池田エライザ、“ みんなエスパー”の寝起きシーンが話題に!

【池田エライザ、“ みんなエスパーだよ!”でブレイク!】

昨年(2018年)は、“となりの怪物くん”、“ルームロンダリング”、“SUNNY”、“億男”などの映画に出演し、今や売れっ子女優の池田イライザさん。

そんなエライザさんが、本格的に女優として活躍するきっかけとなった映画が“ みんなエスパーだよ!”です。

2015年に公開されたこの映画。
もともとは、2009年に講談社の『週刊ヤングマガジン』に短期集中連載した若杉公徳作の“プラネットウェイヴス”という漫画が原作です。

その後、タイトルを“ みんなエスパーだよ!”に変更して2010年から連載されました。

2013年にテレビ東京が深夜番組としてドラマ化。

2015年4月には、スピンオフドラマとして、“みんな!エスパーだよ!番外編 〜エスパー、都へ行く〜”が放送され、同年9月、映画“みんな!エスパーだよ!”が公開された人気作品です。

池田エライザさんは、この映画の方に出演。
テレビドラマでは夏帆さんが演じていた“平野美由紀”役を映画のオーデションで勝ち取りました。

この映画がきっかけでエライザさんの知名度がぐんと上がりましたね。

スポンサーリンク

【“ みんなエスパーだよ!”の話題の寝起きシーン】

コメディータッチで色っぽいシーンが満載のこの映画。
特に、男性の間で話題になったのが池田エライザさんの寝起きシーン。

ツイッターのつぶやきをご紹介しますね。

ということで、早速そのシーンをご覧ください。
上の「背骨」さんのツイッターから動画をご覧になれます。

どうでした?

エライザさん、1996年4月16日生まれですから、映画が公開されたときは19歳。
身長は169cmで、スリーサイズは、85-59-88cm の Hカップだそうです。

あの美形でこのプロポーションですから、世の男性が興味を持つのももっともかと…。

スポンサーリンク

【映画“ みんなエスパーだよ!”のストーリー】

映画“ みんなエスパーだよ!”は、2015年9月4日に公開されました。

ドラマとは違うストーリーになっています。
ちょっとご紹介しますね。

愛知県東三河に住む鴨川嘉郎(染谷将太)は、何の取り柄も才能もない平凡な高校2年生、童貞アタマの中は四六時中、Hな妄想ばかりだが、いつの日か運命の彼女に出逢えると夢見ている。
東京から転校してきた美少女、浅見紗英(真野恵里菜)に心惹かれるが、幼馴染のヤンキー女子高生、平野美由紀(池田エライザ)も気になる存在だ。

悶々とした日々を過ごす嘉郎だったが、ある日突然、人の心の声が聞こえるテレパシー能力に目覚める。
突如赴任してきた、美人教師、ポルナレフ愛子(高橋メアリージュン)のエ○さに目を奪われつつ、周りの正直すぎる心の声に一喜一憂しながら過ごす中、テレキネシスでスカートめくりをする喫茶店マスターの輝光(マキタスポーツ)や、全裸でテレポーテーションする露○狂のバスケ部員、榎本(深水元基)、透視能力で相手の臓器を見ることで快感を得るいじめられっ子の矢部(柾木玲弥)たちの存在に気づき、超能力を持つエスパーが自分だけではないことを知る。

そんな中、東京からやってきた超能力研究の第一人者で紗英の父、浅見教授(安田顕)と助手の秋山(神楽坂恵)により、この町で能力に目覚めたエスパー達が一同に集められた。
なんとそこには、美由紀の姿も。

彼女も嘉郎と同じテレパシー能力を持つエスパーだったのだ。
芽生えた能力を主に“エ○”目的だけに使ってきたエスパーたちは、かつて、アメリカで超能力者が多数発生し、やがて全員が悪の能力者によって惨殺された事件「ダルースの惨劇」を知ることとなる。

