蒼井優の父親の職業は?CMにも出てるの?

女優の蒼井優さんと南海キャンディーズの山ちゃんこと山里亮太さんとの電撃的な結婚発表がありましたね。

ネット上では、「おめでとう」などの祝福の声や「幸せそう」「意外にお似合い」などの声とともに、蒼井優さんの父親についてコメントも多く飛び交っています。

今回は蒼井優さんの父親の職業や噂について調べてみました。

スポンサーリンク

【蒼井優の父親の爆笑小芝居】

なごやかで笑いが絶えなかった今回の会見。
中でも反響が大きかったのが蒼井優さんの父親のエピソードですね。

蒼井さんのご両親にご挨拶に行った山ちゃん。
そこでの蒼井さんのお父さんの対応がバカ受けでした。

まず、ご両親は緊張している山ちゃんを優しく迎え入れてくれたそうなんですが、そのとき、玄関先でお父さんがポロリとこんなことをつぶやいたそうです。

「緊張感作れなかったなぁ・・・。」

多分、緊張しているであろう山ちゃんに気遣って、気持ちを和らげるためにわざと言ったんだと思いますが、確かにいきなりこんなつぶやきを聞いたら、ガチガチの緊張がほぐれますよね。

家に上がって、「一生かけて娘さんを幸せにしますので、結婚を許してくれませんか。」と真面目に切り出す山ちゃん。

「コチラこそ、ありがとう。」と山ちゃんの肩を抱いてくれるお父さん。

ここまでは絵に描いたような和やかな結婚挨拶ですが、ここからお父さんの小芝居が始まったそうです。

「いくつかパターンがあるからやらせてくれ」と切り出すお父さん。

まず、山ちゃんにはこう伝えます。
「1回断るけど、味わいたいだけだから食い下がってくれるかい?」

そして、お母さんと蒼井優さんには、「殴りかかるふりをするから止めてくれ。」と。

その上でこんな小芝居を。

「お父さん!!」
「お父さんなんて言われる筋合いはない。どこの馬の骨か分からない奴に娘はやれん!」

「娘さんをください!!」
「手塩に掛けて育てた娘を貴様みたいな奴にやれるわけがない!」

こんな小芝居を終えたお父さん、
「ありがとう。楽しかった~」
とご満悦だったそうです。

結婚会見でこんなエピソードが披露されると、ネット上では、こんな声が。

「結婚会見での蒼井家のお父さんネタめっちゃ好き」
「蒼井優父かわいい」
「蒼井優父が面白いっていう笑」
「結婚会見面白い!…そして蒼井優さん父が一番笑える!確かにいろんなパターンやりたいのわかるw」
「優ちゃん父の小芝居のエピソードが可愛い(笑)」
「山ちゃん蒼井優結婚会見で一番面白かったの結婚の挨拶に行った時の蒼井父の話だったので、そりゃこのクオリティの父を持っててはそりゃ山ちゃんレベルで面白さがないと物足りなかったんだろうなと超納得した。」

超売れっ子芸人の山ちゃんといきなりこんなことができるんですから、お父さん、きっとタダモノではないですね。

そこで、蒼井優さんのお父さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

【蒼井優の父親はステータスが高い職業!天文学者?】

蒼井優さんのご両親は二人とも大阪出身だそうです。

近所の方の話によると、お母さんは元CAのすらりとした美人さんだとか。
美人のCAを射止めたんですから、きっとお父さんはそれなりの収入があるステータスの高い職業ではないでしょうか。

