TWICEジヒョの彼氏カンダはエイのような人?過去に語った好きなタイプ!

TWICEのリーダー・ジヒョちゃんと、元Wanna Oneのカン・ダニエル(カンダ)さんが交際していることを双方の事務所が認めましたね。

人気絶頂の二人ですが、ネット上では二人の交際を応援する声が多いようです。

これまで、彼氏の噂が聞かれなかったジヒョちゃんですが、過去に好きな彼氏のタイプついて語ったことがあります。

ジヒョちゃんは、どんなタイプがお好みだと思いますか?

そして、カンダさんはジヒョちゃんの理想のタイプなんでしょうか?

スポンサーリンク

【TWICEジヒョとカン・ダニエルの交際はいつから?】

韓国のメディア「Dispatch(ディスパッチ)」によると、ジヒョちゃんとカンダさんが知り合ったのは昨年(2018年)のことのようですね。

アイドル出身の先輩から紹介されたとのこと。

そして、交際が始まったのは昨年末か今年の初め

噂がが流れ始めてから、数カ月で多くの歌謡関係者に広まっていたというので、極秘に交際していたというわけではないようですね。

スポンサーリンク

【TWICEジヒョとカン・ダニエルはどこで会っていたの?】

人気者のジヒョちゃんとカン・ダニエルさん,一体どこでデートしていたんでしょうか?

やはり、外ではなくて、多くはカンダさんの自宅マンションで会っているんですって。

ジヒョちゃんがワールドツアーから帰国した時、その翌日には会っていたというのですから、かなりエネルギッシュですね。

逆に、カンダさんがソロデビューした7月25日には、ジヒョちゃんがカンダさん自宅を訪れたとのこと。

かなり忙しい人気アーティスト同士ですが、週1回くらいペースでデートしていたというのですから驚きです。

カンダさん自宅はソウルの高級住宅街の高級マンション。

「ジヒョが資源ごみを出しているのを見た。」
「(ジヒョが)マスクもせずに(カンさんの)マンションの前でタクシーに乗るのを何度か見た。」

…なんて、近所の人からも二人の目撃情報が報告されています。

こういた報道を受けて、TWICEの所属事務所「JYPエンターテインメント」と、カンさんの所属事務所「コネクトエンターテインメント」が8月5日、「好感をもって会っている仲です」と2人の交際を認めたわけです。

スポンサーリンク

【TWICEジヒョにはこれまで彼氏がいなかった?】

ジヒョちゃんは1997年生まれの22歳。
言わずと知れたTWICEのリーダーです。

あのルックスにあのスタイル。
しかも、女の子の9人グループのリーダーを最年少で務めるるほどのしっかり者。

これまで彼氏はいなかったのでしょうか?

実は、元カレとして交際の噂があったお相手は一人もいないんです。

というのも、TWICEはデビューしてから3年間は恋愛が禁止されています。
ジヒョちゃんは2015年にデビューしていますから、これまで恋愛ができなかったんですね。

そして、恋愛禁止期間が明けた2018年、今回のカン・ダニエルさんとの交際発表に至ったわけです。

一方のカンダさんは、1996年生まれで22歳。
2017年に「Mnet」の「PRODUCE101シーズン2」で「Wanna One」メンバーとしてデビューしました。

そして、今年7月にはソロアルバム「color on me」を発表し、初週で46万枚の売り上げを記録するほどの人気ものです。

過去には、ヒップホップの歌手、ユク・ジダムさん(↓)との交際が噂されたこともありますが、真偽のほどはわかっていません。

スポンサーリンク

【TWICEジヒョが過去に語った理想の彼氏は“エイみたいな人”!?】

そんなトップアイドル同士の今回の交際発表ですが、これまで彼氏の噂がなかったジヒョちゃん、過去に好きな男性のタイプを公表しているんです。

その動画がこちら。
果たして。カンダさんはジヒョちゃんの好きなタイプなんでしょうか?

日本語に直すとこんな感じです。

「こんにちは。
未来の彼氏さん!

