竹野内豊とのドラマ(2018年)で綾瀬はるかが使ったリュック

【竹野内豊・綾瀬はるか初共演の『ぎぼむす』とは】

イケメン俳優・竹野内豊さんと、男性・女性にも人気の綾瀬はるかさんが初共演したことで話題になったドラマといえば『義母と娘のブルース』、略して『ぎぼむす』ですね。

2018年7月10日から9月18日までTBS系で火曜夜10時から放送され、第1話の視聴率は、11.5%と好調。
その後もだんだん上昇し、最終話はなんと19.2%もあった人気番組です。

『義母と娘のブルース』は、もともと桜沢鈴さんの漫画。
『ぶんか社』から全2巻が出ています。

「4コマ漫画にもかかわらずここまで心が打たれるとは!」と評判の感動的なストーリーになんですよ。

スポンサーリンク

【『ぎぼむす』のあらすじ】

主演の綾瀬はるかさんが演じるのは、若くして部長になったバリバリのキャリアウーマン、岩木亜希子。

竹野内豊さんは、先妻を亡くし男手ひとつで小学生の娘みゆきを育てている宮本良一を演じています。

良一は病に冒されており、自分の死後みゆきを託すため亜希子と結婚。
亜希子はみゆきの母親になります。

仕事一筋で生きてきた彼女は子どもとの接し方一つわからず、娘に自己紹介と称して名刺交換をする始末。
ティッシュと一緒に洗濯するなど、世の中の母親とズレまくっている亜希子に反発するみゆき。

それでも、二人はお互いの距離を縮めようと日々、努力します。

やがて、良一もまた病により帰らぬ人となり、亜希子とみゆきの二人きりの生活が始まります。

亜希子は何とかみゆきを大学に上げ、やがてみゆきはかつての同級生と結婚。
みゆきを独り立ちさせるためにパン屋でアルバイトをしていた亜希子は、再びキャリアウーマンとなって起業します。

ある日、みゆきが久々に実家へ戻ってみると、亜希子は老後の準備をしています。
そんな姿を見て、自分を育ててくれた義母に何がしてあげられるのか考え込みます。

やがて、義母、亜希子が最期を迎える日がやってきます。
そのとき、初めてみゆきを引き取った本当の理由を語りました。

ドラマは、亜希子とみゆきが出会ってからの10年間の様子を描いています。
特に、竹野内さんが演じた良一が亡くなった第6話の放送後は、SNS上で『良一ロス』の声があふれかえりました。

さらに、最終回の視聴率はなんと19,2%!
ものすごい数字です!

