永野芽郁がセブンティーン卒業!歴代表紙を一挙紹介!

平成最後の日となる4月30日、永野芽郁さんがインスタで雑誌『Seventeen(セブンティーン)』(集英社)から卒業することを発表しましたね。

最後の『Seventeen』となるのは、4月30日発売の6月号だそうです。

長年、表紙を飾ってきただけに残念です。
ファンからも卒業を惜しむ声や応援がたくさん寄せられています。

今回は、永野芽郁さんの卒業発表の様子とファンのみなさんの反応、そして永野芽郁さんが表紙を飾った『Seventeen』の画像の歴代を一挙にご紹介します。



【永野芽郁、インスタでセブンティーン卒業を発表】

平成最後の日となる4月30日、永野芽郁さんが専属モデルを務めていた『Seventeen(セブンティーン)』から卒業することを報告しました。

インスタではこんな風に発表しています。

「今月のSeventeenで卒業です
素敵な卒業号にしてくださいました。
幸せ、ありがとう
ぜひみてね。
私も後で本屋さん行ってくるよ。
#発売日に買いに行くの照れるね笑」

この突然の発表に対してみんなからはこんな反応が。

大好きなめいちゃん毎月見れないのは悲しいけど、めいちゃん卒業おめでとう。

初めて下半身ダイエットがうまくいきました。うれしすぎる。他にも色々あって、迷ったけど、シェキプラス̜にして本当に良かったです♬

芽郁ちゃん卒業おめでとうございます!!
ずっとずっと大好きです!!♡
これからも頑張ってください!!!!

めいちゃんはほんとに人生の先輩として、人としてすごい人だなと思います。めいちゃんがいてくれるだけでいろんな人が助けられていると思います。これからもがんばってください!ずっと応援してます!!!❤

芽郁ちゃん、悲しいよ?寂しいよ?びっくりしたよ?

おめでとうございます。ニコプチの時から追いかけてきてずいぶん時が流れました❤
これからも大好きです!

みんなからとっても好かれているのが分りますね。

Twitterでは、『Seventeen(セブンティーン)』のツイートをリツイートした上で、
「Seventeenみてね。」とツイートしました。

こちらも、卒業を惜しむ声と、応援する声、感謝のリツイートで溢れていますね。



【永野芽郁のモデルとしての活動】

永野芽郁さんは、『ニコ☆プチ』(新潮社)や『nicola』(新潮社)、『Seventeen』を読んでいた人に早くから知られていました。

でも、UQモバイルのCMに出始めた頃は、「あのかわいい女の子は誰?」と思っていた人が多かったみたいですね。
(関連記事【永野芽郁の画像!UQのCMを一挙にまとめてみた!】

実は、永野芽郁さんが芸能界入りしたのは、2009年、小学校3年の時。
東京・吉祥寺のサンロード付近で買い物をしているときに中にスカウトされたのがきっかけなんですよ。

スカウトの翌年、2010年からファッション誌『ニコ☆プチ』でレギュラーモデルを務めるました。

2013年6月から2016年3月まで姉妹誌『nicola』のモデル(ニコモ)として、「メイ©」というニックネームで活動していたんですよ。

そして、2016年8月から雑誌『Seventeen』(集英社)のモデルとして活動。
約3年間で10回も表紙を飾るほど大人気だったんです。

永野芽郁さんの名前を一躍有名にしたのは、2018年の高校卒業直後に放送されたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』
なんと、初のオーデションながらヒロインを射止めたんです。

最近では、話題のTV番組『3年A組―今から皆さんは、人質です―』や映画『君は月夜に光り輝く』なんかで活躍していますね。

dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

2019年3月には、10代最後を記念して1st写真集『moment』も出しています。
(関連記事【永野芽郁の写真集は手抜き?可愛い?画像】



【永野芽郁が表紙を飾った”Seventeen”の画像を一挙紹介】

卒業を記念して、これまでに永野芽郁さんが表紙を飾った『Seventeen』の画像を一挙ご紹介しちゃいます。どれも可愛いですよ。

2017年5月号

2017年9月号

2018年1月号

2018年2月号

広瀬すずさんと表紙を飾りました。

2018年3月号



2018年4月号

再び、広瀬すずさんと。

2018年5月号

2018年10月号

芽郁さんいわく「今までで一番お気に入り」だそうです。

2019年2月号

2019年6月号

芽郁さんの卒業号です!