そして、教授は彼らにこう告げた。
「悪のエスパーによって、この町でダルースの惨劇が繰り返されようとしている。
君たちが世界を救うんだ!」

ヒーロー気分で舞い上がるポンコツエスパーたちだったが、教授が予見したとおり、東三河に驚愕の事態が起こる。

なんと、街行く女性たちが皆、エ○化していくのだ。

そんな中、美由紀と紗英が拉致されてしまう。
二人を救うため、嘉郎たちは戦いに身を投じるが、次第に追い詰められていく。

1人、また1人と倒れていく中、嘉郎は、敵エスパーの真の目的を知ることに。
そこには、嘉郎が捜し求める“運命の人”につながる驚愕の秘密が隠されていたのだったー。

史上最も頼りないヒーローは、世界を守り、運命の人を救いだすことができるのかー!?

*映画“ みんなエスパーだよ!”公式サイトより(一部修正)

と、まあ気楽に見られる荒唐無稽なお話です。

  • 原作:若杉公徳「みんな!エスパーだよ!」
  • 監督:園子温
  • 脚本:田中眞一/園子温
スポンサーリンク

【“ みんなエスパーだよ!”を全て無料で観る方法】

連続ドラマ、スピンオフドラマ、そして映画と人気を博した“ みんなエスパーだよ!”をもう一度観たいという方。

この3本を一気に無料で観られるお得な方法があります。

ズバリ、動画配信サービスの無料お試しです!

ネットで必要情報を登録するだけで、身分証明書を郵送する必要はありません。
わたしも登録したことがありますが、5分もあればできちゃいます。

無料お試し期間は、どこも大体1ヶ月くらいあって、その間に観たい動画を観て解約すれば0円
お金はかかりませんし、“ みんなエスパーだよ!”以外のエライザさん出演の映画やドラマも観れちゃいます。

しかも、PC・テレビ・スマートフォン対応なので通勤・通学時間に見られるから便利ですよ。
私もこの手で結構、いろんな映画を見させてもらいました。

そういった動画配信サービスはいくつもありますが、“ みんなエスパーだよ!”を見るなら、TSUTAYA TVの初回入会から30日間無料お試し!がオススメ。

連続ドラマ版、スピンオフドラマ版、そして映画版の“ みんなエスパーだよ!”が3本とも全部観られます。

詳しくは、公式サイト(↓)をご覧ください。

スポンサーリンク

池田エライザの“高校デビュー”とは!

モデルや女優として大活躍の池田エライザさん。
ネットで検索すると「高校デビュー」というキーワードが出てくることから、高校生の時にデビューしたという噂があるようですね。

本当は、それは大きな勘違い。
今回はその辺のことをご紹介します。

【“高校デビュー”は池田エライザ初出演映画】

実は、「高校デビュー」というのは、池田エライザさんが初出演した映画のタイトルなんです。
アスミック・エース配給で2011年4月1日に公開されました。

公開当時、エライザさんはいくつだったと思いますか?

エライザさんは1996年4月16日生まれですから、まだぎりぎり14歳。
中学3年生になったばかりなんです。

,p>そのころは名前も今と少し違っていて、「池田依來沙」と書いていたんですよ。

ちなみに、エライザさんはもともとモデルをしていて、2009年、13歳の時にファッション雑誌『ニコラ』の第13回ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得しているんです。
その年の10月号から「池田依來沙」の名前で専属モデルとして活動を開始していました。

ですから、エライザさんはモデルとしても女優としてもデビューしたのは中学生の時になりますね。

名前の表記が、現在の「池田エライザ」になったのは2013年。
その年の『CanCam』6月号よりの専属モデルとなった時に、今のカタカナ表記に変更したんですよ。

スポンサーリンク

【“高校デビュー”とはこんな映画!】

映画「高校デビュー」は、もともと河原和音さんが書いた漫画なんです。
集英社の『別冊マーガレット』で2003年9月号から2008年8月号まで連載されました。
それを、英勉監督ら『ハンサム・スーツ』のスタッフが映画化し、2011年4月に公開しました。

