中村勘九郎の父親はあの中村勘三郎!

【中村勘九郎の父親:中村勘三郎の七回忌】

中村勘九郎さんの父親である勘三郎さんがんが亡くなって7年が経ちました。
今年(2018年)9月には「七回忌追善 偲ぶ会」が開かれ、なんと1200名もの芸能関係者が参加、そして、10月、11月には「七回忌追善 興行」が開かれる予定です。

勘三郎さんは歌舞伎はもちろん、TVドラマやCMなどでも大活躍でしたから、良くご存じの方も多いのではないでしょうか。

9月の「偲ぶ会」では、勘三郎さんの2人の息子である勘九郎さんと七之助さんが兄弟でそれぞれあいさつしました。

上の写真の向かって左は中村七之助さん、中央が中村勘三郎さん、右が中村勘九郎さんです。(東京スポーツ新聞社より)

そのなかで、勘九郎さんは
「父と丸6年会っていないのが不思議な気がする。長い巡業に行っていて、ひょっこり帰って来るような気がしてならない。…父に会いたい気持ちが増しましたと同時に、何より父がみんなに会いたいだろうと思います。」

と涙ぐんでいたのが印象的でしたね。。

また、雑誌『アエラ』では、「七回忌追善 興行」を前に、やはり、兄弟でこんな風に語っています。

  • 勘九郎さん

「父の追善公演をさせていただくことは、本当に嬉しい。
ことに歌舞伎座と平成中村座でできるのはありがたいこと。

父は新作歌舞伎に取り組んだが、それ以上に古典歌舞伎を愛していた。
僕たちもきちんと古典を受け継がなければならない。…

偉大すぎる父を持って大変なことはないかと言われるけど、それはない。…

歌舞伎座新開場の時、父はどんなにこの舞台に立ちたかっただろうと思い、胸がいっぱいになった。…

父は祖父から「追善のできる役者になれ」と言われて育ったそうだが、僕たちもこうして父の追善公演ができる。
そのありがたさを感じ、心して務めていきます。」

  • 七之助さん

「松竹の副社長が、父は『歌舞伎座を背負いながら、平成中村座を作り上げた方なので両方で追善公演を行うことが功績に応えること』とおっしゃったのは嬉しかった。…

僕は常に父を意識して毎日舞台を務めています。
父が生きていた時は安心し、甘えていた部分もあるけど、いざ言ってくれる人がいなくなったことの恐ろしさ。…

僕たち兄弟は重度の父親コンプレックス。
甥たち(勘九郎の息子勘太郎と長三郎)の初舞台の時は父が見たかっただろう、一緒に出たかっただろうと思い胸が詰まった。…」

なんか、しみじみするお話ですね。

スポンサーリンク


【中村勘九郎の父親:勘三郎ってどんな人?】

では、簡単に中村勘九郎さんの父親である勘三郎さんについてご紹介します。

*中村勘九郎さんのプロフィールはコチラ

【父・中村勘三郎プロフィール】

  • 十八代目 中村 勘三郎
  • 生年月日:1955年(昭和30年)5月30日
  • 本名:波野 哲明(なみの のりあき)
  • 屋号:中村屋
  • 妻:好江(七代目中村芝翫の次女)
  • 父:十七代目中村勘三郎
  • 祖父:父方…三代目中村歌六、母方…六代目尾上菊五郎
  • 所属事務所:ファーンウッド

子役時代から46年間、五代目 中村 勘九郎と名乗る。

江戸の世話物から上方狂言、時代物、新歌舞伎から新作など、幅広いジャンルの役柄を務める。
コクーン歌舞伎や平成中村座を立ち上げ、渡辺えりや野田秀樹、串田和美らと組み、古典歌舞伎の新解釈版や新作歌舞伎の上演、地方や海外公演も精力的に行う。
現代劇『浅草パラダイス』は長期人気演目。
2012年、食道癌を発端とし、同年12月5日に急性呼吸窮迫症候群のため死去。
2013年(平成25年)4月には新生・歌舞伎座こけら落としを控えていた。
享年57歳。


中村勘九郎が銀魂でハチミツまみれ?画像つき!

