米津玄師の新曲、ドラマ”ノーサイドゲーム”主題歌の発売日決定!

今や爆発的人気と言っていほどの米津玄師さんの新曲が突然発表されましたね。

TBS系で7月より放送開始されたドラマ『ノーサイドゲーム』の主題歌、『馬と鹿』です!

予告なくドラマで流れたこの米津さんの新曲、発表日が決まりました。

スポンサーリンク

【ドラマ“ノーサイドゲーム”とは?】

2019年7月期の新番組『ノーサイドゲーム』(TBS系 日曜夜9時)は、大泉洋さん主演のドラマ。

原作は、あの『半沢直樹』を書いた池井戸潤さんです。

大手自動車メーカーの中堅サラリーマンが、左遷人事で赴任した工場でラグビーチームの監督も任されることに。

出世の道を断たれた主人公と低迷するラグビーチームの仲間たちが、苦しみながら逆境を乗り越えていくすがたを描いたドラマです。

高感度の高い大泉洋さんと、ヒットメーカーの池井戸潤さんの組み合わせですから、自然と期待が高まっちゃいますね。

大泉洋さんのコメント

「私自身も今まで放送されてきた、数々の池井戸作品のファンでありましたので、その池井戸さんの新作ドラマで、主演させていただくのはとても嬉しく、光栄であります。
大きなプレッシャーも感じていますが、『99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜』、『LEADERS㈼』でもご一緒させていただき、全幅の信頼を寄せる福澤組と一緒にこの君嶋という役を全身全霊で演じたいと思います。
そして日本でラグビーのワールドカップが開催されるという年に書きおろされる池井戸さんのラグビーを題材にした新作を読者として、純粋に楽しみにもしています。
絶対面白いでしょ!!」

(TBS公式サイトより)

スポンサーリンク

【米津玄師の主題歌がサプライズ発表!】

そんな『ノーサイドゲーム』の主題歌を、あの米津玄師さんが書き下ろししました。

米津さんと言えば、先ごろ公開された映画『海獣の子供』の主題歌『海の幽霊』も担当したり、少し前には松坂桃李さん主演のドラマ『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)の主題歌で菅田将暉さんが歌う『まちがいさがし』、そして更にさかのぼれば石原さとみさん主演のドラマ『アンナチュラル』(2018年TBS系)の主題歌『Lemon』など、これまでも多くの楽曲を主題歌として提供してきましたね。

ただ、これまではドラマや映画の宣伝のために放送(公開)前に米津さんが主題歌を担当することが発表されるのが常でした。

というか、それが通常の流れなんですが、今回に限ってはドラマの1回目の放送の時にいきなり米津さんの新曲『馬と鹿』が流れるサプライズ。

新しいパターンの演出に驚いたファンが多かったようで、SNSでは一時「#ノーサイド・ゲーム」がトレンドランキング1位になったくらいなんです。

米津さん自身もドラマの放送当日、こんなツイートをしていたんです。

スポンサーリンク

【米津玄師の新曲“馬と鹿”発売日は?!】

そんな予告なしにドラマで流された米津さんの新曲『馬と鹿』。

発売日は9月11日と発表されました。

形態は、「ノーサイド盤」「映像盤」「通常盤」の3種類。

「ノーサイド盤」はレザージャケットで、“ホイッスル型ペンダント”がついているそうです。

「映像盤」は米津さん描き下ろしイラストの紙ジャケットで、「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVEのティザー映像が収録されているとのこと。

また、映画『海獣の子供』の主題歌『海の幽霊』も収録されているそうですよ。

米津さんのオフィシャルサイト『REISSUE RECORDS』の説明を引用しておきますので、ご確認くださいね。

米津玄師 New Single 『馬と鹿』
発売日:2019年9月11日(水)

<商品形態>
ノーサイド盤(初回限定):CD+ホイッスル型ペンダント(レザージャケ) ¥1,900+税
映像盤(初回限定):CD+DVD(紙ジャケ) ¥1,500+税
通常盤:CD only ¥1,000+税