しかし、内容は原作とは異なっていて、みゆきが大学に行くのか、亜希子がビジネスの世界に戻るのか、2人の互いを思いやる心模様が描かれていました。

スポンサーリンク

【『ぎぼむす』で綾瀬はるかが使ったリュックはこれだ!】

そんな『ぎぼむす』の中で、綾瀬はるかさんが第1話で使ったリュックが注目を浴びています。

Dakota(ダコタ)のBLACK LABEL(ブラックレーベル)カワシリュックです。

牛皮の本皮で、本来紳士向けのバッグです。
亜希子のキャラクターから、あえて男性物を選んだんでしょうね。

Dakotaとは、バッグ・パース、その他関連商品の企画・製造・卸売・輸出入をしているプリンセスタラヤが1969年に展開したオリジナルブランドです。

詳しくお知りになりたい方は、Amazonの商品説明をどうぞ。
下の画像をクリックするとAmazonのページが開きます。


スポンサーリンク

竹野内豊のCM一覧とウーノ・カルピス・家の【動画】

【竹野内豊が出演しているCM一覧】

女性に人気のイケメン俳優、竹野内豊さん。
47歳ながら、玉木宏さんも結婚した今、男の色気を感じさせる残り少ない独身俳優ひとりです。

そんな竹野内さんは、1995年のJR東日本を皮切りに、これまで32社のCMに出演しています。

コチラがその一覧。有名企業ばかりですね。

  • JR東日本:「Ski Ski」(1995年 – 1996年)
  • NEC:「スピークス」(1995年 – 1999年)
  • カルビー:「かっぱえびせん」(1996年 – 1997年)
  • ボシュロム・ジャパン:「メダリスト」(1996年 – 1997年)
  • ダイドードリンコ(1997年 – 2001年)
  • 講談社:「TOKYO★1週間」(1997年 – 1998年)
  • マリアナ政府観光局(1997年 – 1998年)
  • 資生堂:「ボルティ」(1998年 – 2000年)、「uno」(2016年)
  • ロッテ(1998年 – 2000年):「紗々」、「二重」
  • 三陽商会:「EZ by Zegna」(1998年 – 2000年)
  • 第一製薬:「メディエード」(1998年 – 2000年)
  • 日本航空(2000年 – 2001年):「JAL ACTIVE 北海道 2000」、「JALカード」、「マイレージバンクカード」、「SEASONS」、「JAL SKI 北海道・東北2001」
  • ソーテック(2000年 – 2001年):「PC STATION Gシリーズ」、「AFINA」
  • 朝日生命:「保険王」(2001年 – 2004年)
  • 日本コカ・コーラ:「茶宝」(2002年-2003年)、「爽健美茶」(2009年-2010年)
  • KDDI:「au」(2002年 – 2003年)
  • 辰馬本家酒造:「黒松白鹿 山田錦」(2003年 – 2005年)
  • ネスレ日本:「ネスカフェ サンタマルタX」(2003年 – 2004年)
  • 富士フイルム:「FinePix」(2003年 – 2005年)
  • 早稲田アカデミー(2004年 – 2005年)
  • UFJニコス:「UFJカード」(2005年 – 2006年)
  • 宝酒造:「タカラ焼酎ハイボール」(2006年 – 2007年)
  • 東洋ゴム:「TRAMPATH MP4」(2006年 – 2009年)
  • 三井住友海上火災保険(2007年 – 2009年)
  • 麒麟麦酒:「新キリン・ザ・ゴールド」(2008年 – 2009年)
  • レナウン:「D’URBAN」(2010年)
  • JT「Roots アロマボトルシリーズ」(2011年)
  • 日本中央競馬会「The GI Story」(2014年)
  • エポスカード(2014年- )
  • ダイワハウス xevoΣ:『夫の本音』篇(2015年)、『妻の本音』篇(2017年)、『お前もか』篇(2017年)
  • NTTドコモ:「dヒッツ」(2016年)
  • カルピス:「カラダカルピス」(2018年)

これらのなかで、特に印象深くて人気があるのが、【資生堂uno】、【カルピス】、【ダイワハウス】のCM。

動画をご紹介しますね。
懐かしいのもありますよ。

スポンサーリンク

竹野内豊のCM、unoの動画

【資生堂uno スキンセラムモイスチャー ついでに編】2018年9月

【資生堂uno タフな環境編】2018年4月

【資生堂uno スキンセラムウォーター 勝負服編】2017年9月

どれもかっこよくて、ちょっとコミカルなのがいいですね。

スポンサーリンク

竹野内豊のCM、カルピスの動画

【カラダカルピス 弟が来た編】2018年6月

【カラダカルピス 撮影現場編】2018年3月

こちらも最後にちょっと笑わせてくれます。
そこが竹野内さんの味ですね。

スポンサーリンク

竹野内豊のCM、ダイワハウスの動画

【ダイワハウスxevoΣ 言えない編】

【ダイワハウスxevoΣ 妻の本音編】2017年

【ダイワハウスxevoΣ 夫の本音編】2015年


スポンサーリンク

竹野内豊がドラマで弁護士役を熱演!

【竹野内豊が弁護士役を演じた人気ドラマとは?】

イケメン俳優の竹野内豊さんはどんな役を演じても格好いいんですが、中でも竹野内さんが弁護士役を演じ平均視聴率が10%超えの人気だったドラマをご存じでしょうか?
2016年4月21日から6月16日まで毎週木曜日21:00 – 21:54にテレビ朝日系で放送された『グッドパートナー 無敵の弁護士』です。

弁護士ドラマというと、刑事事件や詐欺・離婚をあつかったものばかりだったんですが、『グッドパートナー』は企業法務を専門にする異色の弁護士ドラマ。

企業法務というのは、著作権侵害、ビジネス再建、セクハラ・不当解雇案件といった企業と企業や、企業と従業員等の間の法律問題を扱う仕事です。
そう聞くと、なんだか難しい内容に聞こえますが、見てみるとこれが面白いんです。