【中村勘九郎が映画『銀魂』でふんどし姿でハチミツまみれ?】

中村勘九郎さんは歌舞伎はもちろん、映画やドラマでも幅広い役をこなせるマルチ俳優。
最近の映画では、2018年8月17日に公開された『銀魂2 掟は破るためにこそある』にも出演していますね。

その映画の第一弾に当たる2017年公開の映画『銀魂』で勘九郎さんが全裸でハチミツまみれの熱演をしているんです。

当時、映画『銀魂』のジャパンプレミアムに出席した中村勘九郎さんが、集まった子どもたちに
「おじさん、ち○ち○出しているからね」
と話しかけ周りの出演者から制止される爆笑シーンがありました。

あの真面目な勘九郎さんに何が起きたんでしょう?

【映画『銀魂』とは?】

もともと、『銀魂』は集英社『週刊少年ジャンプ』にて2004年から2018年まで連載された空知英秋のSF時代劇漫画です。

舞台は、江戸時代末期。

宇宙人「天人(あまんと)」の襲来を受けた日本は、天人との間に攘夷戦争に突入します。
しかし、弱腰の幕府は天人の侵略を受け入れ開国し、江戸は天人の支配下に。
天人と戦った攘夷志士達は弾圧され、侍は力を奪われていきました。

そんな時代、剣術道場の跡取りながら剣を活かせず無気力になっていた志村新八は侍魂を持った青年、坂田銀時と出会います。

新八は、銀時の営業する万事屋でともに働き出すが、やがて、江戸の治安を預かる真選組の侍たちなどと関わり合っていく人情ストーリーです。

登場人物も、志村新八(村田新八?)、近藤勲(近藤勇?)、土方十四郎(土方歳三?)、沖田総悟(沖田総司?)など歴史上の人物名をパロディー化しています。

スポンサーリンク


【中村勘九郎の『銀魂』での役は?なぜハチミツまみれ?】

映画の中で、勘九郎さんは真選組局長・近藤勲を演じています。
男気あふれるが『天然キャラ』。
常に裸で竹刀を振っている男です。

映画版『銀魂』の第一弾は、原作の「カブト狩り(第10巻)」と「紅桜篇(第11-12巻)」をベースにしていますが、
勘九郎さんがハチミツまみれになったのは、逃げた将軍のペットであるカブトムシを捕まえるために、近藤勲が全身にハチミツを塗りカブトムシをおびき寄せようとするシーン。

ジャパンプレミアムで勘九郎さんはこんな風に語っています。

「皆さん衣装もすごく凝っていて、暑い思いをされていたと思うんですけれども、僕はほとんど裸だったので、全然苦労していないですね。そういう点では。」
「ロケの時はだいたいガウンを着ていたので、みんなから『AV男優だ』って(笑)」

これには会場も大爆笑。

共演の小栗旬さんは、勘九郎さんに「役者魂を見せていただいた」としたあと、

「初めて会った時からずっと蜂蜜まみれだったので、その時点で凄いなっていうのと、(自分が)飛んだ時に、(蜂蜜を)飛ばしたいからって、やたらここ(股間)に蜂蜜を集めて」

と笑いながらコメントしていました。

この映画、監督を務めたのは深夜の人気TV番組「勇者ヨシヒコ」を撮った福田雄一さん。
ギャグとパロディー満載の楽しい映画です。
まだ見ていない方は、DVDでご覧になってはいかがでしょうか?

中村勘九郎の浮気相手はあの有名女優?ホント?

【中村勘九郎があの大物女優と浮気?】

2019年の大河ドラマ『いだてん』の主演も決まり、今話題になっている中村勘九郎さんですが、かつて浮気騒動が起きたことがあります。
その浮気相手と噂されたのは、大物女優:宮沢りえさん。

それは2016年のこと。

「あの真面目そうな勘九郎さんが!」と当時話題になりました。

でも、ちょっと待って下さい。
宮沢りえさんは1973年生まれですから当時43歳。

一方、中村勘九郎さんは、1981年生まれですから35歳。

あり得ない年齢差ではありませんが、不自然だと思いませんか?