私は、今、あなたがいなくて、すごく寂しいです。
私は、今、仮想のデートを楽しんでいるんですよ。

あなたと一緒に楽しむんだったら、・・・こうしたらかわいく見えるかしら?

今のかわいいですか?

未来の彼氏さん、あなたに条件が一つあります。
もし私がこの中に落ちたら、すぐに助けに来てね?

そんな、勇気ある、そしてエイみたい広い心を持った男性が好きです!

あなたが、そういう彼氏だったらいいな!」

ということで、勇気ある広い心を持った人が好きなんですね。
「エイ」というのは水族館で撮影したので、その例え。

ところで、この動画、再生回数が意外と少ないんですが、日本ではあまり知られていないようですね。

実はこれは、先ほどカンダさんのデビューのところでも出てきた「Mnet(エムネット)」という韓国のケーブルテレビなんです。

TWICE,Wonna Oneや防弾少年団をはじめ多くのK-POPを扱っている韓国系音楽専門チャンネルです。

先ほどの動画は、そのMnetが 2016年4月12日 に公開した『TWICEの優雅な私生活』という番組です。

日本でもスカパー!プレミアムサービス・スカパー!プレミアムサービス光(Ch.658)、スカパー!(東経110度CS放送)(Ch.318)で見ることができるんですよ。

今は日本語字幕も付くので、日本のK-POPファンも楽しめます。

スカパーの公式ページ(↓)のリンクを貼っておきますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

Twiceサナ、インスタ炎上でも削除せず!心境を語った動画!

人気ガールズグループ Twice の日本人メンバー、サナさん。

平成最後の日に上げたインスタの投稿が炎上したのは皆さんご存知ですよね。

サナさんが、今の心境について5月26日午後、ソウル開催された2019ワールドツアー「TWICELIGHTS」の公演で語りました。



dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

【炎上したTwiceのサナのインスタ】

問題となったサナさんの投稿は、平成最後の日となる4月30日、Twiceの公式インスタに日本語で書かれました。

その内容について、韓国の一部ネットユーザーから、『日本国粋主義・民族主義』だという声があがり、大炎上しましたね。

しかし、この記事を書いている現在でも、その投稿は削除されずに残っているんです。

では、改めて問題となったサナさんのインスタ投稿を見てみましょう。

どうでしょう?

日本人が読めば、過ぎゆく平成を惜しむと同時に、来たるべき令和にむけての素朴な心情をつづっただけのように感じませんか?

これに対して、一部とはいえ、韓国のネットユーザーが『日本国粋主義・民族主義』と関連付けて非難を浴びせ、ネットが炎上したわけです。

もちろん、韓国の中でも「20世紀から21世紀に移るときに感じたように、平成から令和に移り変わる世代の変化に対する感情を表出しただけ」で、非難は飛躍しすぎだという声も上がっています。

それにしても、あれだけ騒がれたにもかかわらず、この投稿を削除せず残していたんですね。

サナさんをはじめとするTwiceや事務所の毅然とした態度に感心しました。下手に削除すれば、非難された内容を認めたことになりませんからね。



dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

【サナが涙しながらファンに心境を語った】

とは言え、サナさんはまだ22歳の女の子。
相当心細かったでしょうね。

5月26日のソウルで行われた「TWICELIGHTS」の公演の最後に、サナさんがファンの前で韓国語でこんなスピーチをしました。

「私が本来考えが多い性格だが、最近本当に考えが多い時があった」

「以前は多くの人々に愛されるというのがどんな感じなのか全く分からなかったが、今は多くの人々に愛されるというのがどれほど大きくて、どれほど責任感のあることなのか分かった」

「しばらく考えが多かった時は『私の目の前でONCE(TWICEファンクラブ名)がなくなったらどうしよう』という気がした。前を見るのがとても怖かった」

「一言を言うたびに本当に人によっては性格も違い、考えも違うからどのように受け入れられるか分からないことだ。あることを言うとき、そのような意図ではなくても多くの人々を失望させる可能性もあるということに気付いた」

(中央日報より)