<購入者店舗特典>
共通特典あり(詳細は後日発表)
※特典は「先着」となり、数に限りがあります。一部の店舗/ECサイトでは特典が付かない場合がございます。
ご予約ご購入の際は、特典の有無を必ず店頭/ECサイトでご確認下さい。

<収録内容>
CD(全形態共通)
1. 馬と鹿
2. 海の幽霊
3. (未定)

DVD(「映像盤(初回限定)」のみに収録)
1. 「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE Teaser
2. 「海の幽霊」MV

スポンサーリンク

石原さとみが主演ドラマの主題歌“レモン”に寄せた思い

7月期から主演ドラマ 『 Heaven?~ご苦楽レストラン~』 が始まる石原さとみさん。

石原さんが主演したドラマで、最もヒットした主題歌と言えばドラマ『アンナチュラル』の 『 レモン(Lemon) 』 ですよね。

『アンナチュラル』そのものも、法医学という難しいテーマのドラマだったにもかかわらず好調でした。

かつて、石原さとみさんは、『アンナチュラル』の主題歌 『 レモン(Lemon) 』 についてコメントをしたことがあるんです。

今回は『レモン(Lemon)』寄せた石原さんの思いをご紹介します。

スポンサーリンク

dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

【石原さとみ主演ドラマ“アンナチュラル”の人気度】

石原さとみさんが主演したドラマ『アンナチュラル』は、2018年1月12日から3月16日までTBS系で金曜の夜10時に放送されたドラマですね。

脚本は、『逃げるは恥だが役に立つ』『獣になれない私たち』を手掛けた野木亜紀子さん。
特に、新垣結衣さん星野源さん出演の『逃げ恥』は、平均視聴率 14.5 % 、最終回は 20.8 % も出した超人気番組です。

『アンナチュラル』の平均視聴率も、11.1 % と好調で、最終回は 13.3 % まで上がりました。

石原さんの次の主演ドラマ『高嶺の花』(日テレ系 2018年7月期 水曜日夜10時)が10% を切って、石原さんが悔し涙を流したといいますから、こちらの『アンナチュラル』は、まずまず満足だったんではないでしょうか。

スポンサーリンク

dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

【ドラマ“アンナチュラル”の石原さとみの役がら】

このドラマは、一言でいうと“不自然な死”、すなわち“アンナチュラル・デス”を扱った“一話完結型の法医学ミステリー”です。

不自然な死には、偽装殺人・医療ミス・未知の症例といった突き止めなければならない真実が隠されているにもかかわらず、日本ではほとんど解剖されることはないそうですよ。

ドラマは、先進国の中で後れを取っている日本の現状を打開するために、『不自然死究明研究所(UDIラボ)』(架空の団体)が設立されたという設定。

石原さんが演じたのは、そこではたらく解剖医の『三澄ミコト』。
「不自然な死は許さない!」とUDIラボのメンバーたちと謎を究明して行く正義感あふれる女性です。

こう書くといかにも堅物のようですが、朝から丼物を食べたり、移動棚の上に常にバナナを用意していたり、ガラケーで十分とスマホにしていなかったり(2話からスマホに切り替えました)と、ちょっと個性的なキャラでした。

他に、井浦新さん、窪田正孝さん、市川実日子さん、池田鉄洋さん、竜星涼さん、小笠原海さん、飯尾和樹さん、北村有起哉さん、大倉孝二さん、薬師丸ひろ子さん(特別出演)、松重 豊さんなんかも出演していましたね。