それもそのはず。
じつは、宮沢りえさんと浮気が疑われたのは、同じ「中村勘九郎」でも、父親の「18代目中村勘三郎」さんの方なんです。

お父さんもかつて「勘九郎」を名乗っていたことがあり、当時「五代目 中村勘九郎」でした。
今の勘九郎さんは、「六代目 中村勘九郎」。

なんでも、「文芸春秋」がある歌舞伎俳優の不倫疑惑を追っているという噂から生まれた誤解のようです。

写真中央が父「五代目 中村勘九郎(18代目中村勘三郎)」、向かってその右が「六代目 中村勘九郎」

「六代目 中村勘九郎」さんは、奥さんの女優、前田愛さんと今でもラブラブで、二人の息子さんも初舞台を踏み、円満な家庭を築いているようです。

*嫁:前田愛さんとの馴れ初めについてはコチラ⇒【中村勘九郎と嫁、前田愛との馴れ初め】

スポンサーリンク

【五代目 中村勘九郎と宮沢りえの不倫騒動とは】

では、お父さんの方の勘九郎さんと宮沢りえさんとの不倫騒動の経緯をご紹介します。

父、勘九郎さんと宮沢りえさんが不利疑惑をもたれたのは1994年のことです。
当時、宮沢りえさんは婚約していた貴花田関と破局し、憔悴のあまり拒食症に陥っていました。

そんななか、京都のホテルで泥酔したりえさんが、グラスを片手に左手首を切る事件がありました。(りえさん自身は自殺説を否定しています。)

そして、その事件(事故?)が起きる直前に会っていたのが勘九郎さん。
そのことから不倫疑惑がもたれました。

しかし、勘九郎さんは記者会見で疑惑を明確に否定。

勘九郎さんによると、酔っていたりえさんから電話であるお店に呼び出され、行ってみると、りえさんが余りにも泥酔していました。
心配した勘九郎さんはタクシーでホテルまで送り届けただけだそうです。

そのあとに、先ほどの手首を切る一件があり、一気に不倫疑惑が広まりました。

当時、婚約解消で傷ついていた宮沢りえさんを中村勘九郎さんが励ましていたのは事実だそうですが、不倫に関しては両人ともきっぱりと否定しています。

だとすると、こちらも誤解から生まれた報道のようですね。

とかく華やかなイメージがある歌舞伎界と芸能界。
役者さんたちも大変ですね。

中村勘九郎の息子さん達の動画紹介!

【中村勘九郎・前田愛夫妻の息子たち】

歌舞伎俳優、中村勘九郎(本名:波野雅行)さんと嫁の前田愛(本名:波野愛)さんの間には二人の息子さんがいらっしゃいます。
跡取りとして必ず男子を産まなければならない『梨園の妻』愛さんとしては、二人とも男子でホッとしていることでしょうね。

で、長男に名前は波野七緒八(なみのなおや)くん。
生年月日は、2011年2月22日。
なんでも、縁起の良い七福神の「七」と、末広がりの「八」から感じを取ったそうです。

二男は、波野哲之(なみののりゆき)くん。
2013年5月22日生まれ。
お兄ちゃんとは2歳3カ月違いです。
先代の父、中村勘三郎さんがお亡くなりになったときに生まれてきたので、お母様が勘三郎さんの本名「波野哲明」からひと文字入れて欲しいと望まれてこの名前になったとか。

二人が通う幼稚園や小学校は公表されていません。
噂では、勘九郎さんが通っていた「青山学院幼稚園」か「慶應幼稚舎」、御三家の幼稚園ではないかと言われています。

スポンサーリンク

【中村勘九郎と息子たちの初舞台動画】

そんな二人が、2017年2月2日親子で初舞台を踏みました。

兄 七緒八くんは「三代目 中村勘太郎」、弟 哲之くんは「二代目 中村長三郎」として、東京・歌舞伎座で『門出二人桃太郎』を演じたのです。
この演目は、父 勘九郎さんが5歳の時に演じたものです。

そのときの動画がこちらです。(*見られないときは、【コチラ】をクリック)

初日の舞台後、お父さんの勘九郎さんはインタビューでこんなことを語っています。

「芝居の最中はドキドキでしたけれど、しっかり2人とも勤めてくれたのでよかったです。
千穐楽までケガなく、病気もせず、元気な姿をお客様に見せられたらいいですね。
どうにか、お客様に見ていただけるまでになりましたが、ほんの半月前までは、親の僕のほうが焦りまくっていました」

