新木優子のモトカレマニア、可愛いチアダン画像!土屋太鳳とのダンス動画も!

2019年10月から始まったドラマ『モトマレマニア』(フジテレビ系)で主演を務める新木優子さん。

番組のPRも兼ねてインスタに上げたチアダン姿がカワイイ!とSNSで話題になっていますね。

チアダンと言えば、新木優子さんは、かつて土屋太鳳さん主演のドラマ『チア☆ダン』(TBS系 2018年7月期放送)にも土屋さんの姉役で出演していましたね。

そのときにTik Tokで披露した姉妹ダンス動画も、ものすごく可愛いんですよ。

<スポンサーリンク>

【新木優子の初主演ドラマ“モトカレマニア”】

2019年10月17日から毎週木曜の夜10時から始まったドラマ『モトカレマニア』

雑誌『Kiss』(講談社)2017年9月号から連載中の瀧波ユカリさんの漫画を原作にしたドラマですね。

意外なことに、新木さんにとっては連続ドラマ初主演の作品なんです。(高良健吾さんとのダブル主演)

原作漫画でおなじみの「脳内会議」のシーンでは、いろいろなコスチュームに扮した新木さんや高良さんが登場するんです。

その「脳内会議」をスマホで見られる”スマホAR企画”の告知で披露したのが今回のチアダン姿。

それが「めっちゃカワイイ~!」と評判なんです。

その画像がコチラ。

すごくスタイルいいですよね。

<スポンサーリンク>

【土屋太鳳との姉妹ダンスも可愛かった!】

チアダンと言えば、2018年7月から放送された『チア☆ダン』(TBS系)にも出演していましたね。

女子高校生たちがチアダンで全米制覇した実話をもとにした同名の映画(主演:広瀬すずさん)の9年後を描いたドラマでした。

ドラマで主人公「藤谷わかば」を演じていたのは土屋太鳳さん。新木さんは、土屋さんの姉「あおい」を演ていました。

その時に二人は、動画で姉妹ダンスを披露したんですが、これが「可愛すぎる!」と当時話題になったんですよ。

足立佳奈さんの「私今あなたに恋をしています」に合わせてシンクロして踊る姉妹をご覧ください。

本物の美人姉妹のようで可愛くないですか?

【モトカレマニアの見逃した方へ】

新木さん主演のドラマ『モトカレマニア』を見逃してしまったという方は、フジテレビ系の動画配信サービスで無料視聴することができます。(期間限定)

リンクを貼っておきます(↓)ので気になる方はどうぞ。


土屋太鳳と横浜流星は付き合ってるの?“たおりゅう”ってナニ?

横浜流星さんと土屋太鳳さんと言えば、ドラマやCMに引っ張りだこの人気者。

ネットで検索すると、「付き合ってる」というキーワードがひっかかってきますが、もしそうだとするとこれは大ニュース。

真相はどうなんでしょうか?

<スポンサーリンク>

【土屋太鳳と横浜流星がインスタでイチャイチャ】

何やらインスタで土屋太鳳さんと横浜流星さんがイチャイチャぶりを披露し、それが話題になっています。

アカウントは、太鳳さんと流星さんの名前を合わせた“たおりゅう”。

早速画像を見てみると…

 

この投稿をInstagramで見る

 

