別れた綾瀬はるかと佐藤健がドラマ・アスレチックで仲良く共演!

綾瀬はるかさんが主演した『義母と娘のブルース』(TBS系2018年7月10日~9月18日)は、かなりの人気でしたね。
最終話の視聴率は19.2%もあったんですよ。

そんな人気を受けてか、最近、(2019年2月6日)に『義母と娘のブルース』のDVD&ブルーレイが発売されました。

で、この番組、ストーリーや綾瀬さんの演技が魅力的なのはもちろんですが、「共演タブー」と言われていた綾瀬はるかさんと佐藤健さんが共演したことでも話題になったんです。
しかも、最終話ではまさかのシーンまであって…。

スポンサーリンク


【綾瀬はるかと佐藤健の熱愛】

綾瀬はるかさんと佐藤健さんは2013年に映画『リアル~完全なる首長竜の日~』で共演したことがあります。
ご記憶のある方もいらっしゃるかも知れませんが、実は、そのとき、一部の週刊誌で二人の熱愛が報じられました。

芸能関係者の話によると、撮影中に二人がけんかをしたことがきっかけで逆に急接近したそうです。

佐藤さんは綾瀬さんより4歳年下。
綾瀬さんは、そんな佐藤さんのことを『たけちゃん』と呼んでいたそうです。
一方の佐藤さんは、綾瀬さんとタメ口で会話。

完全に恋人モードだったという話です。

クリームシチューの『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した時も、MCの上田晋也さんから
「どう? 2人がつきあうのは?」
と冷やかされるほど二人の仲が良かったほどなんです。

たしかに佐藤さんは『共演者キラー』と呼ばれるほど女性にもてますからね。

【綾瀬はるかと佐藤健が共演タブーリスト入りか?】

それ以降、5年間も共演することがありませんでした。
5年間というその長さは不自然なほど。

芸能関係者の間では、『NGリスト』入りしたんでは…と噂されたんです。

『NGリスト』とは、キャスティングするときに参考にするリストで、当人同士がライバル関係だったり、仲が悪かったり、あるいはキャラがカブっていたときに共演を避けるために使うリストです。

そんな『NGリスト』入りする時に一番多くあげられる理由が『元恋人同士』。
5年もの間共演がなければ、そう噂されるのもうなずけますよね。

実際、綾瀬はるかさんとの噂以降、佐藤健さんは多くの女優さんとの熱愛が報道されています。

2014年には2月・3月に発売された女性週刊誌で広末涼子さんとの密会の様子が写真入りで報じられました。

同じ年、やはり同じ女性週刊誌で、今度は森矢カンナ(旧:森カンナ)さんとのツーショットが撮られ、熱愛が噂されています。

その後も、2012年8月と2014年8月、9月に公開されたシリーズ映画『るろうに剣心』で共演した武井咲さん、
2016年5月14日公開の映画『世界から猫が消えたなら』で共演した宮崎あおいさん、
2016年10月15日公開の『何者』で共演した有村架純さん、
元ハロー!プロジェクトのメンバー・真野恵里菜さんなどなど。

まあ、この中には単なる噂どまりのものもあるんですが、どうみても綾瀬はるかさんと佐藤健さんの関係は破局していそうですよね。

それゆえに『NGリスト入りした』と思われていたところでの今回の共演ですから、周りは驚いたわけなんです。

【綾瀬はるかと佐藤健がアスレチックでお揃いのスニーカー!】

綾瀬はるかさんと佐藤健さんは、『義母と娘のブルース』の初回放送に先立って、2018年7月6日、同じTBS系の『ぴったんこカンカン』に揃って出演したことがあります。
『きぼむす』の番宣を兼ねてということですね。

番組内でアスレチックをするということで、出演者の皆さんはスニーカー履きだったんですが、その時に二人が履いていたのが、なんとお揃い!
『別れたはずなのにどういうこと?』
『えっ、今でも仲良し?』
と、注目されました。

