小泉今日子の歌“木枯らしに抱かれて”がポカリのCMに!

【小泉今日子の“木枯らしに抱かれて”がポカリのCMに】

最近、小泉今日子さんの有名な歌“木枯らしに抱かれて”が話題になっていますね。
2019年1月から流れているポカリスエットのCMで使われている歌です。

ご存じのように、ポカリは吉田羊さんと鈴木梨央さんが季節に合わせたCMをやっていますが、今回は、鈴木梨央さんがギターの弾き語りを見せています。

あの『切ない片想い~♪』という歌が、小泉今日子さんの“木枯らしに抱かれて”ですね。

今回は、“木枯らしに抱かれて”についてご紹介します。

スポンサーリンク


【“木枯らしに抱かれて”の作詞・作曲は高見沢俊彦!】

1986年11月にリリースされたこの曲、作詞・作曲は何とあのTHE ALFEE の高見沢俊彦さん。
小泉今日子さんにとっては20枚目のシングルになります。

今から30年以上も前の曲なんですが、古さを感じさせない名曲ですね。
40~60代の方には懐かしいのではないでしょうか。

“木枯らしの中で”は、小泉今日子さんの2作目の主演映画『ボクの女に手を出すな』の主題歌にもなって、
小泉さんはこの歌で1987年の『NHK紅白歌合戦』にも出場したんです。

THE ALFEE自身も1987年にセルフカバー。
その時のタイトルは“木枯しに抱かれて…”となっていて、歌詞も変更されて大幅なアレンジが加えられていたんですよ。

他にも、Roxanne(1995年)、Springs(2003年)、片瀬那奈さん(2004年)、音速ライン(2007年)、平野綾(泉こなた)さん(2007年)、大山百合香さん(2007年)、岡野昭仁さんなんかもカバーしています。

スポンサーリンク

【“木枯らしに抱かれて”の歌詞とコード】

ポカリスエットのCMでは歌の一部しか流れていないので、ここで歌詞をすべてご紹介しますね。
鈴木梨央さんのギターも気になる方もいらっしゃると思うので、コード付きでどうぞ。

Dm Am B♭ Am B♭    Am F  A7
出逢 いは 風の 中 恋に 落ちた あの 日から

 Dm  Am B♭ Am  Gm7   C  Dm
気づかぬ うち に心 は あな たを求 めて た

 F    C  Dm Am  B♭  C  F
泣か ない で 恋心 よ 願 いが 叶う なら

  C  Dm Am   B♭  C   F
涙の河 を越え て すべ てを 忘れた い

Dm  Am B♭  F    G   Am Dm
 せつ ない 片想 い あなたは気づ かな い

B♭ F C

B♭ F C Dm

あなたの背中見つめ 愛の言葉ささやけば
届かぬ想いが 胸を突きぬけていくだけ
哀しい程の星空に 天使の声がする
あきらめきれぬ恋でも 夢は見ていたいのよ
せつない片想い あなたは気づなかい

D G D A

D G D A

B♭maj7  Am7    Gm7   Am7
 恋人たち  はいつか  心傷つ  くたび

B♭maj7 Am7    Gm7  A7sus4 A7
 愛する意味 を知る 涙…やさしく

B♭  C  Am7 Dm Gm7  A7sus4 A7
その手 に 確か な 夢を かん で

 Em  Bm  C    G  Am   D  G  B7
白 い季 節の 風に吹か れ 寒い冬が やっ て来 る

 Em    Bm C  G   Am   B7
激 しく燃え る恋 の炎 は 誰にも消せ ないの

Em  Bm  C   G    Am  B7
 せつ ない 片想 い あなたは気づ かな い

Em  Bm  C   G    Am  B7  Em
 せつ ない 片想 い あなたは気づ かな い

G A D Em

G♭m7 B Em B Em

G A D Em

G♭m7 B Em

どうでしょうか?いい曲ですねぇ~。
コードも難しくないのでギターをやる方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク


小泉今日子の歌「優しい雨」を主題歌にしたドラマは何だっけ?