たおりゅうさん(@taoryu_recipist)がシェアした投稿

お二人のファンにとっては穏やかではないですね。

<スポンサーリンク>

【土屋太鳳と横浜流星が同棲ってありえる?】

実はこれ、資生堂の企画なんです。

スキンケアの「recipist(レシピスト)」の公式アンバサダーとして同棲カップルを演じている土屋太鳳さんと横浜流星さん。

太鳳さんは24歳の幼稚園の先生で、流星さんは22歳 のお花屋さんという設定になっています。

“たおりゅう”というインスタのアカウントを作って仮想同棲カップルを演じているんですよ。

結構リアルで、例えばこんな投稿があります。

「休日はだいたい2人でおでかけしてます◎
りゅうくんがさりげなく手を繋いでくれる瞬間が好き*
(たお)」

「この前たおちゃんが作ってくれた、たおムライス。ごちそうさまでした。
(りゅう) 」

この企画の立ち上げにあたって行われたイベントではこんな一幕もあったんですよ。

二人が同棲している架空の部屋のセットがされて、彼女役の太鳳さんが「りゅうく~ん!」と流星さんを部屋に呼びます。

すると流星さんが照れながら登場。

流星さん、はにかみながらこんなコメントをしていました。

「彼氏役ということで照れてしまうことも多いのですが、これから2人で頑張っていきたいと思います」

一方の太鳳さんは、流星さんについて…

「会う前はクールで、端正な方というイメージでしたが、会ってみるとハツラツで明るい方。ツッコミが上手な方なのかなと思っていたんですけど、素敵にボケる方でした」

なんて語っていました。

今をときめくお二人が堂々とツーショットをインスタに上げているんですから、プライベートなわけはないですよね。

ただ、

「昨日のお昼寝りゅうくん
いつも朝早くに出勤してるから、
お休みの日はたくさん寝て欲しい!と思いつつ、
ついついちょっかいを出しちゃいます
りゅうくん寝顔綺麗だなぁ〜・
(たお)」

なんて書かれてこんな写真を載せられちゃうと、ウソとわかっていてもファンにとっては複雑かもしれませんね。

<スポンサーリンク>

山崎賢人と土屋太鳳がまたドラマで共演!作品は“今際の国のアリス”!

その美形と演技力で今大人気の山崎賢人さんと土屋太鳳さん。

ドラマ『今際の国のアリス』(いまわのくにのアリス)でまた共演することになりましたね。。

山崎賢人さんと土屋太鳳さんの共演は今回で4回目。

これまで、交際の噂が流れている二人なんですが、本人たちはどんな思いで共演するんでしょうか?

<スポンサーリンク>

【山崎賢人と土屋太鳳が共演する“今際の国のアリス”とは?】

次に山崎賢人さんと土屋太鳳さんがW主演で共演するドラマは、『今際の国のアリス』。

『週刊少年サンデーS』、『週刊少年サンデー』、そして『月刊サンデーGX』(いずれも小学館)で2010年12月から018年3月まで連載されていた麻生羽呂さんの人気漫画です。2013年にはアニメ化もされたんですよ。

そんな漫画『今際の国のアリス』の実写版が、2020年1月、Netflixのオリジナルシリーズとして作品化されます。

物語は、廃墟と化した渋谷を舞台に、生き残りを賭けた“げぇむ”に挑むというSFサバイバルです。

(画像をクリックするとAmazonに飛びます。)

山崎賢人さんが演じるのは、主人公の“有栖良平(通称アリス)”。
家庭にも居場所がない落ちこぼれの高校3年生です。

アリスは、「今際の国」に迷い込み、命がけの“げぇむ”を乗り越える中で挫折と再起を繰り返します。

一度は“げぇむ”を離脱し、ウサギと共に穏やかな日々を過ごしますが、再び“げぇむ”に復活し勝利。

「今際の国」の永住権を拒否して現実世界に戻りますが、「今際の国」での記憶はほとんどなくなっています。

その後、現実世界でもウサギと出会ったアリス。

おぼろげながら、互いに恋人であったことを感じています…。

一方、土屋太鳳さんが演じるのはヒロイン“宇佐木柚葉(うさぎ ゆずは・通称ウサギ)”
驚異の身体能力を持つクライマーの女子高生です。

「今際の国」で一人生活していましたが、「居場所がなくても、仲間を失っても生きたい」と叫んだアリスと共に生きる決意をします。

やがてアリスと恋愛関係になったウサギ。
愛情不足から来るコンプレックスを持つアリスの心の隙間を自分が埋めることを決意します。

その後アリスと共に現実世界に戻りますが、やはり「今際の国」の表層的な記憶は失われていました。

しかし、最終“げぇむ”でアリスのために負った怪我は現実にも反映されていて…。

やはり、山崎賢人さんと土屋太鳳さん、今回も恋人同士という設定なんですね。

<スポンサーリンク>

【山崎賢人と土屋太鳳「共演が嬉しい!感無量!」】

山崎賢人さんと土屋太鳳さんが共演するのはこれで4回目になります。多いですね~。

初めての共演は、2012年のドラマ『黒の女教師』(TBS)。
2回目は、2015年のNHK連続テレビ小説『まれ』。
そして3回目は、同なじく2015年の映画『orange -オレンジ-』。

『まれ』で見せた濃厚なキスシーンがきっかけになって二人が交際しているという報道が出たんですよ。

4回目になる今回の共演にお二人はどう思っているんでしょうか?