竹野内さん演じる主人公の『咲坂』は、スマートな外見とは異なり熱血な弁護士。

持ち込まれる困難な案件に窮地に立たされるも、時におきて破りのやりかたで不利な状況を大逆転。
痛快なオチに見る人をスカッとさせてくれます。

その一方で、元妻でありながら同じ法律事務所で働くライバルでもある松雪泰子さんと見せるコミカルな絡みもあり、議論が白熱してくると「パパ!」「ママ!」と喧嘩を始めるシーンも。
普段はクールな元夫婦の脱線ぶりがドラマの魅力の一つにもなっています。

テレ朝が”法務(ほうむ)&ホーム”ドラマとネーミングした新しいタイプのドラマに仕上がっています。

スポンサーリンク

【キャストと全9話の視聴率】

【キャスト】

簡単に『グッドパートナー』の主な出演者をご紹介します。

◆咲坂健人(竹野内豊)

『神宮寺法律事務所』のパートナー弁護士のエース。クールでスマートだが、依頼人や訴訟相手に対しひとりの人間として接する熱い男。元妻との間の娘とふたり暮らし。

◆夏目佳恵(松雪泰子)

咲坂と同じ法律事務所に勤めるパートナー弁護士で咲坂の元妻。完全主義者でせっかち。咲坂の仕事上のライバルでもある。

◆神宮寺一彦(國村 隼)

『神宮寺法律事務所』の代表。独特の美学があり、うんちくを披露するのが大好き。

◆猫田純一(杉本哲太)

パートナー弁護士。望みは、クールでスマート、女性にも好かれたいと思うが上手く行ってない。お酒に弱い独身男。

◆熱海優作(賀来賢人)

新人アソシエイト弁護士。咲坂の下で仕事をするが、しばしばそのやり方や性格に戸惑う。実績はないが、自信だけはある。屈託のない若者。

◆赤星 元(山崎育三郎)

アソシエイト弁護士。もう少しでパートナー弁護士に引き上げられるキャリアがある。佳恵のムチャぶりに必死で付いていく。

他に、馬場園梓さん、岡本あずさ さん、宮﨑香蓮さん、合田雅吏さん等が出演していました。
全員、ひと癖あるユニークな役を演じています。

竹野内さんのコミカルな一面もいいし、松雪さんも綺麗でカッコよかったです。
そこに、國村さんの渋さ加減が加わってドラマのキャラクターの幅が広がっていました。

【全9話のタイトル】

全9話のタイトルをご紹介します。
タイトルの後ろのカッコは視聴率です。なかなかのものですね。

  • 第1話:諦めない元夫婦の最強コンビ 掟破りの勝利の裏技(12.9%)>
  • 第2話:大逆転 鍵は300枚の領収書 (9.9%)
  • 第3話:大勝負 生き残りをかけた戦(10.5%)
  • 第4話:ぶっ壊す! 因縁の親子バトル!! (11.1%)
  • 第5話:許さない! 最低男に謝罪要求!! (9.1%)
  • 第6話:俺が救う!! 借金3億から大逆転 (9.3%)
  • 第7話:温泉爆発!? 理不尽な敵に勝つ!(11.7%)
  • >第8話:今夜決着!! 3億を巡る法廷対決(11.5%)
  • 最終話:最終決戦元夫婦、究極の選択(10.3%)
スポンサーリンク

【もう一度『グッドパートナー』を見るには】

かつて話題になった番組をもう一度見たい時ってどうしてますか?

YouTubeとかの動画で見ることが多いんですが、全話揃っていないし、画像が悪かったり…。
結構フラストレーションたまりません?

映画ならDVDを借りてくればいいんですが、連続ドラマは一本ずつ借りるのも面倒だし…。

そこでオススメなのが、番組配信の無料視聴!

お金もかからないし、やってみるとすごく簡単。
スマホ対応なので、通勤電車の中で見られるから時間の節約にも!