【小泉今日子が歌った“優しい雨”】

小泉今日子さんと言えば、最近では歌手というより「あまちゃん」など女優としての活躍が目立ち、最近では企画会社「明後日」を立ち上げて、プロデューサー業に専念すると発表し、その多才ぶりがちょっとした話題になっていますね。

小泉さん、ちょくちょく作詞なんかもしていたのですが、自分が作詞した曲の中でも有名なのが「優しい雨」。

「優しい雨」は、1993年、小泉さん主演のTBS系ドラマ「愛するということ」の主題歌で、オリコンチャートは2位、売上枚数は95万枚を突破、累計出荷枚数143万枚という大ヒットとなりました。

「優しい雨」を作曲したのはシンガーソングライターの鈴木祥子さん。
鈴木祥子さん自身、シングル「ラジオのように」のカップリング曲としてセルフカバーし、アルバム『Radio Genic』にも収録しています。

いい曲ですから、是非、聴いてみてください。(動画 ↓ は鈴木祥子さんバージョンです。)

その後、この曲は多くのアーチストにもカバーされ、2007年には杏里さん・伴都美子さん・河口恭吾さんが、2010年には、広瀬香美さん・今井ゆうぞうさんが取り上げています。

アイドルが作詞した曲としては、すごいことですね。

ちなみにこの2年前、1991年に小泉さんは自身が歌った「あなたに会えてよかった」の作詞も手掛け、レコード大賞の作詞賞を受賞していますから、作詞の力は本物です。

スポンサーリンク


【“優しい雨”を主題歌にしたドラマ“愛するということ”】

では、小泉今日子さんの「優しい雨」を主題歌にしたTBS系ドラマ「愛するということ」についてご紹介しますね。

1993年の1月8日から3月19日まで、毎週金曜の21時に放送された恋愛ドラマです。
主演の小泉今日子さんの他、緒形直人さん、高島礼子さん、橋爪功さん、伊藤かずえさん、島崎和歌子さんなんかが出演していました。

ストーリーはこんな感じです。

小泉今日子さん演じる「月村智美」は、父子家庭で育ち、現在は製薬会社でOLとして働いています。

一方、緒形直人さん演じる「森山良介」は、「智美」と同じビルに入っている三流商社に勤めるサラリーマン。
平凡でおとなしいですが、恋愛の経験もある男性です。

そんな「良介」は甲府に住む両親から、早く結婚するように催促されうんざりしています。
ある日、昼休みに弁当を買いに行った「良介」は、偶然「智美」に出会い一目ぼれ。
彼女が同じビル働くOLだということを知り、そこから「良介」のアタックが始まります。

ところが、「智美」にはすでに婚約者がいたのです。

それでも「良介」はめげません。
更に大胆な行動に出るようになります。

いつしか「智美」もそんな「良介」のことが気になるように…。
動揺する「智美」。

自分の気持ちを受け入れてもらえない「良介」は、「一度でいいからデートしてほしい、そうしたらこれ以上智美にアプローチをしない」と約束。
迷った「智美」だが、結局約束の新宿駅に向かっいます。

行き先を尋ねる「智美」。
「甲府へ行く」と「良介」。

甲府は「良介」の両親が住む街です。

特急に乗るのをためらう「智美」だが、出発寸前に電車に飛び乗ってしまいます。
感情と理性が葛藤するなかで、二人の人生が大きく動き…。

「いかにもこの時代のドラマ」といった展開ですね。
まだビデオやDVD化されていませんので、なかなか見る機会はなさそうです。

残念…。


スポンサーリンク

小泉今日子の年齢詐称疑惑を切る!

【小泉今日子の年齢詐称疑惑がたびたび話題に!】

小泉今日子さんといえば、最近では事務所独立とともに、俳優、豊原功補さんとの熱愛で世間をにぎわせましたが、これまでたびたび「年齢を詐称しているのではないか?」という疑惑がネット上で話題になりますね。。

例えば、2008年の『ぴったんこカンカン』(TBS系)出演したとき。
「肌がくすんでいる」「老けた」などと騒がれ、ネット上では額やほうれい線のシワや、頬のデコボコにフォーカスした画像が飛び交いました。

その時の画像が上記の写真。

また、2014年にコーセーのファンデーション「エルシア」のCMに出演した時もそうです。

CMで堂々と、「小泉今日子、48歳!」と自身の年齢を公言したうえで、「年齢は隠しませんが、正直シミやくすみは隠したい」と、同世代の女性の悩みを代弁。
軽やかなボブカットにピンクのミニワンピースといった若々しい姿で登場していました。