ふたりのコメントをご紹介します。

山崎賢人さんコメント

「世界レベルの大規模な日本のコンテンツを作ろうという企画にとても惹かれ、しかも佐藤監督とまたこうして大きな作品に挑戦できるということで出演を決意しました。
この作品は精神的にも体力的にもとても苦しい撮影になると思いますが、共に大変な時期を乗り越えてきた土屋太鳳ちゃんと今、また一緒に頑張れることを嬉しく思っています。」

(コミックナタリーより)

ん~、さらっと『嬉しく思っています』と語っていますね。

土屋太鳳さんコメント

「感無量です。私が20代のスタートダッシュに賭けた頃を知るお二人(佐藤監督と山崎賢人さん)であり、新たな役での再会は目標の一つでした。未熟な私が女優として存在することは“げぇむ”で存在し続ける難しさに近いものがあります。私はこの四年ただ無我夢中で、自分が何をしてきたのかを把握出来ていません。全力疾走のつもりが後ずさりしたかもしれません。でも情熱だけは込めました。その情熱をウサギの生き様に注ぎ、再タッグに挑戦したいと思います。」

(コミックナタリーより)

やっぱり、佐藤監督と山崎賢人さんとタッグを組むことが「感無量」なんですね。

おふたりとも当たり障りのないコメントをしていますね。(そりゃそうか…^_^;)

<スポンサーリンク>

【山崎賢人と土屋太鳳、いまも熱愛?破局?】


(日刊現代Digitalより)

一時は破局したという噂が流れた山崎賢人さんと土屋太鳳さんですが、実際はどうなんでしょうか?

ある芸能ライターによると…

「山崎と土屋が共演するのはこの作品で4度目。そんな2人にはこれまで何度も交際疑惑が報じられています。ただ、4月25日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の『グルメチキンレース ゴチになります!』に山崎が出演した際、土屋とのからみがほとんどなく不自然だったことから、破局が噂されていました。ですが、今回の作品で共演するということは、交際が順調なのではないかとファンはやきもきしているんです」

たしかに、芸能界には共演NGリストというのがあって、元恋人同士の場合、しばらくは共演を避けるんですが、また二人が共演するということは破局などしていないのかも。

また、管理人の私見ですが、もともと二人の交際報道には実態がないけれども、話題作りのために敢えて山崎賢人さんと土屋太鳳さんをキャスティングした可能性も考えられます。

ただ、この二人が相性がいいのは確かですし、身体能力が高いクライマーのウサギを演じるのは土屋太鳳さんしかいないというのもうなずけます。

おふたりの関係は、もう少し時間がたってみないとはっきりしたことがわかなさそうです。

どちらのファンもしばらくヤキモキが続きますね。

<スポンサーリンク>

芳根京子と土屋太鳳の映画“累かさね”がコケたワケ

芳根京子さんと土屋太鳳さんと言えば、20代女優を代表するような人気者。

そんな二人が、映画の中とは言えキスしたとなれば話題にならないはずがありません。

二人がキスシーンを演じた映画は、2018年9月に公開された『累 かさね』

ところがこの映画『累 かさね』、意外なことに残念な結果に終わってしまたんです。

どうしてなんでしょうか?今回はその理由についてまとめました。

スポンサーリンク

【芳根京子・土屋太鳳W主演の映画“累 かさね”】

映画『累 かさね』は、2018年9月7日から全国で公開されました。

雑誌『イブニング』(講談社)に、2013年10号から2018年17号まで連載された松浦だるまさんのコミックが原作です。

ストーリーは…

「幼い頃より自分の醜い容姿に劣等感を抱いてきた女・累。
今は亡き伝説の女優・淵 透世 を母に持ち、母親ゆずりの演技力を持ちながらも、母とは似ても似つかない容姿に周囲からも孤立して生きてきた。そんな彼女に母が唯一遺した1本の口紅。それは、キスした相手の<顔>を奪い取ることができる不思議な力を秘めていた―。

ある日、累の前に、母を知る一人の男・元舞台演出家の 羽生田 が現れる。累は羽生田の紹介で、圧倒的な“美”を持つ女・ニナ と出会う。ニナはその美しい容姿に恵まれながらも、ある秘密を抱え、舞台女優として花咲かずにいた。

母ゆずりの“天才的な演技力”を持つ累と、“恵まれた美しさ”を持つニナ。運命に導かれるように出会い、“美貌”と“才能”という、お互いの欲望が一致した二人は、口紅の力を使って顔を入れ替える決断をする。
累の“演技力”とニナの“美しさ”。どちらも兼ね備えた“完璧な女優”丹沢ニナ は、一躍格好を浴び始め、二人の欲求は満たされていく。しかし、累とニナ、二人がともに恋に落ちた新進気鋭の演出家・烏合 が手掛ける大作舞台への主演が決まり、それぞれの欲望と嫉妬心が抑えられなくなっていく―。

