佐藤健、映画「いぬやしき」で悪役高校生を演じる!

【佐藤健、「いぬやしき」のオファーに「ボクでいいんですか?」】

佐藤健さんが、映画「いぬやしき」で自身初の悪役となる殺人鬼を演じました。
「いぬやしき」は、2018年4月20日から全国東宝系で公開された映画で、同名の人気漫画を実写化したものです。

佐藤健さんが演じるのは、ロボット化した殺人鬼、高校生の「獅子神皓」役です。
かつては正義の味方、仮面ライダーを演じたことがある佐藤健さんにとっては真逆の設定ですね。

キャスティングが決まったとき、佐藤さんは初の悪役を演じるということもあって、

「役者人生で培ってきたすべてを注ぎます。」

とその意気込みを語っていました。。

そんな佐藤健さんですが、映画のプレミアイベントで、今回の配役が決まったとき『本当に僕でいいんですか?』って聞き返したと裏話を紹介。
とはいっても、それは「僕が悪役でいいんですか?」という意味ではないんです。

佐藤健さん、もともと原作漫画を読んでいたそうで、「獅子神皓」のキャラクターにも魅力を感じていたそうです。
ただ、「獅子神皓」が高校生なので、もし映画化されても自分ではないと思っていたとのこと。

そこに舞い込んだオファーだったので、『本当に僕でいいんですか?』と聞き返しましたらしいですよ。
「実際、28ですから、高校生役は厳しいと言われたらぐうの音も出ない」ともこぼしていました。

そんな佐藤さん、年齢についてこんな風にも語っています。

「獅子神はロボットになったことで多くのことを悟った。
だから、実際の年齢よりも10歳老けて見える、と解釈してもらえたらうれしいです」

半分ジョークでしょうけどね。

それでも、イベントに参加していた共演者の本郷奏多さんや二階堂ふみさんは、佐藤さんが「高校生にしか見えなかった」とほめちぎっていました。
これには佐藤さんも照れてしまったようで、かわいいところがありますね。

実際、佐藤健さんの演技力には定評があって、「仮面ライダー電王」のときも一人で5人のキャラクターを演じ分けていましたからね。(*詳しくはコチラ⇒【佐藤健が仮面ライダーに出ないのは黒歴史だから?】

スポンサーリンク

【映画「いぬやしき」とは?】


映画「いぬやしき」は、『GANTZ』で有名な奥浩哉氏の同名漫画を映画化したものです。
監督は、実写映画『GANTZ』を撮った佐藤信介監督がつとめているんですよ。

CGやワイヤーでつったアクションなど、特殊なテクニックで実写化不可能と言われていた原作を見事に描いていますね。

主人公はなんと定年間近かのサラリーマン「犬屋敷壱郎」で、映画では木梨憲武さんが演じてます。
ちなみに、木梨憲武さんにとっては2002年の『竜馬の妻とその夫と愛人』以来、16年ぶりの映画主演になるそうです。

撮影当時、56歳だった木梨さんは、自分より老けている主人公を演じるために特殊メイクをして、見事に「おじいちゃんヒーロー」役を演じています。
原作をご存じでない方のために、ストーリーをちょっとご紹介しますね。

「犬屋敷壱郎」は、定年を控えたうだつの上がらないサラリーマン。
家庭でも威厳がなく頼りない父親として平凡な日々を送っています。

ある日、、医者から末期ガンであることを告げられ、人生が真っ暗に。
その日の夜、犬屋敷は謎の事故に遭遇し気を失ってしまいます。

目を覚ますと、外見はそのままで、身体の中が機械で出来たサイボーグになっていました。
サイボーグになり人間を遥かに超越する力を手に入れた犬屋敷は、その特殊能力をつかって人助けすることに生きがいを見つけます。

一方、佐藤健さん演じる高校生「獅子神皓」も、同様の事故で犬屋敷と同じ能力を持っています。
しかし、獅子神は悪に目覚め、自分に敵対する人たちを抹殺し始めます。

そんな殺人鬼、獅子神から日本を救うために犬屋敷が立ち上がりました。

初老のサラリーマンヒーローVS悪の高校生という斬新な設定のアクション映画です。

リアルな日常世界とCGを駆使した非現実的なシーンが交錯してます。
佐藤健さんのファンの方はもちろん、SFファン、漫画「いぬやしき」ファンの方たちにもオススメです。

【キャスト】

  • 木梨憲武
  • 佐藤健
  • 本郷奏多
  • 二階堂ふみ
  • 三吉彩花
  • 濱田マリ
  • 斉藤由貴
  • 伊勢谷友介

スポンサーリンク

佐藤健が仮面ライダーに出ないのは黒歴史だから?