あまりの若々しさに「まるで別人のように若返った」と驚かれ、ネットでは「修正してる?」、「ヒアルロン酸かなんか、シワを伸ばす注射をした?」とまで噂されたんです。

その時の映像がコチラ

2013年に大ヒットしたNHKの朝ドラ『あまちゃん』では、主人公の母親を演じていましたが、そのときよりCMの方がほっそりしてましたね。

そんなことからでしょうか、若い人を中心に「小泉今日子は年齢をサバ読みしているのでは?」という疑惑が定期的に沸き起こります。

スポンサーリンク

【小泉今日子は年齢詐称どころか反アンチエイジング!】

ですが、小泉今日子さん、これまで一度も年齢を偽ったことはありません。

そもそも、1982年、アイドルとしてデビューしたときの曲が「私の16歳」。
ということは、1966年生まれになりますね。

そこから計算すると、コーセーのCMで年齢を公言した2014年は、ピッタリ48歳。
今年は52歳で、豊原功補さん関連の記事で書かれている本人の年齢とも矛盾しません。

ですから、昔から小泉今日子さんを知っている人は何も感じませんが、最近になって初めて知った若い人は「その年齢でその容姿?」と良い意味でも悪い意味でも疑問を持つのかもしれませんね。

実は小泉さん、年齢詐称するどころか、逆に反アンチエイジングで有名なんです。

2016年「GLOW」(宝島社)9月号で、社会学者の上野千鶴子さんと対談したときのこと。
こんなやりとりをしています。

上野「アンチエイジングって言葉が大嫌いなんです」
小泉「私もです」
小泉「ずっとアイドルの仕事をしてきて、30代の半ばくらいから『かわいい』って言われる中に、『若い!』という声が入ってくるようになって。
これ違くない?
喜んじゃいけないんじゃない?って。
……これ(美魔女現象)には抵抗しなきゃと。
私は『中年の星』でいいんじゃないかと思ってます」

これには、やたら若さがもてはやされる今のご時世に違和感を感じている同年代の女性たちから拍手が沸き起こりました。

実際、小泉さんは喫煙習慣がありますが、その写真も隠し立てしていません。

なんか「男前さ」すら感じるのは私だけでしょうか?

スポンサーリンク


【小泉今日子プロフィール】

  • 本名:小泉今日子
  • 生年月日:1966年2月4日
  • 出身地:神奈川県厚木市
  • 学歴:神奈川県立津久井高等学校中退
  • 身長:153cm
  • 職業:女優、歌手、随筆家
  • 事務所:明後日/株式会社ミツヤエージェンシー
  • 1981年、日テレ系オーディション番組『スター誕生!』で合格、バーニングプロダクション、ビクター音楽産業と契約。
  • 1982年3月21日にシングル「私の16才」でデビュー。
  • 1983年、「まっ赤な女の子」でブレイク、月曜ドラマランド『あんみつ姫』で主演に抜擢。
  • 1984年、「渚のはいから人魚」で初のオリコン週間チャート1位。33万枚を越える大ヒット。この年、第35回NHK紅白歌合戦に初出場。
  • 1985年、主演ドラマ『少女に何が起こったか』が毎回20%以上越える高視聴率を獲得。
  • 同年11月リリースの「なんてったってアイドル」がオリコンチャート1位、約30万枚のヒット。秋元康作詞の「私はアイドル」というフレーズが話題になり新時代のアイドル像がうまれる。
  • 1989年リリースの『KOIZUMI IN THE HOUSE』でハウスミュージックを取り入れるとともに、楽曲・衣装などについて「セルフプロデュース」。
  • 1989年、ドラマ『愛しあってるかい!』が平均視聴率22.6%、最高視聴率26.6%を越えるヒット。
  • 1991年、主演ドラマ『パパとなっちゃん』の主題歌で、自身が作詞した「あなたに会えてよかった」が累計出荷枚数158万枚のミリオンセラーを記録。第33回日本レコード大賞の作詞賞とゴールドディスク賞を受賞。
  • 1993年、主演ドラマ『愛するということ』の主題歌「優しい雨」がオリコン2位を獲得。累計出荷枚数143万枚の大ヒット。
  • 1995年、俳優・永瀬正敏と結婚。
  • 2004年、俳優・永瀬正敏と離婚。
  • 2005年、読売新聞の読書委員に就任。日曜読書面で書評を執筆。
  • 同年、テレビ朝日系列で放送されていたテレビアニメ『あたしンち』のオープニングテーマ曲「あたしンちの唄」を歌う。
  • 2006年、映画『さくらん』で離婚後、永瀬正敏と初共演。
  • 2008年、映画『グーグーだって猫である』で主演。
  • 2011年、映画『毎日かあさん』で永瀬正敏と夫婦役で共演。
  • 2013年、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』に出演。劇中歌「潮騒のメモリー」もヒット。
  • 2016年、「明後日」を立ち上げ、舞台『日の本一の大悪党』で初めて演出とプロデュースを行う。
  • 2017年、TBS系連続ドラマ『監獄のお姫さま』で主演。
  • 2018年1月31日、バーニングプロダクションから独立。
  • 同年6月15日、女優休業宣言。プロデューサー業に力を入れることを発表。