永野芽郁さんのプロフィールはコチラ→記事【永野芽郁、子役時代に佐藤健と”るろうに剣心”で共演していた】

dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら



永野芽郁の高校時代をかわいい画像で紹介!

好評のうちに終了した話題のTVドラマ『3年A組―今からみなさんは、人質です―』で高校生役を演じた永野芽郁さん。
やっぱり、演技が上手いですね。

今年で20歳になる永野芽郁ですが、実際はどこの高校を卒業したんでしょうか?
永野さんの高校時代のエピソードを含めてご紹介します。



【永野芽郁は通信制高校を卒業!】

永野芽郁さんは、堀越学園などの芸能人がよく行く全日制の私立高校ではなく、通信制高校を卒業しました。
最近では仕事が忙しい芸能人やアスリートで通信制高校に所属する人が多いんですよね。

で、永野さんが卒業したのは『クラーク記念国際高等学校』という広域通信制高校なんです。

1992年(平成4年)に開校した高校ですから、出来てまだ27年しかたっていない若い高校です。
『広域』といのは高校がある都道府県以外の生徒も受け入れられるということで、北海道から九州・沖縄までキャンパスがあります。

校長先生は、有名なプロスキーヤーの三浦雄一郎さん

2016年(平成28年)には、 北海道本校硬式野球部が夏の全国高等学校野球選手権大会に出場したので『クラーク記念国際高校』の名前を覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ちなみに、クラーク高校の卒業生にはこんな人たちがいるんですよ。

芸能人では、北川景子さん、市原隼人さん、森泉さん、久住小春さん、指原莉乃さん・・・。
スポーツ選手では、ソチ五輪銀メダリストの竹内智香さん、プロサッカー選手の高萩洋次郎さん、F1ドライバーの小林可夢偉さんなどなど。



【永野芽郁の通学していた高校はココ!】

通信制高校というと、一般的には家で勉強するというイメージが多いかもしれませんが、最近は『通学』する通信制高校も増えてきているんです。

というのも、通信制高校は、指定された課題をキチンと期日までに提出しないと卒業できないんですが、家で一人で3年間も勉強を続けるのは想像以上に忍耐力がいるらしく、卒業できる割合が3分の2ぐらいしかないんです。

そこで、期日までに課題を提出できるように、通学できるシステムを取り入れているということです。

ふつうは、全日制ほど出欠管理は厳しくないんですが、『クラーク記念国際高等学校』は通信制高校の中では、割合としっかり通学することが求められるところで、HPにも『通信制でありながら毎日制服を着て通学して学ぶ「全日型教育」という新たな学びのスタイルを開発・導入』しているとはっきり書かれています。

ということは、通信制高校とは言え、永野芽郁さんも『通学』してということ。
一体どこに高校はあるんでしょうか?

先ほども書きましたが、『クラーク記念国際高等学校』は広域通信制高校ですから、全国にキャンパスがあります。
とは言え、芸能活動をしながら通学するんですから、順当に考えて東京の学校に通っていたに違いありません。

『クラーク記念国際高等学校』の東京にあるキャンパスは2か所。

ひとつは、東京都新宿区高田馬場の駅から5分くらいにあるキャンパス

もう一つは、千代田区の秋葉原駅から徒歩8分のところにある秋葉原ITキャンパス

このどちらかであるのは間違いないでしょう。
コチラに通う生徒さん、「学校の廊下を歩いていたら永野芽郁さんとすれ違った!」なんてこともあったのかもしれませんね。



【永野芽郁の高校時代のエピソード】

そんな永野さんが高校生だったときの誕生日のエピソードがあります。

誕生日(9月24日)の2日後に高校に通学した永野さん。
自分のロッカーを開けた瞬間、後ろからクラッカーが!
ロッカーの中には誕生プレゼントやメッセージがたくさん詰まっていたそうです。

友達が、朝から準備していてくれたらしくて、とても感動したそうですよ。
そのとき Twitterに上げたのがこのかわいい画像です。

そして、2018年3月、無事高校を卒業したんですが、ちょうどタイミングとしてはNHKの朝ドラ『半分、青い。』の放送開始の直前でした。

その卒業の時のかわいい画像がコチラ。

公式ブログでこんなことを綴っています。

2018/04/07(土)
仕事と学業の両立が思ったより
大変だと感じることも多々ありました。
仕事に行く前に少しだけ学校行ったり、
仕事が終わったらそのまま学校いったり
あ、撮了のお花持ったまま学校行って
職員室に花束を預けたりしてたな笑
懐かしい

ネムイって思いながら
かくんかくんして授業うけてて
先生に注意されたりしてたなぁ笑

先生達が最後の最後まで支えてくれて
なんとか卒業できるように頑張ろうって
いろんな方法で助けてくれて
たっくさん心配も迷惑もかけたけど
頑張ってるなぁ体気をつけろよって
いつも気にかけて応援してくれた先生達
ものすごく好き!!笑

お仕事でお世話になってる方々にも
たくさん助けていただいて
マネージャーさんたちも
学校と仕事のスケジュールを考えてくれて
文化祭も出れたし、お泊まりのも行けたし
学校生活もおくれました☺

ありがとうございましたっ。

そして母上!
高校生まで卒業出来たのは
ママがいたからだよ☺
ありがとうね、

ドラマに、映画に、CMにと大いそがしの仕事の合間を縫って、高校に通っていたんですから大変だったでしょうね。
そりゃあ、授業中に『かくんかくん』もしますね。

これからも忙し日が続くと思いますが、お身体に気をつけてお仕事がんばってくださいね!



永野芽郁の画像!UQのCMを一挙にまとめてみた!

今、毎日TVで見ないことのない人気女優の永野芽郁さん。
人気番組『3年A組―今から皆さんは、人質です―』や映画『君は月夜に光り輝く』に出演していますが、TVのCMでもそのかわいさが溢れていますね。

今回は、永野芽郁さんの数あるCMのなかでも、もっともインパクトが強いUQモバイルのCMのかわいい画像を全てご紹介します。



【永野芽郁のUQのCM一家のキャラクター】


永野芽郁さんが出演しているUQモバイルのCMに登場する一家の家族構成は、
お父さんがブルーのムック、お母さんがピンクのガチャピン、長女が深田恭子さん、次女が多部未華子さんが演じています。

そして、永野芽郁さんが演じているのは三女。

それぞれキャラクターがこんな風に設定されているんですよ。

【父:ムック】女だらけの一家の中で肩身の狭いパパ。でも、そんな立場が意外と嫌いじゃない。
【母:ガチャピン】個性的すぎる一家の中心的存在。家族思いでみんなから慕われている。
【長女:深田恭子さん】幼少期からすでに親衛隊が存在していたという、ナチュラルボーン系の美女。性格はマイペース。
【次女:多部未華子さん】持ち前の洞察力でオトコゴコロを見抜く、インテリジェンス系の美女。実は、ママっ子。
【三女:永野芽郁さん】大人っぽい見た目とは裏腹に心はピュアなイノセント系の美女。ちょっと甘えん坊。

そんな一家ですが、『家族旅行編』ではプライベートジェットで旅行していたり、『宇宙人家族編』のCMではプール付きの豪邸に住んでいたりと、ものすごくリッチな家族だそうです。



【UQの歴代CM画像】

それでは、歴代CMを古い順から見ていきましょう。

まずは、『家族設定、誕生編』
初めて一家が登場したCMです。

次は『乗り換える長女編』
「また彼氏を乗り換えるの」と非難する次女と三女。
「乗り換えない」と主張する長女のやりとりがありました。

続いて『ピンチの次女編』
パーティーのために買い物しすぎた次女。
サングラスはパパのでした。

そして、『JKになる三女編』
長女と次女が学生はいいなあと羨ましがっています。

『家族旅行編』
ここでプライベートジェットが登場します。



『不思議な隣人編』
隣に宇宙人が引っ越してきました。

『電話する次女編』
家の中で家族とケータイで会話する次女。
ついにはパパも「トイレ行ってきます」と電話するします。

『宇宙人家族編』
隣に引っ越してきた宇宙人家族はパパとママと3人姉妹。
姉妹はモテるそうです。

『長女の特技編』
長女はゴルフが得意。
第1ホールと第4ホールはパーで、「イチ・ヨン・パー」ですって。
永野さんの可愛いゴルフウエアも話題に。

『No.1な一家』
長女は、なんでもNo.1でなければイヤだそうです。
なんでも人気ナンバーワンだとか。



『長女の一人暮らし編』
引っ越すのに有給をとって準備する長女。
「いいなぁ、ユーキューって。」と次女と三女。

『浜口家編』
娘の京子さんだけ乗り換えるのに拗ねるアニマル浜口さん。
「家族丸ごと乗り換えたら得よ」と勧める三姉妹。

『拗ねる家族編』
「学生は学割りや基本料0円で得ね」とすねる家族。
すかさず三女が今年は家族もお得と返します。
ちなみに、ここは映画館ではなく自宅のシアタールームだそうで。



永野芽郁の写真集の中身は手抜き?可愛い?【画像】

出演番組『3年A組-今から皆さんは、人質ですー』が好調のうちに終了したばかり永野芽郁さんですが、
2019年3月5日、『永野芽郁 1st写真集 「moment」』を発売しましたね。

この写真集、発売前に重版が決定されたり、オリコン週間BOOKランキングでは初登場1位(3月18日付、ジャンル別写真集)を獲得する程の人気でした。

ところがです。

その一方で、「手抜き」や「物足りない」といった声も出ているんです。
一体どんな中身なんでしょうか?



【10代最後の永野芽郁の写真集】

写真集の撮影は2018年9月。
永野芽郁さんの生年月日は、1999年9月24日ですから、ホントに10代の最後の最後のタイミングで撮影したんですね。

撮影場所は、アメリカのフロリダ州。
有名なリゾート地で、ディズニーランドなんかもある温暖なところです。

セルフスタイリングということで、写真集で使用した服はすべて永野さんの私服です。
このセルフスタイリングというのがかなり大変だったようで、こんなコメントをしています。

初めての場所で、初めての写真集。
自分だらけの一冊がなんだか不思議だけれど、今まで応援してくださった方々に喜んでいただけるようにと、今の私をたくさん撮っていただきました。
ラスト10代を意識しているわけではないのですが、何となくそんな雰囲気を感じていただけるんじゃないかなと思います。
今回の衣装は全て私物で集めました。
想像よりも大変だったので、自分でスタイリングをするのはおそらく最後です(笑)。
是非ご覧ください!!

また、写真集発売に当たってWeb限定でこんなメイキングムービーを公開しています!

永野芽郁さんが出演した菅田将暉さん主演の人気番組『3年A組-今から皆さんは、人質ですー』が終了したタイミングと重なってか、ものすごく話題になりました。
なにしろ、販売前に重版が決まったくらいですから。

東京・HMV & BOOKS SHIBUYAと大阪のHMV & BOOKS SHINSAIBASHIで「永野芽郁『moment』Limited store」開催し、パネル展や永野さんプロデュースのオリジナルグッズを行いました。

そんなこともあって、オリコン週間BOOKランキングではみごと初登場1位を獲得したんです。



【写真集のAmazonカスタマーレビューはビミョー?!】

ところが、実施に購入した人の評価は、「すごくいい!」という声と、「物足りない!」という声が入り混じっているんです。

Amazonのカスタマーレビューでは、5段階評価で平均☆3.8。
いくつかご紹介しますね。

☆5つ
水着とかを求めるならグラビアの人を買って下さい(笑)
確かに水着とかを求めたらお門違いですが、女優永野芽郁ちゃんを好きで購入したのであれば満足出来ると思います!
全部可愛いし、不満な所は何もありませんでした!
買って良かったですし、ぜひファンの方には見て頂きたいと思います!

☆3つ
ありがちな女優の写真集です。
フォトブックレベルの内容で、永野芽郁さんのファン以外には、お奨めポイントがありませんでした。
表情は魅力的なので、ファンなら「買い」かもしれませんね。

☆2つ
水着無し 下着無し 笑顔だけ
エロさ全く無し。なんか、笑顔の写真だけ集めて、人気の勢いで出した感じの写真集に思えます。
せっかく素材がいいのに残念です。

☆5つ
表情豊かで見ててあきない!
可愛すぎます!買ってほんとによかったって思うくらい良かったです!

☆3つ
まぁ俗に言うお色気シーンは、皆無ですね。
そちらに期待している方にはオススメしません。
可愛いですが…

☆5つ
めちゃくちゃいい。永野芽郁ファンからしたら凄く欲しくなる写真集

☆3つ
1300円のフォトブックならいいんだけど2160円の写真集なら物足りない。
朝ドラ撮影終了ご褒美休暇兼ねて写真集撮影しただけ。
フロリダ観光ほっつき歩いて適当に撮ったやっつけ仕事で写真集とか言われても。
水着皆無だしCalvin Kleinのスポーツブラちょい見せしただけてサービス精神皆無。
映画ドラマでキスしまくってんのに!
一番は顔アップも結構多いのにとにかくカメラが遠い。
もっと近くで撮れや!永野が好きな人が買うんだからよ!
ただでさえ本サイズ小さいのに無駄な白い余白も邪魔。
笑顔は可愛いのになぁ…。
好きだから鼻は気にならないです。
親友の大友花恋はもっと頑張ってたぞ!
キス写真は6pくらい。
胸の谷間やお尻ショットはゼロ。
ベストショットは4pや浜辺ワンピース笑顔とか夕暮れアップとか。
でも半分青い本の方がキス顔あった。
74点

☆5つ
キラキラ、まぶしい!
芽郁ちゃんが、可愛くて、ずっと見てられる!
また出して欲しい!

んん~。
どうも、永野芽郁さんの熱烈なファンの方にはとっても好評なんですが、写真集にお色気を求めている人には物足りないようですね。



【永野芽郁の写真集の評価がビミョーな理由】

永野芽郁さんの『1st写真集 「moment」』についてある芸能ライターさんはこんなことを言っています。

「水着やランジェリーもなく、露出度が低すぎるとの声がもっぱらです。
衣装は全て永野自身で選んだ私服との触れ込みですが、読者が見たいのはそんなものじゃないですからね。
胸の谷間ひとつも見せないようでは、『出し惜しみするな!』と言いたくもなりますよ。
もっとも、最近の女優の写真集は一般的に露出度が低い。
だから、売れないんですけどね」

読者が求めていることとのミスマッチがあると、やっぱり売れないんですね。

2018年の写真集売り上げ1位は、『乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01』(講談社)。
トップ10のうち、9作が乃木坂46と欅坂46の坂道シリーズ関連でした。

ある芸能ライターによると、坂道シリーズが売れているのは、単に人気のピークにあるだけではなく、普段は雑誌グラビアで水着やランジェリーがNGな彼女たちが、写真集では大胆に露出するからだそうです。

露出が少なくて売れているのは、2018年に3位にランクインした石田ゆり子さんの『Lily-日々のカケラ-』(文藝春秋)。
とても49歳には見えない美貌が女性に受けたからなようで、同じことがフカキョンの2016年の写真集『AKUA』と『This is Me』にも言えるようです。

逆に、綾瀬はるかさんが2017年4月14日に集英社から出した『BREATH』は、水着ショットがありながらあまり売れなかったんですが(詳しくは【綾瀬はるかの写真集(2017年)が売れないワケ】)、綾瀬さんのキャリアから言って、綾瀬さんにはお色気より女優としての魅力を感じている人が多いからではないでしょうか。

永野芽郁さんの場合、19歳から20歳という年齢からファンの間に、お色気を求める人と清楚な可愛さを求める人とが相半ばしているためビミョーな評価になっているのではないでしょうか?

写真集だけでなく、永野芽郁さんがこれから芸能界でどんなポジションを目指していくかによって、第2弾、第3弾の写真集の方向が決まってくるのだと思います。



永野芽郁、子役時代に佐藤健と“るろうに剣心“で共演していた!

永野芽郁さんといえば、NHK朝ドラ『半分、青い。』で主演し、現在公開中の映画『君は月夜に光り輝く』でも演技が注目されている人気若手女優さんですね。
UQモバイルのCMでもよく目にします。

そんな永野芽郁さん、実は芸能生活は結構長く、子役時代から活躍していたんですよ。

今回は永野芽郁さんの子役時代のお話です。
演技力には定評がある永野芽郁さんですが、子役時代はどうだったんでしょうか?



