鈴木亮平の筋肉美、西郷どんの相撲で魅せた!

【鈴木亮平の筋肉の付き方が西郷どんにピッタリ!】

鈴木亮平さん主演の2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」が好調です。

鈴木亮平さんといえば、これまでも演じる役に応じた身体づくりを変幻自在にこなしてきた役者根性が有名です。
「西郷どん」ではどんな身体に仕上げてきたんでしょう?

まずは、上の「西郷どん」の相撲シーンで見せた鈴木亮平さんの筋肉の画像をご覧ください。

どうですか?
筋肉の付き方がハンパないですね。

ボクサーのようなキレキレの細マッチョでもなく、ボディービルダーのようなムキムキでもなく。
勿論、ただ太っているだけのブヨブヨでもなく。

格闘技系の筋肉の付き方で、筋肉プラスほどよい脂肪といった感じで、ホントに相撲をやっている人のようです。

鈴木亮平さんの普段の体重は、大体74~76kgらしいです。
身長が186cmありますから、均整がとれていますよね。

かつて映画「変態仮面」の主人公を演じたときは、体重を一度15kgあげて、そこから筋肉をつけたんだとか。
そのときは、1日に8回も食事をしたそうです。

1日8食って、起きているときは、ほぼ2時間に1回、食事をしたっていうこと?
凄すぎです。

かと思いきや、2015年のTV番組「天皇の料理番」に出演した時は、病弱な男を演じるため56kgまで体重を落としたとか。
その時は、おかゆやキャベツばかりを少量食べていたそうです。

まさに役作りの鬼ですね。

鈴木亮平さんの体格の変化についてはコチラ ⇒【鈴木亮平の体重が「西郷どん」で90Kg超え!】

スポンサーリンク


【鈴木亮平が「西郷どん」のために筋肉をつけた方法!】

では、今回「西郷どん」の相撲シーンにむけて鈴木亮平さんはどのように身体を作っていったのでしょうか?

どうやら「変態仮面」の時とはちょっと違うようです。
なんでも、「西郷どん」の撮影がスタートする前から早稲田大学の相撲部に通っていたそうです。

そこで相撲部の学生と一緒に繰り返し稽古に励んですって!

鈴木さん本人も
「相撲の稽古をして、たくさん食べてたら自然に満足のいく外見になった」
と語っています。

相撲用の筋肉をつけるには相撲をする。

言われてみればもっともなことですが、なかなか実行はできません。

ましてや、「西郷どん」に出演する前からお茶の間に知られていた鈴木さん。
相撲部の学生と一緒に稽古を続けていたなんて、立派すぎます!
通りで、相撲の構えをしたときの肩から腰回りまでの筋肉が本当の力士っぽかったし、何より、相撲をとるときの姿勢が型にハマっていたはずです。

これだけ役作りに打ち込める俳優さんはそうはいませんね。
これからも目が離せない鈴木亮平さんでした。


スポンサーリンク

鈴木亮平の英語力、動画が凄すぎ!

【鈴木亮平のペラペラ英語、動画がハンパない!】

鈴木亮平さんがブレイクしたきっかけは、2014年のNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」。
そして、認知度を決定づけたのは、同じくNHKの大河ドラマ「西郷どん」ですね。

どちらも誠実な人物の役で、「いいひと」のイメージの鈴木亮平さん。
加えて、身長186cmのあの体格ですから、「気は優しくて力持ち」的な印象が強いですが、実は、鈴木さんの英語力はハンパないんです。

論より証拠、まずはコチラをご覧ください。
これは、2014年8月7日、鈴木さんが出演した映画「TOKYO TRIBE」についての外国特派員協会での会見の動画です。

もう一つ、こんな動画もあります。

これは、2016年5月12日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた、キリンビール「淡麗グリーンラベル」のイベント「ROPPONGI GREEN OASIS」のオープニングセレモニーの動画です。

まるでネイティブのような発音で、よどみなく英語を操っていますね。
鈴木さんも、相手の英語を聞き返していませんが、相手のネイティブも鈴木さんの英語を聞き返していません。
それほど発音がしっかりしているということですね。

一体どうやってこんな英語力を身につけたんでしょうか?

スポンサーリンク


【鈴木亮平は一流の外国語大学出身!】

実は、鈴木亮平さん、大学時代にみっちり英語を勉強していました。
その大学というのが、国立東京外国語大学 外国語学部。

偏差値は、なんと67.5!!(*)
偏差値67.5 といったら、ほぼ東大レベルです!

