米津玄師の“Lemon”の歌詞(ひらがな付き)と裏話

【米津玄師“Lemon”の歌詞、ひらがな付き】

2018年の紅白歌合戦に初出場した米津玄師さん。
直前まで出ないと思われていただけに、ファンとしては嬉しいサプライズでしたね。

紅白で歌った曲は“Lemon”。

歌詞が読みやすいように“ひらがな”付きでご紹介します。

Lemon / 作詞・作曲 米津玄師

夢ならばどれほど良かったでしょう
(ゆめならばどれほどよかったでしょう)

未だにあなたのことを夢にみる
(いまだにあなたのことをゆめにみる)

忘れた物を取りに帰るように
(わすれたものをとりにかえるように)

古びた思い出の埃を払う
(ふるびたおもいでのほこりをはらう)

戻らない幸せがあることを
(もどらないしあわせがあることを)

最後にあなたが教えてくれた
(さいごにあなたがおしえてくれた)

言えずに隠してた昏い過去も
(いえずにかくしてたくらいかこも)

あなたがいなきゃ永遠に昏いまま
(あなたがいなきゃえいえんにくらいまま)

きっともうこれ以上傷つくことなど
(きっともうこれいじょうきずつくことなど)

ありはしないとわかってる

あの日の悲しみさえ
(あのひのかなしみさえ)

あの日の苦しみさえ
(あのひのくるしみさえ)

そのすべてを愛してた あなたとともに
(そのすべてをあいしてた あなたとともに)

胸に残りはなれない 苦いレモンの匂い
(むねにのこりはなれない にがいれもんのにおい)

雨が降りやむまでは帰れない
(あめがふりやむまではかえれない)

今でもあなたは私の光
(いまでもあなたはわたしのひかり)

暗闇であなたの背をなぞった
(くらやみであなたのせをなぞった)

その輪郭を鮮明に覚えている
(そのりんかくをせんめいにおぼえている)

受け止めきれないものと出会うたび
(うけとめきれないものとであうたび)

溢れてやまないのは 涙だけ
(あふれてやまないのは なみだだけ)

何をしていたの 何を見ていたの
(なにをしていたの なにをみていたの)

わたしの知らない横顔で
(わたしのしらないよこがおで)

どこかであなたが今 わたしと同じ様な
(どこかであなたがいま わたしとおなじような)

涙にくれ 淋しさの中にいるなら
(なみだにくれ さびしさのなかにいるなら)

わたしのことなど どうか忘れてください
(わたしのことなど どうかわすれてください)

そんなことを心から願うほどに
(そんなことをこころからねがうほどに)

今でもあなたはわたしの光
(いまでもあなたはわたしのひかり)

自分が思うより
(じぶんがおもうより)

恋をしていたあなたに
(こいをしていたあなたに)

あれから思うように 息ができない
(あれからおもうように いきができない)

あんなに側にいたのに
(あんなにそばにいたのに)

まるで嘘みたい
(まるでうそみたい)

とても忘れられない
(とてもわすれられない)

それだけが確か
(それだけがたしか)

あの日の悲しみさえ
(あのひのかなしみさえ)

あの日の苦しみさえ
(あのひのくるしみさえ)

そのすべてを愛してた あなたとともに
(そのすべてをあいしてた あなたとともに)

胸に残りはなれない 苦いレモンの匂い
(むねにのこりはなれない にがいれもんのにおい)

雨が降りやむまでは帰れない
(あめがふりやむまではかえれない)

切り分けた果実のの片方の様に
(きりわけたかじつののかたほうのように)

今でもあなたはわたしの光
(いまでもあなたはわたしのひかり)

スポンサーリンク

【米津玄師“Lemon”のチャート】

この曲は2018年3月14日にリリースされた、米津玄師さんの8枚目のシングルです。

先行配信されたときは、Billboard JAPAN Hot 100で初登場2位を記録(2018年2月26日)。
その日のオリコン週間デジタルシングルランキングは、初登場1位。
3月14日のフィジカルの発売でも、オリコン週間ランキング・Billboard JAPAN Hot 100で初登場2位。(1位はAKB48の“ジャーバージャ”)
香港・台湾でも3月19日にiTunes総合チャートで1位を獲得。

