です。

“post”は「(手紙やはがき)を送る」ですが、ツイッターやインスタに投稿するときにも使われます。

この曲自体が、SNSで自己表現する人へのエールということを考えると、「写真をアゲなきゃ。」みたいなことですね。

すぐ前の「虚溝」や「“本当は”なんて意味ないよ」から、写真を加工して(もって)投稿する行為を肯定しています。

「太陽浴びて i gotta post my picture」と、“堂々と自分を美しく表現しよう!”

と歌っています。

美しいことばっかりの”
人生なんかじゃないけど
じゃあ せめて今だけ彩って見せて

季節外れの雪景色
一番きれいな君で笑って

壊れそうな 泡沫を集めたら
夢の中だけで変わってく日々が
光が射して暖かく微笑むよ
飾らないものはない 歩き出す
We are beautiful

かつては情報の受け手でしかなかった一般の人たちが、SNSの普及によって自己表現できるようになった今、インスタやツイッターを活用してなりたい自分になろうとする行為を肯定している”ぼくりり”。

これだけ人気があるのもうなずけますね。

スポンサーリンク

ボクノリリックノボウヨミの歌詞の意味は?”sub/objective”編

鋭い感性で綴った詩が心に響くと定評のある”ぼくのりりっくのぼうよみ”。

最近、日本テレビ系列の深夜の報道番組『ZERO』で、2019年から芸能活動から身を引くと発言し話題になりましたね。
なかなかああいう歌詞をかける人がいないので惜しい限りです。

その歌詞ですが、英語も混ざり、ときには難解な表現もあるので、「どんな意味?」と疑問に思うことはありませんか?(・・;

詩なので受け手がそれぞれ自由に解釈すればよいと思うんですが、英語の部分は単語を知らないと???ですよね。

そこで、ぼくのりりっくのぼうよみの曲の英語の部分を中心に歌詞の意味を書いてみました。
曲別にまとめていますので、「イチイチ調べるのが面倒・・・」という方はご覧ください。

今回は、”sub/objective”編です。

スポンサーリンク


ぼくりり”sub/objective”の歌詞

タイトル”sub/objective”の”sub”は、”subjective”という単語の一部。
“subjective”は“主観的”という意味です。

もう一つの”objective”は“客観的”という意味ですね。

高校の英語の授業で主語を”S”、目的語を”O”と習いましたよね。
あの”S”は”subject”、”O”はobjectの頭文字です。

ですから、タイトルの”sub/objective”を日本語に直訳すると、“主観的/客観的”になります。

他者を見る自分と、他者からどう見られているかにとらわれる自分が常に入れ替わっていく精神状態を歌った曲ですね。

ジコチュー的に周りを見てしまう自分と、いつも周りの目を気にしてしまう自分が同居しているボク。
ナンカわかる気がしませんか?

では、歌詞を英語を中心に見ていきます。
(日本語部分を解説するのは、ぼくりりに悪い気がするので、最小限にします。自分が感じたままでOKです。)

架けた橋 遠ざかり 遠回り
behave like a blindness
取り返しつかないところまで
一人ベッドで毛布に包まり
告げる現実にgood-bye

“behave”(ビヘイブ)は“ふるまう”、
“like”は、“~のように”、
“a blindness”(ア ブラインドネス)は“目が見えない人”です。
(外から部屋の中を見られないようにする窓の“ブラインド”にnessをつけた言葉です。)

つまり、“目が見えない人のようにふるまう”ということですね。

せっかく他人との「架け橋」が見つかっても「遠ざかって、遠回り」してしまう自分を”目が見えない人のようだ”と歌っています。

数倍に膨らんだ悪夢
簡単に物事を投げ出し
no matter what I do
全て未来は決まってる
そんなふりをした

“no matter what I do”(ノー マター ホワット アイ ドゥ)は決まり文句です。

“no matter~”は”~であろうとも”、
“what I do”は”自分がすること”ですから、
”ボクが何をしようとも”という意味ですね。

そして夜が来た
悲しみが空を覆った
放り出された真っ暗闇
見失わないように心研ぎ澄まし
塗りつぶすグレーに na na na
夜中にふと気付く isolation
なんか泣きたくなるな

“isolation”(アイソレーション)は”孤立”です。
John Lennonの曲に”isolation”というのがありますが、それと同じ言葉です。

Afterglow 照らすオレンジ
Afterwards すべて終われば
泣いたりしなくて済むのかな
I deceived other everyone

“afterglow”(アフターグロウ)は”夕焼け”です。
続く”照らすオレンジ”は夕焼けの空ですかね。

“afterwards”(アフターワーズ)は”その後”です。
お気づきのように韻を踏んでいますね。

続いて出てくる”deceive”(ディスィーヴ)は”欺く”、”だます”という意味です。
“I deceived other everyone”(アイ ディスィーヴド アザー エヴリワン)で”ボクは他のみんなを欺いた”になります。

スポンサーリンク


いつしかすり替る一人称から三人称へ
二元論でしか世界を観れないのは悲しい
すべてに apathy だから魂奪われ融ける
いつしか物を見ている自分を見るようになった
他人からどう見えてんのか
それだけ気にしている
なんてすばらしい人生だろう

いつしかすり替わる一人称から三人称へ”は、主観的=”subjective”に他者を見る自分から、から客観的=”objective”、つまり他者の目で自分を見るボクになるということ。

