柳楽優弥の“誰も知らない”後の苦悩

2019年1月18日、柳楽優弥さん主演の映画、“夜明け”が公開されましたね。
ノリに乗っている柳楽優弥さんですが、TVドラマ“ゆとりですがなにか”(2016・日本テレビ系)や映画“銀魂”シリーズで、柳楽さんのことを知ったファンの方も多いようですね。

柳楽優弥さんの映画デビューは、2004年公開の映画“誰も知らない”で、公開当時、柳楽さんは14歳でした。

映画初出演で初主演。
しかも、第57回カンヌ国際映画祭で史上最年少および日本人初の最優秀主演男優賞を受賞した天才子役だったんです。

今回は、そんな映画“誰も知らない”と、その後、柳楽優弥が味わった苦悩についてご紹介します。

スポンサーリンク


【柳楽優弥主演の“誰も知らない”とは?】

“誰も知らない”は、是枝裕和監督が構想に15年かけて作り上げた映画です。
是枝裕和監督といえば、“万引き家族”で2018年に第71回カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルム・ドールを受賞したことで有名ですね。

実際に起きた“巣鴨子ども置き去り事件”と呼ばれる衝撃的な事件をベースにしています。

この映画は、先ほど書きましたように、柳楽優弥さんが第57回カンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞を受賞したほか、キネマ旬報やフランダース国際映画祭(英語版)で最優秀作品賞も受賞している名作です。

スポンサーリンク

【“誰も知らない”のあらすじ】

ある日、小さなアパートに母子二人が引っ越してきます。
母の名前はけい子(YOUさん)。
息子は明(柳楽優弥さん)。

大家さんには、『長期出張中の主人と息子一人』と挨拶するが、スーツケースの中に二男の茂(木村飛影さん)と次女のゆき(清水萌々子さん)が隠れていました。
長女の今日子(北浦愛さん)も人目につかないように家に入ります。

母子家庭でしかも子供が4にもいることがわかるとアパートを追い出されかねないと、けい子は周囲に嘘をついているんです。

明以外の子どもは外出禁止。
しかも、4人とも出生届を提出されておらず、学校にも通ったことがありません。
その上、父親もバラバラ。

やがて、母けい子に新しい恋人ができ同棲を始めると、子どもたちの待つアパートには帰らず現金書留で生活費を送るだけになります。

こうして兄弟姉妹たち以外は『誰も知らない』、子どもたちだけの孤立生活がはじまります。

子どもたちの面倒をみる明。
茂とゆきのそれぞれの父親にお金の無心に行きます。
しかし、手にしたのが小遣い程度のお金。

やがて、けい子から生活費が送られてこなくなり、電気・ガス・水道がとまり、生活が逼迫します。

ふとしたきっかけで不登校の中学生、紗希(:韓英恵さん)と知り合った4人。
事情を知った紗希はお金を稼ぎ、明にわたそうとします。

しかし、それが援助交際によって手に入れたものだと知ると、明はその申し出を拒否。

食べ物がなくなり追いつめられ明は、コンビニで賞味期限切れの弁当をもらい、ついには万引きにまで手を染めます。

コンビニの店員から児童相談所に行くように勧められるが、明は「4人一緒に暮せなくなる」と受け入れません。

必死に兄弟の面倒をみる明だったが、ある日、わがままな兄弟たちに溜まりに溜まっていたストレスが爆発。
反射的に家を飛び出してしまいます。

たまたま、少年野球チームの助っ人をすることになり、一瞬、日ごろの生活を忘れて楽しむ明。

家に帰ると、妹のゆきがベランダで転倒、頭を打って倒れています。
京子と茂はどうして良いかわからず放心状態。

病院に連れていくにもお金がない明は、薬を万引きし手当てするが、翌日ゆきは息を引き取ります。
明は紗希からお金を借り、ゆきが大好きだったチョコを買い、スーツケースにゆきの亡骸を納めて河川敷に埋葬します。

再びコンビニから賞味期限切れの食品をもらって生き延びる兄弟たちの、それまでと変わらない生活が続いていきます。

スポンサーリンク


【“誰も知らない”後の柳楽優弥の苦悩】

14歳でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞というとてつもなく大きな賞を受賞した柳楽優弥さんでしたが、その後かなり苦悩されたようです。

というのも、柳楽優弥さんは、“誰も知らない”の時は、是枝監督の演出で敢えて脚本が渡されませんでした。
その演出が柳楽優弥さんの自然な表情を引き出すことに成功したんです。

ところが、当然他の監督さんの場合はそうはいきません。
柳楽さんは監督の演出にうまく対応できず苦悩する日々を送ります。

一時は、俳優業から遠ざかり、車の洗車や飲食店の仕事で社会勉強をしました。

2012年、故・蜷川幸雄さん演出の“海辺のカフカ”で初めて舞台に挑戦。
2013年には、アイヌの若者を演じた“許されざる者”で映画に復帰。
幅広い演技力を身につけ、再びその存在を世の中にアピールしました。