スポンサーリンク

小泉今日子、次の結婚相手は豊原功補?!

【小泉今日子は豊原功補と結婚?!】

かねてから熱愛疑惑があった小泉今日子さんと豊原功補さん。
2018年2月1日、小泉今日子さんは所属していたバーニングプロダクションから独立した報告とともに豊原功補さんとの交際についても認めましたね。

一方、豊原功補さんの方も自身のホームページで恋愛関係を認めています。

今後二人の結婚はあるんでしょうか?
これまでの出来事を時間を追って見ていきます。

スポンサーリンク

【小泉今日子の過去:結婚そして離婚】

小泉今日子さんは、1982年3月21日、シングル「私の16才」でアイドル歌手としてデビュー。
それ以来、「きょんきょん」の愛称で80年代を代表するトップアイドルでした。

同じ年にデビューした、堀ちえみさん、三田寛子さん、石川秀美さん、松本伊代さん、早見優さん、中森明菜さん、シブがき隊らとともに「花の82年組」何て呼ばれていたんですよ。

そして、1995年、当時人気だった俳優、永瀬正敏さんと結婚。
ふたりとも29歳のときです。

しかし、その9年後、2004年に永瀬さんと離婚してしまいます。
その離婚理由は「お互いの多忙なスケジュールによるすれ違い」。

芸能人夫婦の離婚のひな型のような理由ですね。

ちなみに二人の間には子どもはおらず、それが離婚の遠因になっているという噂もありました。

ところが、離婚から7年後の2011年に公開された映画「毎日かあさん」となんと夫婦役で共演。
そこから、周囲も円満離婚だったと理解したそうです。

それにしても、離婚した元夫と夫婦役を演じるってどんな気持ちなんでしょうね。

その後、熱愛報道が報じられたお相手は、ジャニーズの亀梨和也さん。

2006年にフライデーされ、「同棲中?」とか「年の差婚?」なんてうわさされました。
小泉さん40歳、亀梨さん20歳のときのことです。

そんな亀梨さんとも約2年で破局。

そして、つぎの熱愛報道のお相手が、豊原功補さんだったのです。

スポンサーリンク


【小泉今日子と豊原功補のコメント全文】

小泉今日子さんと豊原功補さんとの熱愛報道が出たのはには2015年。
当時、小泉今日子さんは、所属事務所「バーニングプロダクション」から独立するために、現在の個人事務所「明後日(あさって)」を設立しました。

その独立のため助力してくれていたのが豊原功補さん。

ところが、そのタイミングで豊原功補さんとの熱愛がスクープされてしまったんです。

報道当時、小泉さんは記者に、
「お友達の会社と豊原さんの個人事務所と場所をシェアしているだけ」
と答えています。

小泉さんが所属していた「バーニングプロダクション」も
「交際していたら同じ場所に事務所を構えませんよ」
とコメント。

本人も事務所ともに熱愛を否定しましたが、一時、独立を見合わせることになってしまいます。
小泉さん、残念だったでしょうね。

その2年後の2017年、またもや週刊誌がふたりの熱愛ぶりをすっぱ抜きます。

小泉今日子さんと豊原功補さんが、変装もせず二人で堂々と喫茶店から自宅へ向かう姿を写真入りで報じました。
こうなると、二人とも隠す気がなさそうにも見えますね。

そして、2018年2月1日、小泉さんは自身のホームページで事務所からの独立とともに豊原功補さんとの交際について発表したんです。
そのコメントがこちら。

小泉今日子からのご報告

私、小泉今日子は2018年1月31日をもちまして永年お世話になりました株式会社バーニングプロダクションから独立することになりましたことをご報告致します。
バーニングプロダクションにはデビューから36年もの間、育て守って頂いたことに返しきれないほどの恩を感じておりますが、50代になり残りの人生を意識した時にこのままでいいのかという疑問が心に生じました。