お住まいは、福岡県福岡市。

蒼井さんのご一家は、父・母と1歳年上のお兄さんの4人家族だそうです。
ちなみにお兄さんはすでに結婚されているとか。

元CAのお母さんは、宝塚歌劇団の大ファンで、何でも蒼井優さんが2歳の頃からクラシックバレエやピアノを習わせていたそうです。

それだけでも、何か『いいとこのお嬢さん』みたいなイメージですね。

しかも、蒼井優さんは福岡市にある仏教系の中高一貫私立『筑紫女学園中学校』に通っていたそうです。

『筑紫女学園中学校』は地元で『筑女(ちくじょ)』と呼ばれる女子校で、開校が1907年(明治40年)と言いますから、100年以上も前にできた名門校ですね。

卒業生に、山本美月さん(モデル)、小柳ルミ子さん(歌手、中等部)、永野路子さん(女優)、松木聖さん(女優)なんかがいらっしゃいます。

ピアノやバレーを習っていた上に、私立中学に通っていたということから、蒼井さんの父親はかなりの年収があるのではないかと言われています。

しかも、お父さんが中学受験の勉強を見てくれていたというんです。

中学受験となればある意味、高校受験よりご両親の負担が大きく、時間的に余裕がないと勉強面まで直接見ることはできないはず。

しかも、中学受験の入試問題は学校の勉強内容だけではカバーできませんから、教える方にもかなりの学力が求められます。

そんなことからも、頭が良く、お金と時間に余裕があるステータスの高い職業だということが分りますよね。

スポンサーリンク

【蒼井優の父親はCM出演歴あり!】

ご近所の方のお話しによると、お父さんは地元でも有名人で、お菓子のCMにも出ていたそうです。

残念ながらそのCMの映像は見つかりませんでしたが、一般人がCMに出ることなどそうそうないので、広告業界と関係がある方かそのお菓子会社のお偉いさんかもしれませんね。

しかも、蒼井優さんが小学生の頃はPTA会長を務め、いまでも町内会活動やマンションの自治会活動をとても熱心にやっているそうです。
近所でも人柄がよくて人望も厚いんですって。

どうやら、エネルギッシュでそれなりの地位がある方のようなんですが、残念ながら職業についてはっきりとはわかりませんでした。

一部では天文学者なんて噂もあります。
これは、高級な天体望遠鏡を持っているところから来ているそうですが、あくまで噂レベルで確かなことはわかりません。

結論としては、お父さんの職業ははっきりと限定はできないものの、知的で、お金と時間に余裕があるステータスの高い仕事なんではないかということでした。

最後に、蒼井優さん、山ちゃんがあいさつした時に泣いて喜んでくれたご両親に対して「沢山心配かけて生きてきたので、心の底から嬉しかったです。」と言ってました。

『魔性の女』とかレッテルを貼られて、ご両親にも申し訳ないと思っていたんでしょうか。
これから山ちゃんと幸せになってほしいですね。
(『魔性の女』について詳しくは【蒼井優=魔性の女とは?】をご覧ください。)

スポンサーリンク

蒼井優=魔性の女とは?山ちゃん、会見できっぱり否定!

6月5日に蒼井優さんと南海キャンディーズの山里亮太さんのスピード婚が報じられましたね。

記者会見の場で、「魔性」という言葉が使われた蒼井優さんを山ちゃんがかばう一幕がありました。

蒼井さんに投げかけられた魔性の女とは、どこからきているのでしょうか?

スポンサーリンク

【魔性の女と言われた蒼井優をかばう山ちゃん】

非モテ系といわれていた南海キャンディーズの山ちゃん(山里亮太さん)があの蒼井優さんと結婚!

しかも交際2か月のスピード婚!ということで、誰もがいがいだったせいでしょうか、結婚会見の場で記者から「魔性」という、あの場にふさわしくない言葉が使われました。

これに対して、山ちゃんが”蒼井優=魔性の女”説をきっぱり否定して蒼井さんをかばいましたね。

「みなさんが知っている蒼井さんとは、ちがう蒼井さんを見せていただいている。楽しいもので笑って、おいしいものを食べて、「魔性」って単語を使われているけど、そんな人間じゃないって知っている」

この山ちゃんの言葉にネット上では「山ちゃん、かっこいい!」と称賛の声が飛び交っています。

蒼井さんと言えば、これまで“魔性の女”の他にも”略奪女王”“共演者キラー”“森ガールのふりをした肉食系”なんて言われたりしました。

清楚に見える蒼井さんがなぜ”魔性の女”みたいな呼ばれ方をされたのでしょうか?