この件については、綾瀬さんいわく
「用意していただいたスニーカーがたまたま同じだっただけなんです。」
とコメントしていますが…。

さらに、番組中に綾瀬さんの靴ひもがほどけたときのこと。
その時、佐藤さんがすかさず膝をついてしゃがんで、綾瀬さんの靴ひもを結び直してあげるシーンも。
綾瀬さん、テンションが上がってか、思わず「たけちゃん」と、かつてのように呼んでいました。

見ていた人の中には『もしかして今でも付き合っているの?』と思った人もいるほどの仲の良さでしたよ。

スポンサーリンク


【ドラマ『ぎぼむす』での綾瀬はるかと佐藤健が甘い!?】

『義母と娘のブルース』の撮影中、二人はどんな様子だったんでしょう?

別れた元カレと元カノですから、ぎくしゃくしてもおかしくはないんですが、ドラマより先に放送された『ぴったんこカンカン』では仲が良さそうでしたが…。

ドラマ関係者の方が収録現場での綾瀬さんと佐藤さんについて、こんなことを言っています。

「佐藤さんが綾瀬さんに“人の話を聞いてないなぁ”また“ボーッとして”“この意味わかる?”など笑いながらいじると、綾瀬さんが、“(佐藤のことが)嫌いかも…”とプーッとふくれて佐藤さんが笑う。
溶けちゃうというか、甘いというか、いい雰囲気ですよ」

二人とも、過去のことをきっちり清算して何のわだかまりもなく共演していたんでしょうかね。

ご存じのように、綾瀬はるかさんは主人公の義母『亜希子』を演じています。
もともと、バリバリのキャリアウーマンですが、娘を育てるためにあえてパン屋でパート勤めをするんですが、そのパン屋の青年店長『麦田』を演じたのが佐藤健さん。

うだつの上がらない店長でしたが、『亜希子』たちに刺激され仕事に打ちこみ始めます。

最終回では、『亜希子』はパン屋を去ることになるんですが、
最後に佐藤さんが綾瀬さんに別れの“デコチュー”をする場面がありました。

こんなときって、お互いどんな気もちなんでしょうね?
プロだから仕事と割り切って何も感じないんでしょうか?

ドラマ『ぎぼむす』は、もちろんストーリそのものも面白いんですが、
綾瀬さんと佐藤さんの撮影現場での会話を想像しながら見るのも面白いかもしれませんね。

気になる方は、DVD&ブルーレイか、こちらの配信サービスのお試し無料視聴で見てみるのもいいかもしれませんよ。⇒dTVチャンネル

スポンサーリンク


綾瀬はるかの映画、新作をご紹介

【綾瀬はるかの女優の魅力を感じる映画『今夜、ロマンス劇場で』】

綾瀬はるかさんが出演した映画で、この記事を書いている時点での最新映画は『今夜、ロマンス劇場で』になります。
2018年2月10日に公開された映画で、綾瀬はるかさんと坂口健太郎さんが主演したラブストーリーです。

興行収入が10.2億円といわれていますから、今話題の『ボヘミアン・ラプソディ』の10分の1ほど。
決してヒット作といえるほどではありませんでしたが、綾瀬さんファンにとっては彼女の魅力を堪能できる映画ですよ。

綾瀬はるかさんと言えば、“天然”のイメージがありますが、実は演技力がスゴイ!
『今夜、ロマンス劇場で』では、綾瀬さん自身のセリフは、最近流行りの映画の中では少ない方です。
しかし、この映画では、その少ないセリフと少ない表情で多くを語ることができていて、『女優・綾瀬はるか』を堪能することができるオススメの映画です。

スポンサーリンク


【映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ】


坂口健太郎さん演じる健司は、映画監督になることを夢見る青年。
健司はあるモノクロ映画を見て、そのヒロインである美雪(綾瀬はるかさん)に心を奪われます。
その日から、毎日スクリーンの中の彼女に会うために映画館に通い続ける健司。

