篠原涼子が映画“サニー”で20年後の広瀬すずに!

大ヒットドラマ『ハケンの品格』(2017年 日本テレビ)の続編が2020年4月からスタートすることが話題になっている篠原涼子さん。

2018年には、映画『SUNNY(サニー)強い気持ち・強い愛』に主演しましたが、そのとき篠原涼子さんが演じたのは、20年後の広瀬すずさん。(というか、篠原さんの20年前を演じていたのが広瀬さん…)

人気女優の篠原涼子さんと広瀬すずさんが同一人物を演じた映画『サニー』ってどんな映画だったんでしょう?

そして二人が演じたのはどんあ役柄だったんでしょうか?

<スポンサーリンク>

【篠原涼子が主演した映画“サニー”あらすじ】

2018年8月31日に篠原涼子さんが主演で公開された映画『SUNNY(サニー) 強い気持ち』は、もともと2011年の韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』のリメイク版なんです。

オリジナルでは舞台が80年代後半でしたがそれを90年代の後半に変えています。

90年代後半と言えば、ルーズソックス全盛のコギャル時代ですよね。

広瀬すずさんが主人公の高校生時代を、そして篠原涼子さんがその20年後の現在を演じています。

あらすじはこんな感じです。

90年代、仲良しだった女子高生グループ「SUNNY」のメンバー、奈美、芹香、裕子、心、梅、奈々の6人。

大人になった彼女たちはそれぞれの人生を送っていました。

普通の主婦になった奈美は、かつて6人のリーダーだった芹香が末期がんで、余命1ヶ月だということを知ってしまいます。

6人は疎遠になってしまっていたが、「もう一度SUNNYのメンバーに会いたい」という芹香の願いをかなえるため、SUNNYのメンバーを捜し始める奈美。

ひとりひとり、なんとか探し出しますが、最後の一人、奈々だけが消息不明です。

はたして、芹香が亡くなる前に6人が勢ぞろい出来るのか…?

と、まあこんな感じのお話しです。

監督を務めたのは、映画『モテキ』(11年)、『バクマン。』(15年)で有名な大根仁監督。

そして、音楽を担当したのは90年代の音楽シーンをけん引していた小室哲哉さん。

挿入歌がまた懐かしいんです。

小沢健二「強い気持ち・強い愛 Metropolitan Love Affair」、安室奈美恵「Don’t wanna cry」・安室奈美恵「SWEET 19 BLUES」、久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL「LA・LA・LA LOVE SONG」、hitomi「CANDY GIRL」、TRF「survival dAnce 〜no no cry more〜」・「EZ DO DANCE」、JUDY AND MARY「そばかす」、PUFFY「これが私の生きる道」、CHARA「やさしい気持ち」、森田童子「ぼくたちの失敗」

音楽だけでも当時の雰囲気がよみがえりますよ。

<スポンサーリンク>

【篠原涼子の主演映画“サニー”のユニークなキャスト】

ところで、90年代と現在という20年の時間の隔たりを扱ったこの映画。

SUNNY(サニー)の6人のメンバーのキャスティングが、また面白いんです。

まずは、主人公の“奈美”。

淡路島から東京に転校し、サニーに加わります。
余りの環境の違いに戸惑いながらも5人と仲良くなり、いまでは高収入の夫と結婚し専業主婦として不自由なく暮らしています。

そんな“奈美”の初々しい高校時代を広瀬すずさん、現在を篠原涼子さんが演じています。

ふたりとも美人さんで、清潔なイメージがある点が共通していますね。

次に、SUNNY(サニー)のリーダー“芹香”。

友人のためなら何でもするカリスマ的存在で、成人した現在はビジネスの世界でも成功しています。

しかし、癌に倒れ、余命1年という残酷な宣告を受けてしまいます。
一人身で身寄りのない“芹香”は死ぬ前にもう一度サニーのメンバーに会う願いを奈美に託します。

高校時代の“芹香”は『ラジエーションハウス』や石原さとみさん主演の『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』にも出演した山本舞香さん。

成人後は、初め真木よう子さんが演じる予定でしたが、体調不良のため板谷由夏さんが務めています。

そして、“裕子”。

高校時代は、成績優秀だが楽しいこと大好きで素行や口が悪かった。

今はそれを封印し、セレブなマダムになっていますが、実は夫の浮気の悩んでいます。

そんな“裕子”の高校時代を野田美桜さん、セレブなマダムになった現在を小池栄子さんが演じています。

派手なマダムが小池さんって、なんとなくハマっている感じがしませんか?