(*河合塾 国公立大2019年度入試難易予測より)

しかも、英検(実用英語検定)は1級。

英検1級って、英検の最終目標の級で、毎回10人に1人くらいしか受からないそうですよ。
これをとると通訳案内士(ガイド)試験の外国語(英語)の筆記試験が免除されるそうですから、相当の実力です。

2018年4月には「鈴木亮平の中学英語で世界一周」(マガジンハウス)という本まで出しちったくらいなんです。

【鈴木亮平の英語上達法!】

鈴木亮平さん、ご自身の勉強方法については細かいことまで語っていないんです。

ただ、英語には小学生のときから興味を持っていて、小学2年生の時アメリカ・ロサンゼルスに行ったのがきっかけだそうです。
それで小学生の時、近所のYMCAに通って、15歳の時、オクラハマに1年留学した経験があります。

やっぱり、興味を持ち、好きになり、その世界に飛び込むことが大切なようですね。

先ほど紹介した、「鈴木亮平の中学英語で世界一周」という本の中にも、こんなことが書かれています。

  • 英語を特別視せずに、完璧でなく構わないからどんどん使おう!
  • 100%伝わらなくても、80%、50%でOKという感覚が大切。
  • 文章を完成させないまま話し出すテクニックをつかおう!あとはジェスチャーで十分つたわる。

学校の英語みたいに( )を埋めたりとか、正しい文法にこだわる勉強をするより、怖がらずにどんどん話すことが一番大切なようです。

バイタリティーあふれる鈴木さんらしいやり方ですね。

ちなみに、鈴木さん、高校生の時に「全国高校生ドイツ語スピーチコンテスト」で優勝しているそうです。
「全国」ですよ、スゴイですね!

映画やドラマの役に合わせて自分の体型を変幻自在に変化させるストイックな鈴木亮平さん。
語学でも、相当努力しているのは間違いないでしょうね。


スポンサーリンク

鈴木亮平の体重が「西郷どん」で90kg超え?

【鈴木亮平の体重、「西郷どん」で自分史上最高!】

鈴木亮平さんが主役を演じる、2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」が好調です。
10月の放送あたりから明治期に時代が進み、いよいよクライマックスへ。

鈴木亮平さんは、西郷さんの10代後半から、西南戦争で亡くなった51歳までの約30年分を演じなければなりませんから、年代に合った体格をつくるのが大変。
ましてや、島流しにもなっていますから、その時々の西郷さんの体型をリアルに表現するのに苦労したのではないでしょうか。

しかし、さすが実力派俳優と言われるだけあって、プロ根性で見事にその時に合わせた身体づくりをおこなっています。

西郷さんの年代ごとに、鈴木亮平さんの体重の変化ぶりを見てみましょう。

まずは、西郷どん20代前半のころ。 ⤵

 

西郷どん30代前半、島流しの頃。 ⤵

 

西郷どん、40歳の頃。 ⤵

 

西郷どん、40代前半のころ。 ⤵

もともと、西郷隆盛の正確な身長と体重はわかっていませんが、身長181cm、109kgあったともいわれています。

一方、鈴木亮平さんは、身長186cmですから、本物の西郷さんより背が高いです。
体重については、鈴木亮平さんはその時の役に応じて変化させているようですが、40歳以降の西郷さんを演じている今の体重が一番重そうです。

実際、鈴木亮平さん自身も西郷隆盛役が「自分史上最高に重い」と発表しています。

では、過去、最も体重が重そうだった鈴木亮平さんはいつのころで、何kgだったでしょう?

答えは、映画「俺物語!!」の剛田猛男役を演じたときで、この時の体重は86kgです。

「自分史上最高に重い」ということは、とうとう90kg超え!!!かもしれません。

「西郷どん」スタートの時の体重が74kgでしたから、少なくとも15、6kgも体重を増やしたことになります。
まさに、「プロ」の役者としか言いようがありません。

スポンサーリンク

【鈴木亮平は、体重を自由に操ってきた!】

ご覧の写真、誰だと思いますか?