むちゃくちゃすごいですね。
間違いなく2018年を代表するヒット曲ですね。

スポンサーリンク


【“Lemon”のタイトル・歌詞の裏話】

“Lemon”は、2018年1月12日から放送された石原さとみさん主演のTBS系テレビドラマ“アンナチュラル”の主題歌として書き下ろされました。

米津さんにとっては、初のドラマ主題歌です。

ドラマのタイトル“アンナチュラル”とは“不自然死”(アンナチュラル・デス)からきているんでうよ。
不自然死の解剖率が先進国最低の日本の現状を改善すべく、国によって設立されたとされる架空の研究機関を舞台にしたドラマになっています。

このようにドラマでは『人の死』をテーマにしているため、主題歌も同じことをテーマにしています。

Billboard JAPANのインタビューで、“Lemon”のタイトルや歌詞についてこんなことをかたっています。

Q:ちなみに数ある果物の中からレモンを選んだのは?

米津玄師:それは自分でもわからないです。仮歌の段階から<胸に残り離れない苦いレモンの匂い>っていう一節があって。
歌詞を書くにあたって、一点を見つめながら、どういう言葉を綴ればいいのかを考えつつ、なんとなく手を動かしてたら出てきたんですよね。
だから自分でもわからないんですけど、どうしてもこの歌詞しかなかった。
どうしてもレモンでなければならなかった。ただ自分では理由を言語化できないし、特に言語化しようとも思わないです。

この曲、最初は「Lemon」じゃなくて「Memento」っていうタイトルだったんですよ。
でも人の死を描く曲が「Memento」って、なんかこう、やりすぎな感じ……鼻につく感じがしちゃって。
絶対違うと思いながら歌詞を書いてたんです。
そしたら、さっきも言った<胸に残り離れない苦いレモンの匂い>っていう言葉が自分の中に出てきて。
だから、ある種の瑞々しいもの……単体で見れば死とかそういうものから遠いところにあるレモンを使うことによって、「人の死」っていうものを抽象的に表現出来たらいいなとは考えましたし、実際にそれが上手くいったとも思ってます。

*Memento=形見

スポンサーリンク

また、“Lemon”の制作中に米津さんのおじさんが亡くなられたそうです。それがきっかけで米津さんの死生観がかわり、かなり悩んでとのとこです。

雑誌“CUT”2018年3月号のインタビューの中では、こんなことを言っています。

この曲を作っている最中にうちのじいちゃんが死んだんです。
それで今まで自分の中で作り上げてきた『死』に対する価値観がゼロになった。
結果、『あなたが死んで悲しいです』とずっと言ってるだけの曲になりました。

人って、ひどく強く感情が揺さぶられた時には、いろんな飾りが取り除かれて、ひどくシンプルに語るものなのかもしれませんね。

そんなことを知った上で改めて“Lemon”を聴いたら、なんかジーンとしてきちゃいました。

スポンサーリンク

米津玄師の紅白、ダンサーはいらない?怖い?動画は自主規制?

米津玄師さんが2018年の紅白に出場したことが話題になっていますね。
出場しないと言われていたのが、紅白の5日前になって急きょ出場が決定したことで喜んだ人も多かったとか。

米津さんが紅白で歌った「Lemon」は、ドラマ“アンナチュラル”の主題歌で、
2018年3月14日に発売されると、YouTubeで2億5千万回も再生された空前絶後のヒット曲です。

SNSやネットでは、米津玄師さん本人以外にバックダンサーについても話題になっています。
ネットでは、「いらない」、「怖い」といったキーワードが目につきます。

さらには、「紅白の動画画像をSNSにのせるな!」といった“自主規制”みたいな動きも起こっています。

一体どうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

【紅白のダンサーは“いらない”“怖い”?】


紅白で米津玄師さんのバックダンサーについて、みんなどう思っているのでしょう?