親はどこも同じですね。

また、兄弟と言えど性格は全く違うようで、厳しくした方がよいのがお兄ちゃんの勘太郎くん。
弟の長三郎くんは、怒ると稽古をやらなくなってしまうそうです。

奥さんの前田愛さんもしつけに厳しいらしく、時には烈火のごとく叱ることもあるのでとか。

そんな奥様に勘九郎さんは、「子どもたちを育てるだけではなく、芝居や僕のことをサポートしてくれて大変だと思う。」とねぎらっていました。

点数をつけるとしたら、「100点満点中98点」。
マイナス2点は怖いところだとか…。(笑)

お子さんたちがすくすくと育ち、立派に後を継いでくれるといいですね。
お父さん、お母さん、頑張ってください!

*勘九郎さんと愛さんの馴れ初めはコチラ

 

中村勘九郎が大河ドラマ「いだてん」(2019年)に出演!

【中村勘九郎と阿部サダヲが大河ドラマ「いだてん」の主人公!】

2019年1月から始まるNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。
主演は、中村勘九郎さんと阿部サダヲさんのお二人です。

中村勘九郎さんはマラソン選手として、阿部サダヲさんは東京オリンピックを招致した田畑政治を演じ、リレー形式でドラマをつなぐそうです。
中村勘九郎さんは『新選組!』、阿部サダヲさんは『おんな城主 直虎』と大河ドラマ経験者だけにきっと素晴らしい演技を見せてくれるでしょうね。

しかも、脚本は宮藤官九郎さん。

宮藤官九郎さんといえば、日本アカデミー賞最優秀脚本賞、向田邦子賞、芸術選奨文部科学大臣賞など多くの受賞作品があり、NHKでは、あの大ヒットした連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本を書いています。
大河ドラマは初挑戦となります。とても楽しみですね。

スポンサーリンク


【大河ドラマ「いだてん」のあらすじ】

物語は、ストックホルム大会・ベルリン大会・東京大会の3回のオリンピック大会を中心に、“知られざるオリンピックの歴史”を描いています。


「ストックホルム オリンピック(1912年)」篇~明治末期

日本初のオリンピック参加となるストックホルム大会に、短距離走では三島弥彦が、マラソンでは金栗四三(中村勘九郎さん)が出場します。

しかし、世界の壁は厚く、二人とも大惨敗。

夢を諦めきれない金栗は、再び壮絶な練習に挑み4年後のベルリン大会を目指します。

しかし、今度は第一次世界大戦のためにベルリン大会が中止。

夢を奪われた金栗は、学校の先生になって箱根駅伝を創設することになります。


「ベルリン オリンピック(1936年)」篇~昭和初期

日本は、東京オリンピック招致運動を始めます。

招致運動を進めた一人が田畑政治(阿部サダヲさん)。

競合国イタリアのムッソリーニへの直談判、2・26 事件など紆余曲折を経て東京はからくも勝利。

1936年のベルリン大会では、あの有名な「前畑頑張れ!」の実況で日本中が熱狂。

だが翌年、日中戦争が勃発し、各国からボイコット運動が起こる。

なんとか東京開催が再度承認されるが、結局、東京オリンピック 返上が決まります。


「東京 オリンピック(1964年)」篇~戦後復興期

田畑らの努力により、ついに「東京オリンピック」開催が決定する。

オリンピック開催のために始まった“東京大改造”のため、交通渋滞、立ち退き問題、水不足、選手村の選定難航などの難問が山積。

組織委員会事務総長の田畑は悪戦苦闘します。

2020年の東京オリンピック開催を間近に控え、オリンピックの歴史を題材に宮藤官九郎さんが痛快かつ壮大な大河ドラマを描きます。

大河ドラマ初の4K制作と言いますから、関東大震災、東京大空襲、高度経済成長と変貌する東京の町並みの映像も楽しみです。

中村勘九郎と嫁、前田愛との馴れ初め

歌舞伎役者、中村勘九郎さんのお嫁さんは女優の前田愛さん。
馴れ初めはどんな風だったんでしょうか?

