長澤まさみ“キングダム”の役、楊端和の美しい画像!

この度発表された第43回日本アカデミー賞(2020年)で9部門を受賞した映画『キングダム』。

長澤まさみさんは優秀助演女優賞、吉沢亮さんは優秀助演男優賞、佐藤信介監督は優秀監督賞に輝きました。

そんな映画『キングダム』で長澤まさみさんが演じた楊端和(ようたんわ)が、「美しすぎる!」と大評判です。

<スポンサーリンク>

【長澤まさみが出演した映画“キングダム”】

2019年4月19日に公開された映画『キングダム』。

原作は、第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した原泰久さんの有名な漫画で、単行本発行部数が累計4700万部を超えるほどの人気です。

中国春秋戦国時代を舞台に繰り広げられる壮大な歴史エンターテインメントで、実写不可能と言われていましたが、『アイアムアヒーロー』『いぬやしき』『図書館戦争』等で有名な佐藤信介監督が見事に実写映画として作り上げました。

主演は、山崎賢人さん。共演に吉沢亮さん、長澤まさみさん、橋本環奈さん、大沢たかおさんなど豪華俳優陣がが脇を固めました。

大将軍を夢見る主人公の少年・信(山崎賢人さん)が後の始皇帝となる若き秦王・エイ政(吉沢亮さん)と出会い、戦いに身を投じていく姿を描いた一大物語です。
(『キングダム』のあらすじはコチラ→【吉沢亮、キングダムの美しい画像とスゴイ演技力】

漫画を実写化すると、「原作とイメージが違う」「原作の良さが出ていない」などと酷評されることが多い中、この『キングダム』に限っては、原作のファンの間でもかなり好評だったんですよ。

【長澤まさみが演じた役“楊端和”】

さて、映画『キングダム』で長澤まさみさんが演じた楊端和(ようたんわ)についてご紹介します。

楊端和は美しさと絶対的な強さを合わせ持つ山民族王兼秦国大将軍。

山に拠点を作っている異民族で野蛮で戦が大好きな獰猛な異民族である「山の民」を治めています。

女性ながら、山民族からは「山界の死王」と呼ばれ、その武力は山界一です。
幼い頃より国の拡大を望み、自ら先頭に立って国家を統合していきます。

秦王・政と強固な盟を結び王都奪還に力を貸し、奪還後もバンコ族と闘ったり、窮地の秦国を救うために援軍として参戦したりと、文字鳥絶対的な強さを持って戦に明け暮れる大将軍です。

長澤さん自身、撮影を振り返って「強くなきゃいけないって大変でした」と感想を述べています。

<スポンサーリンク>

【長澤まさみが演じた“楊端和”に美しい画像】

そんな美しさと強さを併せ持った楊端和にお役を演じるにあたり、長澤まさみさんはカラーコンタクトをつけ、力強いアクションシーンを演じています。

『ロボコン』『世界の中心で、愛をさけぶ』『涙そうそう』『モテキ』『海街diary』などで7回も日本アカデミー賞にかがやいている演技力と、元サッカー日本代表のお父さんから受け継いだ運動神経の良さがあったからこそかもしれませんね。

<スポンサーリンク>

【長澤まさみの作品を見逃した方へ】


(映画『モテキ』)

