清野菜名のアクション・ドラム演奏のインスタ動画がカッコイイ!

2020年1月からドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に出演する清野菜名さん。

今、人気最高の横浜流星さんとのW主演ということでも盛り上がっていますが、このドラマのもう一つの話題は清野さんのアクションシーンが見られるということ。

SNS上でも「いまから楽しみです」という声が飛び交っています。

今回は、清野菜名さんの身体能力の高さが分る動画をご紹介します。

<スポンサーリンク>

【清野菜名のプロフィール】


まずは、清野菜名さんのプロフィールをご紹介します。

生年月日:1994年10月14日
出身地:愛知県稲沢市
身長:160 cm
スリーサイズ:B81cm,W60cm,H81cm
血液型:B型
職業:女優・ファッションモデル
ジャンル:映画・テレビドラマ
活動期間:2007年~
事務所:ステッカー

幼いころから運動が好きで将来はスポーツ選手か芸能人に憧れていたそうですよ。
小学生の時には市内の陸上大会にてソフトボール投げで2位、高跳びでは160cmをクリアしており、中学のときには陸上の全国大会に出場したこともあるんですって。

芸能界入りのきっかけは、小学校6年生の頃にファッション雑誌『ピチレモン』のオーディション。
2011年9月号での卒業まで専属モデル(ピチモ)として活動しました。

その後、日本芸術高等学園に進学したのを機に単身上京。
高校では、アクション部に所属するほか、アクション養成所に通ってアクション訓練を受けたりもしていました。

2011年に事務所・ステッカーに移籍し女優への転身を決意し、同年のテレビドラマ『桜蘭高校ホスト部』(TBS)に初出演。

しばらく仕事があまりなかったんですが、2014年公開の映画『TOKYO TRIBE』のオーディションで、園子温監督に「アクションをやっている時の君は輝いている」と評価されヒロイン役に抜擢。キレッキレのアクションの他に大胆なフルヌードも披露しました。

翌2015年の第3回ジャパンアクションアワードベストアクション女優賞、第36回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞しました。

また、2015年公開の映画『東京無国籍少女』では第4回ジャパンアクションアワードベストアクション女優賞を受賞し、「若手アクション女優」としてのポジションを確立。

その後、あえてアクションのない作品、例えば、『まかない荘』(2016年 メ〜テレ)『やすらぎの郷』(2017年 テレビ朝日系)『トットちゃん!』(2017年 テレビ朝日系)にも積極的に出演し、2018年のNHK連続テレビ小説『半分、青い』で朝ドラ初出演。ヒロイン・永野芽郁さんの親友役を演じて注目を集めるようになったんです。

同じ年の日本テレビ日曜ドラマ枠でヒットした賀来 賢人さん主演の「今日から俺は!!」でヒロイン役なんかも演じています。

趣味は歌うことで、ギター・ドラム・球技・陸上・バク転・アクション・殺陣が得意だそうです。

清野菜名さん、自身のインスタでドラム演奏の動画を披露しています。
ご覧ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿

<スポンサーリンク>

【清野菜名がインスタに上げたアクション動画】

さて、このようにアクションを本格的に学んできた清野菜名さん。

ご自身のインスタにもアクションの練習シーンを上げているんですが、それがスゴイんです。

5回連続のバク転あり、空中回転の後ろひねりあり、壁を蹴り上げて1回転する技あり。
サーフィンまであるんですよ。

一気にご紹介しますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿

<スポンサーリンク>

【清野菜名の見逃し作品を見るには】


清野菜名さんの作品を見逃してまった方、もう一度見たいという方にオススメな方法をご紹介します。

今流行っているのは、「動画配信」というサービス。

動画配信は、PCやタブレットはもちろん、ゲーム機やスマホで見られるので、通勤や通学のスキマ時間を利用できるのが魅力です。もちろん、TVでも見ることができますので家でじっくり楽しむこともできます。

数ある動画配信サービスの中でも、清野菜名さんの作品を見るなら、オススメなのが『hulu』

『hulu』の良いところは、多くの動画配信サービスが『月額料金』とは別にお金がかかる“有料作品”が結構あるのに対し、『hulu』の場合はそれがない、つまり全話見放題というところです。

ですから、2週間もある無料視聴期間を利用すれば、余裕で清野菜名さんの作品が観られちゃうんです。

もちろんお金はかかりません。

そして、もし無料視聴が気に入って正規に入会したとしても全話見放題ですから、見せかけの安さにひかれて入会したのはいいものの、別料金がかかって逆に割高になってしまったという心配がありません。

