佐藤健の新作映画、るろうに剣心最終章あらすじ

佐藤健さんの新作主演映画『るろうに剣心』が2020年に公開されることが発表されましたね。

2014年に公開された第2作『るろうに剣心 京都大火編』、第3作『るろうに剣心 伝説の最期編』から6年の歳月を隔てての公開となりますが、公開まであと1年もあるというのに早くも話題になっています。

一体どんな内容なんでしょうか?
『るろうに剣心』シリーズを振り返りながら、最新作のあらすじをご紹介しちゃいます。



【佐藤健主演の“るろうに剣心“これまでの3作品】

『るろうに剣心』はもともと、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で1994年(平成6年)から1999年(平成11年)にかけて連載された和月伸宏氏の漫画。

幕末に“人斬り抜刀斎”と恐れられて剣客『緋村剣心(ひむら けんしん)』が、「不殺(ころさず)」の誓いを立て、新しい時代・明治を生き抜く姿を描いた物語です。

赤報隊や新選組、大久保利通暗殺など、史実をところどころ織り交ぜてあるので、歴史好きの人にとっても面白いですよ。

ものすごい人気で、1996年1月10日から1998年9月8日までTVアニメ(フジテレビ系)も放送されたんです。

映画の方はと言えば、2012年に『るろうに剣心』が公開され、
2014年には『るろうに剣心 京都大火編』と『るろうに剣心 伝説の最期編』の2作が前後編という形で公開されました。
(詳しくは記事【永野芽郁、子役時代に佐藤健と“るろうに剣心“で共演していた!】

いずれも佐藤健さんが主役の『緋村剣心』を演じていて、興行収入は3作累計で125億を超えるヒットになったんですよ。
(『るろうに剣心』30.1億円、『るろうに剣心 京都大火編』52.2億円、『るろうに剣心 伝説の最期編』43.5億円)



【新作“るろうに剣心“最終章あらすじ】

2020年公開予定の『るろうに剣心』最終章のタイトルは決まっていないものの、映画のベースにするのは原作の次の2編です。

ひとつは、原作の最終章にあたる『人誅(じんちゅう)編』。
これは、最恐の敵である『雪代縁(えにし)』との戦いを描いたもので、『剣心』のこれまでの生き方すべてに決着がつくクライマックスです。

もうひとつは、佐藤さん演じる『剣心』の十字傷の謎に迫る『追憶編』です。
追憶編』は、過去にもオリジナルビデオアニメーション化され、高い評価を得ていますから、今回の映画も楽しみです。

では、原作の『人誅編』と『追憶編』をご紹介します。

時は幕末。
『剣心』は『人斬り抜刀斎』として剣を揮っていました。

『雪代縁』の姉・『雪代巴』は抜刀斎の妻であったが、殺害されてしまいます。
そのことから雪代縁は抜刀斎を憎み、抜刀斎への復讐を目的に六人の同志たちを集め戦いを挑むことになります。

『人誅編』の「人誅」というのは、「天誅」を変化させた造語で、「天が裁かぬならば自分たちが裁く」という意味です。

“シリーズ最恐の敵”と言われる『雪代縁』との戦いを、幕末と明治の新時代を通して描いています。

そして、この『人誅編』で剣心が語る過去が『追憶編』になります。
剣心の頬に刻まれた“十字傷の謎”に迫るお話です。

かつて、原作者:和月伸宏氏がもう続編が書けない理由を、「剣心のドラマは人誅編で既に終わっている」と語っていたことがある物語が新作映画『るろうに剣心最終章』ですから、これは見逃せませんね。