【佐藤健の「仮面ライダー電王」は黒歴史!?】

数多くの有名女優との噂が絶えず、「るろうに剣心」や「億男」など多くの映画で人気の佐藤健さん。
初めてのテレビドラマ主演作は、「仮面ライダー電王」でした。
そして、初主演映画も、「仮面ライダー電王 俺、誕生!」。

佐藤健さんの演技力が高く評価され、名前が世間に知れ渡ったのもこの作品がきっかけです。

にもかかわらず、「さらば仮面ライダー電王」以降、佐藤健さんは全く仮面ライダーシリー出演しなくなりました。
ネット上では「佐藤健は仮面ライダー電王を黒歴史扱いしている」などとささやかれるようになりました。
果たしてその真相はどうなんでしょう?

スポンサーリンク


「仮面ライダー電王」とは?

「平成仮面ライダーシリーズ」の第8作で、2007年から1年間、テレビ朝日系列で放送されました。
佐藤健さん演じる「仮面ライダー電王」こと野上良太郎はこれを阻止しようと、「イマジン」に立ち向かいます。
コメディ的なシーンを交えながらも、交錯する「時間」の中で、一見バラバラなエピソードが後につながりを見せる展開も好評でした。

イマジンには、良太郎に憑依して手助けをする4体の味方イマジンズがいます。
仮面ライダー電王こと野上良太郎は、悪と戦うヒーローにしては普段はシャイで弱よわしい青年ですが、味方イマジンが憑依するとまるで別人に変わるのです。

ですから佐藤健さんは、普段の野上良太郎と4体の味方イマジンズが憑依した野上良太郎の5人のキャラクターを演じなければなりません。
話し方や動きを見事に演じ分けた佐藤健さんの演技力は、非常に高く評価されました。

「一人の俳優が演技しているとは思えない!」
「こんな演じ分けができる佐藤健、うますぎ!」

と絶賛の嵐。

「仮面ライダー電王」のあの人気ぶりの理由のひとつは、佐藤健さんのこの高い演技力にあるという声もあります。

事実、佐藤健さんは、その後出演した「日曜劇場 天皇の料理番」でも、全く料理をしたことがなかったにもかかわらず、メキメキ腕を上げ、監修をした料理の先生から「100点満点!」と言われるほどになりました。
どんな役でも完ぺきにこなす実力派俳優としても知れ渡ることになります。

スポンサーリンク

【佐藤健は黒歴史「仮面ライダー電王」の出演を拒否!?】

そのよう実力俳優として高い評価を受けるきっかけとなったにもかかわらず、佐藤健さんは「仮面ライダー電王」のテレビシリーズと3本の劇場版作品に主演したのち、4本目の映画には出演せず。
そこから、ファンの間では「佐藤健は電王を黒歴史扱いし、出演を拒否している」と噂されました。

たしかに、子ども向けのヒーロー番組に出演した俳優さんのなかには、それを表に出したがらない人も多いですよね。

しかし、実際は、佐藤健さんが出演しない理由は、シンプルに「出演契約期間が切れたから」です。
契約の途中で役を降りる「降板」ではありません。

役者がシリーズ作品に出演する場合、いつまで出演するのか期間を決めた契約を結びます。
「仮面ライダー電王」では、もともと「さらば電王」までとしていたため、そこで終了したまでで、「出演拒否」「降板」「トラブル」の類ではありません。

「仮面ライダー電王」は、はじめは「さらば電王」で終了する予定の作品でした。
それ以降の作品は、その後に追加されたもので、もともと計画されていたものではありません。

また、契約延長しなかったのは、「所属事務所が佐藤健のイメージが固定されることを避けた」「多忙になった佐藤健さんのスケジュールと合わなかった」という事情も十分考えられます。

どうも、佐藤健さん本人が「イヤがった」ということではなさそうです。
事実、佐藤健さん自身、インタビューで「仮面ライダー電王」を「思い出深い作品」と語っていますしね。