私がツイッターを調べて見たところ、肯定的な意見と否定的な意見が入り混じっているようです。

否定的な意見の代表は“いらない”という声。

『バック』ダンサーといいつつ、米津玄師さんの前で踊っていました。
激しい感情表現というか、エグイというか、足をガニ股に広げて飛んだり跳ねたり。

それが邪魔になって、楽しみにしていた米津玄師さんの歌に集中できなかったという声。
まるで、米津玄師さんではなく、ダンサーさんが主役のように踊っていたのがウザいと感じた人が多かったようです。

もうひとつ“怖い”という声も多かったですね。

ただし、“怖い”は二つの意味で使われています。

ひとつは、ダンスが鬼気迫る表現で、観ていて恐ろしくなる、気味が悪いという意見。
かなり斬新なダンスでしたから、ある意味『狂気』を感じた人が少なからずいたようです。

逆に、“怖い”くらい素晴らしかった、という意見も結構たくさんあります。

キレッキレのダンスで凄すぎという意味で、“怖い”という表現を使っているんですね。

良くも悪くももこれだけ話題になるダンサーって一体誰だったんでしょう?

スポンサーリンク


【米津玄師“Lemon”のダンサーはこの人!】


今回の紅白で米津玄師さんのダンサーを務めたのは、菅原小春(すがわら こはる)さんです。

アメリカ、ヨーロッパ、アジア、南アメリカなど世界的に活躍しているダンサーなんです。
ダンスを始めたのは10歳の時。
『スーパーチャンプル』、『DANCE ATTACK』といったダンスコンテストで優勝しています。

その後、18歳のときにアメリカにダンス留学をします。
オリジナルダンスを作り上げ、ダンス界で注目を集めて日本に帰国。

安室奈美恵さんやSMAPのダンサーを勤めたばかりでなく、多くの有名人の振り付けを手掛けています。
例えば、2NE1、少女時代、倖田來未さん、CRYSTAL KAYさん、EXILE、三浦大知さんなんかですね。

ただし、紅白の時は辻本知彦氏が菅原さんの振り付けを担当していたので、あのダンスを“ウザイ”、“(悪い意味で)怖い”と思われるのは菅原さんにとってかわいそうかも。

CMにも出演していて、上の赤い衣装で踊っている写真は2018年の資生堂のCMでの菅原さんです。
世界的ブランドのNIKE(ナイキ)のオフィシャルサイトでは、彼女の躍動的な動画を掲載しています。

米津玄師さんとは、紅白以外にも一緒に仕事をしています。
例えば、紅白と同じ2018年12月31日におkなわれた『夢のキッズショー』で歌われた「パプリカ」。
小学生ユニット「Foorin」が歌うこの曲は、作詞・作曲・プロデュースが米津玄師さん、ダンスの振り付けは菅原さん担当し、NHKの2020応援ソングになっています。

菅原小春プロフィール

  • 生年月日:1992年2月14日
  • 出身地:千葉県山武市
  • 血液型:A型
  • 身長:170㎝
  • 職業:ダンサー、振付師
  • 別名義:KOKO
  • 家族:タテジマヨーコ(姉)
スポンサーリンク

【菅原小春の元カレと今カレ】


そんなダンサーや振り付け師として有名な菅原小春さんですが、プライベートはどうなっているんでしょう。
かつて、俳優・三浦春馬さんとの熱愛がほうじられたことがあります。

2015年、共通の知人を通して知り合った菅原小春さんと三浦春馬さん。
翌2016年、菅原小春さんのラジオ番組『SUGAR WATER』に三浦春馬さんがゲスト出演し、このころからつきあいが始まったと言われています。
高級住宅街などでツーショットがスクープされました。

そして、更にその翌年、2017年には三浦春馬さんと菅原小春さんとのツーショット写真がインスタグラムで流出。
ふたりがペアルックで見つめ合ったり、ベッドの上で寝転がるラブラブな写真です。

なぜそんなプライベートな写真が流出したかは不明ですが、菅原さんのダンス仲間と言われるある外国人男性が載せたという説も。

しかし、その後二人は破局してしまいます。

菅原さんは、満員電車のサラリーマンや路上に座りこんでいる酔っ払いに話しかけて撮った写真をインスタで世界に発信したことがあります。
これに対して、『日本のサラリーマンを馬鹿にしている!』と多くの人が激怒して、炎上したことがあります。

三浦さんは、そんな奇怪な行動をとる菅原さんに疲れたのか、「菅原さんにはもうついて行けない。」と漏らしていたそうです。
*詳しくは、記事【三浦春馬、インスタで 彼女とのツーショット写真流出!】をご覧ください。