光と闇。憧れと嫉妬心。虚像と実像。目に見えるものだけが真実なのか―。本当の美しさとは―。」

(『累 かさね』公式サイトより)

と、まあ、言ってみれば荒唐無稽な設定ながらも、“美”“欲望”“嫉妬”といった人間の業(ごう)を描いた問題作。
「愛と狂気のダークシンデレラストーリー」というコピーがピッタリの映画です。

主な出演者は、丹沢ニナ= 土屋太鳳さん、淵累(ふちかさね)= 芳根京子さん、烏合零太(うごうれいた)= 横山裕さん、淵透世(ふちすけよ)= 檀れいさん、羽生田釿互 (はぶたきんご)= 浅野忠信さん。

メガホンを取ったのはは、『ストロベリーナイト』『キサラギ』の佐藤祐市監督です。

スポンサーリンク

【国際映画祭で評価された映画“累 かさね”】

実は、この映画『累 かさね』は、日本で公開する前に国際的な映画祭で、ある賞を受賞しているんです。

その国際的な映画祭というのは、2018年7月6日から14日までスイスで開かれた『第18回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭』

ヨーロッパを代表する映画祭と言われ、イギリス、フランス、スペイン、ドイツ、アメリカなど 9 か国から約 300名の報道陣が集まる映画祭です。

『累 かさね』は、『インターナショナルコンペティション部門』に出品され、見事『観客賞』を受賞したんです。

ちなみに、前の年は、山﨑賢人さん(主演)や小松菜奈さんが出演した映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』が同映画祭で、やはり『観客賞』を受賞しています。

『観客賞』受賞の一報をもらった時、土屋太鳳さんはこんなコメントをしています。

「光栄な賞に胸がいっぱいです!」
「累もニナも劇中劇の少女達も、自分を受けとめ解き放ってくれる世界を探してるように感じてました。彼女達はきっと、熱い拍手に救われたと思います。心からの感謝をこめて…!」

そして、芳根京子さんも。

「たくさんたくさん情熱を込めて、太鳳ちゃんをはじめとする素敵なキャスト、佐藤監督、スタッフの皆さんと作り上げたこの映画が、海外の映画祭で観客賞という素敵な賞をいただけたということで、累が今、やっとスタートラインに立てたのかな、と喜びと感謝でいっぱいです。1人でも多くの皆さんに『累 かさね』が届きますように!」

嬉しかったでしょうね。

さらに、賞と言えば、芳根京子さんは、この『累 かさね』と『散り椿』で『第42回日本アカデミー賞 新人俳優賞』を受賞しています。

スポンサーリンク

【映画“累 かさね”残念な結果】

映画公開の2か月前に国際的な映画祭で喝さいを浴びた『累 かさね』。

人気女優の芳根京子さんと土屋太鳳さんも、テレビのバラエティーで映画の宣伝に余念がありませんでした。

おまけに、美女二人のキスシーンが見られるとなれば、さぞや観客が押し寄せるかと思いきや・・・。

公開初週のランキングでは9位とベスト10にぎりぎりのラインだったんです。

興行売上は、たったの5.3憶円(キネマ旬報より)。

ちなみに、2018年の興行売上1位は『ボヘミアン・ラプソディ』の104.6億。
続いて山下智久さんや新垣結衣さん出演の邦画『劇場版コード・ブルー』で93.0億。
第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを獲得した安藤サクラさんらが出演した『万引き家族』は、45.5億。