じつは、これも鈴木亮平さんなんです。

2015年のTBS系列のドラマ「天皇の料理番」で病身の秋山周太郎役を演じた時の写真。
何と、体重を75㎏から56kgまで20kg近く落としたんです。

周囲の人たちから本当に病気なのではないかと心配されたといいます。

そして、その年、映画「俺物語!!」に出演。
主人公、剛田猛男役を演じたときの体重は86kg。

ということは、75kg⇒56kg⇒86kgと、役に応じて20~30kgも体重を増減させていたことになります。
最早、人間わざとは思えません。

噂によると、ダイエットのときは、オートミールのおかゆや「ボイルしたトリの胸肉、キャベツを小さなさじで食べ、
増やすときは、好物の「蒸しパン」を大量に早食いしていたとか。

これだけストイックに役作りに打ち込める鈴木亮平さん、これからもますます期待です!
ただ、もう30代後半、余り無理な体重コントロールで身体を壊さないようにしてくださいね。


スポンサーリンク

鈴木亮平の嫁、年齢はいくつ?挨拶しない?【画像あり】

【鈴木亮平、嫁の年齢と馴れ初め】

2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』で西郷隆盛を演じる鈴木亮平さん。
今や、CMなどでも目にする機会が多くなり、ノリに乗っている俳優さんです。

『西郷どん』のほか、ZNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』ではヒロインの真面目な夫役、映画『俺物語』では主人公のマッチョな高校生役など幅広い役を演じることができる実力派俳優ですが、ご家族のことをあまり語りません。

そこで、今回は、鈴木亮平さんのプライベートについてまとめてみました。

まずは、プロフィールから。

  • 鈴木 亮平(すずき りょうへい)
  • 別名(モデル名):友近 亮平(ともちか りょうへい)
  • 職業:俳優
  • 生年月日:1983年3月29日
  • 身長:186cm
  • 血液型:A型
  • 出身:兵庫県西宮市
  • 学歴:兵庫県立芦屋南高校⇒東京学国語大学外国語学部
  • 所属:ホリプロ
  • 資格など:実用英語検定(英検)1級、世界遺産検定1級

2006年、テレビドラマ『レガッタ~君といた永遠~』で俳優デビュー。
2007年、『椿三十郎』で映画デビュー。
2013年、映画『HK 変態仮面』出演。
2014年、連続テレビ小説『花子とアン』にヒロインの夫・村岡英治役で出演。同年、映画『TOKYO TRIBE』出演。
2015年、TVドラマ『天皇の料理番』、映画『俺物語!!』出演。
2018年、NHK大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛を演じる。同年、映画『羊と鋼の森』出演。

国立の東京外語大学卒というのですから、頭が良いのは間違いありません。

しかも、英検1級ってかなりの英語力ですね。

ちなみに、アメリカへの留学経験もあるだけでなく、高校時代は全国高校生ドイツ語スピーチコンテストで優勝しているそうです。
体格から、勝手にマッチョなイメージを描いていましたが、かなりのインテリさんですね。

そんな、鈴木亮平さんが奥さんと出会ったのはモデルの仕事をしていた大学時代。
知人の紹介によるものらしです。

それから8年間の交際期間を経て、2011年7月28日に結婚したといいますから、逆算すると出会ったのは2003年か2004年になります。

お相手はWeb関連の会社に働いていたOLさんです。
一般人の方ですから、メディアの露出が少ないわけですね。

そして、彼女の年齢ですが、鈴木亮平さんより9歳年上。

ということは、出会ったときは、鈴木さんが20~21歳の学生、お嫁さんは29歳か30歳のOLさんだったんですね。

結婚した4カ月後の2011年の11月には長女が誕生しています。
形の上では「授かり婚」ですが、8年も交際していれば、お子さんができたのをきっかけに結婚したという感じでしょうか。

2018年現在、鈴木亮平さんは35歳ですから、お嫁さんは44歳、娘さんは小学1年生、7歳になります。

スポンサーリンク


【鈴木亮平さんの嫁は「挨拶しない」?】

鈴木亮平さんのブレイクしたのは、2014年の連続テレビ小説『花子とアン』。
このとき、鈴木さん31歳ですから比較的、遅咲きといえますね。

ということは、それまでお嫁さんが陰でささえてくれていたんだと思います。
いわゆる『内助の功』見たいな話なんですが、ネット上では【鈴木亮平 嫁 挨拶しない】なんていう検索ワードが目につきます。

お嫁さんは人と会っても満足に挨拶すらしない失礼な人なの?
鈴木亮平さんが爽やかなイメージがあるだけに残念…。

と思いきや、これは大きな『誤解』!

先ほどご紹介したように。鈴木亮平さんのお嫁さんは『一般人』。
ですから、そもそもメディアに出る機会はありません。

芸能人の中でも一般の方と結婚された人は、近しい事務所関係者のみにご家族を紹介するケースが多い中、仕事とプライベートをきちり分けている鈴木亮平さんはマネージャーさんにも紹介したことがないとのことです。

その話が巡り巡って、【家族と仕事を分けている】⇒【嫁を紹介していない】⇒【関係者がお嫁さんに会ったことがない】⇒【嫁さんが挨拶しない】というように誤解されているようです。

なんか、ホッとしました。

スポンサーリンク