指原莉乃の昔の画像と現在を比較!もはや別人?

4月13日、HKT48の拠点、福岡で卒業公演『RESET』を開催した指原莉乃さん。
後は、4月28日の卒業コンサートと、5月28日の『指原莉乃大感謝祭』を残すばかりとなりましたね。

そんな指原さん、デビュー当時から随分と顔が変わったともっぱらの噂です。
整形疑惑は有名ですね。

今回は指原莉乃さんがデビューしたころの昔の画像から現在まで、年を追ってご紹介しちゃいます。
どんな変化を遂げているんでしょうか?



【2009年】

2007年に芸能プロダクションAKSに所属し、翌年チームBに正式加入、『大声ダイヤモンド』で初めて選抜メンバー入りした指原莉乃さん。

2009年には、『アイドルの夜明け』公演で、片山陽加さん、田名部生来さんと「チーム狩人。」というユニットを組み、「ドリアン指原」なんて名乗っていましたね。

この年の『AKB48 13thシングル 選抜総選挙』は27位でアンダーガールズ入りを果たしています。

その年、17歳の指原さんがコチラ ↓



【2010年】

『AKB48 17thシングル 選抜総選挙』では19位。
初の選抜入りしました。

この年、チームAへ異動しています。
その年の指原さん ↓



【2011年】

大島優子さん、北原里英さん、横山由依さんと新ユニット「Not yet」を結成した年です。
『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』では9位。

『笑っていいとも!』のレギュラーにもなりましたね。
その年の指原さん ↓



【2012年】

指原さんの主演ドラマ『ミューズの鏡』の主題歌『それでも好きだよ』でソロデビューし、オリコンデイリー1位を獲得した年です。
『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』では4位に入り、選抜メンバーに選ばれました。

また、過去に元ファンの男性と交際していたと週刊誌に報じられ、秋元康さんからHKT48に移籍するように命じられたのがこの年です。

このころからプロデュースも始め、『指原莉乃プロデュース 第一回ゆび祭り〜アイドル臨時総会〜』を日本武道館で開催しました。

さらに、2ndソロシングル「意気地なしマスカレード」を発売し、オリコン週間1位を獲得。

その年の指原さん ↓



【2013年】

HKT48劇場支配人を兼任し始めたのがこの年です。

『AKB48 32ndシングル 選抜総選挙』では、当時の最高獲得票数 150,570票で1位を獲得し、初のセンターポジションに!
松村香織さんのソロデビュー「マツムラブ!」のプロデュースもしています。

ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2013において「最も笑顔が輝いた著名人」にも選出されましたね。

その年の指原さん ↓



【2014年】

この年は、雑誌『VoCE』で「2013年もっともビューティな人」THE BEST BEAUTY OF THE YEARに選ばれました。

また、指原さんの主演映画『薔薇色のブー子』が公開され、内田裕也さんと主題歌「シェキナベイベー」でデュエットも披露しています。

この年の『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では2位でした。

その年の指原さん ↓



【2015年】

『AKB48 41stシングル 選抜総選挙』では最高獲得票数 194,049票で2年ぶりに1位に返り咲いています。

また、『HKT48全国ツアー 〜全国統一終わっとらんけん〜 ツアーファイナル』では総選挙の公約通り水着で公演に出ましたね。

その年の指原さん ↓



【2016年】

『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』で史上初となる2連覇を達成。
歴代最多の3回センターを獲得した年です。

また、AKB48グループメンバーでは初のソロディナーショーを開催しました。

その年の指原さんがこちら ↓



【2017年】

「=LOVE(イコールラブ)」のプロデュースをしました。

また、STU48の劇場支配人にも任命されています。

この年の『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』では史上初となる3連覇(通算4回目)を達成しました。

その年の指原さんがこちら ↓



【2018年】

「Someday Somewhere」をプロデュースすることが決定。

また、TOKYO DOME CITY HALLで自身初のソロコンサート『指原莉乃ソロコンサート〜アイドルとは何か?〜』を開催しました。
そのコンサートでグループからの卒業を発表しました。

その年の指原さんがこちら ↓



【2019年】

そして、今年の指原さんがコチラ ↓

この10年を振り返ってみましたが、随分と顔が変わっていますね。
ご本人は整形を否定していますから何とも言えませんが、ネットでは「もはや別人」との声も…。(関連記事【指原莉乃、目の手術でサイコー!パンパン?】

いずれにしても、これからはアイドルというよりタレントやプロデュースのお仕事が増えることが予想される指原さん。
活躍を期待しています。

指原莉乃、目の手術でサイコー!パンパン?