番組配信には何社かありますが、一番お得だと思ったのが『dTVチャンネル』。

無料視聴期間が2週間のところもありますが、『dTVチャンネル』は31日間と調べた中で最長。

配信作品数も12万本でダントツで最多でした。

もし気に入って有料で続けたとしても月額780円。
これも調べた中で一番コスパがよかったです。

詳しくは公式HP(↓)で確認してみてください。




竹野内豊の画像を若い頃から一挙公開

【竹野内豊、若い頃はモデルだった!】

2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」に出演する竹野内豊さん。
最近では倉科カナさんとの破局報道で話題になっていていますね。

5年の交際期間が長過ぎたという声もチラホラとささやかれています。

倉科さんとはドラマで知り合ったといわれていますが、竹野内さん、実は若いころモデルをしていたんですよ。

高校生時代にお母さんとお姉さんが雑誌出版社に竹野内さんの写真を送ったのがきっかけだそうです。
雑誌が開催したコンテストで優勝し、その出版社の雑誌専属モデルとしてスタートしました。

その後、1994年のTBS系ドラマ『ボクの就職』(主演:緒方直人さん)で俳優としてデビューを飾ったんです。

スポンサーリンク

【竹野内豊のプロフィールと主な出演ドラマ】

では、竹野内さんのプロフィールと画像を若い頃から順に見てみましょう。

  • 本名:竹野内豊(たけのうちゆたか)
  • 生年月日:1971年1月2日
  • 出身地:東京都調布市

モデルをしていたのは高校生時代から。

まずは、十代の若い頃の竹野内さんの画像です。

まだ、あどけなさが残っていて可愛いですね。 ↓

爽やかな好青年といった感じ。若いころもイケメンです。↓

俳優デビューは1994年、23歳の時。
その頃から現在までの主な出演ドラマと当時の画像をご覧ください。

1994年(23歳):ボクの就職(TBS)。竹野内さんのデビュー作ですね。

1994年(23歳):東京大学物語(テレビ朝日)

1996年(25歳):ロングバケーション(フジテレビ)。当時「ロンバケ現象」といって、放送時間の月曜の9時には街からOLが消えると話題でしたね。

スポンサーリンク

1997年(26歳):ビーチボーイズ(フジテレビ)。女性たちは、反町派と竹野内派に分かれました。

1999年(28歳):氷の世界(1999年)

2001年(30歳):できちゃった結婚(フジテレビ)

2003年(32歳):ヤンキー母校に帰る(TBS)

スポンサーリンク

2004年(33歳):人間の証明(フジテレビ)

2006年(35歳):輪舞曲(TBS)

2008年(37歳):Tomorrow 陽はまたのぼる(TBS)

2012年(41歳):もう一度君に、プロポーズ(TBS)

スポンサーリンク

2014年(43歳):素敵な選TAXI (関西テレビ)

2016年(45歳): グッドパートナー 無敵の弁護士(テレビ朝日)

2018年《47歳):ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実(テレビ東京)

いかがですが?
わたし的には、年を重ねるごとに渋みを増して、更にカッコよくなっているように見えます。

スポンサーリンク

【もう一度ドラマを観たい時のかしこい方法】

なつかし~ですね~。
竹野内さん、他にも、こんなのに出ているんですよ。

  • 1996年:続・星の金貨(日本テレビ)
  • 1997年:理想の結婚(TBS)
  • 1998年:ビーチボーイズ スペシャル(フジテレビ)、WITH LOVE(フジテレビ)、世紀末の詩(日本テレビ)
  • 2000年:真夏のメリークリスマス(TBS)
  • 2002年:利家とまつ?加賀百万石物語(NHK)、サイコドクター(日本テレビ)
  • 2003年:タイムリミット(TBS)、流転の王妃・最後の皇弟(テレビ朝日)
  • 2004年:離婚弁護士(フジテレビ)
  • 2005年:瑠璃の島(日本テレビ)
  • 2006年:家族 妻の不在・夫の存在(テレビ朝日)
  • 2009年:BOSS(フジテレビ)、不毛地帯 (フジテレビ)
  • 2010年:流れ星(フジテレビ)
  • 2011年:BOSS 2ndシーズン(フジテレビ)
  • 2013年:オリンピックの身代金(テレビ朝日)
  • 2016年:素敵な選TAXI スペシャル(関西テレビ)
  • 2017年:この声をきみに(NHK)
  • 2018年:義母と娘のブルース(TBS)
  • 2019年:いだてん 東京オリムピック噺(NHK)

こういった、昔やっていた番組をもう一度見たい時って、わたしもYoutubeとかの動画を探すんですが、
途中で切れていたり、画像が粗かったりして残念なことが多くありません?