コメディタッチのラブストリーで主演は溝端淳平さんが務め、池田エライザさんは、セリフがほんの少ししかないちょっとした役で出演していました。

他には、モデル出身の大野いとさんも出演していて、大野さんにとっても女優としてのデビュー作なんです。

この映画「高校デビュー」は、第3回沖縄国際映画祭長編プログラムLauh部門に正式に出品された作品で、「おしえて、ワタシのモテコーチ!!」というキャッチコピーが使われていました。

スポンサーリンク

【“高校デビュー”のストーリーと池田エライザの役】

大野いとさん演じる「長嶋晴菜」は、中学時代はソフトボールに夢中。
日々、ソフトボールの練習に明け暮れていました。
高校生になったら思いっきり恋愛しようと決意していましたが、いつまでたっても彼氏ができません。

そんな「晴菜」の前に、溝端淳平さん演じる先輩の「小宮山ヨウ」が現れます。

いかにもモテそうな「ヨウ」に“モテコーチ”になって欲しいとたのむ「晴菜」。
「ヨウ」は『ゼッタイ自分のことは好きにならない』ことを条件にしぶしぶ引き受けます。

そこから親友や妹を巻き込みながら「ヨウ」の“モテレッスン”が始まるというラブコメディ―です。

さて、ではエライザさんはどんな役で出演していたかというと、「晴菜」のソフトボールの後輩役。
「ヨウ」と練習場のそばを通って、ピッチャーを頼まれる場面に出演していて、セリフはほんの一言か二言しかない役でした。

デビュー作なんてそんなもんですね。

その後、2013年には映画「絶叫学級」、2015年には映画「みんな!エスパーだよ!」に出演し、3作品連続で学園ものに出演しています。

スポンサーリンク

【池田エライザの出身中学と高校はココ!】

池田エライザさんは福岡市出身です。

出身中学校は「福岡市立香椎第三中学校」というところまでははっきり分かっています。

高校は公表されていませんが、「福岡県福岡第一高等学校」ではないかと言われています。

というのも、エライザさんが高校時代に撮った写真の制服のリボンが福岡第一高等学校のリボンと酷似しているからだそうです。

上の画像は池田エライザさんが制服で撮影した写真です。

しかし、モデルの仕事で東京と福岡の行き来が忙しくなったエライザさん、高校3年生の時に東京の通信制高校へ転校しています。

最近は、通信制高校に所属する若い芸能人が多いですが、エライザさんもそうやって高校を卒業し、その後はお仕事に専念しているそうです。

今後も頑張ってほしい女優さんの一人ですね。


スポンサーリンク

池田エライザが『SUNNY(サニー)』で演じた女子高生のネタバレ

池田エライザさんは、先ごろ映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に出演しましたね。

ご存じのように10代前半からモデルをし、今や女優としても大活躍。
サニーでは、池田エライザさんだけ、篠原涼子さんたちとは違った特別な出演の仕方をしています。

ここでは、池田さんが演じた役の秘密をネタバレしちゃいます。

【映画サニーのあらすじ】

タイトルの「SUNNY」というのは女子高生のグループ名です。

ルーズソックスに象徴されるコギャルが話題となった90年代、高校生だった彼女たちは大の仲良し。
それから20年以上が過ぎ、彼女たちは大人になって、ひとりひとりが問題を抱えながら生きています。

サニーのリーダーで、今やキャリアウーマンとして成功している芹香は、末期がんで余命1か月を宣告されています。

それを知った、かつてのメンバーで現在は専業主婦をしている奈美。
芹香のもう一度サニーのメンバーに会いたいという最後の望みをかなえるため、奈美はSUNNYのメンバーを捜し始めます。

果たして、芹香の望みは叶えられるか・・。

90年代と現代の時間が交錯しながら物語は進みます。

スポンサーリンク

【映画サニーの出演者とスタッフ】

映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、2018年8月31日、東宝系で公開された話題の映画ですが、もともとは韓国でヒットした映画『サニー 永遠の仲間たち』を日本版にリメイクしたものです。