『アンナチュラル』で主演するにあたって石原さとみさんはこんなコメントをしています。

「子どもの頃から医療ドラマが大好きなので、今回、野木さんのオリジナル脚本で演じられるのがとてもうれしいです。
台本は一話の中で何度も展開がありますし、会話劇でもあるので現場の空気感を大切にしていきたいと思います。
UDIラボのメンバーでは窪田さんが初対面でした。
スタッフさんとのやり取りを聞いていると明るく真剣で安心感を与えてくれる方だなと思いました。
実日子さんはじめ新さん、松重さんという信頼できる先輩方と、しっかり台詞を届けられたらと思います。
毎日、淡々と、働くって、とても尊いことだと思いました。
余裕を持ってできる日もあれば、目の前のことをこなしていくだけで精一杯になったり、先を見据えて判断したり、自分の仕事を客観視したり、矛盾に苦しめられたり、正義感ある自分に自信が持てたり、嫌気がさしたり、近くの人に理解してもらえなかったり、プライドが邪魔したり、甘える勇気を持てたり…。
当たり前は人によって違うけど、UDIラボの大半を占めている当たり前を穏やかに演じられたらと思います。」
(TBS公式サイトより)

スポンサーリンク

dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

【主題歌“レモン(Lemon)”の完成秘話と石原さとみの思い】

さて、そんな『アンナチュラル』の主題歌は、あの米津玄師さんがドラマのために書き下ろした 『 レモン(Lemon) 』 ですね。

ご存じのとおり2018年の大ヒット曲で紅白でも米津さんが歌いあげましたね。
(関連記事【米津玄師の紅白、ダンサーはいらない?】

米津さん自身、『アンナチュラル』の主題歌のオファーを受けたとき、ライブ会場でファンにこんなコメントをしています。

「すごく面白いドラマで光栄です。
また新しい曲になると思うんで楽しみにしていてください」

また、ドラマのプロデューサー新木順子さんは、“ORICON NEWS”のインタビューでこんな秘話を明かしています。

「主題歌は「残された遺族の未来に、少し希望が差し込んだ」と思える曲にしたいなと。
米津さんには、サスペンス調の煽るような曲でもなく、スカッとするポップな曲でもなく、心にスッと入っていくような、人の気持ちに寄り添える曲をお願いしたいと伝えました。」

「本作では、どこに主題歌をかけるか考えながら台本を作っていました。
ですから米津さんには、主題歌をかけたい箇所に付箋を貼った台本を渡したり、仮編集した映像があがったときは、観ていただいて、このあたりに流したいと説明しました。
実は曲ができあがり、試写会用のMA(注※映像に効果音や音楽、ナレーションなどを加えたもの)が終わった後に、米津さんから「曲を直したい」と言われまして。
第1話は、試写会用と実際にオンエアされた作品とではサビがちょっと変わっているんです。
米津さんに「なんで変えたんですか?」と聞いたら、「なんとなく」って(笑)。」

ということで、米津さんはドラマをしっかり把握した上で 『 レモン(Lemon) 』 を書いたんですね。

それにしても、手直しする前の 『 レモン(Lemon) 』 も聴いてみたいです。

米津さんがLemonを書いたときの裏話やLemonの歌詞について詳しくはコチラをご覧ください→記事【米津玄師の“Lemon”の歌詞(ひらがな付き)と裏話】

そんな 『 レモン(Lemon) 』 について、主演の石原さとみさんはどんな風に思っているんでしょうか?

米津さんの公式サイト 『 REISSUE RECORDS 』 に掲載された石原さんのコメントをご紹介します。

「全ての動きが止まるくらい、聴き入ってしまいました。
めちゃくちゃドキドキしました。
ドラマ同様、切なさと怖さと希望を感じました。
物語のどこで流れるのかにも注目していただきたいですし、この楽曲を米津さんが歌われている姿を心から楽しみにしています。」

「全ての動きが止まるくらい」聴き入ったということは、相当引き込まれたんですね。
曲が流れるタイミングもとっても考えて作っているようです。

最後に、もう一度 『 レモン(Lemon) 』 をフルでお聴きになってみてください。

dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

スポンサーリンク

菅田将暉×米津玄師“まちがいさがし”公式動画が公開!