『日本映画製作者連盟』は、2018年の興行売上10億以上の映画を発表していますが、10億の『人魚の眠る家』が洋画と邦画を合わせて54位。

『累 かさね』はおよそその半分。

ん~、これは公開前の話題性から考えても、芳根京子さんと土屋太鳳さんというキャスティングから考えても残念すぎますね。

スポンサーリンク

【不発の原因は芳根京子・土屋太鳳のキス?】

『累 かさね』が不発だった原因ははっきりとはわかりませんが、ある映画ライターさんがこんなことを語っていました。

いわく、映画のテーマと宣伝の仕方が合っていなかったんだとか。

先ほども書きましたように、芳根京子さんと土屋太鳳さんは、公開前にテレビのバラエティーに出演して映画の宣伝をしていました。

これ自体は、普通のことで問題がないんですが、マズかったはそこでのアピールの仕方だというんです。

というのは、二人のキスシーンがあるというのがこの映画のひとつのネタ。
番組では当然その話しになります。

そのキスネタを芳根京子さんと土屋太鳳さんがやり過ぎたというんです。

例えば、芳根京子さんは
『太鳳ちゃんとのキスは抵抗がなくなっちゃいましたね』
と発言。

これに対して、土屋太鳳さんは
『うれしい!』
と受ける。

更には、番組中に『チューしよっか』とまで。

これに視聴者が引いてしまったとのこと。

まあ、確かに映画の中では取っ組み合いまでする対立関係にある二人が、仲良さそうにキャピキャピしているのを見たら、幻滅してしまうかもしれませんね。
映画の「愛と狂気のダークシンデレラストーリー」のイメージが崩れてしまいます。

さらに、このキスアピール、女子中高生にはあまりよく思われなかった人も少なからずいたようで…。

確かに映画の興行売上やテレビドラマの視聴率と作品の良しあしは別物なんですが、ちょっと残念。

それでも、見た人の評判は悪くなく、例えば『映画.com 』のレビューでは“3.7”あります。
逆に、公開からしばらく時間があいた今だからこそ、余計な情報抜きで見てみると純粋に楽しめるのではないでしょうか?

芳根京子さんや土屋太鳳さんの過去の作品をもう一度見るにはコチラ

スポンサーリンク

有村架純のインスタで土屋太鳳が“尊敬します!”コメント

かつて「偽物騒ぎ」まであった有村架純さんのインスタグラム。

今や、フォロワー数が330万人を超える超人気です。

そんな有村架純さんのインスタに、このほど土屋太鳳さんがコメントを送りました。

どんな内容のコメント何でしょう?

スポンサーリンク

【なりすましインスタまで出た有村架純】

有村架純さんが公式インスタグラムを始めたのは、2016年8月1日。

記念すべき初投稿は、大空のもとで有村さんが「よろしくお願いします!」と爽やかなコメントを添えています。

その時のスクショがこちら。

待望のインスタ開始にファンは大喜び。

「待ってました!」
「嬉しい~」
「ありがとう!」
等の声が多数寄せられました。

スゴイ人気で、開始からわずか1時間でフォロワー数が1万人を超えるほどの勢いだったそうです。

ただ、その当時、すでに「kasumi_arimura」で投稿していたアカウントがあったんです。

いかにも有村さん本人が書いたような内容だったんですが、もちろんこれは偽物。

190万人もの人がまんまと騙されてフォローしていたんだとか。

まったく迷惑な話ですね。

スポンサーリンク

【有村架純のインスタに土屋太鳳がコメント!】

有村架純さんがインスタ開始から3年ほどたった今、すでにフォロワー数が330万人を超えています。

330万人って日本人の40人に一人ですよね。

凄すぎです…。

そんな人気の有村さんのインスタに、やはり人気の土屋太鳳さんがコメントを寄せました。

7月17日に有村さんが連続ドラマW『そして、生きる』の紹介動画をインスタにアップしたんです。

すると、すぐに土屋さんが反応して投稿。

「とても素敵な空気感…!」
「本当に厳しい作品だと思うけれど、伝えようとする方々の勇気と責任感を、この短い映像でも感じます。尊敬します。そして拝見します。」

立て続けにコメントしています。

スポンサーリンク

【“そして、生きる”とは?】

有村架純さんがインスタで紹介している『そして、生きる』というのは、2019年8月4日から毎週日曜夜10時から放送予定のWOWOWのオリジナルドラマ(全6話)ですね。

2011年の東日本大震災をテーマに、激動の中、若い男女が自分自身と巡り合った人々の人生を重ね合わせながら、前向きに生きていこうとするヒューマンラブストーリーです。

有村架純さんと坂口健太郎さんのダブル主演。
映画『ナラタージュ』でも共演している二人ですから、その辺も見ものです。

テーマがテーマだけにとってもシリアスで重いドラマになりそうです。

それに対する土屋さんの
「本当に厳しい作品だと思うけれど、伝えようとする方々の勇気と責任感を、この短い映像でも感じます。尊敬します。そして拝見します。」
ということを考えると、土屋さんの真面目さを感じてしまいました。

スポンサーリンク

【有村さんの“そして、生きる”を見るには】

そんなドラマ『そして、生きる』は、wowow限定のドラマなので、残念ながら地上波では観られません。

有村さんがCMでやっているように、“wowowに入りましょ。”が必要なんですよね。

最近はPC、スマホ、タブレットでも観られるということですから、公式サイトでご確認ください。
公式サイト( ↓ )
wowow