ある日、美雪がスクリーンを飛び出し、健司の前に現われます。
しかし、美雪の姿はモノクロのまま。

そんな彼女をカラフルな現実の世界に案内する健司。
ふたりいつしか互いに心を惹かれるようになります。

しかし美雪には、重大な秘密がありました。
現実の人のぬくもりに触れると消えてしまうというのです。

果たして二人の恋の行く末は…。

まるでおとぎ話のようなストーリーですが、これが特に往年の映画ファンには却って魅力的に感じられると思いますよ。

スポンサーリンク


【映画『今夜、ロマンス劇場で』の綾瀬・坂口インタビュー】

過去に同じ映画に出演したことはあるものの、実際に撮影現場で顔を合わせて共演するのは『今夜、ロマンス劇場で』が初めてとなる綾瀬はるかさんと坂口健太郎さん。

インタビューではお互いの印象についてこんなことを語っています。

綾瀬さん「『海街diary』で少しお見かけした時はクールな印象だったんですけど、今回はすごく優しくて…」
坂口さん「頼りがいがあった?」

とジョークを飛ばし、インタビューの場を和ませていました。

坂口さんは綾瀬さんに対し、

坂口さん「テレビで拝見している時のイメージが強くて。ふわっとしている。勿論ポジティブな感じは強かったんですけど…」
綾瀬さん「実はしっかりしている?」

と綾瀬さんもジョークで返します。
続けて、

坂口「そう、しっかりしています! 女性としても役者さんとしても、しっかりとした芯があるんです。クランクインしてすぐに、それは感じましたし、一緒にお芝居をさせていただいている時にも。よく“天然”と表現されていることがあるのですが、どちらかといえば、チャーミングな方なんだなと思いました」

と、お互い楽しげに語り合っていました。

『今夜、ロマンス劇場で』には、ほかに、本田翼さん、北村一輝さん、中尾明慶さん、石橋杏奈さん、西岡徳馬さん、柄本明さん、加藤剛さんなんかも出演しています。

綾瀬ファン、映画ファンには必見の映画だと思います。
DVDも出ていますので、興味のある方は是非一度ご覧ください。

スポンサーリンク

綾瀬はるかの写真集(2017年)が売れないワケ

数多くのCMのほか、NHK大河ドラマ『いだてん』にも重要な役で出演し、今や国民的人気女優になった感がある綾瀬はるかさん。

“好感度”、“結婚したい女優”、“部下にしたい人”、“娘にしたい人”、“女性の憧れ”、のいずれのアンケートでも “No1”を獲得し、その人気は不動と言ってもいいほど。

しかし、そんな綾瀬はるかさんの写真集は、意外にも全然売れていないんです。
なぜなんでしょうか?

今回はその理由についてまとめてみました。

スポンサーリンク


【2017年の綾瀬はるか写真集はフカキョンの3分の1!】


一番新しい写真集は、2017年4月14日に集英社から発売された『BREATH』。
オリコンの「週間写真集ランキング」(4月24日付)では初登場4位で、初週推定売り上げ部数は3,456部。

前年に深田恭子さんが2冊同時に発売した写真集『AKUA』と『This is Me』がどちらも1.0万部だったことを考えるとかなり低い数字になってしまいました。

ちなみに、綾瀬はるかさんより上位だった写真集はというと…

1位:泉里香の写真集『Rika!』(SDP)
2位:グラビア&インタビューマガジン『blt graph. Vol.18』(東京ニュース通信社)
3位:乃木坂46・白石麻衣の写真集『パスポート』(講談社)

失礼ながら、芸能人としての“格”からいったら、綾瀬はるかさんの方がはるかに上にもかかわらず…。

スポンサーリンク

【2017年の綾瀬はるか写真集『BREATH』とは?】

写真集『BREATH』は綾瀬はるかの2年ぶりの写真集で、撮影現場はハワイ。
ボディボードに挑戦しているショット、ビーチで遊んでいるシーン、カフェで一息つく姿などが収められています。

撮影は人気写真家・高橋ヨーコさん。
“旅”の写真に定評がある方です。

写真集発売時、綾瀬さん自身、こんなことを語っていました。

「今回の写真集は、テーマは特に決めていなかったんです。
『これをこう撮る、ここで撮る』と決めずに、近しいスタッフの方々と本当に旅行して写真を撮ったような、そういうカットが詰まっています」