米津玄師さんが作詞・作曲・プロデュースを手掛け、菅田将暉さんが歌う『まちがいさがし』の公式動画がやっと公開されました。

『まちがいさがし』は松坂桃李さんと山本美月さんのダブル主演のドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレ制作・フジ系 )の主題歌。
本ブログでもたびたびご紹介してきましたが、待ちに待ったオリジナルソングの公開です!



dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

【米津玄師と菅田将暉の強い思いで実現した“まちがいさがし”】

米津玄師さんは、過去にも『灰色と青(+菅田将暉)』で菅田将暉さんと組んだことがあり、それ以来会うたびに「なんかやりたいね」と話していて実現したのが『まちがいさがし』だそうです。

一方、菅田将暉さんは、ドラマ『パーフェクトワールド』の河西プロデューサーから主題歌のオファーを受けたときに「この曲(まちがいさがし)を主題歌として起用したい!」と提案したとのこと。

日ごろから仲が良い米津さんと菅田さんの関係があったからこそ実現した曲なんですね。

そういえば、4月22日にも、菅田将暉さんの『オールナイトニッポン』米津玄師さんが出演しましたね。

この日は『まちがいさがし』の解禁日だったんですよ。
(詳しくは、記事【米津玄師・菅田将暉の”まちがいさがし”の音と歌詞】をご覧ください。)



dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

【菅田将暉の“まちがいさがし”への思い】

タイトルの“まちがいさがし”というのは、そっくりな2つの絵を見くらべて、違うところを探す遊び。

子どもの頃よくやったやつですね。

菅田さんは、米津さんから「間違いさがしの間違いの絵のほうに生まれてきたからこそ、今の目の前にいる人との出会いがある」というこの曲の意図を聴いたときに、とっても感動したらしいですよ。

「生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました。」

なんて述べています。
この言葉自体も素敵ですね。(関連記事【米津玄師、新曲“まちがいさがし“を菅田将暉に提供!どんな歌詞?】)



dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

【米津玄師×菅田将暉の“まちがいさがし”公式動画】

では、早速『まちがいさがし』の公式動画をご覧ください。

『まちがいさがし』は7月10日(水)リリース予定の菅田将暉さんの2nd アルバム『LOVE』の1曲目に収録されるそうです。

アルバムには、映画「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE -2人の英雄-」の主題歌『ロングホープ・フィリア』や、あいみょん作詞作曲の『キスだけで feat. あいみょん』のほか、菅田さんが作詞や作曲を担当している6曲が収録されているということですから、こちらも楽しみですね。

dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら



Lemon(米津玄師)歌ウマ!カリスマ女子高生の文化祭動画1200万再生突破!

米津玄師さんの楽曲『Lemon』といえば、2018年の大ヒット曲。

NHK紅白歌合戦で歌われ、菅原小春さんのダンスも話題になりました。

そんな『Lemon』を文化祭で歌った女子高生の歌がうますぎると大評判。
動画が1200万回以上も再生され話題になっています。



dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

【テレビでも紹介された“Lemon”の女子高生動画】

話題の女子高生は“まにこ”さん。

神戸の高校2年生です。

“まにこ”さんが高校1年生の時に、文化祭で歌った米津玄師さんの『Lemon』が激ウマで、YouTubeに動画をアップしたところ、1200万回以上も再生されたんです。

それが注目された、21018年12月放送の『スッキリ』(日テレ系)や2019年5月25日放送の『凄技!仮スマ動画』(日テレ系)で取り上げられました。

なにはともあれ、まずは動画をご覧ください。

ね、スゴイ透明な歌声じゃないですか?



dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

【ロック野郎が集まるライブハウスに飛び入り!】

もう一本、鳥肌がつような動画をご紹介します。

先にもご紹介しました、5月25日に放送された『凄技!仮スマ動画』で放送された動画です。

この日の『凄技!仮スマ動画』は、ノブさん(千鳥)、田中圭さん、生駒里奈さん、杉本哲太さん、山崎弘也さんが出演。

何かの凄技を持った一般の人を“未来のカリスマ候補=仮スマ”たちの話題になるような動画を紹介し、出演者たちが「カリスマ」を認定する番組。

そこで紹介されたの紹介されたのが、先ほどの米津玄師さんの『Lemon』を熱唱する“まにこ”さんの文化祭動画。

合わせて番組では、東京・高円寺にあるライブハウスに“まにこ”さんを飛び入り参加させ、観客の前で歌わせるという企画を放送しました。

ところが、このライブハウスというのはゴリゴリのロックで有名なところ。
観客の皆さんは、全員、とんがったロック野郎。
観客には事前告知もなかったようですから完全なアウェイ状態…。

そんな中で素人の女子高生を一人でステージに立たせる無謀な企画です。

“まにこ”さん、実力を発揮できたのでしょうか?
ロック野郎たちの反応は?