より成熟したエンターテイメントの世界を見てみたい。
そのために自分が出来ることは何か。
マネージメントとアーティストとの関係性も含めて模索して行きたいと思っています。

2015年に立ち上げた株式会社明後日は新しい夢のために設立した制作会社です。
設立当初から力をお貸し頂いている俳優豊原功補氏は同じ夢を追う同士だと思っております。
また一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります。

ですが事実ではない記事も多く、豊原氏の関係者の皆様にはご迷惑お掛けしております。
豊原氏にはご家庭があります。
最初に写真誌に記事が掲載された時、私はご家族に迷惑を掛けないように守って欲しいという旨をスタッフに伝えました。
その結果、事は思わぬ方向に動いてしまったまま数年の時を過ごしてしまいました。

インターネットや雑誌などには既に離婚されているという誤った情報が流布されており、そのためにご家族の存在自体が伏せられたような形で報じられ続けてしまいました。
この一連の報道に対して豊原氏からの発言の機会を奪ってしまったのも私の行動に一因があったのかもしれません。

このようなことになりご家族にはお詫びの言葉もございません。
そして今まで自らが発言しなかったことには後悔の念しかありません。

事務所から独立した今、一個人として全てをこの身で受け止める覚悟でございます。
私事では御座いますが、人間としてのけじめとしてご報告させて頂きます。

2018年2月1日 小泉今日子

(改行は管理人による)

一方、お相手の豊原功補さんも自身の公式ホームページでこのようにコメントしています。

本日、小泉今日子さんから独立のご報告と共に記されている件について、私からも述べたいと思います。

私と小泉さんとの関係性はご本人からの報告にあるように、互いに志を共にするパートナーシップであり、恋愛感情も伴っております。
そして私が既婚者であるということも事実です。

しかし一部週刊誌やネット上で伝えられてきた内容には実際と異なる部分もあり、中には私が既に離婚しているかのように書かれたものもありますが、それは事実ではありません。

私には家族、妻子があります。
このことで双方関係者の皆様にはご心配ご迷惑をおかけしておりますこと大変申し訳なく思っております。

また私自身、家族に対し様々な厳しい思いを強いていることへの自責の念は尽きませんが、それをどのような言葉を持ってここに記すのも相応しいとは思えません。
自分自身と家族の問題としてこれからを考えていきたいと思っております。
責任は私にあります。

これまでの間、虚実ないまぜの記事や、直接の取材要請も他メディアでの報道もなかったことに違和感を覚えつつもこれを黙認し、口を閉ざしていた自分の数年を反省しております。
おこがましくも、半ば私的なことを述べさせていただくことになりましたが、私の心で置き捨てにしてはならないと思うところ、また俳優業の端くれとしての自己と、この先の純然たる創作世界を見つめる上でも、私における事実として発することにさせていただきました。
つきましては、今後全て私の一身で受ける所存でありますことご了承いただきたく存じます。

尚、家族とは三年近く以前より住まいを別にしており、家族はこの仕事とは携わりのない明らかな私人であり、一般的な環境の中で日々の暮らしを過ごしております。
大変恐縮ですが、家族及び親類などへの取材、詮索等は一切ご遠慮下さいますよう、ご配慮、ご理解のほど切にお願い申し上げます。」

豊原功補

(改行は管理人による)