「ハワイでは、『海ってやっぱりいいなあ』と思いました(笑い)。
子供の頃、夏休みに家族と海に遊びに行ったときのことを重ねたりして、時間があれば海に入っていました。
それで、無心になって遊んでいるところをいつの間にか撮られているとか。
自然体に近い……“野生児・綾瀬はるか”に戻れたロケでした」

152ページもあり、しかも写真集に収まりきらなかったカットをまとめた全20ページのアザーカットミニ写真集のプレゼント応募までつくという大盤振る舞い。

久しぶりに綾瀬さんの水着姿を拝見できるとあって発売前には注目を集めていました。
にもかかわらず…。

スポンサーリンク

【綾瀬はるかは元グラビアアイドル!スリーサイズがスゴイ!】

綾瀬はるかさんの身長は、165cm。
体重やスリーサイズは公表されていませんが、体重は50kg前後、スリーサイズはB8.8cm、W61cm、H91cmと言われています。
スタイル抜群ですね!

綾瀬さん、2004年ころまではグラビアアイドルをしていたんですよ。
しかし、女優として活躍することが多くなって、最近では露出がすくない写真集が続いていたんです。

ちなみにこれまで出した写真集はこんなにあるんですよ。

  • 2001年「birth」
  • 2002年「ひと夏…。綾瀬はるか写真集」
  • 2004年「HEROINE」
  • 2006年「tea spoon Vol.2 fanciful~featuring 綾瀬はるか~」
  • 2008年「綾瀬はるかPHOTO BOOK ”Float”」、「Haruka Ayase in Cyborg she 『僕の彼女はサイボーグ』 公式ガイドブック」、「綾瀬はるか in 「ICHI」」
  • 2009年「綾瀬はるか in おっぱいバレー オフィシャルPHOTOブック」
  • 2012年「綾瀬はるか フォトブック HARUKA」、「映画 ひみつのアッコちゃん 公式ビジュアルブック」、「原色 綾瀬はるか」
  • 2014年「綾瀬はるかフォトブック Document」、「MOMENTO」
  • 2015年「SEA STOREIS Haruka Ayase」
  • 2017年「綾瀬はるか写真集 BREATH」
スポンサーリンク


【綾瀬はるかの写真集が売れない理由】

人気が出る前のグラビアアイドルの頃は別として、最近の綾瀬はるかさんの写真集はあまり売れていないんです。

実は、前作の写真集「SEA STOREIS Haruka Ayase」のときもそうです。

『10年ぶりに綾瀬はるかさんの水着ショットが見られる』と話題になったのもかかわらず、蓋を開けてみると初週売り上げが4000部。
やっぱり売れませんでした。

綾瀬さんは、1985年3月24日生まれ。
『さすがに30歳を超えると写真集はキツイ。』という声もありますが、先の深田恭子さんの例もあります。

管理人的には、みんなが綾瀬はるかさんに求めているものは違うのではないかと考えています。

綾瀬さんが好かれているのは、演技力という裏付けがあって、その上、綺麗でありながらも飾らない人柄ではないでしょうか。

時に見せる『天然さ』も、カメラの前で演じている感がなく、素朴で親近感を覚えるのでは。
実際に、『もうグラビアみたいなのはやらなくていいよ』『何故に水着になったのだろう』といった声もあります。

女優さんの写真集が売れる重要な要素は『色気』だと思いますが、今や綾瀬はるかさんに“セクシー路線”を求める人はあまりいないのでしょう。
綾瀬さんは、もうあの手の写真集を出さないかもしれませんね。

スポンサーリンク

綾瀬はるかと松坂桃李が『いだてん』で共演!?

【綾瀬はるか出演中の『いだてん』に松坂桃李が共演!?】

2019年1月6日から放送されているNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に綾瀬はるかさんが出演していますね。

視聴率が少しずつ下がっているようんですが、2020年のオリンピックを盛り上げるためにも頑張ってほしいです。

さて、1年にわたって放送されるドラマですから、出演者は何回かに分けて発表されるのですが、放送開始の約2週間前になる12月25日、『いだてん』の新たな出演者が発表されました。

何と、このとき発表された出演者の一人に、松坂桃李さんがいるではありませねんか!