【佐藤健が新作映画『るろうに剣心 最終章』にかける意気込み】

実は、『るろうに剣心 最終章』昨年(2018年)11月からクランクインしていたそうです。

ロケも、京都、奈良、滋賀、三重、兵庫、熊本、広島、栃木、埼玉、静岡などで大規模に進めているとか。

新作映画『るろうに剣心 最終章』の撮影が始まるにあたり、主演の佐藤健さん、こんなことを語っています。

「毎回どの作品も全力で演じていますが、『るろうに剣心』に関しては、やはり特別な思いがあります。
また、この二部作は、剣心の十字傷の秘密(剣心の過去)を描いていることもあり、剣心にとって間違いなく一番重要なエピソードです」
「(前作の)続編を作るとしたら一番難しい」と感じていたが、「僕自身が絶対に作りたいと思っていたエピソードを撮影できる毎日を通して、これが自分にとってとても大切な作品になると実感しています」

「日本が新時代に入ります。
そして30歳になり、僕自身も新しい時代に突入します。
新しい時代を作るために、自分も生きていくということを、いま感じています」
クランクインの日は、「久しぶりに剣心を演じること、大友組ならではの大規模撮影の雰囲気など、全てにおいてソワソワしていました(笑)。でも芝居が始まっていくうちに、『懐かしい』『帰ってきた』という感覚がとても強くなってきました」

「2020年、みなさんに楽しんで頂ける作品になるように、自分にとって人生の代表作にするつもりで最後まで演じ切りたいと思います」

ちなみに、メガホンを取っているのは前作同様、大友監督
監督もこんな風にコメントしています。

「続編を製作するなら“絶対に前作を超えなければならない。新しく驚きに満ちた『るろうに剣心』でなければならない”と考えていました」
「今回描く物語は、ファンの方が一番大事にしているエピソードだと思いますし、初めて『るろうに剣心』を見る方にも届くような深い物語でもありますので、最終章は気合いをいれ直し、いま全身全霊で挑んでいます」

ん~、主演の佐藤健さんも監督の大友さんも気合が入っていますね。
2020年の楽しみが一つ増えました。



永野芽郁、子役時代に佐藤健と“るろうに剣心“で共演していた!

永野芽郁さんといえば、NHK朝ドラ『半分、青い。』で主演し、現在公開中の映画『君は月夜に光り輝く』でも演技が注目されている人気若手女優さんですね。
UQモバイルのCMでもよく目にします。

そんな永野芽郁さん、実は芸能生活は結構長く、子役時代から活躍していたんですよ。

今回は永野芽郁さんの子役時代のお話です。
演技力には定評がある永野芽郁さんですが、子役時代はどうだったんでしょうか?



【永野芽郁は子役時代に“るろうに剣心“で佐藤健と共演!】


永野芽郁さんがヒロインを務めた『半分、青い。』では、佐藤健さんの恋人役でしたね。
でも、実はこの二人、共演するのは『半分、青い。』が初めてではないんです。

佐藤健さんの映画としては、『るろうに剣心』シリーズが有名ですが、その『るろうに剣心』で過去に永野芽郁さんと共演していたんです。

『るろうに剣心』は、第3作まであるんですが、永野芽郁さんが出演したのは2012年8月25日公開の第1作。
幕末から明治の時代、佐藤健さん演じる主人公・緋村剣心が日本各地を流浪しながら、剣の力で弱きものを助ける物語です。

その『るろうに剣心』で永野芽郁さんが演じていたのは、『三条燕(さんじょうつばめ)』
脇役とは言え、物語が動き出すきっかけを担っている重要な役どころでした。

子役とはいえ、演技力が求められる役回りだったんですね。
コチラがその時の画像です。


撮影が始まったのは2011年8月。
永野芽郁さんは、1999年生まれですからその時まだ12歳の小学生6年生だったってことですね。

その年でまわりの大人の役者さんと一本の映画を作っていくんですから大したものですよね。

よく、子役で売れた人はその印象が強すぎて、成人すると売れなくなると言われますが、その後の活躍を見ると永野芽郁さんは一味違うんですね。

ちなみに、佐藤健さんは永野さんの10歳年上ですからこのとき22歳。
お互い、後に恋人役を演じるとは想像もしていなかったでしょうね。



【永野芽郁のプロフィール】


永野芽郁さんのことをUQモバイルのCMで初めて知ったという人も多いんではないかと思いますが、永野さんは一体いつから芸能活動をしていたのでしょうか。
プロフィールをご紹介します。