スポンサーリンク


【佐藤健、仮面ライダー電王イベントに「オレも呼んで!」】

2017年2月23日、「仮面ライダー電王」の10周年記念イベント『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』トークショー付き特別上映会が都内で開催さたことがあります。
当時の出演者である、秋山莉奈さん、中村優一さん、松本若菜さんといったが会場に集まりました。

イベントの終盤、2日後に誕生日を迎える松本若菜さんへのサプライズとして、佐藤健さんが電話出演。

そのとき、佐藤健さんが電話で…、

「ひとつ、声を大にして言いたいのは、オレも呼んで! 1週間くらい前に、ニュースでみんなこのイベントに出るって知ったんだから」
「若菜さん、お誕生日おめでとうございます。秋山さん、ご結婚おめでとうございます」
「もう、10年も前の作品になりますが、イベントをしたらこんなに皆さん集まってもらってありがとうございます。
今後も引き続き『電王』のことを好きでいてくれたら、僕は幸せです」
「あと、次は呼んでください!」

と語り、会場から拍手が起こりました。

やっぱり、佐藤健さんにとって「仮面ライダー電王」は、黒歴史でも何でもなかったようです。
めでたし、めでたし。


佐藤健が映画「億男」で熱演!髪型・牛丼に注目?

【佐藤健主演、映画「億男」とは?】

2018年10月19日、映画「億男」が公開されましたね。
この映画は、「るろうに剣心」シリーズでおなじみの大友啓史監督と佐藤健さん主演という皆さんおなじみのコンビでお届けする、お金をテーマにした人間ドラマです。

原作は、映画プロデューサーで小説家でもある川村元気さんが書いた同名の長編小説。

2014年10月にマガジンハウスから刊行され、翌年、本屋大賞第10位に入賞した作品です。
すでに56万部を突破しているといいますから、かなりのヒットです。
「オーディオブック付き スペシャル・エディション」(主演・ナレーション:小野大輔さん)も発売されました。

スポンサーリンク


【映画「億男」のあらすじ】

佐藤健さん演じる主人公の一男は、弟の借金を肩代わりし、3000万の負債を負った冴えない男。

借金のおかげで妻(黒木華さん)とは別居。
借金を返そうと図書館とパン工場とで昼夜仕事を掛け持ちして、疲れた生活を送っています。

そんな一男は、宝くじに当選し、3億円を手にします。

思わぬ大金が転がり込んで舞い上がる一男ですが、ネットを見てみると同じような体験をした人々がみんな悲惨な末路を迎えていることを知ります。

大金を手にしたことで逆に不安になった一男は、起業に成功し億万長者になったかつての親友、九十九(高橋一生さん)を訪ねます。

15年ぶりに再会した二人は、話に盛り上がり思わず深酒をし、一男は酔いつぶれてしまします。
一男が翌朝、目を覚ますと、こともあろうに九十九は3億円を持ち逃げ、行方知れずに。
一男は3億円とともに消えた九十九を追跡することに…。

お金という永遠のテーマを軸に、友情・家族のあり方について深く考えさせられる映画です。

撮影終了後のインタビューで、大友啓史監督はこの小説を映画化した理由について次のように語っています。

「天から降ってきたような大金を手にしたとき、人間がどう変わっていくかという命題は、面白いと思った。」

スポンサーリンク

【映画「億男」では佐藤健の髪型と牛丼の食べ方に注目!】

主人公の一男はお金がない冴えない男。
個人的には、イケメンの佐藤健さんのイメージとはちょっと合わないのでは…と思いましたが、大友啓史監督はなぜ佐藤健さんを抜擢したのでしょうか?

インタビューによると、大友監督は、3000万位の借金をしている人は多いだろうから、それに苦しむ姿に重点をおくべきではないと考えていたようです。
確かに、佐藤健さんはお金に苦しむ男という感じではないですね。

むしろ、大友監督は、今の時代において人がどうお金と向き合うかについて撮りたかったそうで、そう考えたときに頭に浮かんだのが佐藤健さんだったそうですよ。

そうやって起用された佐藤健さんですが、撮影中、大友監督には佐藤健さんが終始不機嫌だと思っていたらしいです。

その理由について、佐藤健さん、「演じている」ところというより「生活している」ところを撮って欲しかったそうで、主人公になりきって悶々としていたからだと説明しています。

それもあってか、大友監督によると、電車の中のシーンでの佐藤健さんの疲れた髪型や牛丼の食べ方について「本当に良かった」と絶賛しています。
その辺も気にして映画を見てみると面白いかもしれませんね。

また、高橋一生さんも映画の中で落語を披露しているんですが、相当練習を積んで臨んだそうですから、そこも見ものですね。

出演は、佐藤健さん、高橋一生さんの他に黒木華さん、池田エライザさん、沢尻エリカさん、北村一輝さん、藤原竜也さんなど豪華キャストですから、まだ見ていない人は是非覧ください。


佐藤健の彼女?前田敦子の泥酔写真の真相!