ことし、2019年1月、菅原さんの新しい彼氏ではないかと報じられているんが高畑裕太さん

高畑裕太さんは女優・高畑淳子さんの息子さんです。
覚えていらっしゃる方も多いと思いますが、2016年ホテル女性授業員への性的暴行の容疑で逮捕(不起訴)され、現在、芸能活動を無期限休止中の人です。

芸能活動を無期限休止している高畑裕太さんですが、今回そんな高畑さんの彼女の情報を『デイリー新潮』が報じています。

1月18日、菅原さんの姉・タテジマヨーコさんが出演するイベントが行われた都内のライブハウスに行った高畑裕太さん。
イベントの後、菅原さんは、タテジマさんや高畑さんら6名で打ち上げで居酒屋に。

午前1時過ぎ、菅原さんがひとりで居酒屋から出て来てタクシーをつかまえると、高畑裕太さんが現れて、タクシーのドア越しに菅原と会話をし、高畑裕太さんはタクシーには乗らずに菅原さんを乗せたタクシーは走り出したとか。

タテジマさんも高畑淳子さん2人が交際しているのかについては、はっきり否定も肯定もしていません。

否定しないということは、付き合っている?

実際、関係者によると二人は2018年3月頃から交際しているという情報もあります。

今後どんな展開を見せるか注目です。

スポンサーリンク


【米津玄師の紅白の動画・画像のアップ自主規制!?】

何かと話題になっている米津玄師さんの紅白。
米津玄師さん自身やダンサーさんの動画や画像をもう一度見たいと思っている方も多いと思います。
しかし、これがなかなか見られないんです。

というのが、ファンの間で米津玄師の紅白の動画・画像のアップ自主規制の動きが高まっていて、SNS上では、アップされている動画・画像に対して削除を求める声が飛び交っているんです。

米津玄師さん本人が動画・画像を載せないことを希望しているんだから、ファン(米民)としては米津さんの意向を尊重しよう。」
「そうしないと、二度と米津さんをTVで見られなくなるのではないか。」
といったところから出ています。

これに対しては、反論も多く飛び交っています。

「例の米津さんの発言は何年も前に言ったこと。
今回の紅白のことではない。」
「そもそも本当に米津さん自身がそういったのか?
情報源が曖昧なのにもかかわらず、それを鵜呑みにするべきではない。」

う~ん、確かに双方の言い分にはそれなりの理由がありますね。
NHKオンデマンドという公式配信がありますから、ここはそちらにお任せしますか。

スポンサーリンク

米津玄師の「Flamingo(フラミンゴ)」の歌詞・ふりがなつき

2018年のNHK紅白歌合戦にも出場し、ますます注目の米津玄師。

「Flamingo(フラミンゴ)」は、2018年10月31日に「TEENAGE RIOT(ティーンエイジライオット)」とのダブルA面シングルとしてリリースされたヒット曲ですね。

米津玄師さんのメジャーデビュー8作目の作品で、オリコン初登場で1位を飾った、記念すべき曲です。

独特の言葉づかいを駆使しているこの曲。
いったい何を言っているんでしょう?

まずは、歌詞をふりがなつきでご紹介します。
分りにくい言葉には注釈も付けました。

スポンサーリンク

【米津玄師Flamingo(フラミンゴ)の歌詞・ふりがなつき】

Flamingo
作詞・作曲/米津玄師

宵闇(よいやみ)に 爪弾(つまはじ)き 悲しみに 雨曝(あまざら)し 花曇(はなぐも)り
枯れた街 にべもなし 侘(わび)しげに 鼻垂(はなた)らし へらへらり

*爪弾き=(不満・軽蔑・非難などの気持ちから)指先を親指の腹に当て,その指を強くはじくこと。②他人を嫌って排斥すること。仲間はずれにすること。
*花曇り=桜の咲く頃の、曇りがちの天気。
*にべもない=愛想がない。そっけない。にべない。

笑えない このチンケな泥仕合(どろじあい) 唐紅(からくれない)の髪飾(かみかざ)り あらましき恋敵(こいがたき)
触りたい ベルベットのまなじりに 薄(うす)ら寒い笑みに