あれこれ言い訳せず、率直に心境を語っているところに、管理人的には共感を覚えました。

しかし、あれ程の人気にもかかわらず、『ファンがなくなったらどうしよう』なんてことを心配するところまで思い悩んでいたんですね。

ノイローゼにならなかったんでしょうか?



dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

【サナが心境を語った動画】

最後に、サナさんの実際のスピーチの動画をご紹介しますね。
韓国語ですが、雰囲気は伝わってきますよ。

何と言っているのかはわかりませんが、ソウルのファンの人たちも励ましの声援を送っていましたね。
サナさんは、涙ぐんでいます。

きっと、Once が応援し続けてくれていることが嬉しかったんでしょうね。

しかし、この手の騒動が起こるたび、『国』とか『国民』という言葉でくくってしまうと、人間一人ひとりの顔が見えなくなってくるのがコワイな、といつも思っちゃいます。



dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

Twiceモモのかわいくてお茶目な画像!

日本でのドームツアー”Dream day”を成功させ、イメージチェンジした新曲”FANCY”好調なTwice。

Twiceメンバーの中でも、かわいい上にお茶目でボケ担当と言われているモモちゃんの画像で、ひょうきんなものをまとめました。
表情豊かなモモちゃんをご覧ください。

【Twiceモモのお茶目で可愛い画像!】















【Twice、11曲連続で1位を獲得!】

2019年の4月にリリースしたニューアルバム”FANCY YOU”。
そのタイトル曲の”FANCY”では、これまでの爽やかさを前面に出したTwiceのイメージを変え、ぐっと大人っぽくなりました。

イメチェンをするときは一抹の不安が付きまとうものですが、見事に今回のイメチェンは成功。

”FANCY”は、これまでにないメロウ・ム-ド・ポップ・ダンス。
新鮮なサウンドとキレッキレのダンスが調和した楽曲になっています。

4月28日現在、Bugs、Mnetなどのリアルタイムチャートで1位を勝ち取りました。

これで、Twiceは、デビュー曲「Like OOH-AHH」(2015年)から「CHEER UP」、「TT」、「KNOCK KNOCK」、「SIGNAL」、「LIKEY」、「YES or YES」といった全ての音源チャートや音楽番組で11曲連続で1位を獲得したことになります。

MV(ミュージックビデオ)の再生回数もすでに6000万回を突破し、このままいくと1億回に達するのは間違いなし。
こちらも11回連続と、記録を更新するでしょう。

大人気のTwice。
どこまで行くんでしょうか!



Twiceの新曲”FANCY”の動画と歌詞をご紹介!

Twiceは、これまで新曲「FANCY」のミュージックビデオの雰囲気を期待させるティーザー映像を公開してきましたが、
昨日、やっとその全貌が公開されましたね。



【Twice新曲FANCYの動画】

新曲「FANCY」は、これまでとは違ったカラーのコンセプトになっていて、「TWICE」の新しい音楽を予感させます。

「FANCY」の作詞・作曲を手掛けたのは、ブラック・アイド・ピルスンとジョングン。

TWICEのデビュー曲「OOH-AHH」から「CHEER UP」、「TT」、「LIKEY」などのヒット曲を生み出したコンビですから、またもや大ヒットが期待されますね。

最新アルバム「FANCY YOU」は、海外の作曲家・Charli XCXなどのほか、なんとジヒョさん、モモさん、サナさん、チェヨンさんも作詞に参加しています。

モモさんは、「一人で作詞するのは難しかった。」なんて言っていますね。

では、早速「FANCY」ミュージックビデオ動画をご覧ください!