長澤まさみさんが出演した映画やドラマの作品を見逃してしまった方にオススメなのが動画配信サービス。いわゆるVOD(ビデオ オン デマンド)です。

現在、動画配信は40社ほどありますが、どこも無料視聴ができるので、それを使えばお金をかけずに無料で作品を観ることができちゃいます。

なかでも、長澤まさみさんの作品をたくさん取り扱っているのが“FOD”(フジテレビオンデマンド)です。

勘違いされている方が多いのですが、フジテレビ以外の作品も観られるんですよ。

例えば、現在“FOD”で見られる長澤まさみさんの作品は次の通りです。

    • コンフィデンスマンJP
    • コンフィデンスマンJP ロマンス編
    • 高校入試
    • 東野圭吾「分身」
    • ショコラ
    • 白い鳥
    • ラフ ROUGH
    • ザ・クロッシング Part1
    • ザ・クロッシング Part2
    • GOLD
    • 東野圭吾シリーズ
    • ガリレオ
    • 女信長
    • 若者たち2014
    • 明智光秀~神に愛されなかった男~
    • 曲がれスプーン
    • にゃんこ THE MOVIE 5
    • ロボコン
    • ゴジラ×モスラ×メカゴジラ
    • 海街diary
    • グッドモーニングショー
    • 岳 ガク
    • 君の名は。
    • 世界の中心で、愛を叫ぶ
    • そのときは彼によろしく
    • タッチ
    • モテキ
    • アイアムアヒーロー
    • 嘘を愛する女

その他、現在放送中のフジテレビのドラマや『コード・ブルー』・『リッチマン、プアウーマン』・『昼顔』など過去のフジテレビの人気ドラマ5,000タイトルも独占配信しています。

更に100誌以上の人気雑誌や15万冊以上のコミックも読めて、毎月100~1200円相当のポイントのプレゼントもあるので上手に利用するとお得に楽しめます。

  • 作品数: 見放題 3万本 ( 他に有料作品あり )
  • ジャンル: 放映中フジテレビドラマ・バラエティー、過去のドラマ・バラエティー、映画、海外ドラマ、アニメ、オリジナル作品、コミック、雑誌
  • 月額利用料: 888円(税抜き)
  • 無料視聴期間: 1か月
  • 対応デバイス: パソコン、スマホ、タブレット、スマートテレビ、セットトップボックス・ストリーミングデバイス

すぐに入会する必要はありません。
まずは、無料視聴だけ楽しみましょう。

詳しくはコチラの公式サイトから。


山崎賢人、映画“キングダム”の演技評価は?!

2019年4月に公開された映画『キングダム』が大ヒットですね。

山崎賢人さんや吉沢亮さんといった若手イケメン俳優の熱演が光りました。

全く違った2人のキャラクターを演じ分けた吉沢亮さんの演技力が高い評価を受けましたが、主演の山崎賢人さんの評価はどうなんでしょうか?

原作ファンの厳しい目で見た声は如何に?

<スポンサーリンク>

【映画“キングダム”の吉沢亮に賛辞!】

映画『キングダム』は、『週刊ヤングジャンプ』で連載されている、原泰久さんの同名の漫画を実写化したものです。

単行本が3800万部も売れている大ヒット漫画なんです。

舞台は紀元前245年、春秋戦国時代の中国。

後に始皇帝となる秦王・“嬴政(えんせい)”と、秦の大将軍になる“信(しん)”をめぐる物語です。

人気漫画を実写化すると、どうしても原作のイメージと違うという声が多く、「賛否」の「否」が目立つもの。

しかし、映画『キングダム』については、SNS上で絶賛のコメントが多数を占めています。

特に、下僕で影武者にさせられた“漂(ひょう)”と、後に秦の始皇帝になる若き王“嬴政(えい せい)”の二役を見事に演じ分けた吉沢亮さんには、“カメレオン俳優”と賛辞が寄せられています。

では、主演の山崎賢人さんはどうだったんでしょうか?

<スポンサーリンク>

【山崎賢人“キングダム・信”の再現度がヤバイ!】

山崎賢人さんはこの映画の主人公“信(しん)”を演じています。

“信”は、戦争孤児で下僕の身分ながら、大将軍を夢見ている少年。
後の秦国の将軍“李 信”です。

“信”は誰よりも高く飛ぶ身体能力を持つため、山崎さんは約半年間も食事制限をし、トレーニングを積んだんですって。

では、原作漫画の“信”と山崎賢人さん演じる“信”を見比べてみていください。

原作のイメージ、ピッタリではないですか?