続いては“心(しん)”。

高校時代はブランド品で身を固めてコギャルを謳歌していましたが、今は事情があって、5歳の娘と離れてスナックで仕事をしています。

高校時代を田辺桃子さん、現在をともさかりえさんが演じています。

ともさかさんなら、どんな役でも演じきってしまいますから、上手いキャスティングですね。

続いては、サニーのムードメーカー“梅”。

底抜けに明るい性格の持ち主で、現在はブラック企業の不動産会社で働いていますが、成績はダメダメ。

そんな“梅”の高校時代を演じているのは、今注目の富田望生さん。

賀来 賢人さん主演の『今日から俺は!!』(第1話・第4話、日本テレビ)、菅田将暉さん主演の『3年A組-今から皆さんは、人質です』(日本テレビ系)、『妄想エレベーター』(読売テレビ制作・日本テレビ)、広瀬すずさん主演の連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)、『偽装不倫』( 第5話 日本テレビ)、『ニッポンノワール-刑事Yの反乱』(第4話 日本テレビ系)、『教場』(フジテレビ)、『ブスの瞳に恋してる 2019 the voice』(フジテレビ)何かに出演していますね。

そして、成人した“梅”を演じているのは、これも今人気の渡辺直美さん。

ピッタリのハマり役と言ったところでしょうか。

最後は謎の美少女“奈々”

雑誌に出たことでモデルになった美少女。
クールでミステリアスな雰囲気の持ち主で、初めは奈々に冷たかった。

現在は消息不明になっていて連絡が取れません。

そんな“奈々”の高校時代を演じるのは、これも今人気の池田エライザさん。

映画の予告編や公式サイトでは、“奈々”の現在をだれが演じるのか伏せられています。

はたして、池田エライザさんの現在を演じるのは誰なんでしょうか?

そして、“奈々”は芹香の最期に間に合うのでしょうか…?

その辺のところもこの映画の見所になっています。

ラストが気になる方はコチラをご覧ください→【池田エライザがSUNNYで演じた女子高生のネタバレ】

それ以外に、三浦春馬さんやリリー・フランキーさんなんかも共演しています。

<スポンサーリンク>

【篠原涼子と広瀬すずのコメント】

そんな映画サニーで主演するにあたって篠原さんと広瀬さんがコメントを寄せていますのでご紹介しますね。

篠原涼子さん

「大根監督ならではの演出が満載で原作のノスタルジックな雰囲気を残しつつ、日本版としてのアレンジが加わって、さらにカッコ良くキラキラとした主人公達になっております」
「そんな主人公達を豪華な共演者の方々と一緒に作って行けるということでうれしさと、楽しさと、心強さでいっぱいです」

広瀬すずさん

「もともと原作映画が大好きで、リメイクされるなら絶対にこの役をやりたい!って思っていました」
「出演のお話を聞いたときは、うれしくて叫びました!しかも大根監督、楽しみでしかないです。3年前に大根組のオーディションを受けたことがあり、それからずっと映画でご一緒したいと思っていたので、念願叶って本当にうれしいです」
「(篠原涼子さんの高校生時代を演じることは)とても光栄なのですが…かなりプレッシャーが…大切に、大切に演じさせていただきます」
「コギャルファッションに挑戦するのも楽しみです」