出演者は、池田さんの他に、主演の篠原涼子さん、広瀬すずさん、小池栄子さん、ともさかりえさん、渡辺直美さんといった個性派女優たち。

監督は『モテキ』や『バクマン』を撮った大根仁さん、音楽は90年代に一世風靡した小室哲也さんが担当しています。

挿入曲として、

  • 小沢健二「強い気持ち・強い愛 Metropolitan Love Affair」
  • 安室奈美恵「Don’t wanna cry」・「SWEET 19 BLUES」
  • 久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL「LA・LA・LA LOVE SONG」
  • hitomi「CANDY GIRL」
  • TRF「survival dAnce 」・「EZ DO DANCE」
  • JUDY AND MARY「そばかす」
  • PUFFY「これが私の生きる道」
  • CHARA「やさしい気持ち」
  • 森田童子「ぼくたちの失敗」

が使われ、90年代のムードをよみがえらせてくれています。

出演者やスタッフ、曲名を見ただけで面白そうではないですか?

スポンサーリンク

【映画サニーのキャスティング】

映画『サニー』は、メンバ一人ひとりの女子高生時代と現在のシーンが織り交ぜられながらストーリーが展開していきますが、同じ人物の女子高生時代と大人になってからの役を別の女優が演じています。

比べてみると、「なるほど」と思えるような組み合わせになっていますよ。

★奈美

現在:篠原涼子、女子高生:広瀬すず

淡路島から東京の高校に転校し、サニーに参加する。
現在は専業主婦として不自由なく暮らしているが、どこか物足りなさを感じている。
映画の主人公で、メンバー再結集に奔走する。

★芹香

現在:板谷由夏、女子高生:山本舞香

サニーのカリスマ的リーダー。
現在はビジネスに成功しているが、独身で余命1か月。
死ぬ前にメンバーたちと再会することが最後の望み。

★裕子

現在:小池栄子、女子高生:野田美桜

高校時代は、成績は優秀だが素行が悪かった。
今は、セレブなマダムになっているが夫の浮気に悩んでいる。

★心

現在:ともさかりえ、女子高生:田辺桃子

高校時代はブランド品で身を固めていたが、今はスナックで仕事をしている。
5歳の娘とは離れ離れに暮らす。

★梅

現在:渡辺直美、女子高生:富田望生

サニーのムードメーカーだった明るい性格の持ち主。
現在はブラック企業で働いている。

★奈々

現在:?、女子高生:池田エライザ

雑誌に出たことがきっかけでモデルになった。
ミステリアスなムードの美少女だったが、今や消息不明。


これを見ていただくとお気づきだと思いますが、サニーのメンバー6人のうち5人は「現在」と「女子高生」時代を別の女優さんが演じています。
只一人、池田エライザさんが演じた奈々だけ「現在」のところが「?」になっていますね。

さらに、公式サイトの集合写真でも、やはり一人足りません。

何故だと思いますか?
考えられるの二つ。

一つは、話題作りのために誰が演じているのか敢えて伏せている。
もう一つは、奈々が高校卒業後に亡くなってしまった。

どちらでしょうか?