DVDを借りてくればいいんですが、面倒で…。

そこで思い付いたのが、番組配信の無料視聴!
やってみるとすごく簡単。

無料期間が終了する直前に解約すればお金もかからないし!(勿論、続けてもいいんですが)

何社か調べた中で、一番オススメなのが『dTV』!
無料視聴期間も31日間と一番長いし、配信作品数も12万本で最多でした。

おまけにスマホでも見られるので、通勤電車の中で良く見てましたよ。

しかも、有料で続けたとしても月額500円と、一番安いです。

詳しくはコチラ(↓)の公式ページに出ています。興味のある方はご覧ください。



スポンサーリンク

竹野内豊が結婚?破局?倉科カナと共演したドラマと最新情報

【竹野内豊と倉科カナは結婚間近?すでに破局?】

竹野内豊さんと言えば、ドラマや映画、CMで引っ張りだこのイケメン俳優。
大人の魅力で女性に大人気ですね。

そんな竹野内豊さんと結婚の噂がささやかれている相手が女優の倉科カナさん。
結婚間近と報道されたかと思えば、破局したという噂も。

竹野内さんと倉科さんの最新情報はどうなっているのでしょうか?
そもそも2人の馴れ初めは?

今回はその辺を時系列に沿ってご紹介します。

スポンサーリンク

【竹野内豊と倉科カナの馴れ初めのドラマ】

>竹野内豊さんと倉科カナさんが知り合ったのは、2012年4月スタートのTBS系ドラマ『もう一度君にプロポーズ』で共演したときのこと。
どんなドラマだったか、簡単にあらすじをご紹介します。

竹野内豊さんが演じたのは主人公の『宮本波留』。
和久井映見さんが『波留』の妻『加南子』を演じていました。

『加南子』は病気の影響で『波留』と出会ってからの5年間のことを思い出すことができません。

再び『夫婦』に戻るため、2人はゼロから恋愛をスタートさせることになります。
『加南子』は、『波留』のことを愛することができるのか?

夫婦とは何かを斬新な切り口から考えさせられるドラマです。

一方の倉科カナさんは、『波留』が勤めるミズシマオートで働く女性整備士。
ドラマで竹野内さんの恋人役を演じたわけではありません。

共演したことでだんだんとお互いのことを理解することになり、竹野内さんは、倉科カナさんの家庭的な部部に惹かれ、倉科カナさんは竹野内さんの優しいところに惹かれていったようです。

スポンサーリンク

【竹野内豊と倉科カナの最初の熱愛報道】

最初に竹野内さんと倉科さんの熱愛が発覚したきっかけは2014年の『フライデー』。
竹野内さんが倉科さんのマンションに頻繁に出入りしていると報じ、その後、一部の週刊誌が2人が同棲しているとも伝えました。

このとき、竹野内さんは次のようなコメントを出しています。

『倉科カナさんとは親しくさせていただいております。暖かく見守って頂けるとありがたいです。』

堂々と交際宣言するあたり、男らしくていいですね。

一方、倉科さんの事務所も、

『本人より、親しくさせていただいていると聞いております。』

とコメント。
双方、交際を認めました。

このとき、竹野内さんは43歳、倉科さんは26歳でした。
年齢差は17歳。

当時、年の差恋愛などという声もありましたが、今や17歳差なんてそれほど驚きませんね。

スポンサーリンク

【迷走する熱愛報道】

その後、竹野内さんは、倉科さんのマンションから歩いて15分ほどの東京都目黒区某所に5億円を超える豪邸を建てました。

目黒と言えば、タモリさんや木村拓哉さんも住む高級住宅街。
当時、そこに倉科さんを迎え入れる計画だと噂されました。

ところが、雲行きが怪しくなります。

2016年1月末、倉科さんは自身が出演する舞台『ライ王のテラス』の制作発表会に出席。
そこで、マスコミから竹野内さんとの交際について質問されましたが、何も答えませんでした。