*泥仕合=互いに相手の欠点・失敗・秘密などを言い立てて非難しあう醜い争い。
*唐紅=濃い紅色。紅色の美しさをほめていう場合が多い。
*あらましき=荒く激しい。荒々しい。

あなたフラミンゴ 鮮(あざ)やかなフラミンゴ 踊るまま
ふらふら笑って もう帰らない
寂(さび)しさと嫉妬(しっと)ばっか残して
毎度あり 次はもっと大事にして

御目通(おめどお)り 有難(ありがた)し 闇雲(やみくも)に舞(ま)い上がり 上滑(うわすべ)り
虚仮威(こけおど)し 口遊(くちずさ)み 狼狽(うろたえ)に軽はずみ 阿呆晒(あほさら)し

*御目通り= 身分の高い人に会うこと。拝謁。
*有難し=「ありがたい」の文語的な表現。
*闇雲=漠然としてあてのないさま。やたらに。
*虚仮威し=底の見え透いたおどし。実質はないのに外見だけは立派に見えることにもいう。こけおどかし。

愛(いと)おしいその声だけ聴いていたい 半端(はんぱ)に稼(かせ)いだ泡銭(あぶくぜに) タカリ出す昼鳶(ひるとんび)
下らないこのステージで光るのは あなただけでもいい

*昼鳶=①昼間、人家にしのび入り、金品をぬすむ者。ひるとび。②掏摸(すり)のこと。

それはフラミンゴ 恐ろしやフラミンゴ はにかんだ
ふらふら浮かんで もうさいなら
そりゃないね もっとちゃんと話そうぜ
畜生(ちくしょう)め 吐(は)いた唾(つば)も飲まないで

*吐いた唾は飲めぬ=一度口から出した言葉は取り消すことはできない、というたとえ。

氷雨(ひさめ)に打たれて鼻垂らし あたしは右手にねこじゃらし
今日日(きょうび)この程度じゃ騙(だま)せない 間(はざま)で彷徨(さまよ)う常(とこ)しえに
地獄の閻魔(えんま)に申し入り あの子を見受けておくんなまし
酔(よ)いどれ張(は)り子の物語 やったれ死ぬまで猿芝居(さるしばい)

*氷雨=①雹(ひよう)。あられ。[季]夏。② 晩秋・初冬の冷たい雨。
*常しえ=変わらずにいつまでも続く・こと(さま)。とこしなえ。えいきゅう。
*見受け=芸妓・娼妓などを身の代金を払って年季のすまないうちに、その商売をやめさせること。落籍すること。
*張り子=物の形を木型で作り,それに紙を重ねてはり,糊(のり)がかわいてから,木型を抜き去ったもの。はりぬき。また,木・竹などで芯(しん)を組み,上から幾重にも紙を張って作ったもの。はりぼて。
*猿芝居=①猿に芸を仕込み、かつらや衣装をつけて歌舞伎役者のまねをさせる見世物。②すぐ見透かされるような、あさはかなたくらみ。

あなたフラミンゴ 鮮(あざ)やかなフラミンゴ 踊るまま
ふらふら笑って もう帰らない
嫉妬(しっと)ばっか残して
毎度あり 次はもっと大事にして

宵闇(よいやみ)に 爪弾(つまはじ)き 花曇(はなぐも)り
枯れた街 にべもなし はらへらり

注釈は「weblio辞書」より

スポンサーリンク


【米津玄師 Flamingo(フラミンゴ)は何を歌っているのか?】


ところで、この「Flamingo」、こうして言葉の意味を調べただけでは、何を歌っているのかわかりませんよね。

これは、米津玄師さんが別れた元カノのことを歌った曲だと言われています。
幸せの象徴であるはずの「Flamingo」を彼女に見立て、浮気をしてフラフラしている彼女への思いを綴ったものだとか。

彼女の言葉と思われる部分を赤い字で書きました。
この古い日本語は、どこか江戸時代の花魁(おいらん)ことばを連想させます。

黒い字が男=米津さんのことば、赤い字=元カノのことばと考えると、スッキリしませんか?

スポンサーリンク

米津玄師の彼女の噂は本当?彼女の顔は?