間もなくAKBを卒業する指原莉乃さんですが、指原さんの目の手術疑惑が話題になっていますね。

実は、指原さんは過去に『目を手術した』とはっきりと報告したこともありますし、逆に『していない』と否定したこともあります。
一体どうなっているんでしょうか?



【指原莉乃、目の手術をTwitterで報告!】

指原莉乃さん、過去に自身のTwitterで、はっきりと目の手術を受けたことを報告したことがあるんです。

それがコチラ。

はっきりと『神戸神奈川アイクリニック』という病院名も明かしていますね。

一方の病院側も、HPで2018年3月8日の新着情報として、
『指原莉乃さんがICLを受けたとニュースに掲載されました。』
『指原莉乃さんがICLについてツイートしてくださいました。』
と紹介しています。

あえて、お互い実名を出していることからなんらかの約束があったのかもしれませんが、まあ、それはそれとして、実際に目の手術をけたことは間違いなさそうです。



【指原莉乃が受けたICL手術とは?】


ところで、指原さんが受けたICL手術ってどんな手術なんでしょうか?

調べてみると、ICL手術といのは、視力矯正手術の一種だそうです。

眼の中にImplantable Collamer Lens(インプランタブルコンタクトレンズ)と呼ばれる小さなレンズを入れ近視や乱視を矯正するのだとか。

ICLは人体になじみやすく、人の眼の中に入れても永久的に使用できるため、『眼内永久コンタクトレンズ』なんて呼ばれているそうです。

TV番組で加藤浩次さんから手術後の異物感について聞かれた指原さん、こんな風に語っていました。
「サイコーって感じ。」
「コンタクトなしで歩けないくらいなんですけど、・・・視力が1.5になりました。」

手術時間も両目で10~20分程度で、レーシック手術と同じぐらい。
費用は乱視の有無によって違うそうですが、『神戸神奈川アイクリニック』では68万~78万だそうです。

レーシック手術の倍以上するんですが、レーシックのように数カ月後に視力が落ちてしまうこともなく、また、後日取り外すこともできるそうですよ。

ただ、どんな手術もそうですが、リスクが全くないということはないので、受ける前にしっかりと医師の方と相談することが必要なのは言うまでもありませんけどね。



【指原莉乃、有吉反省会で目がパンパン!】

このICL手術とは別に、指原さんの目についてTV番組で話題になったことがあるんです。

人気番組『有吉反省会SP』でのこと。

あまりに指原さんの瞼が腫れているため、司会の有吉さんから、
「指原さん、目 パンパン」
と突っ込まれたんです。

その時、指原さんは
「照明の相性、悪過ぎ!」
と答えていました。

でも、一人だけ照明の相性が悪いというのもねえ…。

ネットでは、指原さんの目がパンパンになっていることに対してこんな声が飛び交っています。

「成功の遺伝子ってテレビ見てたら指原めっちゃ二重幅違うやん???」
「指原莉乃さん今回整形したのって二重じゃなくて目頭なんじゃ…?」
「有村藍里ちゃんが整形公表してめっちゃ綺麗になったと同時にどう見ても変わってるのに頑なに整形認めない指原莉乃が叩かれて始めてるのウケる」
「指原.. 整形後の方がめちゃくちゃ好きだからそろそろ整形認めて欲しい。」

そこで、以前の写真と最近の写真を比べてみました。
こんな感じです。

やっぱり顔が変わっているようにも見えますね。

そのほか、指原さんには、鼻が高くなっているとか、顎がとがった、とか色々な噂が流れています。

ご本人が否定されているので、断定はできませんが、もし手術をしていたのなら、はっきりとそう公表しちゃった方が指原さんらしくて逆に好感度も上がるような気もしますが・・・。