スポンサーリンク

【池田さんが演じた奈々のネタバレ】

私も、映画を見る前は後者、つまり「奈々は若くして亡くなってしまった」という設定にちがいない、と勝手に思い込んでいました。

ところが、これは大ハズレ。
決して物語の途中で亡くなっているわけではありませんでした。

残念ながら、芹香が亡くなる前にメンバー全員が再集結する願いは叶えられませんでしたが、奈々は生きています。

そして、消息不明のままエンディングを迎えるわけでもありません。
最後の最後に姿を表します。

では、誰がその役を演じているかですが…。

ここからは「ネタバレ」式にご紹介します。

奈美の奮闘むなしく、芹香の存命中にメンバーがそろわなかったサニー。
芹香の遺影の前で奈々を除くメンバーがダンスを披露します。

ダンスが終わり、4人が互いに「楽しいネ」と語り合っています。

その時、奈美が部屋に入ってきた一人の女性に気付きます。

その女性は、一言「笑いなよ、あの頃みたいに」と言って髪をかき上げます。

そうです、奈々です。

演じている女優さん見極めようとよく見ましたが、池田さんのようにも見えますし、別の人のようにも見えます…。

その直後のエンディングは、女子高生のサニーと現在のサニー、そして多くのエキストラの女子高生が大勢でダンスをするシーン。

チャンスと持って奈々を必死に探しましたが、人数が多いのと動きが速いのとで見つかりません。

最後のチャンスはエンドロール。
食い入るようにクレジットを注視して、ようやく判明しました。。

実は、現在の奈々を演じたのも池田エライザさん自身でした!
何と6名のサニーのうち唯一池田さんだけが両方の役を演じていたんです。

池田さんは、1996年4月16日生まれですから撮影当時は22歳。
その池田さんに40歳前後の奈々も演じさせて、観客が本人か別人か迷うのですから相当な腕前のメイクさんなんでしょうね。

興味のある方は、動画配信サービスの「おためし視聴」を利用すれば無料で見ることができます。

調べた中では、いくつかある動画配信サービスの中でも『dTV』さんが視聴期間31日とが最も長くて、ラインナップもダントツで一番でした。

ただ、この記事を読んでいる時期によって条件も異なるでしょうから、公式サイトで確認してくださいね。
コチラからdTVチャンネルさんの公式サイトに行けます。


スポンサーリンク

池田エライザと村上虹郎はドラマが馴れ初め!

【池田エライザと村上虹郎が共演したドラマ】

映画、ドラマ、CMで活躍中の池田エライザさん、俳優の村上虹郎さんと熱愛中とか、破局したとか噂されていますよね。
そこで、今回は池田エライザさんと村上虹郎さんが付き合うことになった馴れ初めと、2人の最新情報についてご紹介します。

まず、ふたりの馴れ初めです。

きっかけになったのは、2016年4月2日より配信された「FDO(フジテレビオンデマンド)」のオリジナルドラマ「SHIBUYA零丁目」。
全4話のドラマで、4月23日深夜にフジテレビで再編集版が放送されました。

あらすじをざっとご紹介しますね。

舞台は渋谷。

池田さんが演じる主人公・ハルと村上さんが演じる大学生オギトは恋人同士。
東京で幸せな日々を送っていましたが、ハルは突然オギトからフラれてしまいます。

あきらめきれないハルは、死ぬことでオギトの特別な存在になろうと考えます。

ライブ配信で死ぬ方法を募集したところ、レイと名乗るDJをしている青年から「一発で逝ける薬」を教えられ、ふたりで自殺計画を練り始めます。

ファッション・音楽といった華やかな光の陰に混沌とした闇が潜む渋谷。
そんな都会で、必死にもがき苦しむ若者の姿を描いたドキュメンタリータッチのドラマです。

<AD>フジテレビ公式動画見放題にご興味のある方は、こちら(↓)の公式サイトに詳し情報があります。


スポンサーリンク

【池田エライザと村上虹郎の話題のキスシーン】

そんなドラマ「SHIBUYA零丁目」のなかで池田さんと村上さんとの濃厚なキスシーンを演じています。

これがネット上でかなり話題になりました。
ファンからは「演技とは思えない!」という声も。

実際見てみるとすごくリアル。
すべて演技だとすればうますぎだと感じるのも無理はないかと。

後に熱愛報道が出て、「やっぱりあの時、付き合ってたんだ。」と思った人が多かったようです。
ドラマの共演者同士が付き合う話しは今や、フツーにありますね。

ドラマの撮影となると、長い時間一緒にいますし、苦労も共にします。
当然共通の話題もありますし。

となれば、それがきっかけでお付き合いが始まるということも十分考えられますね。

しかし、最近、2人は破局したのではという噂も…。

その辺の最新情報は、記事『池田エライザと村上虹郎は熱愛?破局?文春・フライデー・ツイッター』でご紹介しています。
是非ご覧くださいね。


スポンサーリンク

池田エライザと村上虹郎は熱愛?破局?文春・フライデー・ツイッター

【池田エライザと村上虹郎の熱愛報道は「文春」が始まり】

最初に池田エライザさんと村上虹郎さんの熱愛を報じたのは文春砲です。
2016年12月、池田エライザさんのマンションから時間差をおいて池田さんと村上さんが出てくるところを写真入りで載せました。