【Twice新曲FANCYの歌詞】

FANCYの歌詞の歌詞はコチラ。
管理人的には、とくに「Fancy you どちらが先に好きになったからってどう」の部分が印象的でした。

「FANCY」

今、空の雲の色はTropical yeah
あの太陽、真っ赤な色、あなたの頬みたい
Oh tel me I’m the only one baby
I fancy you I fancy you fancy you

It’s dangerous 痛い、あなたはバラみたい
大丈夫、少しも私は怖くない Take my hand
ちょっと危険だ、もっと危険だ baby

甘いチョコレートアイスクリームのように
溶けてしまう 今の私の気持ち So lovely
真っ暗な宇宙の中で最も輝く
あの星、あの星のそばに大きなあなたの星

そこのあなた I fancy you 誰も望まない
Hey I love you
Love ya
そう、あなた I fancy you 夢のように幸せになってもいい
Cause I need you
What

Fancy you どちらが先に好きになったからってどう
Fancy you 今あなたのところに行く
Fancy

毎日毎日、私は本当何もできない Oh,my
Mayday こうしているうちに大変なこと起こしそうだけど
Bang bang 頭が惑わされたように Reset される
どうしたらいいの、これが正しいのかわからない S.O.S

Swim swim あなたという海で潜水艦になって
毎日が Birthday 甘い、あなたと私の Fantasy
Dream dream まるで夢のよう、頬をつねってみて
この頃、私の状態メッセージはラララ Baby

甘いチョコレートアイスクリームのように
溶けてしまう 今の私の気持ち So lovely
真っ暗な宇宙の中で最も輝く
あの星、あの星のそばに大きなあなたの星

そこのあなた I fancy you 誰も望まない
Hey I love you
Love ya
そう、あなた I fancy you 夢のように幸せになってもいい
Cause I need you
What

Fancy you どちらが先に好きになったからってどう
Fancy you 今あなたのところに行く
Fancy

煙のようにふっと消えてしまわないかと
いつもいっぱい入れてあなたを二つの目に焼き付けて
考えただけで暖かくなる
こっそりと後ろから抱いてあなたを放さない

そこのあなた I fancy you 誰も望まない
Hey I love you
Love ya
そう、あなた I fancy you 夢のように幸せになってもいい
Cause I need you
What

Fancy you どちらが先に好きになったからってどう
Fancy you 今あなたのところに行く
Fancy

TWICEは、これからワールドツアーに出る予定です。

皮切りは、5月25、26日のソウル公演。
その後、バンコク(6月15日)、マニラ(6月29日)、シンガポール(7月13日)、ロサンゼルス(7月17日)、メキシコシティ(7月19日)、ニューアーク(7月21日)、シカゴ(7月23日)、クアラルンプール(8月17日)と全世界9都市を回って10回の単独公演を開催するとのこと。

世界でどんなパフォーマンスを見せるのか、これからも楽しみですね。



BLACKPINKのジェニー(JENNIE)が2019年4カ月連続で人気No.1

毎月、韓国企業評判研究所が発表しているガールズグループ個人ブランド評価によると、BLACKPINKのジェニー(JENNIE)が4カ月連続で評価No.1に輝きました。



【ジェニー(JENNIE)が2019年4月度もNo.1!】

韓国企業評判研究所が2019年3月19日から4月20日までのビッグデータを分析しました。
それによると、2019年4月度のガールズグループ個人ブランド評判トップ30はこのような結果に。

    • 1位「BLACKPINK」JENNIE(ジェニー)
    • 2位「IZ*ONE」チャン・ウォニョン
    • 3位「IZ*ONE」アン・ユジン
    • 4位「IZ*ONE」宮脇咲良
    • 5位「IZ*ONE」キム・ミンジュ
    • 6位「BLACKPINK」JISOO(ジス)
    • 7位「AOA」ヘジョン
    • 8位「IZ*ONE」チョ・ユリ
    • 9位「IZ*ONE」クォン・ウンビ
    • 10位「TWICE」ジヒョ
    • 11位「IZ*ONE」イ・チェヨン
    • 12位「IZ*ONE」チェ・イェナ
    • 13位「MOMOLAND」ヨヌ


【BLACKPINK ↑】

  • 14位「IZ*ONE」キム・チェウォン
  • 15位「IZ*ONE」カン・へウォン
  • 16位「TWICE」モモ
  • 17位「少女時代」テヨン
  • 18位「IZ*ONE」矢吹奈子
  • 19位「BLACKPINK」ROSE(ロゼ)
  • 20位「BLACKPINK」LISA(リサ)
  • 21位「IZ*ONE」本田仁美
  • 22位「GFRIEND」シンビ
  • 23位「Red Velvet」アイリーン
  • 24位「MOMOLAND」ナンシー
  • 25位「TWICE」サナ
  • 26位「TWICE」ナヨン
  • 27位「GFRIEND」ソウォン
  • 28位「OH MY GIRL」スンヒ
  • 29位「DIA」チョン・チェヨン
  • 30位「少女時代」ユナ