その翌月の2016年2月、倉科さんは竹野内さんの豪邸とは別のところへ引っ越してしまいます。

さらにその1カ月後の2016年3月9日、今度は竹野内さんの整髪料のCM発表会の席でのことです。

マスコミから倉科さんとの交際について聞かれた竹野内さん、大音量のBGMが流れると質問に一切答えず退席してしまいました。

その時の動画がこちらです。⤵

堂々と交際を認めていたかつての姿の変貌ぶりに、『竹野内さんと倉科さんは最早破局か?』ともささやかれました。

ところが一転、3月上旬、某女性週刊誌が東京・青山の路地裏で竹野内さんと倉科さんのツーショットを目撃したと報じます。

このころは、倉科カナさんが出演中の「ライ王のテラス」の舞台が終わるタイミング。
竹野内豊が迎えに来て、そのまま倉科カナのマンションへ向かったとのこと。

ある芸能関係者によると、

『そのときの2人の様子は順調そのもの。破局どころか、結婚式の日取りや会場も決まっているという話もあります。発表のタイミングが難しいので会見で質問に答えられなかったのかもしれません。この春いいお話がありそうですよ。』

>なんていう話も出てきました。

しばらく経った2018年5月のこと。
一部週刊誌が『二人は竹野内さんの豪邸で同棲している』と報じました。

これらの報道について、倉科さんが出席したイベントの会見では『質問はイベントに関してのみ』と厳しく制限され、一切そのことについて触れられませんでした。

その後、今度は2018年6月22日に入籍・結婚するという報道が流れます。

いよいよかと思いきや、竹野内さん・倉科さんの事務所は、それぞれ「そのような事実はありません。」とこれらの噂をきっぱり否定。
実際、入籍・結婚すると噂された6月を5カ月も過ぎた今も何の動きもありません。

『もしや破局?』とも考えられますが、先の事務所のコメントをめぐって、現在二通りの憶測が流れています。

ひとつは、『入籍・結婚するのが6月22日』という事実はないという意味で、結婚そのものを否定しているわけではない、という見方。

もうひとつは、『入籍・結婚する』という事実はないと結婚そのものを否定しているという見方。

ん~、どちらともとれるコメントですよね。

【迷走する熱愛報道、ついに終止符!】

このように、これまで迷走に迷走を重ねていた竹野内さんと倉科さんの熱愛報道ですが、2018年12月4日号の『女性自身』が2人の破局を報じました。
記事によると、双方の事務所が破局を認めているそうです。

倉科さん側の事務所は、すでに数か月前に破局を迎えていた、とコメントしているとのこと。
どうやら2018年の夏ころまではお付き合いがあったようです。

原因については、竹野内さんも倉科さんも売れっ子であるため、多忙ですれ違うことが多かったとか。
『長過ぎた春』という声もよく聞こえてきます。

結局のところ、結婚ってタイミングなんですね。
お二人とも、次はそれぞれ良い機会に恵まれますように。

スポンサーリンク

【竹野内豊さんのプロフィール】

  • 本名:竹野内 豊(たけのうちゆたか)
  • 生年月日:1971年1月2日
  • 出生地:東京都
  • 身長:179 cm
  • 血液型:O型
  • 職業:俳優
  • 活動期間:1994年 –
  • 事務所:研音
【主な出演作品】
《テレビドラマ》
『星の金貨』、『理想の結婚』、『ロングバケーション』、『ビーチボーイズ』、『WITH LOVE』、『氷の世界』、『真夏のメリークリスマス』、『できちゃった結婚』、『ヤンキー母校に帰る』、『流転の王妃・最後の皇弟』、『輪舞曲』、『家族?妻の不在・夫の存在?』、『BOSS』シリーズ、『流れ星』、『もう一度君に、プロポーズ』、『素敵な選TAXI』、『グッドパートナー 無敵の弁護士』、『この声をきみに』、『義母と娘のブルース』
《映画》
『冷静と情熱のあいだ』、『あの空をおぼえてる』、『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』、『謝罪の王様』

【倉科カナさんのプロフィール】

  • 生年月日:1987年12月23日
  • 出生地:熊本県熊本市南区
  • 身長:158 cm
  • 血液型:O型
  • 職業:女優
  • 活動期間:2006年 –
  • 事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ
【主な出演作品】
《テレビドラマ》
『根津サンセットカフェ』、『エリートヤンキー三郎』、『ウェルかめ』、『おじいちゃんは25歳』、『名前をなくした女神』、『私が恋愛できない理由』、『花のズボラ飯』、『ファーストクラス』、『刑事7人』
《映画》
『GROW 愚郎』、『スーパーカブ』、『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』、『砂時計』、『夢売るふたり』、『3月のライオン』

スポンサーリンク