記事によると、村上さんは池田さんのマンションにたびたび宿泊していたそうですよ。

否定しきれないと判断したのか、池田さんの事務所も「家に遊びに来る親しい友人の一人」とコメントを出しています。
ただ、常識的に考えれば、ただの異性の友達がマンションでたびたび二人っきりで過ごすって…。

スポンサーリンク

【池田エライザと村上虹郎が破局!「フライデー」

しかし、その1年4カ月後の2018年3月、今度はフライデーが村上さんと別の女性とのツーショットを報じます。
そのときの村上さんのお相手は、モデルのゆきらさん。

記事によると、村上さんは、舞台「密やかな結晶」の出演者との飲み会をした後、タクシーで広尾のバーへ向かったそうです。

バーから出てきたのは朝7時。
店を出たとき、村上さんとゆきらさんが一緒に歩いてでてきて、二人はそのまま解散したそうです。

このときのツーショット写真が上の画像です。

これが出たことで、「池田さんと村上さんは破局!?」と報じられ、ふたりは別れたものと思われていました。

スポンサーリンク

【池田エライザと村上虹郎が熱愛最新情報!「ツイッター」】

しかし、どうもそうではないようです。
というのは、フライデーの一件があった後も、池田さんと村上さんのツーショット目撃情報がしばしばツイートされているんです。

たとえば、【2018年5月16日】のツイッター。
恵比寿で池田さんと村上さんが一緒にいるところの目撃情報

【2018年6月28日】のツイッター。
池田さんと村上さんが飲んでいるとの目撃情報。

となると、どうやらまだ二人の関係は続いているようですね。
フライデーの写真もただ二人が並んで歩いているだけで、「熱愛」といえる決定的なシーンではないですし。

しばらく暖かく見守ってあげるのがいいようですね。

◆池田エライザ プロフィール

・別名義:池田 依來沙(旧芸名)
・ニックネーム:エライザ、エラちゃん
・生年月日:1996年4月16日
・出身地:福岡県
・血液型:B型
・身長 / 体重:169 cm / ― kg
・スリーサイズ:85 – 59 – 88 cm
・カップサイズ:G
・靴のサイズ:24.5 cm(いずれも2018年現在)
・デビュー:2009年
・ジャンル:ファッション・広告、女優、タレント

スペイン系フィリピンとのハーフで、第13回ニコラモデルオーディショングランプリを受賞したことがある人気モデルです。
『nicola』や『CanCam』の専属モデルをつとめていました。

◆村上虹郎さんのプロフィール

・生年月日:1997年3月17日
・出生地:東京都
・身長:168cm
・デビュー:2014年、映画『2つ目の窓』
・父:村上淳(俳優)
・母:UA(歌手)

《主な出演映画》
 ・『2つ目の窓』
 ・『ディストラクション・ベイビーズ』
 ・『武曲 MUKOKU』

《主な出演ドラマ》
 ・『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
 ・『仰げば尊し』
 ・『この世界の片隅に』

デビュー作「2つ目の窓」で初出演にして主演。
お父さんの村上淳さんとの共演も果たしています。

この作品は、第67回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に日本映画として唯一ノミネートされ、ウラジオストク国際映画祭ではグランプリを受賞するほど高く評価されました。

2015年実写版『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で主役の宿海仁太を演じ、一躍ブレイクしました。
俳優として非常に評価が高く、父・村上淳さんを超えたという声まであるほどだそうですよ。

2人ともこれからが楽しみですね。


スポンサーリンク