【2019年1~3月のガールズグループ個人ブランドトップ10】


【TWICE ↑】

ちなみに、2019年のガールズグループ個人ブランドトップ10は次のようになっています。
1月→2月→3月の順にご紹介します。

1位:「BLACKPINK」ジェニー → 「BLACKPINK」ジェニー → 「BLACKPINK」ジェニー
2位:「ITZY」ユナ → 「GFRIEND」ソウォン → 「GFRIEND」ソウォン
3位:「MAMAMOO」ファサ → 「TWICE」ナヨン → 「GFRIEND」シンビ
4位:「ITZY」イェジ → 「BLACKPINK」ジス → 「BLACKPINK」ジス
5位:「ITZY」リア → 「GFRIEND」シンビ → 「TWICE」ナヨン
6位:「BLACKPINK」ジス → 「MOMOLAND」デイジー → 「TWICE」モモ
7位:「Red Velvet」アイリーン → 「ITZY」リア → 「GFRIEND」ウナ
8位:「少女時代」ユナ → 「ITZY」ユナ → 「GFRIEND」オムジ
9位:「GFRIEND」ソウォン → 「ITZY」イェジ → 「MAMAMOO」ファサ
10位:「ITZY」リュジン → 「GFRIEND」オムジ → 「Red Velvet」スルギ

こうしてみると、2019年になって、「BLACKPINK」ジェニーは4カ月連続で1位を獲得しているんですね。

ちなみに、2018年12月ではジェニーは2位でしたから、2019年に1位を獲得してからずっとその座を守っていることになりますね。

その他、2019年になってずっとトップ10入りしているのは、同じく「BLACKPINK」のジス(6位→4位→4位→6位)だけです。

「BLACKPINK」の他のメンバーでは、ROSE(ロゼ)が(25位→17位→17位→19位)、LISA(リサ)が(23位→30位圏外→30位圏外→20位)にランキングされました。

その他、先日来日した「TWICE」では、モモが(6位→26位→23位→16位)、サナが(17位→19位→30位→25位)、ナヨンが(5位→3位→19位→26位)、チョナンが(30位圏外→30位圏外→29位→30位圏外)、チェヨン(27位→22位→29位→30位圏外)、ジヒョが(22位→28位→30位圏外→10位)、ツウィが(19位→20位→30位圏外→30位圏外)、ミナが(18位→29位→30位圏外→30位圏外)にランクイン。

こうしてると、個人としては「TWICE」より「BLACKPINK」の方が評価されているようです。
グループの人数の違いかもしれませんね。



【韓国企業評判研究所とは?】

ところで、毎月こう言ったランキングを発表している韓国企業評判研究所ってどんな研究所なんでしょうか?

「研究所」という名前ですが、実は韓国の民間企業です。
エンタメ系だけでなく、ブランド評判、企業の評判、公共評判などさまざまなデータを集計しています。

ランキングとしては、国内クレジットカード評判ランキング、航空会社評判ランキング、コンビニ評判ランキングなどありとあらゆるものをランキングしています。

元にしているデータは、消費者の行動分析を通じた参与指数、メディア指数、疎通指数、コミュニティ指数など。
何やら難しそうな数字をまとめているんですね。

【BLACKPINKのジェニー(JENNIE)プロフィール】


本名:キム・ジェニ(김제니、金珍妮、Kim Jennie)
生年月日:1996年1月16日
血液型:B
身長:163cm
出身地:韓国 ソウル特別市 江南区
ポジション:メインラッパー、リードボーカル
愛称:ジェンドゥギ

「2016世界で最も美しい顔100人」で22位、「2017世界で最も美しい顔100人」で18位、「2018世界で最も美しい顔100人」で13位にランクインしています。