早速、その動画をご覧ください。

どうですか?“まにこ”さんの歌声、ロック野郎の琴線にガンガンふれたみたいですね。



dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

【カリスマ女子高生“まにこ”は、こんな女の子】

全く動じることなく、歌いきっていますね。
ロック野郎たちも思わず心を打たれた様子です。

スタッフがステージ後にまにこさんに聞いたところ「全く緊張しなかった」とのこと。

肝がすわっているんですね。

それもそのはず、実は“まにこ”さん、空手をやっていて、全国大会で3位になるほどの実力の持ち主。
精神力が違うようです。

しかし、一般の高校生ですから、顔も出ませんし、本名はもちろん、学校名とか詳しいことは公開されていないんですが、音楽サイト『BARKS』で“まにこ”さんがインタビューを受けていましたので内容をご紹介します。

まだ高校に入ったばかりで文化祭で何をするのか知らなかった頃、まったく知らない先輩からピアノやギターを弾くから歌ってほしいと言われたのがきっかけだそうです。

ちなみに、大勢の人たちの前で歌ったのはその時が初めてだったとか。

元々歌うのは好きだったけれど、家族や友達以外の人が自分の歌を聴いたらどんな反応するかが気になっていたんですって。
YouTubeを聴いて真似して歌っているうち、自分の歌い方が見つかったといいますから、特別にレッスンを受けているわけではなさそうです。

良く聴くのは、絢香さん、Uruさん、back numberさん。
もちろん、米津玄師さんもよく聴いていて、最近では、米津玄師さんと菅田将暉さんの『まちがいさがし』なんかにグッときているそうです。(『まちがいさがし』について詳しくはコチラ)

そして、これまでにアプリのnanaやYouTube合わせて100曲ほどアップしているんですって。

負けず嫌いなところがって、アンチコメントなんかが来たら逆に燃えて、「そんなことを言わせないくらい上手くなろう」と思うというのですから頼もしい限りですね。

ただ、今後、歌手になりたいとかいうのは無いそうなんですよ。

これからもYouTubeなんかで歌を発信していきたいそうですが、音楽で飯を食っていくということは考えていないんだとか。
「何かをやりながら音楽をやるとか、音楽をやりながら何かをやる」みたいな感じでやれたらいいかなと思っているですって。

高校に入った時は体育の教師志望だったという“まにこ”さん。
まだ高校2年生、これからどんな活動をして行くんでしょうか?

*合わせて読みたい記事【米津玄師さん『Lemon』の歌詞(ひらがなつき)裏話】もご覧ください。



dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

米津玄師がフラミンゴのCMインタビューで語った意外なテーマ

昨年12月1日から放送されたSONYのCMに、米津玄師さんの『フラミンゴ』が使われましたね。

『フラミンゴ』がバックに流れるだけでなく、米津玄師さん自身が初めて出演したCMとして話題になったのは記憶に新しいと思います。

実は、CM撮影の際に行われたインタビューで、難解な歌詞の“フラミンゴ“のテーマを米津玄師さんが語っているんです。

はたして名曲『フラミンゴ』のテーマは何だったんでしょうか?



dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

【米津玄師の“フラミンゴ“が使われたSONYのCM動画】

米津玄師さんの『フラミンゴ』は、2018年10月31日(水)にリリースされた両A面シングル『Flamingo / TEENAGE RIOT』の表題曲の1曲。

その『フラミンゴ』が、同年12月1日から放送されたソニー完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」のCMに使われました。