指原莉乃、卒業公演で”忘れんじゃねーぞ!”【動画】

2018年12月のHKT48単独コンサートで、グループからの卒業を発表した指原莉乃さん。

4月28日に、横浜スタジアムで卒業コンサートが行われますが、それに先立って、一足早く福岡で卒業公演が行われました。



【指原莉乃、卒業公演で“泣いたんだけど!“】


4月13日、HKT48の拠点である福岡のパピヨン24 ガスホール。
最後となる演目はチームH「RESET』公演。

きっと「もう一度はじめからやり直そう!」というメッセージですね。

会場は、指原莉乃さんのイメージカラーである黄色のペンライトで埋め尽くされました。

“莉乃ちゃん”コールが響き渡る中、

「今日はいっぱい思い出作りたいと思います!」

と満面の笑顔でファンの声援に答えていました。

指原莉乃さんにとってはHKT最後のシングルとなる『意志』をアンコールで披露しました。

キャプテンの松岡菜摘さんが感謝の手紙を読み上げると、指原さん、泣いてしまいましたね。

でも、そこは指原さん、おどけて
「泣いたんだけど!」と会場を笑わせていました。

ファンにむけては、

「公演に出る回数は多くはなかったですけど、みなさんのおかげですごく楽しかったし、公演に出るのが好きでした」

とコメント。

メンバーには、

「ファンのみなさんが時間をとって見に来てくれているということを意識して、ステージに立ってください」

とメッセージを送っていました。

アンコールの最後の曲、『引っ越しました』のときには、ファンのみなさんが黄色のブーケとペンライトでアンコールを盛り上げます。

これには、指原さんやメンバーも涙を流していました。

そして、この日は異例ともいえるダブルアンコールもありました。

純白のドレスにつつまれた指原さんが、ソロで『私だってアイドル!』を歌い、次には全員で『ジワるDAYS』を披露しました。

最後、指原さん、こんなコメントをしています。

「すごく今清々しい。
卒業コンサートもあるし、大感謝祭もあるけど、すごく清々しくて次が楽しみ。
気持ちもいっぱい伝えられたので満足というか、感謝でいっぱいです。
今日はありがとうございました」

惜しみない拍手に包まれながら、キャプテンの松岡さんが大泣きしながら花束を手渡し、卒業公演の幕が閉じられました。



【指原莉乃、卒業公演の動画】

今後、4月28日には横浜スタジアムで卒業コンサートを行い、5月28日には福岡マリンメッセでイベント『指原莉乃大感謝祭』を開催する予定です。

これまでのメンバーが卒業するときは、「卒業コンサートの日程など、詳細は後日お知らせします」というケースが多かたんですが、指原さんの場合は、卒業公演→卒業コンサート→感謝祭と、割合はやく発表されましたね。

ということは、指原さんの卒業はかなり早い段階から決まっていたんではないでしょうか。

まあ、ファンとしては、その方が休みを取ったり、ホテルを予約したりと早めに準備出来るのでありがたいですけどね。



【指原莉乃、卒業の理由と今後】

今回の卒業の理由について、指原さん自身のブログでこんなことを語っています。

「自分のためにも、グループのためにも卒業したほうがいいという気持ちもずっとありました。
咲良と奈子が2年半韓国に行くタイミングで、これからのHKT48を考えた時に、この壁はきっと私がいてみんなで乗り越えるでは意味がないんだなあと感じました。」

2007年にAKBに加入して以来、10年以上もトップアイドルとして走り続け、総選挙でも3回も1位を獲得するほどの人気者になった指原さん。

今では、自分の冠番組を持ち、その上、HKT48劇場支配人や、アイドルグループ『=LOVE』のプロデューサーも務めるなど多方面にわたり活躍のフィールドを広げていますから、先々を考え、「そろそろ次のステージへ」と思うのはもっともです。

また、HKTにとっても、いつまでも指原さんがいると次の成長の妨げになると考えたようですね。

これまで卒業時期について質問されても、指原さんは
『まだ全然考えていない』
と答えていました。

しかし、実際はずっと悩んでいたようで、
『突然思いついたわけではなく、数年前から考えていた』
と明かしています。

ここ何年か総選挙に参加しなかったのもその表れなんでしょうね。

さて、これまでに卒業したメンバーはそれぞれ色々な方面で活躍していますね。

前田敦子さんや大島優子さん、川栄李奈さんなどは女優、
高橋みなみさんはバラエティ、
小嶋陽菜さんはモデル、
板野友美さんはアーティストですね。

指原さんの場合はどうなんでしょう?

これまで単独での活動が多かったのであまり変わらないように思えます。
ただ、年齢を考えるとタレントとしての仕事を増やしつつ、プロデュースの仕事を続けていくんではないでしょうか。