やっぱり篠原涼子さんの高校生時代を演じるとなると、さすがの広瀬さんも緊張するんですね。

【篠原涼子の主演映画“サニー”を無料で見るには】

篠原涼子さんが主演した映画『SUNNY(サニー)強い気持ち・強い愛』を観たい方にオススメなのが動画配信サービス。
いわゆるVOD(ビデオ オン デマンド)です。

現在、動画配信は40社ほどありますが、どこも無料視聴ができるので、それを使えばお金をかけずに無料で作品を観ることができちゃいます。

なかでも、篠原涼子さんの作品をたくさん取り扱っているのが“FOD”(フジテレビオンデマンド)です。

勘違いされている方が多いのですが、フジテレビ以外の作品も観られるんですよ。

例えば、現在“FOD”で見られる篠原涼子さんの作品は次の通りです。

  • SUNNY(サニー)強い気持ち・強い愛
  • アンフェア
  • アンフェア the movie
  • アンフェア the end
  • ラストシンデレラ
  • オトナ女子
  • ビーチボーイズ スペシャル
  • 東野圭吾ミステリーズ
  • マザー&ラヴァー
  • アットホーム・ダッド
  • 民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~
  • RED SHADOW 赤影
  • ワンピース フィルム ゼット
  • THE 有頂天ホテル
  • 冷静と情熱あいだ
  • 花田少年史
  • 陽はまた昇る
  • 人魚の眠る家
  • 今日も嫌がらせ弁当

その他、現在放送中のフジテレビのドラマや『コード・ブルー』・『リッチマン、プアウーマン』・『昼顔』など過去のフジテレビの人気ドラマ5,000タイトルも独占配信しています。

更に100誌以上の人気雑誌や15万冊以上のコミックも読めて、毎月100~1200円相当のポイントのプレゼントもあるので上手に利用するとお得に楽しめます。

  • 作品数: 見放題 3万本 ( 他に有料作品あり )
  • ジャンル: 放映中フジテレビドラマ・バラエティー、過去のドラマ・バラエティー、映画、海外ドラマ、アニメ、オリジナル作品、コミック、雑誌
  • 月額利用料: 888円(税抜き)
  • 無料視聴期間: 1か月
  • 対応デバイス: パソコン、スマホ、タブレット、スマートテレビ、セットトップボックス・ストリーミングデバイス

すぐに入会する必要はありません。
まずは、無料視聴だけ楽しみましょう。

詳しくはコチラの公式サイトから。

池田エライザが『SUNNY(サニー)』で演じた女子高生のネタバレ

池田エライザさんは、先ごろ映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に出演しましたね。

ご存じのように10代前半からモデルをし、今や女優としても大活躍。
サニーでは、池田エライザさんだけ、篠原涼子さんたちとは違った特別な出演の仕方をしています。

ここでは、池田さんが演じた役の秘密をネタバレしちゃいます。

【映画サニーのあらすじ】

タイトルの「SUNNY」というのは女子高生のグループ名です。

ルーズソックスに象徴されるコギャルが話題となった90年代、高校生だった彼女たちは大の仲良し。
それから20年以上が過ぎ、彼女たちは大人になって、ひとりひとりが問題を抱えながら生きています。

サニーのリーダーで、今やキャリアウーマンとして成功している芹香は、末期がんで余命1か月を宣告されています。

それを知った、かつてのメンバーで現在は専業主婦をしている奈美。
芹香のもう一度サニーのメンバーに会いたいという最後の望みをかなえるため、奈美はSUNNYのメンバーを捜し始めます。

果たして、芹香の望みは叶えられるか・・。

90年代と現代の時間が交錯しながら物語は進みます。

スポンサーリンク

【映画サニーの出演者とスタッフ】

映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、2018年8月31日、東宝系で公開された話題の映画ですが、もともとは韓国でヒットした映画『サニー 永遠の仲間たち』を日本版にリメイクしたものです。

出演者は、池田さんの他に、主演の篠原涼子さん、広瀬すずさん、小池栄子さん、ともさかりえさん、渡辺直美さんといった個性派女優たち。

監督は『モテキ』や『バクマン』を撮った大根仁さん、音楽は90年代に一世風靡した小室哲也さんが担当しています。

挿入曲として、

  • 小沢健二「強い気持ち・強い愛 Metropolitan Love Affair」
  • 安室奈美恵「Don’t wanna cry」・「SWEET 19 BLUES」
  • 久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL「LA・LA・LA LOVE SONG」
  • hitomi「CANDY GIRL」
  • TRF「survival dAnce 」・「EZ DO DANCE」
  • JUDY AND MARY「そばかす」
  • PUFFY「これが私の生きる道」
  • CHARA「やさしい気持ち」
  • 森田童子「ぼくたちの失敗」

が使われ、90年代のムードをよみがえらせてくれています。

出演者やスタッフ、曲名を見ただけで面白そうではないですか?