綾瀬はるかさんと松坂桃李さんと言えば、かつて熱愛が報道され、現在は破局しているとも言われています。
大抵出演者を決めるときには、その人の交友関係をチェックするそうですが、大丈夫なんでしょうか?

スポンサーリンク

【綾瀬はるかと松坂桃李の馴れ初め映画から破局まで】


綾瀬はるかさんと松坂桃李さんが馴れ初めは、2014年5月31日に封切りされた映画『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』での共演です。

松坂さんは、撮影以外の時でも純粋でかわいらしい綾瀬さんにが惹かれ、
綾瀬さんも誠実に仕事に取り組む松坂さんに好意をもっていたそうです。

映画のロケ地のフランス・パリでは、ふたりでオルセー美術館に出かけたりしていたそうです。

外国なら芸能人といえども堂々とデートできそうですよね。

二人の熱愛は、2015年1月にスポーツ紙で大々的に報じられ、当時、綾瀬さんのマンションに近くのスーパーで松坂さんが買い物している姿が目撃されたりしていました。

しかし、その翌年、2016年3月に発売された『女性セブン』によると、綾瀬さんと松坂さんは年明けには破局したとのことです。

1985年3月24日生まれの綾瀬さんは、熱愛が報じられた年で30歳。
一方の松坂さんは3歳年下の27歳。

記事によると、“30歳のうちに結婚したい”綾瀬さんにはタイムリミットが迫っていたとのこと。

しかし、松坂さんはまだ27歳。
“30歳までは結婚なんて考えずに、とにかく仕事をしたい”と考えていたようです。

そんな結婚観のズレが理由で、綾瀬さんと松坂さんは破局になってしまったそうです。

スポンサーリンク


【破局後の共演で綾瀬はるかが不自然!】


今回の『いだてん』の前に、破局後の綾瀬さんと松坂さんが共演したことがありました。

それは、2018年7月2日のこと。
TBS系の人気番組「関口宏の東京フレンドパーク2018 7月ドラマ大集合SP!!」に二人がゲスト出演したんです!

番組では、綾瀬さんと松坂さんを隣に並ばせていました。
それを観てネット上では、“どちらが昔の恋を引きずっているか”が話題になったことがあるんです。

『綾瀬はるかが松坂桃李の顔をチラ見してる!』
『松坂桃李の方は綾瀬はるかを見ても普段通り。普通に笑ってる』
『今日は綾瀬はるかの表情が不自然。』
『綾瀬はるかは、まだ松坂桃李のこと引きずってそう』

ちょっとした論争になり、結局“綾瀬はるかの方が松坂桃李を気にしていそう!”という声が多くを占めました。

スポンサーリンク

【『いだてん』で綾瀬と松坂の再会はあるのか?】

まだ、松坂さんのことを忘れきれていない様子の綾瀬さん。
今回の『いだてん』は大丈夫なんでしょうか?

バラエティーではないので演技がぎこちなければ、何度でも撮り直せますが、ピュアな綾瀬さんだけにメンタル面が気になります。

『いだてん』は、“明治末期”、“昭和初期”、“戦後復興期”を描いた大河ドラマで、NHKの公式サイトによると二人の主人公がリレー方式で話しをつないでいきます。

前半の主人公は、中村勘九郎さん演じる日本人初のオリンピック参加者“金栗四三”、
後半は、阿部サダヲさん演じる東京オリンピック招致の立役者“田畑政治”というぐあいです。

で、綾瀬さんが演じるのは、前半の主人公、“金栗四三”の幼馴染で、将来、四三の妻になる“春野スヤ”。

一方、松坂さんが演じるのは、1964年(昭和39年)の東京オリンピックの招致委員の“岩田幸彰”。

ということは、綾瀬さんが出演するのは“明治末期”から“昭和初期”で、松坂さんは“戦後復興期”。
どうやら、二人が撮影現場でばったり会うということはなさそうですが…。