お二人とも互いの恋愛関係について、はっきりと認めていらっしゃいますね。
堂々としたものです。

小泉さんは豊原さんのご家族へ謝罪したうえで、「一個人として全てをこの身で受け止める覚悟」と潔さを感じます。

豊原さんも、関係者への謝罪とご家族への自責の念、配慮を願うと共に、「全て私の一身で受ける所存」とやはり覚悟を決めているようです。

スポンサーリンク

【小泉今日子と豊原功補、結婚はあるか?】

この発表の翌日、2018年2月2日のこと。
小泉今日子さん主演の舞台「毒おんな」の稽古が都内で行われていたそうです。

あの恋愛宣言をした翌日ですから、当然、たくさんの報道陣が小泉さんを待ち構えています。

報道陣から
「豊原さんと結婚されるのですか?」
「なぜ公表したんですか?」
と質問の嵐。

稽古場に向かう階段の途中で立ち止った小泉さん。
報道陣に向かって一礼すると、しっかりした口調でこう言ったそうです。

「(発表した)文章をキチンとお読みください。
結婚するとかそういうことではありません。
今の事実をお伝えしたく、自分の思いを書かせていただきました。」

続けて、
「自分の罪は自分で背負って生きていきたく思います。」
「お騒がせしてすみません。」
と報道陣に再び一礼した後、稽古場へはいっていったそうです。

ホームページで発表しただけあって、すでに肝が座っている感じがします。

そういえば昔、小泉さん、
「どうせこの世はやったもん勝ちよ~♪」
なんて歌っていましたね。

そんなフレーズが思わずアタマのなかをリフレインしました。


スポンサーリンク

小泉今日子主演ドラマ、ピアノ少女役で視聴率20%!

【小泉今日子の主演ドラマ視聴率、驚異の20%超!】

かつて、「キョンキョン」の愛称で親しまれた小泉今日子さん。
アイドルの代名詞的存在でしたが、若い人の間では、TBSドラマ「監獄のお姫さま」やNHKの朝ドラ「あまちゃん」など女優としておなじみかもしれません。

そんな小泉今日子さんが主演した代表的ドラマをご存じですか?
1985年、TBS系で放送されたドラマ、「少女に何が起こったか」です。
2018年10月14日から5日連続で一挙に再放送されましたので、そちらをご覧になった方もいらっしゃるかも知れません。

当時、TBSはかなり気合を入れたようで、このドラマ、共演の俳優陣もすごいんです。
辰巳琢郎さん、風間杜夫さん、賀来千香子さん、柳沢慎吾さん、岸田今日子さん、長門裕之さん、石立鉄男さん、宇津井健さんなど、今では考えられない豪華キャスト。

当時の小泉今日子さんの人気を背景に、これだけのメンバーがそろっていれば話題にならないわけがありません。

視聴率は、毎回20%を超えていました!!
なんと5人に一人の日本人が見ていた計算です。

ちなみに、2018年秋のドラマで最も平均視聴率が高かったのは、テレビ朝日系列の「相棒 season17」。
その平均視聴率は、17.5%。です。

これをはるかに超える視聴率を、しかも毎回記録していたとは!
信じられない人気ですね。

スポンサーリンク


【小泉今日子のピアノドラマ「少女に何が起こったか」ネタバレ】

では、「少女に何が起こったか」のストーリをご紹介しますね。

小泉今日子さんが演じる雪は、北海道の高校を卒業。
地元で働いています。

ある日、自分の出生の秘密を聞かされ、上京することに。
東京での生活は、かつて母親が使用人をしてたセレブな東家。

音楽大学学長の東雪雄は、雪の父、天才ピアニスト東雪彦の父親。
つまり、雪にとっては「祖父」にあたります。

かつて、祖父:雪雄は、父:雪彦と雪の母との結婚に反対。
父:雪彦を勘当してしまいます。

そんな祖父に対して、「両親に謝罪し結婚を認めること」と「自分を東家の人間と認めること」を求める雪。

東家で使用人として働きながら、東音楽大学に特待生として入学しピアニストを目指しますが、周りは敵ばかり。
雪に意地悪をしたり、邪魔をしたり・・・。
雪はまさしくシンデレラ状態。

はたして、雪のピアニストになる夢はかなえられるのか?
そして、父と母は、はれて結婚を認めてもらえるのか?

スポンサーリンク

【ドラマがヒットしたのは「時代」?】

大映テレビが制作した、今から見れば非常に「ベタ」なこのドラマ。
当時は、その「ベタ」が受けたんですね。

最後に訪れる大逆転劇にみんなスカッとしていたんです。

そして、1985年と言えば、まさにバブル直前。
マル「金」とマル「ビ」(お金持ちと貧乏人)が流行語になり、お金持ちと一般家庭の違いに関心が集まった時代でもありました。

そんな時代背景もあって、あれだけの大ヒットになったんではないかと思います。

ちなみに、ドラマの中で小泉今日子さん演じる雪は、毎晩「薄汚ねぇシンデレラ!」となじられます。(・・・まさにベタ)
この「薄汚ねぇシンデレラ!」のセリフが当時ちょっとした流行語になっていました。

最近、「あまちゃん」でも主人公のアキが「あの薄汚ねぇシンデレラの娘」と言われて話題になりましたよね。

そのアキのお母さん役は、言わずと知れた小泉今日子さん。
そんなところからも「少女に何が起こったか」がいかに人気があったかが偲ばれます。