  • 本名:永野芽郁
  • 生年月日:1999年9月24日
  • 出身地:東京都
  • 身長:163cm
  • 血液型:AB型
  • 職業:女優・ファッションモデル・タレント
  • 活動期間:2009年から
  • 事務所:スターダストプロモーション
  • 主なテレビドラマ:『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『こえ恋』、『僕たちがやりました』、『半分、青い。』、『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』
  • 主な映画:『俺物語!!』、『ひるなかの流星』、『君は月夜に光り輝く』

活動期間が2009年からといいますから、まだ小学3年生、10歳の時です。
なんでも、吉祥寺で買い物しているところをスカウトされたそうです。
人混みの中でスカウトされたのですから、よほど可愛くて目についたんでしょうね。

その年公開された映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』で子役としてデビューを果たしています。

翌2010年、11歳のときにはドラマ『ハガネの女』(テレビ朝日)で主人公の小学生時代の役、2013年14歳のときにはNHK大河ドラマ『八重の桜』にも出演し、山川常盤の少女期を演じています。

14歳で大河ドラマに出演しているんですから、やっぱり演技力があるんですね。

その後、『ニコ☆プチ』、『nicola』、『Seventeen』などの雑誌モデルとして活動し、2015年、16歳のときにはオーディションを勝ち抜き映画『俺物語!!』でヒロイン役に抜擢されました。

翌2016年からCMにも出演し出し、「カルピスウォーター」「UQ mobile」などのCMで注目を集めるようになります。

この年、連続ドラマ『こえ恋』(テレビ東京)でドラマに初主演。
同年、NHK大河ドラマに2度目の出演を果たし、『真田丸』で豊臣秀頼の正室・千姫役を演じていました。

映画の初主演はというと、2017年3月公開の『ひるなかの流星』
主人公の与謝野すずめ役を演じました。

2018年3月に高校を卒業し、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロイン・楡野鈴愛役を演じました。
このとき、2366人のオーディションを勝ち抜いといいますから、やっぱりなにか持ってるんですね。

こうしてみると、今年で20歳という若さながらすでに芸能歴は10年になります。
数々のオーディションを勝ち抜いてヒロイン役をゲットしていることからも、演技力は本物のようです。

2019年2月には、映画やTVドラマで活躍した人に贈られる「エランドール賞」の新人賞も受賞している永野さん。
これからも活躍が楽しみですね!



別れた綾瀬はるかと佐藤健がドラマ・アスレチックで仲良く共演!

綾瀬はるかさんが主演した『義母と娘のブルース』(TBS系2018年7月10日~9月18日)は、かなりの人気でしたね。
最終話の視聴率は19.2%もあったんですよ。

そんな人気を受けてか、最近、(2019年2月6日)に『義母と娘のブルース』のDVD&ブルーレイが発売されました。

で、この番組、ストーリーや綾瀬さんの演技が魅力的なのはもちろんですが、「共演タブー」と言われていた綾瀬はるかさんと佐藤健さんが共演したことでも話題になったんです。
しかも、最終話ではまさかのシーンまであって…。

スポンサーリンク


【綾瀬はるかと佐藤健の熱愛】

綾瀬はるかさんと佐藤健さんは2013年に映画『リアル~完全なる首長竜の日~』で共演したことがあります。
ご記憶のある方もいらっしゃるかも知れませんが、実は、そのとき、一部の週刊誌で二人の熱愛が報じられました。