スポンサーリンク

【蒼井優の恋愛遍歴がスゴイ】

実はこれまで蒼井さんが付き合ってきたといわれる男性の恋愛遍歴がスゴイんです。

名前を上げると、岡田准一さん、大森南朋さん、鈴木浩介さん、三浦春馬さんとの交際が報じられましたね。

他にも、堤真一さん、瑛太さん、長野博(V6)なんて人たちも噂されました。

順番に観ていきますね。

岡田准一

蒼井優さんと岡田准一さんの熱愛が報じられたのは2008年。

二人は、2005年に映画『タイガー&ドラゴン』で共演したのをきっかけに交際が始まったと言われています。

交際期間は2年。

岡田さんは結婚を考えて5000万かけて自宅マンションをリフォームしたといわれていますが、結局破局を迎えてしまいました。

お互いのすれ違いが原因とも、蒼井さんに好きな人ができたとも言われました。

大森南朋

その好きな人と言われているのが俳優の大森南朋さん。

2010年当時、大森さんは浅見れいなさんと交際していたと言われ、それを蒼井さんが『略奪』したなんて言われました。

歳の差カップルとして話題になりましたが、、交際1年半にして2011年の夏に破局したということです。

ちなみに、大森さんはその後に小野ゆり子さんと結婚しましたが、小野さんの雰囲気が蒼井さんと似ているということで、蒼井さんのことが忘れきれなかったのか、なんていう人もいます。

スポンサーリンク

鈴木浩介

大森さんと別れた翌年の2012年の5月、今度は俳優の鈴木浩介さんとの交際が報じられました。

鈴木浩介さんというのは、2007年のドラマ『LIAR GAME』でフクナガユウジ役を演じていた俳優さんです。

やはりこのとき、鈴木さんは女優の藤谷美紀さんト5年も交際していたものの、蒼井さんに惹かれて藤谷さんと別れて蒼井さんと交際を始めたといわれています。

そして、岡田さんのように結婚を視野にいれてマンションも購入したものの、1年もたたないうちに破局。

残ったのは月々50万のローン・・・。

別れを切り出したのは蒼井さんの方で、「好きな人ができた」とメール1本で伝えたといわれています。
(詳しくは記事【蒼井優、恋愛遍歴の鈴木って誰?マンション・ポイ捨て?】をご覧ください)

三浦春馬

そのメールで伝えた「好きな人」と言われているのが三浦春馬さん。

二人は、舞台『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII』、アニメ映画『キャプテンハーロック』で共演したことがきっかけで知り合い、2013年ごろ交際していたといわれています。

なんでも蒼井優さんが三浦春馬さんを追いかけて、同じマンションに引っ越したそうです。

蒼井さんは犬アレルギーにもかかわらず、三浦さんの愛犬を連れて蒼井さんと三浦さんが散歩している姿を近所の人が見かけています。

よほど三浦さんと一緒にいたかったんでしょうか。

しかし、そんな三浦さんとも2015年に破局を迎えてしまいます。

このように、数多くの有名人と交際するも2年以内に別れている蒼井さん。

しかも、交際する相手にはすでに彼女がいる場合も多く、また、結婚後の新居を準備していたにもかかわらず、あっさり別れてしまうことから、“魔性の女””略奪女王”“共演者キラー”“森ガールのふりをした肉食系”なんて言われているようですね。

しかし、これらの報道は事実なんでしょうか?

スポンサーリンク

【蒼井優はこれらの報道を否定】

これらのスキャンダルと比べあまり取り上げられませんが、実は蒼井さん自身がある雑誌でこういった報道を否定しているんです。

そのある雑誌とは、2015年8月17日に発売された『MEKURU』(ギャンビット)VOL.05です。

そのなかで蒼井さんはこんなことを語っています。

「自分が本当にやったことを書かれているのであれば、謝ることもできるし、直すこともできるんだけど、恋愛をしてきた時期もぐちゃぐちゃにされて、二股とか略奪とか言われて──事実じゃない嘘がどんどん雪だるまみたいに大きくなっていっちゃったなあって」