ただ、綾瀬さんの夫役で前半の主人公“金栗四三”は、1983年まで生きた方だそうです。

なんでも、1967年(昭和42年)にストックホルムで開かれたオリンピック記念式典に招待され、『競技中に行方不明』とされていた1912年のオリンピックのゴールを切って、『54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3』と記録されたことがあるのだとか。

ですから、時代的にはかぶっている部分もあるので、綾瀬さんと松坂さんが撮影現場で合う可能性もないことはないんです。
『いだてん』の物語とは直接関係ありませんが、その辺もちょっと注目かな。

スポンサーリンク

竹野内豊とのドラマ(2018年)で綾瀬はるかが使ったリュック

【竹野内豊・綾瀬はるか初共演の『ぎぼむす』とは】

イケメン俳優・竹野内豊さんと、男性・女性にも人気の綾瀬はるかさんが初共演したことで話題になったドラマといえば『義母と娘のブルース』、略して『ぎぼむす』ですね。

2018年7月10日から9月18日までTBS系で火曜夜10時から放送され、第1話の視聴率は、11.5%と好調。
その後もだんだん上昇し、最終話はなんと19.2%もあった人気番組です。

『義母と娘のブルース』は、もともと桜沢鈴さんの漫画。
『ぶんか社』から全2巻が出ています。

「4コマ漫画にもかかわらずここまで心が打たれるとは!」と評判の感動的なストーリーになんですよ。

スポンサーリンク

【『ぎぼむす』のあらすじ】

主演の綾瀬はるかさんが演じるのは、若くして部長になったバリバリのキャリアウーマン、岩木亜希子。

竹野内豊さんは、先妻を亡くし男手ひとつで小学生の娘みゆきを育てている宮本良一を演じています。

良一は病に冒されており、自分の死後みゆきを託すため亜希子と結婚。
亜希子はみゆきの母親になります。

仕事一筋で生きてきた彼女は子どもとの接し方一つわからず、娘に自己紹介と称して名刺交換をする始末。
ティッシュと一緒に洗濯するなど、世の中の母親とズレまくっている亜希子に反発するみゆき。

それでも、二人はお互いの距離を縮めようと日々、努力します。

やがて、良一もまた病により帰らぬ人となり、亜希子とみゆきの二人きりの生活が始まります。

亜希子は何とかみゆきを大学に上げ、やがてみゆきはかつての同級生と結婚。
みゆきを独り立ちさせるためにパン屋でアルバイトをしていた亜希子は、再びキャリアウーマンとなって起業します。

ある日、みゆきが久々に実家へ戻ってみると、亜希子は老後の準備をしています。
そんな姿を見て、自分を育ててくれた義母に何がしてあげられるのか考え込みます。

やがて、義母、亜希子が最期を迎える日がやってきます。
そのとき、初めてみゆきを引き取った本当の理由を語りました。

ドラマは、亜希子とみゆきが出会ってからの10年間の様子を描いています。
特に、竹野内さんが演じた良一が亡くなった第6話の放送後は、SNS上で『良一ロス』の声があふれかえりました。

さらに、最終回の視聴率はなんと19,2%!
ものすごい数字です!

しかし、内容は原作とは異なっていて、みゆきが大学に行くのか、亜希子がビジネスの世界に戻るのか、2人の互いを思いやる心模様が描かれていました。

スポンサーリンク

【『ぎぼむす』で綾瀬はるかが使ったリュックはこれだ!】

そんな『ぎぼむす』の中で、綾瀬はるかさんが第1話で使ったリュックが注目を浴びています。

Dakota(ダコタ)のBLACK LABEL(ブラックレーベル)カワシリュックです。

牛皮の本皮で、本来紳士向けのバッグです。
亜希子のキャラクターから、あえて男性物を選んだんでしょうね。

Dakotaとは、バッグ・パース、その他関連商品の企画・製造・卸売・輸出入をしているプリンセスタラヤが1969年に展開したオリジナルブランドです。

詳しくお知りになりたい方は、Amazonの商品説明をどうぞ。
下の画像をクリックするとAmazonのページが開きます。


スポンサーリンク