芸能関係者の話によると、撮影中に二人がけんかをしたことがきっかけで逆に急接近したそうです。

佐藤さんは綾瀬さんより4歳年下。
綾瀬さんは、そんな佐藤さんのことを『たけちゃん』と呼んでいたそうです。
一方の佐藤さんは、綾瀬さんとタメ口で会話。

完全に恋人モードだったという話です。

クリームシチューの『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した時も、MCの上田晋也さんから
「どう? 2人がつきあうのは?」
と冷やかされるほど二人の仲が良かったほどなんです。

たしかに佐藤さんは『共演者キラー』と呼ばれるほど女性にもてますからね。

【綾瀬はるかと佐藤健が共演タブーリスト入りか?】

それ以降、5年間も共演することがありませんでした。
5年間というその長さは不自然なほど。

芸能関係者の間では、『NGリスト』入りしたんでは…と噂されたんです。

『NGリスト』とは、キャスティングするときに参考にするリストで、当人同士がライバル関係だったり、仲が悪かったり、あるいはキャラがカブっていたときに共演を避けるために使うリストです。

そんな『NGリスト』入りする時に一番多くあげられる理由が『元恋人同士』。
5年もの間共演がなければ、そう噂されるのもうなずけますよね。

実際、綾瀬はるかさんとの噂以降、佐藤健さんは多くの女優さんとの熱愛が報道されています。

2014年には2月・3月に発売された女性週刊誌で広末涼子さんとの密会の様子が写真入りで報じられました。

同じ年、やはり同じ女性週刊誌で、今度は森矢カンナ(旧:森カンナ)さんとのツーショットが撮られ、熱愛が噂されています。

その後も、2012年8月と2014年8月、9月に公開されたシリーズ映画『るろうに剣心』で共演した武井咲さん、
2016年5月14日公開の映画『世界から猫が消えたなら』で共演した宮崎あおいさん、
2016年10月15日公開の『何者』で共演した有村架純さん、
元ハロー!プロジェクトのメンバー・真野恵里菜さんなどなど。

まあ、この中には単なる噂どまりのものもあるんですが、どうみても綾瀬はるかさんと佐藤健さんの関係は破局していそうですよね。

それゆえに『NGリスト入りした』と思われていたところでの今回の共演ですから、周りは驚いたわけなんです。

【綾瀬はるかと佐藤健がアスレチックでお揃いのスニーカー!】

綾瀬はるかさんと佐藤健さんは、『義母と娘のブルース』の初回放送に先立って、2018年7月6日、同じTBS系の『ぴったんこカンカン』に揃って出演したことがあります。
『きぼむす』の番宣を兼ねてということですね。

番組内でアスレチックをするということで、出演者の皆さんはスニーカー履きだったんですが、その時に二人が履いていたのが、なんとお揃い!
『別れたはずなのにどういうこと?』
『えっ、今でも仲良し?』
と、注目されました。

この件については、綾瀬さんいわく
「用意していただいたスニーカーがたまたま同じだっただけなんです。」
とコメントしていますが…。

さらに、番組中に綾瀬さんの靴ひもがほどけたときのこと。
その時、佐藤さんがすかさず膝をついてしゃがんで、綾瀬さんの靴ひもを結び直してあげるシーンも。
綾瀬さん、テンションが上がってか、思わず「たけちゃん」と、かつてのように呼んでいました。

見ていた人の中には『もしかして今でも付き合っているの?』と思った人もいるほどの仲の良さでしたよ。

スポンサーリンク


【ドラマ『ぎぼむす』での綾瀬はるかと佐藤健が甘い!?】

『義母と娘のブルース』の撮影中、二人はどんな様子だったんでしょう?