2019年の大河ドラマ「いだてん」への出演が発表され、ますます活躍が期待される中村勘九郎さんについてご紹介します。

【二人の馴れ初めは?】


中村勘九郎さんとお嫁さんの前田愛さんの交際は、2009年1月6日発売の「女性セブン」で初めて報じられました。
なんでも、交際期間は7年間に及ぶそうです。

2001年に放送されたNHKドラマ『光の帝国』で共演したのがきっかけで、
そのとき、中村勘九郎さんは19歳、前田愛さんは17歳ですから、初々しくていいですね。

そこから7年間、かなり長い時間をかけて愛情を育んできたのも好感が持てます。

同年4月26日、都内で結婚会見がおこなわれました。
そこでのやりとりをご紹介しますね。

第一印象について


中村勘九郎さんは、前田愛さんについて「ちっちゃい子だな」と思ったそうです。
まあ、見たままの印象で普通ですね。

これに対して前田愛さんの方は、中村勘九郎さんの服装に引いてしまったようです。

なんでも、撮影が暑い時期で中村勘九郎タンクトップを着ていたそうです。
前田愛さんは、タンクトップが苦手で、「ちょっと変な人だな」と思ったそうですよ。

お互い、一目ぼれではなかったようです。

デートについて


二人とも売れっ子でしたからなかなか忙しかったようですが、仕事の合間を縫ってお食事、芝居、映画鑑賞などのデートを重ねていたとのことです。
なんかフツーぽくていいですね。

スポンサーリンク


結婚の決め手について

中村勘九郎さんは、前田愛さんが彼女が大学を卒業したら結婚したいなとずっと思っていたそうです。
でも、卒業してもなかなか言えず、7年たってしまったとのことでした。

勘九郎さんは愛さんについて、「ホッとできる存在」「この人となら一緒にいたい」と思ったと語っています。

一方、前田愛さんが結婚んを意識したのはここ1,2年らしいです。

もともと結婚願望が希薄だったそうですよ。
ただ、ここ1,2年で仕事や家庭で色々なことがあったとき、勘九郎さんがずっと支えてくれたのがありがたくて、ずっと一緒にいられたらいいなと思うようになったとか。

プロポーズについて


プロポーズはもちろん勘九郎さんから。
2000年の1月といいますから、結婚会見の約1年半前。

愛さんの家の前でストレートに『結婚してください!』とプロポーズしたそうです。

愛さんの方は、『はい』と返事。

お互い嬉しかったでしょうね。

でも、ちょっと待って下さい。
会見で愛さんは、結婚を意識しだしたのはここ1,2年とおっしゃっていたのと少し食い違うと思った方はいませんか?

それについても、勘九郎さんは「今の話を聞くと一方通行に聞こえるかもしれないんですけど(苦笑)」「前から結婚したいね…みたいな」話はしていたと説明してくれています。

しっかりしていますね。

こうして『梨園の妻』となった愛さんとの間に、いまでは二人の息子さんがいます。

厳しい歌舞伎の世界ですが、ご夫婦で力を合わせて立派なご家庭を築かれることをお祈りします。

*2人の息子たちの動画はコチラ⇒【中村勘九郎の息子さん達の動画紹介!】

スポンサーリンク

【中村勘九郎さん・前田愛さんプロフィール】


中村勘九郎

 

  • 六代目 中村勘九郎
  • 本名:波野雅行
  • 歌舞伎役者、俳優
  • 生年月日:1981年10月31日生まれ
  • 星座:さそり座
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京
  • 身長:174cm
  • 体重:65Kg
  • 2009年:女優の前田愛さんと結婚

 

前田愛

 

  • 本名:波野愛(旧姓 前田)
  • 生年月日:1983年10月4日
  • 出身地:東京
  • 血液型:B型
  • 学歴:青山学院大学国際政治経済学部卒業
  • 所属事務所:グランパパプロダクション
  • 出演ドラマ:「はみだし刑事情熱系」で柴田恭平の妻役、「女帝」、「キッズウォー」、「竜馬がゆく」、「忠臣蔵」、
  • 出演映画:「戦慄迷宮3D」、「旭山動物園」