「真実とのギャップがすご過ぎて、自分の名前がなければ自分のことが書かれてるってわからないぐらい差がありますね」

鈴木さんとのメールについては・・・

「メール1通で別れたとか言われてるけど、自分の中で、それはあり得なくて。そうやってできる人って、逆にいいなあと思うんです」
「マンション買わせたとかメール1通で別れたとか言われたときは、人って泣き過ぎると目の下の皮がめくれるぐらい(笑)、心から涙が出るんだなってことがわかって」

かなり傷ついたようですね。

蒼井さん、ご自身の恋愛についてはこんな風に語っています。

「自分から好きになるっていうことがあんまりないんですよ。友情と愛情の違いがイマイチわかってなくて」
「(交際時は)自分のキャパ以上に頑張り過ぎて、そのキャパに自分が追いつかなくなって、キーッてなることもあったし。慎ましくしてみたり、お弁当作ってみたり、求められることの3歩先ぐらいをやろうとしてみたり。自分で自分の首を絞めて窒息、みたいな感じ(笑)」

んん~、ご本人の言う通りならば報じられているイメージとは全く異なりますね。

結婚会見で山ちゃんが言った

「みなさんが知っている蒼井さんとは、ちがう蒼井さんを見せていただいている。楽しいもので笑って、おいしいものを食べて、「魔性」って単語を使われているけど、そんな人間じゃないって知っている」

という言葉に信憑性を感じちゃいます。

実際のことは当人同士にしかわかりませんが、せっかくのおめでたいお話しですから、お二人の幸せをお祈りしたいと思います。

スポンサーリンク

蒼井優、恋愛遍歴の鈴木って誰?マンション・ポイ捨て?

この度、蒼井優さんが南海キャンディーズの山ちゃん(山里亮太さん)と電撃結婚を発表しましたね。

結婚会見では「魔性」なんて言葉も使われていた蒼井優さん。

その真偽はともかくとして、蒼井優さんの恋愛遍歴を検索すると「鈴木」というキーワードがよく出てきます。

この「鈴木」さんとは一体誰なんでしょう?

そして、「鈴木」さんのキーワードともに「マンション」とか「ポイ捨て」なんて言葉も出てきますが、何があったんでしょうか?

今回は、その辺をまとめました。

スポンサーリンク

【蒼井優の恋愛遍歴“鈴木”とはこの人】

蒼井優さんが一部で「魔性の女」と呼ばれてしまうのは、その恋愛遍歴の華やかさと交際のきっかけ、そして別れ方についての報道からです。

単なる噂レベルの人も含めると、岡田准一さん、長野博さん、堤真一さん、瑛太さん、岡田将生さん、大森南朋さん、三浦春馬さん、石崎ひゅーいさんなんかが挙げられますね。

詳しくは別の記事で改めてご紹介しますが、これらのそうそうたるメンバーと共に名前があげられるのが「鈴木」さん。

実は、この「鈴木」さんというのは俳優の「鈴木浩介」さんのことです。

「えっ、誰それ?」
と思われた方もいらっしゃるかと思いますので、まずプロフィールをご紹介します。

スポンサーリンク

【蒼井優の恋愛遍歴で目にする“鈴木浩介”のプロフィール】

鈴木浩介(すずき こうすけ)
生年月日:1974年11月29日
出生地:福岡県北九州市八幡西区
身長:179 cm
血液型:AB型
職業:俳優・タレント
ジャンル:テレビドラマ・舞台・映画
活動期間:1997年 から
所属劇団:劇団青年座(1997年~2004年)
事務所:シス・カンパニー

俳優の西田敏行さんに憧れ、青山学院大学経営学部経営学科に在学中に青年座研究所に入所、1997年に劇団青年座に入団したんだそうです。

やがて、西田さんが同劇団を退団したのをきっかけに、自身も2004年に退団し、テレビドラマを中心に活動するように。

鈴木浩介さんの名前が世に知られるようになったのは、2007年の『LIAR GAME』でのフクナガユウジ(福永ユウジ)役なんです。

そして、最近レギュラー出演したドラマは、「人は見た目が100パーセント」「愛してたって、秘密はある。」、「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第5シリーズ」(いずれも2017年)、「崖っぷちホテル」(2018年)なんかがあるんですよ。