月額料金だけでOKというのは、今のところ『hulu』だけなんですよね。

ちなみに、『hulu』の月額料金は933円。
UNEXTは 1990円、フジテレビ系のFODプレミアムは 888円、dTVは 500円で、それぞれ有料作品がありますから、コスパ的にもオススメです。

現在、『hulu』で見られる清野菜名さんの作品は次の通りです。

  • 今日から俺は!!
  • ユリゴコロ
  • 暗黒女子
  • コウノドリ
  • 永遠のぼくら
  • 東京無国籍少女
  • TOKYO TRIBE
  • マザーズ
  • 桜蘭高校ホスト部

すぐに入会する必要はありません。

2週間も無料視聴期間があるので、とりあえずお試ししてみてはいかがでしょうか?スマホから3分程度で無料視聴の手続きができちゃいます。

『hulu』無料視聴はコチラ(↓)
hulu

横浜流星の出演予定ドラマ “ シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。”はアクション満載?!

日経トレンディ『 2019年 今年の顔 』に選ばれた横浜流星さん。

待望の主演ドラマが決まりました。

2020年1月放送開始予定の『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系 日曜 夜10時30分)です。

清野菜名さんとのW主演ということですが、アクションが得意なお二人。どんなドラマになるんでしょうか?

<スポンサーリンク>

【横浜流星主演ドラマ“シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。”とは?】

横浜流星さんが主演予定のドラマ『 シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、コミックや小説を原作にしたものではなく、オリジナル作品とのこと。

清野菜名さん演じる謎の女、“ミス・パンダ”。並はずれた身体能力の持ち主です。

一方、横浜流星さんが演じるのは、ミスパンダを操る“飼育員さん”と呼ばれる男。

ミス・パンダと飼育員さんの“最凶バディー”は、「Mr.ノーコンプライアンス」から依頼を受け、忖度や圧力に溢れるグレーな現代で、警察やマスコミが触れない隠れた真相を暴き出すというもの。

「ミス・パンダ」「飼育員さん」「Mr.ノーコンプライアンス」などのネーミングも謎めいていて面白そうですね。

<スポンサーリンク>

【横浜流星と清野菜名のコメント】

放送される日テレ系の日曜夜10時30分と言えば、清野菜名さんが出演した『今日から俺は!!』(主演:賀来 賢人さん)や、横浜流星さんが出演した『あなたの番です -反撃編-』(主演:田中圭さん)と同じ時間枠。

日テレの日曜ドラマにそろって再登場という形になりますね。

新作ドラマ『 シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に出演するにあたって、お二人はこんなコメントをしています。

横浜流星さんコメント

ドラマ『あなたの番です』に引き続き、SNSが発達して様々な噂などがすぐに回り、何が真実かわからないグレーな世の中に”白黒”つけるという、今の時代だからこそ共感してもらえる挑戦的な作品に出演できることを嬉しく思います。
登場人物皆がそれぞれ抱えているものがあり、表と裏の顔が深く描かれているので、しっかりと掘り下げて直輝として生きていきたいです。
またオリジナル作品なので監督、プロデューサーを始めとする制作の皆さん、キャストの皆さんと共に0から、視聴者の皆さまが毎週スカッとして、ハラハラドキドキするような作品を創りたいです。お楽しみに。

清野菜名さんコメント

「今日から俺は‼︎」以来、約1年ぶりにまた、この時間帯に戻ってこられて嬉しいです。
オリジナルドラマなので枠にとらわれず、皆さんとこれまでにないようなドラマを作っていけたらいいなと思います。
また今回も、アクションがみれるかも・・・

(いずれも番組公式サイトより)

<スポンサーリンク>

【アクションが得意な横浜流星と清野菜名】

ドラマの内容や清野さんのコメントから、今回の『 シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、アクション満載のドラマになりそうです。

アクションと言えば、横浜流星さんは15歳の時に空手の世界大会で優勝しています。(詳しくは、記事【横浜流星hあ空手世界一!競技人口がヤバい】

かなりの身体能力の持ち主ですから、激しいアクションはお手ものものですね。

一方の清野菜名さんも、2009年の陸上の全国大会に出場しただけでなく、高校2年生のときにアクション養成所でボクシングや立ち回り、アクロバットの訓練を受けているんです。

『今日から俺は!!』ではこんなシーンもありました。

さらに、清野菜名さんの初主演映画『東京無国籍少女』(2015年公開)では、こんな激しいアクションを見せているんですよ。


キレッキレじゃないですか?

どんなアクションが観られるか、今から楽しみですね。

<スポンサーリンク>