【佐藤健の彼女?前田敦子をお姫様だっこ!】

佐藤健さんと言えば、プレイボーイで有名で、これまで多くの女優さんたちとのうわさが流れましたね。
元AKBの前田敦子さんもその一人。

ちょっと古い話ですが、文春に泥酔状態で佐藤健さんにお姫様だっこされる写真を撮られたこともありました。
果たして、前田敦子さんは佐藤健さんの彼女だったのでしょうか?
その日のことを振り返ってみます。

写真を撮られたのは、2012年9月4日のこと。

その日、前田敦子さんは新宿でフォトブック発売の記念イベントに参加していていました。
多くの報道陣とファンに囲まれた会場。

記者の質問に、「恋したいです」と答える一幕も。

会食の後、前田敦子さんは高級カラオケ店で合コンへ。
AKB48の大島優子さんや仲川遥香さんも参加していました。

そして、その相手が、佐藤健さん。
ほかに外人男性シンガーソングライターらも一緒だったようです。

ところでこの高級カラオケ店、シャワー・ベッド完備で1時間12000円。
まるでホテルのような豪華さ。

大島優子さんと仲川さんはお酒はあまり飲みませんでしたが、前田敦子さんはかなり飲んだ様子。
AKB48を卒業し恋愛禁止から解放されたせいか泥酔状態に。
なんと、みんなでテキーラを三十杯も飲んでしまったそうです!

その後、大島優子さんと仲川遥香さんは先に帰宅。
佐藤健さんは、泥酔した前田敦子さんをだっこしてタクシーに乗せ、マンションまで送り届けました。

その時の写真がコチラ。

当時、前田敦子さんは仲川遥香さんと同じマンションに住んでいました。
心配した仲川遥香さんが出迎えたけれど、前田敦子さんは泣きじゃくって佐藤健さんから離れようとしません。

その時の様子がコチラ。

スポンサーリンク

【前田敦子は佐藤健に気があった?】

もともと佐藤健さんは「共演者キラー」と呼ばれ、数多くの女優さんたちと噂になっています。
例えば、秋山莉奈さん(仮面ライダーで共演)、石原さとみさん(舞台「ロミオとジュリエット」で共演)、武井咲さんとも噂が。

やはり、前田敦子さんもドラマ「Q10」で佐藤健さん共演したことがあります。
その時、佐藤健さんのことを「とても頭のいい人」と言っていますが、この「頭のいい人」というところがポイントで、
かつて、前田敦子さんは「理想のタイプは?」と聞かれたときに、「頭のいい人」と言っていたことがあります。

それに加えて、前田敦子さんが佐藤健さんに絵文字一杯のラブコールメールを送っているのをAKBのメンバーが目撃しています。

「お姫様だっこ」事件は、AKB卒業で恋愛解禁になった前田敦子さんが、お酒の力も加わって佐藤健さんにアタックしたときのスクープだったのかも。
前田敦子さんがマンションの前で号泣しているのは、佐藤健さんへの思いが届かなかったのかな?

スポンサーリンク


【佐藤健・前田敦子の事務所コメントは?】

イメージが大切な芸能人。
双方の事務所はどのようにコメントして二人を擁護したのでしょうか?

まずは、佐藤健さんの所属事務所から。

「カラオケの件は合コンではなく、前田敦子さんの卒業を祝う会です。
佐藤健は具合が悪くなった彼女を介抱して、ご自宅まで送ってあげただけで、交際の事実はありません」

続いて前田敦子さんの所属事務所。

「交際の事実はなく、友人の一人にすぎません。」

また、現役AKBメンバー大島優子さんが合コンに参加したことについては、

「あれは合コンではない。事前に許可をとった卒業祝いのカラオケパーティ。」

と運営者側はコメントしています。

んん…

なんとか八方を丸く収めたいという感じのコメントのようにも見えますが…。
彼女として交際していたかどうかはわかりませんけどね。