早速、CMの動画をご覧ください。かなりかっこいいですよ。

このCMを撮ったのは、映像作家の山田智知さん。

CREATIVE HACK AWARD 2013グランプリ、ニューヨークフェスティバル2014銀賞、GR Short Movie Awardグランプリ、MTV VMAJ 2018の「最優秀ビデオ賞 “Best Video of the Year”」、SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019の「BEST VIDEO DIRECTOR」など数々の受賞歴がある人なんです。

ミュージックビデオとしては、米津玄師さんの『Lemon』や『フラミンゴ』の他、サカナクション、柴咲コウさん、Charaさん、あいみょんさんなんかも手掛けている有名な人なんですよ。

その山田智知さんが今回のCMを撮るにあたってこんなことを言っています。

米津さん本人が出演するCMというのは史上初だったので、 まず米津さんがCMに出ている登場感と驚きやインパクトをまず、しっかりと出したいと考えました。
それが結果、商品の話題性にもつながると考え、米津さんをかっこよく美しく映すことを優先させました。
もちろん商品もかっこよく、きれいに映すことも意識しましたが、米津さんがきれいでかっこよくて、 その世界観にいるということに気を付けて、こだわってシチュエーションを考えました。

あと、CMで米津さんの寄りからカメラが引いていくと、木が現れますよね。
実は「Flamingo」のMVの始まりも木から始まるんですね。 せっかく同じ楽曲なので、なにかCMとMV(ミュージックビデオ)でちょっと世界観もリンクさせたいと考えていました。
片足で水辺に美しくたたずむFlamingoから着想して、木をCMとMVをつなぐキーアイテムとして使いました。

何と商品よりも米津さんの方を優先させたとのことです。

また、『フラミンゴ』のミュージックビデオも撮っている人だからこそ表現できたこともあったようですね。

SONYとしても、その辺を狙って山田智知さんにCMを依頼したんでしょうね。



dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

【米津玄師が語ったの“フラミンゴ“のテーマ】

では、いよいよ『フラミンゴ』のテーマです。
今回のCM撮影を終えたときに行われたSONYとのインタビューの中で米津さん自身が語っています。

全文をご紹介しますね。

――初めてのCM出演の感想を教えてください。
「いつものMVの撮影と変わらない空気感で、特に気負うことなくできたのはありがたかったです。
イヤホンは音楽の出口であり、パーソナルなものなので、普段の自分をそのまま出すことができました」

――防水対応・メモリー内蔵の完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を使った感想を教えてください。
「僕はよくジョギングをするのですが、汗を気にしなくて済むし、コードがないワイヤレスであることのストレスフリーな感じが最高です。
より音楽が身近になり、生活に溶け込むための一助になるのが嬉しいです」

――CMタイアップ楽曲“Flamingo”のコンセプトを教えてください。
「この曲は『みっともなさ』をテーマに作りました。音楽を通すことでしかできない表現ってなんだろう?と常々考えます。
音楽であればしょうもないみっともなさもより深く広く響かせることができます。
みっともないなーとへらへら笑いながら作りました。」

(引用はすべてSONY公式サイトより)

ということで、『フラミンゴ』のテーマは何と“みっともなさ“だったんですね。

『フラミンゴ』の歌詞には江戸の花魁(おいらん)言葉も含めて難解な言葉がたくさん出てきます。

例えば、『にべもなし』、『唐紅(からくれない)』、『あらましき』、『まなじり』、『虚仮威し(こけおどし)』、『昼鳶(ひるとんび)』、『氷雨(ひさめ)』等など…。

歌詞の詳しい意味は、記事【米津玄師の『Flamingo(フラミンゴ)』の歌詞・ふりがなつき】でご紹介していますのでそちらでご確認いただきたいんですが、
『フラミンゴ』は男女の間に交わされる会話を歌っています。

しかも、女性の方は一人の男性に決められずフラフラと浮気心に揺れている様子。

そして、男性は米津さん自身、そして女性は米津さんの元カノだともいわれています。

心が定まらない女性と、そんな女性に翻弄された男性の“みっともなさ“を、自虐的に歌ったものなのかも知れませんね。



dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら