【緊急速報】日向坂46のライブ動画、ひなくり生配信決定!

日向坂46のファンの方々へ緊急速報です。

何と、2019年12月18日、幕張メッセで開催される日向坂46のクリスマスライブ『ひなくり2019 〜17人のサンタクロースと空のクリスマス〜』が生配信されることになりました!

<スポンサーリンク>

【日向坂46のライブ“ひなくり2019 〜17人のサンタクロースと空のクリスマス〜”】

日向坂46の3rdシングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』発売記念ワンマンライブで、今年もクリスマスライブが開催されることが発表になりましたね。

タイトルは『ひなくり2019 〜17人のサンタクロースと空のクリスマス〜』。

2019年2月にけやき坂46(ひらがなけやき)に改名しましたが、改名前の昨年に引き続き2年連続での開催になります。

もちろん、デビューイヤーの最後を飾る単独ライフです!

日程は、12月17日(火)と18日(水)の2日間。
開演時間は、17:00(開場は15:30)。
会場は、千葉県の幕張メッセ 国際展示場4~6ホールです。

dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

<スポンサーリンク>

【金村美玖のライブ“ひなくり2019”についてのコメント】

先日、テレビ東京系列の番組『日向坂で会いましょう』で、MCのオードリー若林正恭さんの新「ひいきメンバー」にも選ばれた金村美玖さん。

『ひなくり2019 〜17人のサンタクロースと空のクリスマス〜』のライブに向けて、こんなコメントをしています。

「(クリスマスライブが)毎年の恒例になったらうれしいです」
「今年もいい1年だったな、と思って来年につなげられるようなライブにしたいです。これまでのライブとはまたひと味違う演出も楽しんでいただけたらうれしいです。詳しくは言えないんですけど、『お空のサンタさん』ってイメージです!」
(日刊スポーツ より)

今年の2月には横浜アリーナで、そして、9月にはさいたまスーパーアリーナでライブが開催されましたが、それとはまた一味ちがったライブになるようですね。

それにしても『お空のサンタさん』ってなんでしょうか?
気になりますね。
dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

<スポンサーリンク>

【ライブ“ひなくり2019”のチケットはまだ買えるの?】

『ひなくり2019 〜17人のサンタクロースと空のクリスマス〜』のチケットですが、発売は次のようになっています。

  • ファンクラブ1次先行:10月12日(土)~
  • ファンクラブ2次先行:11月2日(土)~
  • オフィシャル先行:11月16日(土)~
  • 一般発売』:12月7日(土)~
  • チケットトレード:12月2日(月)18:00~

現在、残されている方法はチケットトレードだけです。

チケットトレードというのは、チケットを手に入れたけれども都合がつかず、ライブに行けなくなってしまった人が、定額で購入希望者にチケットを譲ることができるシステムです。

個人間でやり取りするものではなく、EMTGが代行する公式なチケットトレード。

毎日12時に行われる抽選で当選者が発表されますが、この記事を書いている時点で、12月17日・18日のどちらも残り20枚以下と、かなり狭き門になっています。
dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

<スポンサーリンク>

【単独ライブ配信で“ひなくり2019”生配信が見られる!】

チケットが手に入らなかった人、当日、会場まで来られない人に朗報です。

何と、『ひなくり2019 〜17人のサンタクロースと空のクリスマス〜』の生配信が決定しました!

しかも、無料で見られるんです!

生配信してくれるのは、dTVチャンネル内の「ひかりTVチャンネル+」。

ちなみに、ご存じだと思いますがdTVというのは、NTTドコモが提供する配信サービスですが、ドコモのケータイ回線をお持ちでない方でもOK

スマートフォンのほか、タブレットやPC、テレビでも見ることができますよ。

配信日は、2019年12月18日(水)17:00から。
ちょうど2日目のライブの開演時間からですね。

「無料おためし」が31日間もありますから、『ひなくり2019 』はもちろん、『AKB48 ネ申テレビ』や『STU48 イ申テレビ』なんかも一緒に無料で観れちゃいますよ。

『ひなくり2019 〜17人のサンタクロースと空のクリスマス〜』の会場になっている幕張メッセは平面でのステージなので、後ろの座席の人は見えにくいようですし、4〜6ホールを開放して使用するので、柱が邪魔して見えにくい座席もあるようです。

そんなことも踏まえると、スマホやテレビで生ライブを見るのも悪くないかもしれませんよ。必ずしも入会する必要はないので、とりあえず無料で1か月楽しむのも一つの方法です。

詳しくはコチラの公式サイトをご覧ください。(クリックしてもすぐにお試しのお申し込みにはなりませんから安心してくださいね。)

dTVチャンネル初回31日間無料登録はこちら

けやき坂46(ひらがなけやき)が改名&シングルデビュー!日向坂ってどこ?

2019年2月11日、ついに“けやき坂46(ひらがなけやき)”のシングルデビューと、“日向坂46”(ひなたざか46)への改名が発表されましたね。
改名についてはメンバー自身も知らなかったという今回の発表。
メンバーとファンにとっては、嬉しいダブルサプライズ。

ところで、“日向坂”ってどこにあるんでしょう?

今回はそれについてのお話です。

スポンサーリンク

【“日向坂”の場所】

“乃木坂”も“欅坂”も東京・港区に実在する地名ですから(地名の“欅坂”は、“けやき坂”と書きますが)、“日向坂”もどこかにあるはず。

しかし、「ひなたざか」と読む坂は都内には実在しないんです。
実在するのは「ひゅうがざか」と読む“日向坂”。

東京・港区三田1丁目と三田2丁目の境にある坂で、駐日オーストラリア大使館や円満寺、當光寺が周辺にある比較的静かな場所です。

この坂の標識には「ひゅうがざか 江戸時代前期南側に徳山藩毛利日向守の屋敷があった。振袖坂ともいった。由来は不明である。誤ってひなた坂とも呼んだ」と書かれています。

どうやら、この「日向坂(ひゅうがざか)」がネーミングのルーツのようです。

秋元さんは、乃木坂、欅坂に続いて、今回も実在する坂道にしたいという意向だったそうです。
ではなぜ、“日向坂”と書いて「ひゅうがざか」ではなく、あえて「ひなたざか」と読ませたのでしょう?

関係者さんの話によると、それには画数の問題があったようです。

秋元さんは画数にこだわる方らしく、“欅坂”のときもはじめは地名通り“けやき坂”にする予定だったのが、画数的に“欅坂”の方が良かったので漢字の“欅坂”に決めたんだとか。

今回も、スタッフさんは「ひゅうがざか」と「ひなたざか」のどちらにするか、かなり悩んだそうですが、やはり画数の問題で「ひなたざか」のほうが、ひらがなで書いた時の字画が運勢的に良かったということで「ひなたざか」になったそうです。

ああいう世界ってかなり運勢とか画数を気にするんですね。

スポンサーリンク


【“けやき坂46(ひらがなけやき)”のメンバー一覧】

“けやき坂46(ひらがなけやき)”ならぬ“日向坂46”についておさらいしておきましょう。

結成は2016年5月。
初めは欅坂46の2軍的な存在でしたが、見る者を幸せにする「ハッピーオーラ」なるものを武器に人気が出てきました。

アルバムデビューは、2018年6月20日の「走り出す瞬間」。
音楽関係者の間でも」「単独でシングルデビューできる力を十分持っている」と言われるようになりました。

ただ、一般の人の認知度はまだ低く、どうしても「欅坂46」と混同されることがしばしば。
ネットで「けやき坂46」とひらがなで検索しても、「欅坂46」が出てきていました。(というか、この記事を書いている今でも)

それで今回の「日向坂46」への改名となったわけです。

では、“日向坂46”のメンバーをご紹介します!

けやき坂46(ひらがなけやき)

  • 井口 眞緒(いぐち まお)
  • 潮 紗理菜(うしお さりな)
  • 柿崎 芽実(かきざき めみ)
  • 影山 優佳(かげやま ゆうか)
  • 加藤 史帆(かとう しほ)
  • 齊藤 京子(さいとう きょうこ)
  • 佐々木 久美(ささき くみ)
  • 佐々木 美玲(ささき みれい)
  • 高瀬 愛奈(たかせ まな)
  • 高本 彩花(たかもと あやか)
  • 東村 芽依(ひがしむら めい)

けやき坂46(ひらがなけやき)二期生

  • 金村 美玖(かねむら みく)
  • 河田 陽菜(かわた ひな)
  • 小坂 菜緒(こさか なお)
  • 富田 鈴花(とみた すずか)
  • 丹生 明里(にぶ あかり)
  • 濱岸 ひより(はまぎし ひより)
  • 松田 好花(まつだ このか)
  • 宮田 愛萌(みやた まなも)
  • 渡邉 美穂(わたなべ みほ)

けやき坂46(ひらがなけやき)三期生

  • 上村 ひなの(かみむら ひなの)

みなさん、おめでとうございます。
「ハッピーオーラ」とお陽さまの温かさで、見る人をより幸せにしてくださいね。
益々、期待しています!

スポンサーリンク

けやき坂46が日向坂46に改名!シングルデビュー決定!

けやき坂46(読み:ひらがなけやき)ファンには嬉しい大ニュースが飛び込んできました!
2019年2月11日、何とグループ名を“けやき坂46”から“日向坂46(ひなたざかフォーティーシックス)”に改名することが発表されたんです!

しかも、このことはメンバー自身も知らなかったというサプライズ発表!

発表時のメンバーの反応やコメント、新しいロゴ、名前の由来などについてご紹介します。

スポンサーリンク


【けやき坂46、改名発表時のシチュエーション】


そもそも、“けやき坂46(ひらがなけやき)”から“日向坂46”への改名はどういうシチュエーションで発表されたのか説明しますね。

けやき坂46は、「SHOWROOM」という動画アプリを使って、グループに関する様々な情報を配信しているんです。
この日(2019年2月11日)の配信は、柿崎芽実さん、加藤史帆さん、齊藤京子さん、佐々木久美さん、佐々木美玲さん、小坂菜緒さんが行っていました。

初めに発表されたのは、3月27日に待望のシングルデビューが決まったこと。
この発表だけでもテンション上がりますよね。

次に、横浜アリーナでのデビューカウントダウンライブ(3月5日、6日)と単独公式サイトの立ち上げについて。
シングルデビューについてのイベントや企画に関する発表が続きました。

この辺のところまでは、メンバーはもちろん知っていたと思われます。

そして、最後にスタッフがキャプテンの佐々木久美さんに何やら紙を手渡します。
紙を渡された佐々木さん、書かれていることを読み上げてビックリ!

ここで佐々木さんが読み上げたのが、“けやき坂46(ひらがなけやき)”から“日向坂46”への改名というビッグニュースだったんです。

佐々木さんを含めて、メンバーの誰にも知らされていないサプライズ!

さすが、秋元さん。
かなり頭の良い演出ですね。

“日向坂46”への改名を初めて聞かされたメンバーは、当然めちゃくちゃ驚き、そして超歓喜します。
そんなメンバーのリアルな喜ぶ姿を見れば、ファンも間違いなく最高にヒートアップするはず。

その流れで、シングルデビューの各種イベントになだれ込めば大成功間違いなしですものね!
いや~、スゴイを通り越してコワイくらいの戦略家ですね、秋元さんは。

スポンサーリンク

【けやき坂46、改名発表時のメンバーの反応】


“日向坂46”への改名がサプライズ発表されたときは歓喜の嵐。
メンバー全員、絶叫!
齊藤さんは何回もジャンプして、仕舞いには小坂さんに身体を任せるほど。
佐々木久美さんと加藤さんは、抱き合って「めっちゃいい!」と泣いていました。

改名発表時のメンバーのコメントをご紹介します。

加藤さん「ずっと悩んでたよね。みんなで、しゃべってたんですよ。ずっと『ひらながけやき』のままでいいのかな、っていう。うれしくなって、頭が真っ白になった」
「漢字欅(欅坂)さんや、これまで応援してくださった皆さん、関係者の皆さんに感謝しています。
これからは日向坂46として全力で頑張るので、どうかこれからもよろしくお願いします」

齊藤さん「3年間やってきて、一番の夢だったんです! しかも、『日向坂46』って、ちょうかわいくない?」
「命かけて頑張ります」

佐々木久美さん「『ひらがなけやき』というのにも愛着があったので、寂しい気持ちもあるけど、『ヒ』を使った決めポーズも引き続き使えるように、スタッフさんたちがいろいろ考えてくださったんだと思うと、すごく愛を感じます」
「こんなに幸せなシングルデビューが待っているなんて。これまでかっこいい背中を見せてくださった漢字(欅坂46)さんの背中があるおかげなので、ひらがなけやきという名前がなくなるのは寂しい気持ちもあるんですけど、新しいグループとして走り出していくので、走り出す姿を一緒に見てほしいです」

みんな、超感激だったんでしょうね。

スポンサーリンク


【“日向坂46”のロゴの意味】

そんな“日向坂46”のロゴも発表されました。
アプリ配信が終わったあとにあった囲み取材でのこと。
メンバーが“日向坂46”のロゴを持って姿を現したんです。

そのロゴがこちらです。

水色には、「空高く跳べるように」という意味が込められているんだとか。

改名をした上でのデビューが夢だったという齊藤は、と明かした。
斎藤さんは、改名をしたうえでデビューすることが夢だったそうで、こんなコメントをしていました。
「ひらがなけやきという名前もすてきだと思うんですけど、絶対欅坂46さんとこんがらがっちゃうと思うんです。メンバーみんなでよく話していました

加藤さんは、

「尊敬する乃木坂46さんの美しさや清楚(せいそ)さ、大好きな欅坂46さんのパフォーマンス力やかっこよさをどちらも持つような、ハイブリッドグループになるのが夢です」

と挨拶。

こんな粋なはからいをされたら、メンバー全員、言われなくたって頑張っちゃいますよね。
みなさん、「ハッピーオーラ」で私たちファンを盛り上げていってくださいね!

スポンサーリンク