”二元論”というのは、世界を「精神と物質」とか「善と悪」など二つの原理で解釈する考え方です。
ここでは、”自分”と”他者”を指していると思われます。

“apathy”(アパスィ)は”無関心”。

”なんて素晴らしい人生だろう”は皮肉ですね。

“Check this!!” “Check this!!”
叫ぶ自分を objective に眺める
急にどうでもよくなって
投げ出す何もかも
そして拾い集める
また泣いてるよ

“Check this!”(チェック ジス)は“確認しろ!”。

「他人からどう見られているかを確認しろ」と自分に叫んでいる自分。
そんな自分を”objective”=客観的に見ている自分がいる。

“Daybreak また夜が明ける
Describe ボクを貫く
涙でなにかかわるかなぁ
I deceived even myself

“daybreak”(デイブレイク)は夜明け。

“describe”(ディスクライブ)は“記述する”、“(ことばで)描写する”という意味。

“subjective”と”objective”を行き来する自分自身を言葉で表現することで自分を知るということでしょうか。

“I deceived even myself”(アイ ディスィーヴド イブン マイセルフ)で”ボクは自分自身さえもだましている”という意味。

自分と他者に引き裂かれた自分。
常にその間を行き来している悲しさ。

この問題は、昔から哲学・心理学で扱われている王道のテーマです。
これまで信じられてきたかつての価値観が崩れ去った現代、ますますその意味が問われる深い曲ですね。

才能あふれる”ぼくりり”が芸能活動から引退してしまうのは、ホントに残念です…。

ぼくのりりっくのぼうよみ、アネッサCM曲の歌詞

スポンサーリンク

アネッサCMソング”SKY’s the limit”の歌詞


ぼくのりりっくのぼうよみが、資生堂のUVケア「アネッサ」CM曲として書いたのが“SKY’s the limit”。

ダブルタイアップシングル『SKY’s the limit/つきとさなぎ』として2017年5月24日発売された曲ですね。

いつもその歌詞に注目される ぼくりり ですが、このCM曲、SKY’s the limitには、「美しくあろうとすることが何より美しい」というメッセージが含まれていると本人も語っています。

その歌詞はこんな感じです。⤵

アネッサCM曲「SKY’s the limit」の歌詞

笑顔 満ちて これはきっともう運命

Sunrise 光包まれて
Being alive, being vivid
It’ll be better for your life
強く美しく 私が輝く
We are beautiful

風が吹いて ひらひらと舞う髪が
夢の中じゃない 変わってく日々が
光が射して暖かく微笑むよ
誰の目も 気にせずに 歩きだす
We are beautiful

“幸せそう”を追いかける自分を
華やかだなんて思えなくて
花束が舞う 街の中

この一瞬の私がすべて
逆さなまま 息をして
徒花咲かす 枯れないな

画面越しの 世界だけ
愛を 愛を
虚構のままで 踊る

“本当は”なんて意味無いよ
太陽 浴びて i gotta post my picture

楽しいことばっかりの
人生なんかじゃないけど
じゃあせめて今だけ
彩って夢見せて

季節外れの雪景色
一番きれいな君で 笑って

Sunrise 光包まれて
Being alive, being vivid
It’ll be better for your life
強く美しく 私が輝く
We are beautiful

壊れそうな 泡沫を集めたら
夢の中だけで 変わってく日々が
光が射して暖かく微笑むよ
飾らない ものはない 歩きだす
We are beautiful

スポンサーリンク


”SKY’s the limit”のメッセージ


いつになく超ストレートな歌詞ですね。
”We are beautiful”の短いフレーズですが、何度も繰り返し、美しくあろうとすることへの肯定感が伝わってきます。

このCM曲について、ぼくりり自身こんなコメントを寄せています。

「InstagramやTwitter上で自分を表現することで、現在の自分からなりたい自分に変化しようとすることは、とても美しいと思います。

美しくあろうとすることが、何より美しい。」

”雪景色”はSNOW加工、”post my picture”は”写真を投稿する”というようにこの詩を読むとうなずけますね。

UVケア、アネッサのCMソングですが、たんなるコマーシャルとしてではなく、SNS世代へのエールになっているところが ぼくのりりっくのぼうよみ らしいですね。

ぼくのりりっくのぼうよみプロフィール

シンガーソングライター、作詞家、作曲家、随筆家
  • 生年月日:1998年2月12日
  • デビュー:2015年12月
  • 所属芸能事務所:ソリッドボンド
  • 所属レコード会社:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
  • レーベル:CONNECTONE
  • 公式ファンクラブ:ぼくのりりっくのぼうよみ もばいる
  • 略称:ぼくりり
  • 配信シングル:パッチワーク、Newspeak、after that、罠 featuring SOIL&“PIMP”SESSIONS、輪廻転生、僕はもういない
  • オリジナルアルバム:hollow world、Noah’s Ark、Fruits Decaying、没落

2018年9月21日、日テレ系『NEWS ZERO』でアーティスト活動終了を電撃発表。
12月12日に『没落』と『人間』の2つのアルバムを同時リリースしたあと、2019年1月で「音楽活動を終了しようかなと…」と語った。
「他人の中にある偶像に自分が支配されることに耐えられない」のが理由だとか。

スポンサーリンク