SNSの声は・・・

「信は、山崎賢人しかいない」
「体格の再現度が高い」
「信がほんとそのまま」
「まさに天下の大将軍を夢見る信そのものだった」
(クランクインより)

と、まさに称賛の嵐でした。

<スポンサーリンク>

【“キングダム”原作者の山崎賢人への評価】

映画『キングダム』公開に先立ち、都内で開かれた公開直前試写会イベントでのことです。

会場には、映画の出演者である山崎賢人さん、吉沢亮さん、橋本環奈さん、本郷奏多さん、そして、キングダム大ファンの吉村崇さん(平成ノブシコブシ)が出席しました。

このイベント会場に、漫画『キングダム』の原作者である原泰久さんから山崎さんの演技についてコメントが届いたんですって。

そのコメントとは、…

「原作の1巻から5巻の信よりも、山崎くんが演じた信の方が魅力的だった」

これには山崎さん大感激。

こんな風に語ってたそうです。

「僕は漫画の信を見て役を作っていきました。無限の可能性と誰よりも高く飛ぶというパワー……ずっと全力で命を吹き込めればと思っていました。だから生みの親である原先生にそういっていただけると本当に嬉しい」

(シネマトゥデイより)

さらに、原作をよく知るファンからは、こんな声が。

「原作ファンとしてガッカリ感1ミリもない。山崎賢人さんの信はピッタリ」
「山崎賢人くんのアクションが躍動感あって剣術も良かった」
「渾身の芝居に涙が出そうに..」
「原作ファン納得の一作」
「山崎賢人演じる信が全て。マジであれは信」
「山崎賢人、今までにない演技幅」

(クランクインより)

普通、原作をよく知っているファンの方が否定的な印象を持つんですが、映画『キングダム』に関してはそうではないんです。

むしろ、原作を知っている人の方が賛辞を送っているんです。
実はそこにはある秘密が…。

<スポンサーリンク>

【なぜ“キングダム”の再現度は高いのか!】

なぜ、原作を知っている人たちまでもが、この映画をほめたたえるかというと、映画の制作段階からあることをしているからなんです。

そのあることとは、漫画の原作者である原泰久さん自身が脚本から参加し、映画にする際のシーンの取捨選択やその他の細部まで精査し、さらに映画のために新たなセリフやシーンも加筆しているからなんです。

映画の場合、尺が決まっていますから、どうしても原作どおりにシーンを展開できないという制約があります。

そこで、原作のシーンを取捨選択しなければならないんですが、映画制作側が原作者に遠慮してしまうと、映画としての面白みが欠けた中途半端なものになってしまうらしいんです。

そこで、原作者の原泰久さんは、かなり早い段階から脚本の構築作業に深くかかわっていたんですって。

12時間にも及ぶ脚本会議にも参加して、全体の個性からひとつひとつのセリフにいたるまで細かく練ったそうなんです。

その結果、原作者がイメージする世界観を忠実に描かくことができ、それをしっかり映像とマッチさせることが可能になったというわけです。

さらには、こうした原作者と制作スタッフの熱量に俳優陣も奮い立ち、良い作品を作ろうと全員一丸となったんだそうです。

主演の山崎さんや吉沢さんだけでなく、例えば、秦の六大将軍の一人・王騎を演じた大沢たかおさんは、半年以上かけて体重を15kg増やし、あの腕の筋肉を作り上げたとのこと。

表舞台に立つ人はもちろんですが、裏で映画を作り上げている人たち、特に『キングダム』の場合は原作者の働きが大きかったようですね。

だからこそ、あれだけ原作の際限度が高かったというわけです。
思わず納得でした。

<スポンサーリンク>

【山崎賢人や吉沢亮の見逃し作品を見るには!】

映画『キングダム』でその演技に高い評価を得た山崎賢人さんや吉沢亮さん。

彼らの過去の作品を見るには、今流行りの“動画配信”が便利です。

スマホでも見られるので通勤や通学のスキマ時間を有効に活用出来ちゃうから便利ですよ。

40社近くある動画配信サービスのなかからオススメのものを比較しやすく一覧にまとめましたので、興味のある方はご覧ください。→【動画配信 比較】

<スポンサーリンク>

吉沢亮、キングダムの美しい画像とスゴイ演技力!