別れた元カレと元カノですから、ぎくしゃくしてもおかしくはないんですが、ドラマより先に放送された『ぴったんこカンカン』では仲が良さそうでしたが…。

ドラマ関係者の方が収録現場での綾瀬さんと佐藤さんについて、こんなことを言っています。

「佐藤さんが綾瀬さんに“人の話を聞いてないなぁ”また“ボーッとして”“この意味わかる?”など笑いながらいじると、綾瀬さんが、“(佐藤のことが)嫌いかも…”とプーッとふくれて佐藤さんが笑う。
溶けちゃうというか、甘いというか、いい雰囲気ですよ」

二人とも、過去のことをきっちり清算して何のわだかまりもなく共演していたんでしょうかね。

ご存じのように、綾瀬はるかさんは主人公の義母『亜希子』を演じています。
もともと、バリバリのキャリアウーマンですが、娘を育てるためにあえてパン屋でパート勤めをするんですが、そのパン屋の青年店長『麦田』を演じたのが佐藤健さん。

うだつの上がらない店長でしたが、『亜希子』たちに刺激され仕事に打ちこみ始めます。

最終回では、『亜希子』はパン屋を去ることになるんですが、
最後に佐藤さんが綾瀬さんに別れの“デコチュー”をする場面がありました。

こんなときって、お互いどんな気もちなんでしょうね?
プロだから仕事と割り切って何も感じないんでしょうか?

ドラマ『ぎぼむす』は、もちろんストーリそのものも面白いんですが、
綾瀬さんと佐藤さんの撮影現場での会話を想像しながら見るのも面白いかもしれませんね。

気になる方は、DVD&ブルーレイか、こちらの配信サービスのお試し無料視聴で見てみるのもいいかもしれませんよ。⇒dTVチャンネル

スポンサーリンク


佐藤健が神木隆之介とCM“ポケモンGO”でトレーナーバトル!

【佐藤健さんの自然な姿がポケモンCMで】

2019年1月11日から公開された“ポケモンGO”のCM。
佐藤健さんが神木隆之介さんと“ポケモンGO”の新機能“トレーナーバトル”をしていますね。

実は、佐藤健さんが神木隆之介さんとはプライベートでも友人同士。
何でも普段から“ポケモンGO”で遊んでいるですって。

そんな二人だからでしょうか、今回は敢えて台本なしで撮影したそうですよ。
『負けないよ!』とか『神木さん、早くしてもらっていいですか?』とフツーに会話してますね。
とっても楽しそうに遊んでいる二人が自然です。

トレーナーバトルでは、神木隆之介さんがWIN!。
佐藤健さんは少し悔しそうでしたね。

スポンサーリンク


【CMオフショットでは佐藤健と神木隆之介の散歩も】

CMには15秒バージョンと30秒バージョンの2種類がありますね。
30秒の方では“思い入れの強いポケモンで行きます”と佐藤さん。

それを受けて神木さんはミューツーを選択。
『最初からミューツー?』と佐藤さん。
普段の二人の様子が垣間見れます。

《CM 30秒バージョン》

【公式】Pokemon Go(オフショットバージョン)では、二人で公園にポケモンをゲットしに行く姿や、神木さんが佐藤さんのことを『たけちゃん』と呼んだりしてるところも見られます。

《CM オフショット》

コチラは主に、佐藤さんが神木さんをスマホで撮影。
これを見ていると、売れっ子芸能人のあの二人が、フツーの男の子に見えて、親近感を感じる人も多いのではないでしょうか?

ポケモンファンはもとより、佐藤健さんが神木隆之介さんファンも一見の価値ありかと。

スポンサーリンク

佐藤健、映画「いぬやしき」で悪役高校生を演じる!

【佐藤健、「いぬやしき」のオファーに「ボクでいいんですか?」】

佐藤健さんが、映画「いぬやしき」で自身初の悪役となる殺人鬼を演じました。
「いぬやしき」は、2018年4月20日から全国東宝系で公開された映画で、同名の人気漫画を実写化したものです。

佐藤健さんが演じるのは、ロボット化した殺人鬼、高校生の「獅子神皓」役です。
かつては正義の味方、仮面ライダーを演じたことがある佐藤健さんにとっては真逆の設定ですね。