スポンサーリンク

【“誰も知らない”を知らないファンの存在が嬉しい】

柳楽優弥さん、“シネマトゥデイ”のインタビューで若いころの苦悩についてこんなことを語っています。

特別に大きな転換期があったわけじゃないんです。
もっと演技がうまくなりたいという一心で、一つ一つ取り組んできた結果だと思います。
アルバイトという形で演技以外の世界を体験できたことは新鮮でしたし、蜷川さんとの出会いも大きかった。
“許されざる者”の李相日監督はとても厳しく、ストレートに叱ってくれた。
“闇金ウシジマくん”の山口雅俊監督は、僕が提案した役づくりのアイデアを面白がって受け入れてくれた。
そういった積み重ねが、だんだんと形になってきたところです。

宮藤官九郎さん脚本のテレビドラマ“ゆとりですがなにか”(2016・日本テレビ系)や福田雄一監督の“銀魂”(2017)で僕のことを知ったファンもいて、カンヌのことは後から知るみたいなんです(笑)。
“誰も知らない”の頃から応援してくれている方と、新しいファンの両方いることが、今の僕にとってはすごくいいバランスです。
もちろん、是枝監督の“誰も知らない”でデビューし、カンヌで受賞したことは感謝しかないのですが、その後いろんな体験をしたことで、そのありがたさを実感できるようになりました。

『天才子役』と呼ばれた人たちが、大人になったときに俳優として大変苦労をする話をよくききますが、人知れず大きな苦悩があるんですね。

それを克服した柳楽優弥さん。
これからも益々注目ですね。

スポンサーリンク

YOU(タレント)さん、ヒアルロン酸で顔がパンパンに?

最近、タレントのYOUさんの顔がパンパンにはれているとちょっとした話題になっていますね。
整形した?、ヒアルロン酸によるもの?と、ささやかれています。

YOUさんの整形疑惑の経緯


もともと、YOUさんは知人が経営するサロンに通って全身のケアをしていました。
肌の張りをキープする結構なメンテをしていたらしいです。

ある女性週刊誌がそのサロンから出てくるYOUさんを直撃取材。
その時、写真を撮られたYOUさんは、その場で泣きながら、記事を載せないように頼み込んだとか。

それが整形疑惑の発端となり、今度はフライデーがYOUさんを直撃。
記者の「整形しましたよね?」という質問に対し、YOUさんは否定したものの、記事が掲載されてしまいました。

2017年1月、記者とタレントが激突する人気番組のTV朝日系列『あるある議事堂』にYOUさんが出演。
番組で「映画の撮影中なのに整形なんかできるわけない」と、YOUさんは記事を「でたらめ」と主張しました。

これに対しフライデーの記者が猛反発しました。

これがきっかけで「YOUさんの顔がパンパンになった」、「顔が変わった」とうわさされるようになりました。

スポンサーリンク


YOUさんはヒアルロン酸で顔がパンパンになったのか?


YOUさんは、40代の頃、コーセーのスキンケア化粧品「グランデーヌ ルクサージュ」のCMに出演していました。
そのキャッチコピーは「わたしは、たるまない」。
今考えると、意味深長です。

これがそのCMに出ていた時の写真です。
このときYOUさんは46歳でした。

では最近のYOUさんはこちら。

どうでしょう。
「なんか、不自然に肌がはれ上がっているなぁ」と感じちゃいますよね。

ちまたで噂されているのが「ヒアルロン酸注射かボトックス注射のやり過ぎ」疑惑。
どちらも老化によるシワやたるみをケアするために行われる施術ですね。

ヒアルロン酸注射というのは、ヒアルロン酸を注射で注入し、そこを隆起させてシワをとったり、肌のハリを改善します。
手軽で安全な施術ですが、だいたい半年に一回程度のメンテナンスが必要になります。
ちなみに、ヒアルロン酸はもともとヒトの皮膚や関節軟骨、関節液に含まれていて、化粧品などに保湿成分としても使われています。

もうひとつのボトックスは、ボツリヌス菌から抽出した成分です。
シワの周りに注射すると、まわりの筋肉のはたらきが抑えられ、シワを伸ばします。
ただ、永久に効果が続くわけではないので、やはり定期的に注射していかなければなりません。

仮に、ヒアルロン酸注射やボトックス注射が「整形」に入らないとしても、注射の効果が切れると、本人は鏡を見たときに急に『老けた』と感じてしまうようです。
すると、注射を打つ頻度が上がったり、注入する量が増えたりとだんだんエスカレートしていく人もいるようで…。

いつでも自分を隠さず、ありのままでいるYOUさん。
おしゃれでありながら自然体でいるのがカッコイイと感じているファンが多いと思います。
いつまでもそんなYOUさんでいてくださいね。

YOU(タレント)さんの息子はだれ?

タレントYOUさんの息子は真面目な大学生!

タレントのYOUさんといえば、恋多き女のイメージが強いですが、息子さんはどんな人なんでしょうか?