現在は、水曜日の深夜25時35分にテレビ東京で放送している『癒されたい男』(鹿児島放送は木曜日25時25分)では主役を演じています。

他には、木曜日21時のドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系 ↑ )にレギュラー出演したり、CMではスズキ自動車SOLIO(叔父さん役)やスカパー(鈴木議員役)、FANCL「えんきん」なんかにも出演しています。

ということで、コアな芸能ファンでもない限り、ちょっと気付きにくいかもしれませんね。

スポンサーリンク

【マンションを買ったのに蒼井優にポイ捨て】

そんな鈴木浩介さんと蒼井優さんの熱愛が報じられたのは2012年5月のこと。

ちなみに、蒼井優さんは1985年8月17日生まれ、鈴木浩介さんは1974年11月29日生まれですから、このときの年齢は、蒼井さん26歳、鈴木さん37歳と11歳差でした。

当時、鈴木浩介さんには結婚を視野に5年間も交際してきた女優の藤谷美紀さんがいたんです。

ところが、蒼井優さんとの出会いによって藤谷美紀さんとは破局。
一説では、略奪愛とも言われています。

蒼井優さんとの交際が進むと、鈴木浩介さんはマンションを購入
蒼井さんと結婚した時の新居として買ったと言われています。

ところが、交際から1年もたたないうちに破局を迎えてしまいます。
蒼井さんから「好きな人ができた」と一方的にメールが送られてきたそうなんです。

実は蒼井さん、鈴木さんとの交際中に俳優の堤真一さんとバースデー・デートをしていたようで、好きな人とは堤真一さんではないかとか、翌年に熱愛が報じられた三浦春馬さんではないかと言われています。

そして、鈴木さんに残ったのは、毎月50万のローンだったとか。

かわいそうな気もしますが、藤谷さんのことを考えるとなんとも…。

とは言え、鈴木さんは2015年に放送されたドラマ『刑事7人』(テレビ朝日系)で共演した大塚千弘さんとめでたく同年10月7日に結婚されたので、蒼井さんより先に幸せを手にしたんですけどね。

スポンサーリンク

【山ちゃんと蒼井優はすぐ離婚しそう?】

こんなことを書くと、蒼井優さんが正に「魔性の女」のように見えますし、彼女の恋愛遍歴から「すぐに離婚しそう」みたいな声も聞かれますね。

山ちゃん(山里亮太さん)もその辺のことを知ってか、結婚会見でこんな風に語っていましたよね。

『みなさんからさっき出ている単語もあるわけじゃないですか。
そういうのでみんな心配するんですけど、いっさい心配していないです。
「魔性」って単語を使っているけど僕はそんな人間じゃないということを一緒にいてずっと見てたんで。
みなさんが思う「魔性」から発生する心配というのは一切ございません。』

山ちゃん、男前!
そして、蒼井さんのことが心から好きなんですね。

こう言われた蒼井さんもグッときたようで、山ちゃんの隣で涙目になっていましたね。

聞けば、お互いにリスペクトし合っているとのことですので、ここは暖かく見守っていきたいと思います。

スポンサーリンク

【蒼井優プロフィール】

本名:山里 優(やまさと ゆう)(旧姓:夏井)
生年月日:1985年8月17日
出身地:福岡県
身長:160 cm
血液型:A型
職業:女優
ジャンル:テレビドラマ、映画、CM
活動期間:1999年から
配偶者:山里亮太
事務所:イトーカンパニー

デビューは、1999年に1万人の応募者の中からミュージカル『アニー』のポリー役に選出されたこと。1万人の中の一人ってすごいですね。

映画の初出演は、2001年の『リリイ・シュシュのすべて』

初の連続ドラマレギュラー出演は、2003年の『高校教師』(TBS)。

2004年には、映画『花とアリス』鈴木杏さんと初のW主演。

2006年に映画『フラガール』で第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第49回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞しています。

連続ドラマ初主演は、2008年の『おせん』(日本テレビ)。

昨年(2018年)には、第53回紀伊國屋演劇賞、第26回読売演劇大賞最優秀女優賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞しています。

山里亮太・山里優さん、末長くお幸せに!

スポンサーリンク