キャスティングが決まったとき、佐藤さんは初の悪役を演じるということもあって、

「役者人生で培ってきたすべてを注ぎます。」

とその意気込みを語っていました。。

そんな佐藤健さんですが、映画のプレミアイベントで、今回の配役が決まったとき『本当に僕でいいんですか?』って聞き返したと裏話を紹介。
とはいっても、それは「僕が悪役でいいんですか?」という意味ではないんです。

佐藤健さん、もともと原作漫画を読んでいたそうで、「獅子神皓」のキャラクターにも魅力を感じていたそうです。
ただ、「獅子神皓」が高校生なので、もし映画化されても自分ではないと思っていたとのこと。

そこに舞い込んだオファーだったので、『本当に僕でいいんですか?』と聞き返しましたらしいですよ。
「実際、28ですから、高校生役は厳しいと言われたらぐうの音も出ない」ともこぼしていました。

そんな佐藤さん、年齢についてこんな風にも語っています。

「獅子神はロボットになったことで多くのことを悟った。
だから、実際の年齢よりも10歳老けて見える、と解釈してもらえたらうれしいです」

半分ジョークでしょうけどね。

それでも、イベントに参加していた共演者の本郷奏多さんや二階堂ふみさんは、佐藤さんが「高校生にしか見えなかった」とほめちぎっていました。
これには佐藤さんも照れてしまったようで、かわいいところがありますね。

実際、佐藤健さんの演技力には定評があって、「仮面ライダー電王」のときも一人で5人のキャラクターを演じ分けていましたからね。(*詳しくはコチラ⇒【佐藤健が仮面ライダーに出ないのは黒歴史だから?】

 

スポンサーリンク

【映画「いぬやしき」とは?】


映画「いぬやしき」は、『GANTZ』で有名な奥浩哉氏の同名漫画を映画化したものです。
監督は、実写映画『GANTZ』を撮った佐藤信介監督がつとめているんですよ。

CGやワイヤーでつったアクションなど、特殊なテクニックで実写化不可能と言われていた原作を見事に描いていますね。

主人公はなんと定年間近かのサラリーマン「犬屋敷壱郎」で、映画では木梨憲武さんが演じてます。
ちなみに、木梨憲武さんにとっては2002年の『竜馬の妻とその夫と愛人』以来、16年ぶりの映画主演になるそうです。

撮影当時、56歳だった木梨さんは、自分より老けている主人公を演じるために特殊メイクをして、見事に「おじいちゃんヒーロー」役を演じています。
原作をご存じでない方のために、ストーリーをちょっとご紹介しますね。

「犬屋敷壱郎」は、定年を控えたうだつの上がらないサラリーマン。
家庭でも威厳がなく頼りない父親として平凡な日々を送っています。

ある日、、医者から末期ガンであることを告げられ、人生が真っ暗に。
その日の夜、犬屋敷は謎の事故に遭遇し気を失ってしまいます。

目を覚ますと、外見はそのままで、身体の中が機械で出来たサイボーグになっていました。
サイボーグになり人間を遥かに超越する力を手に入れた犬屋敷は、その特殊能力をつかって人助けすることに生きがいを見つけます。

一方、佐藤健さん演じる高校生「獅子神皓」も、同様の事故で犬屋敷と同じ能力を持っています。
しかし、獅子神は悪に目覚め、自分に敵対する人たちを抹殺し始めます。

そんな殺人鬼、獅子神から日本を救うために犬屋敷が立ち上がりました。

初老のサラリーマンヒーローVS悪の高校生という斬新な設定のアクション映画です。

リアルな日常世界とCGを駆使した非現実的なシーンが交錯してます。
佐藤健さんのファンの方はもちろん、SFファン、漫画「いぬやしき」ファンの方たちにもオススメです。

【キャスト】

  • 木梨憲武
  • 佐藤健
  • 本郷奏多
  • 二階堂ふみ
  • 三吉彩花
  • 濱田マリ
  • 斉藤由貴
  • 伊勢谷友介

スポンサーリンク