スポンサーリンク

【映画サニーのキャスティング】

映画『サニー』は、メンバ一人ひとりの女子高生時代と現在のシーンが織り交ぜられながらストーリーが展開していきますが、同じ人物の女子高生時代と大人になってからの役を別の女優が演じています。

比べてみると、「なるほど」と思えるような組み合わせになっていますよ。

★奈美

現在:篠原涼子、女子高生:広瀬すず

淡路島から東京の高校に転校し、サニーに参加する。
現在は専業主婦として不自由なく暮らしているが、どこか物足りなさを感じている。
映画の主人公で、メンバー再結集に奔走する。

★芹香

現在:板谷由夏、女子高生:山本舞香

サニーのカリスマ的リーダー。
現在はビジネスに成功しているが、独身で余命1か月。
死ぬ前にメンバーたちと再会することが最後の望み。

★裕子

現在:小池栄子、女子高生:野田美桜

高校時代は、成績は優秀だが素行が悪かった。
今は、セレブなマダムになっているが夫の浮気に悩んでいる。

★心

現在:ともさかりえ、女子高生:田辺桃子

高校時代はブランド品で身を固めていたが、今はスナックで仕事をしている。
5歳の娘とは離れ離れに暮らす。

★梅

現在:渡辺直美、女子高生:富田望生

サニーのムードメーカーだった明るい性格の持ち主。
現在はブラック企業で働いている。

★奈々

現在:?、女子高生:池田エライザ

雑誌に出たことがきっかけでモデルになった。
ミステリアスなムードの美少女だったが、今や消息不明。


これを見ていただくとお気づきだと思いますが、サニーのメンバー6人のうち5人は「現在」と「女子高生」時代を別の女優さんが演じています。
只一人、池田エライザさんが演じた奈々だけ「現在」のところが「?」になっていますね。

さらに、公式サイトの集合写真でも、やはり一人足りません。

何故だと思いますか?
考えられるの二つ。

一つは、話題作りのために誰が演じているのか敢えて伏せている。
もう一つは、奈々が高校卒業後に亡くなってしまった。

どちらでしょうか?

スポンサーリンク

【池田さんが演じた奈々のネタバレ】

私も、映画を見る前は後者、つまり「奈々は若くして亡くなってしまった」という設定にちがいない、と勝手に思い込んでいました。

ところが、これは大ハズレ。
決して物語の途中で亡くなっているわけではありませんでした。

残念ながら、芹香が亡くなる前にメンバー全員が再集結する願いは叶えられませんでしたが、奈々は生きています。

そして、消息不明のままエンディングを迎えるわけでもありません。
最後の最後に姿を表します。

では、誰がその役を演じているかですが…。

ここからは「ネタバレ」式にご紹介します。

奈美の奮闘むなしく、芹香の存命中にメンバーがそろわなかったサニー。
芹香の遺影の前で奈々を除くメンバーがダンスを披露します。

ダンスが終わり、4人が互いに「楽しいネ」と語り合っています。

その時、奈美が部屋に入ってきた一人の女性に気付きます。

その女性は、一言「笑いなよ、あの頃みたいに」と言って髪をかき上げます。

そうです、奈々です。

演じている女優さん見極めようとよく見ましたが、池田エライザさんのようにも見えますし、別の人のようにも見えます…。

その直後のエンディングは、女子高生のサニーと現在のサニー、そして多くのエキストラの女子高生が大勢でダンスをするシーン。

チャンスと持って奈々を必死に探しましたが、人数が多いのと動きが速いのとで見つかりません。

最後のチャンスはエンドロール。
食い入るようにクレジットを注視して、ようやく判明しました。。

実は、現在の奈々を演じたのも池田エライザさん自身でした!
何と6名のサニーのうち唯一池田さんだけが両方の役を演じていたんです。

池田さんは、1996年4月16日生まれですから撮影当時は22歳。
その池田さんに40歳前後の奈々も演じさせて、観客が本人か別人か迷うのですから相当な腕前のメイクさんなんでしょうね。

興味のある方は、動画配信サービスの「おためし視聴」を利用すれば無料で見ることができます。

調べた中では、いくつかある動画配信サービスの中でも『dTV』さんが視聴期間31日とが最も長くて、ラインナップもダントツで一番でした。

ただ、この記事を読んでいる時期によって条件も異なるでしょうから、公式サイトで確認してくださいね。
コチラからdTVチャンネルさんの公式サイトに行けます。


スポンサーリンク