芸能人御用達の幼稚園から小中高一貫校、和光学園を卒業し、2016年から都内の教育・福祉系の大学に通う大学生なんです。
名前を「然」(ぜん)くんといいます。

大学卒業後は、教育・福祉の仕事がしたいということで、芸能界には進む予定はなさそうです。

そんな然くん、いたってまじめな性格で、母親のYOUさんがお酒を勧めても断り、「たばこやタトゥーは?」と聞いても耳を貸さないそうです。
YOUさん自身も息子さんクラブ全くそういうそぶりがないのが意外だったそうですよ。

見た目はというと、『真田広之さんを色黒にした感じの男性』(byタレントMEGUMIさん)というのですからきっとイケメンなんでしょうね。

然(ぜん)くんは、母親であるYOUさんのことを『はーちゃん』と呼んでいるそうです。
ナンカ親子仲が良さそうですね。

実際、YOUさんも子煩悩なところがあり、然くんが子どもの頃、どんなに深酒しても朝6時になるとお弁当を作るために帰るそうです。(byタレントSHELLYさん)
意外(失礼)な一面があるんですね。

スポンサーリンク


YOUさんの息子の父親は誰?

ところで、一人息子、然くんの父親は誰なんでしょう?
男性とのうわさが絶えないYOUさんですからちょっと気になりますよね。

そこでYOUさんの生い立ちをフォローしながらご紹介します。

YOUさんの本名は『江原由希子』。
1964年、東京都小金井市に生まれました。

YOUさんの父親は金融会社に勤務する会社員で割と裕福な家庭でした。

子どもの頃は、バレエやピアノといった習い事をしていたそうです。

高校は女子高で、男子はどちらかというと苦手だった言うから、いまのYOUさんからは想像つきませんね。

女子高生時代にモデルにスカウトされましたが、1年でやめています。
『自分の好みに合わない服を着させられることに耐えられなかった』という理由だそうで、この辺はファッションにこだわるYOUさんらしいです。
ちなみに、YOUさんがテレビ出演の時に着ている服は全て私服なんですよ。

1985年、「ちょっとだけ」でアイドル歌手としてデビューしました。
このとき、21歳ですから今のアイドルと比べたら、デビューが遅かったんですね。

1987年には、「はねっかえり純情派」でドラマデビューを果たしています。

1988年、バンド『FAIRCHILD』(フェアチャイルド)にボーカルとして参加しました。
『FAIRCHILD』というのは、1980年代末期から1990年代前半にかけて活動した音楽ユニットで、YOUさんのほか、元SHI-SHONENの戸田誠司さん・川口浩和さんがメンバーでした。
『FAIRCHILD』時代は、作詞活動も行っていて、ともさかりえさんや藤井尚之さん、中山忍さん、宮前真さんに作詞を提供しています。

1990年、ダウンタウンのラジオ番組のアシスタントとしてレギュラー出演したのがきっかけで、「ダウンタウンのごっつええ感じ」に呼ばれレギュラーの座を獲得。
ダウンタウンファミリーの一員となり、メディアの露出が爆発的に増えました。

スポンサーリンク


YOUさんの恋愛遍歴

ノリに乗っていたそんなころ、1991年にTHE PRIVATESのギタリスト・手塚稔さんと結婚しました。

しかし、残念ながら6年で破局。
1997年1月に離婚します。

その半年後、1997年7月に今度は7歳年下の俳優:松岡俊介さんと再婚します。
このとき、すでに松岡俊介さんの子どもを妊娠していて、同年11月に出産しています。

その子が先ほどご紹介した然くんです。

*松岡俊介さん⤴(こんなイケメンの子ですから然くんもきっと…)

2004年、映画「誰もしらない」に出演したYOUさんはカンヌ国際映画祭に出席しました。
高い評価を得て、キネマ旬報ベストテン助演女優賞を受賞しています。

2006年3月、13歳年下のDragon Ashのダンサー:ATSUSHIさんとの路チューが週刊誌で報じられ、新しい男性との同棲が発覚。
同時に再婚相手の松岡俊介さんとも離婚していたこと判明しました。

しかしながら、5年間続いた同棲したATSUSHIさんとも2011年に破局。

同年、またしても17歳年下の男性とのキスを写真に撮られ報道されます。

そして、翌2012年、やはり17歳年下の歯科医師とお泊りデートが週刊誌にすっぱ抜かれます。

こうやって見てくると、YOUさん年下の男性からモテモテですね。

しかし、然くんが小学生から中学生のとき、YOUさんのこれらのゴシップが報道されていたことになります。

母親が自分の父親とは別の人と同棲したり、恋愛したりしていた時、然くんはどう感じていたのでしょうか?

その辺は本人でないとわかりませんが、YOUさんはあるところでこんなことを語っています。

『恋でもなんでも、そのとき”やろう”と思ったことをやればいいと思う。
息子にパートナーと仲良くなってほしいとは別に思わない。
親子だからってすべて合わせる必要性はなくて、自由に好き嫌いを貫けばいいと思います。』

自分というものをしっかり持っているYOUさんですから、きっとYOUさんなりに然くんに話し聞かせているんでしょうね。

芸能界と教育・福祉とでは全く環境が異なるでしょうが、それぞれ自分の生き方をつき進んで欲しいですね。