2018年のNHK『紅白歌合戦』の出場も果たした米津玄師さん。
ことしもますます活躍が期待できそうですね。

そんな米津玄師さん、昨年、『深夜デート』が目撃され、熱愛が噂されたこともありました。
今回は、噂の発端になった『女性自身』の記事をもとに、ことの真相を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク


【深夜デート当日の米津玄師と彼女の行動】

2018年11月の『女性自身』によると、
11月中旬の夜11時、米津玄師さんはタクシーを拾って、とある芸能人御用達のカフェレストランへひとりで向ったそうです。

そこで3時間以上過ごし、お店を出てきたところを写真に撮られました。

その写真がコチラ。

お店を出た二人は、タクシーで都内の私鉄駅に向かいます。
駅に着くと彼女だけタクシーを降り、米津玄師さんは手を振ってそのまま別れたということ。

二人でマンションに向かったわけではなく、そのまま別れたんですね。

スポンサーリンク

【米津玄師の彼女の顔は“中川翔子”】

この女性は一般の方らしく、モザイクがかかって顔写真は出ていません。

なんでも、デビュー当時の中川翔子さんに似ているとか。
下の写真は高校時代の中川翔子さん。

きっと、むちゃくちゃ可愛い顔した人なんでしょうね。

スポンサーリンク

【“彼女”と言われるのは何してる人?】

では、この日目撃された女性はどんな人なんでしょう?

ちょっと『女性自身』から引用しますね。

徳島県で生まれた米津玄師(27)は幼少期からコミュニケーションが苦手で、孤独を強く感じていたという。そんな彼を献身的に支え続けているのが彼の事務所の社長Aさんだ。音楽関係者は言う。
・・・
『約6年前、彼の才能に惚れたのが、大手レコード会社の宣伝担当をしていた、まだ20代の彼女でした。』
彼の才能をいち早く見抜いたAさんは5年前の春、彼の事務所を設立し、代表取締役に就任。
・・・
『米津さんも彼女の仕事ぶりに信頼と絆を強めていき、いまでは家族のような存在になったそうです。』(前出・音楽関係者)
・・・
実際、Aさんは米津のサポートに多忙な生活を送っているようだ。11月上旬の某日は、深夜0時前に米津のマンションを訪れていた。11月中旬の某日は夜8時半にマンション内に入り、深夜2時過ぎまで出てくることはなかった。

簡単に言うと、米津玄師さんの事務所の社長さんということのようです。

そして、たびたび米津さんのマンションに行き、深夜まで一緒にいることがあったんですね。

スポンサーリンク


【本当に“彼女”?それともビジネスパートナー?】

ただ、『女性自身』の記事をよく読むと、こんなことも書いています。

米津の謎の私生活をどう支えているのか。11月下旬の夕方、本誌は彼が籠るマンションから姿を現したAさんに話を聞いた。
――こちらで米津さんと同居されているんでしょうか。
「そんなことはないです。全くそうした事実はございません」
――先日も深夜までいらっしゃっていたようでした。
「宿泊したことはありませんし、長時間いたこともありません。私は自宅に帰っています。ここは作業場で、あくまで私は彼の音楽が成功できるようマネージメントをする立場なので確認しなければいけないことがあるんです。電話ではできない話もあり、夜中でも確認しに来る場合があるんです」

と、ご本人は真っ向否定。
本人が否定したからと言って、それを鵜呑みにはできませんが、『女性自身』も記事内でこんなことも書いているんです。

米津は現在、都内のマンションの一室で生活している。
『スタジオとして、今秋からここに引き籠っている感じでしょうか。食事も出前が多いです。来年、初の全国アリーナツアーを控えており、音楽制作に没頭する日々を送っています』(音楽関係者)

ということは、本当に仕事の打ち合わせをしていた可能性もかなり高いのでは…。
この一文って、誤報だったと金為の予防腺?

更に…、

彼女との関係を所属レコード会社に確認すると『一般の方で、友人のひとりです』と回答した。

ということも書かれています。
なんか、雲行きが怪しくなってきました。

あれだけカッコイイ米津さんですから、彼女がいても全くおかしくはないのですが、この記事だけで“彼女”とか“付き合っている”と断定するのはどうかな、という気がしますね。
もしかしたら、本当にビジネス上の付き合いかもしれないなんて思えても来ます。

この件は、続報を待たないとなんとも言えないというところが結論でした。

スポンサーリンク