【永野芽郁は子役時代に“るろうに剣心“で佐藤健と共演!】


永野芽郁さんがヒロインを務めた『半分、青い。』では、佐藤健さんの恋人役でしたね。
でも、実はこの二人、共演するのは『半分、青い。』が初めてではないんです。

佐藤健さんの映画としては、『るろうに剣心』シリーズが有名ですが、その『るろうに剣心』で過去に永野芽郁さんと共演していたんです。

『るろうに剣心』は、第3作まであるんですが、永野芽郁さんが出演したのは2012年8月25日公開の第1作。
幕末から明治の時代、佐藤健さん演じる主人公・緋村剣心が日本各地を流浪しながら、剣の力で弱きものを助ける物語です。

その『るろうに剣心』で永野芽郁さんが演じていたのは、『三条燕(さんじょうつばめ)』
脇役とは言え、物語が動き出すきっかけを担っている重要な役どころでした。

子役とはいえ、演技力が求められる役回りだったんですね。
コチラがその時の画像です。


撮影が始まったのは2011年8月。
永野芽郁さんは、1999年生まれですからその時まだ12歳の小学生6年生だったってことですね。

その年でまわりの大人の役者さんと一本の映画を作っていくんですから大したものですよね。

よく、子役で売れた人はその印象が強すぎて、成人すると売れなくなると言われますが、その後の活躍を見ると永野芽郁さんは一味違うんですね。

ちなみに、佐藤健さんは永野さんの10歳年上ですからこのとき22歳。
お互い、後に恋人役を演じるとは想像もしていなかったでしょうね。



【永野芽郁のプロフィール】


永野芽郁さんのことをUQモバイルのCMで初めて知ったという人も多いんではないかと思いますが、永野さんは一体いつから芸能活動をしていたのでしょうか。
プロフィールをご紹介します。

  • 本名:永野芽郁
  • 生年月日:1999年9月24日
  • 出身地:東京都
  • 身長:163cm
  • 血液型:AB型
  • 職業:女優・ファッションモデル・タレント
  • 活動期間:2009年から
  • 事務所:スターダストプロモーション
  • 主なテレビドラマ:『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『こえ恋』、『僕たちがやりました』、『半分、青い。』、『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』
  • 主な映画:『俺物語!!』、『ひるなかの流星』、『君は月夜に光り輝く』

活動期間が2009年からといいますから、まだ小学3年生、10歳の時です。
なんでも、吉祥寺で買い物しているところをスカウトされたそうです。
人混みの中でスカウトされたのですから、よほど可愛くて目についたんでしょうね。

その年公開された映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』で子役としてデビューを果たしています。

翌2010年、11歳のときにはドラマ『ハガネの女』(テレビ朝日)で主人公の小学生時代の役、2013年14歳のときにはNHK大河ドラマ『八重の桜』にも出演し、山川常盤の少女期を演じています。

14歳で大河ドラマに出演しているんですから、やっぱり演技力があるんですね。

その後、『ニコ☆プチ』、『nicola』、『Seventeen』などの雑誌モデルとして活動し、2015年、16歳のときにはオーディションを勝ち抜き映画『俺物語!!』でヒロイン役に抜擢されました。

翌2016年からCMにも出演し出し、「カルピスウォーター」「UQ mobile」などのCMで注目を集めるようになります。

この年、連続ドラマ『こえ恋』(テレビ東京)でドラマに初主演。
同年、NHK大河ドラマに2度目の出演を果たし、『真田丸』で豊臣秀頼の正室・千姫役を演じていました。

映画の初主演はというと、2017年3月公開の『ひるなかの流星』
主人公の与謝野すずめ役を演じました。

2018年3月に高校を卒業し、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロイン・楡野鈴愛役を演じました。
このとき、2366人のオーディションを勝ち抜いといいますから、やっぱりなにか持ってるんですね。

こうしてみると、今年で20歳という若さながらすでに芸能歴は10年になります。
数々のオーディションを勝ち抜いてヒロイン役をゲットしていることからも、演技力は本物のようです。

2019年2月には、映画やTVドラマで活躍した人に贈られる「エランドール賞」の新人賞も受賞している永野さん。
これからも活躍が楽しみですね!