2019年4月に公開された映画『キングダム』はもうご覧になりましたでしょうか?

そこに出演している吉沢亮さんが見事に2役を演じ分け、その演技力が高い評価を受けています。

もちろん、イケメン俳優ナンバー1に選ばれるだけあって、その姿もむちゃくちゃカッコいいです。

今回は、そんな『キングダム』の吉沢亮さんを美しい画像付きでご紹介します。

スポンサーリンク

【吉沢亮が出演した映画“キングダム”とは】

2019年4月19日に全国で公開され、現在も大ヒット上映中の映画『キングダム』。

もともと『週刊ヤングジャンプ』で2006年9号より連載が続けられている、原泰久さん原作の漫画『キングダム』を実写化した映画です。

単行本は、累計3800万部も売り上げており、コナミからPSPのゲームも発売。

2012年から2014年にかけては、アニメ版の2シリーズがNHKで放送されるなど、空前の大ヒットになっています。

舞台は。春秋戦国時代の古代中国。
後に始皇帝となる秦王・“嬴政(えんせい)”と、秦の武人である主人公・“信(しん)”の活躍を中心に描かれた一大スペクタクルです。

主人公“信”を演じるのは、イケメン俳優・山崎賢人さん。

もともと戦争孤児で下僕の身分ながら、大将軍を夢見ている少年です。

はじめは、幼馴染の“漂(ひょう)”が秦王“嬴政(以下 政)”の影武者として身代わりとなって死んだたのために“政”と対立。

しかし、“政”に叱咤激励され、やがて“政”が王都奪還することに協力し、後に秦の大将軍になります。

映画『キングダム』は、そんな“信”の活躍を中心に群雄割拠する古代中国を描いた映画です。

スポンサーリンク

【キングダム”で二役を演じた吉沢亮の演技力】

では、吉沢亮さんはどんな役を演じたのかというと、何と、ひとりで二役も演じているんです。

一人は、先ほども出てきた“嬴政(えい せい)”

後の始皇帝になる人物で、賢人にして武芸にも長けています。

幼少時代を過ごした趙で虐げられて育ったため、他人を一切信用しないようになってしまったが、“昌文君(高嶋政宏さん)”や“信”のことは信頼しています。

本郷奏多さん演じる、腹ちがいの弟“成蟜(せいきょう)”の反乱によって王宮を追われますが、中国統一という熱い夢を持ち続ける秦の若き国王です。

もう一人の役は、“漂(ひょう)”。“信”の幼馴染で、やはり下僕の身分です。

たまたま“政”に瓜二つだったために“昌文君”に王宮に連れて来られて、影武者として利用されてしまいます。

“成蟜”の反乱で深手を負い、最期を看取ってくれた親友の“信”に夢を託します。

このように、吉沢さんは王と下僕という正反対の身分の人物を演じたんですが、まずはその二役に画像を見比べてみていください。

まず目つきが違いますよね。

吉沢さん自身、こんな風にコメントしているんですよ。

「見た目は一緒ですが、王様と奴隷という両極端な役。深く人間性を掘り下げ、一目見ただけで漂と(エイ)政のどちらを演じているかわかるぐらいにしたかった」

確かに、一目でどちらの人物を演じているかすぐわかりますね。

さらに、アクションに関しても、身分が低く我流で荒削りな“漂”と、王族として英才教育をうけた“政”の剣術の違いまで意識して演じ分けたそうですよ。

では、、実際に観た人の評判はどうなんでしょうか?

嬴政・漂役の吉沢亮さんは、さすがと思わせる演技と完璧なビジュアルで、思わず見とれてしまいました。

山崎賢人さん、吉沢亮さんは、もうただのイケメン俳優ではないですね。
お二人のシーンに何度泣かされたことか。映像を目に焼き付けたいのに、涙が溢れて困りました。無条件に圧倒された。

特に吉沢亮さんのあの眼力は、どんな強靭な敵をもたじろがせる、魔力のような魅力的なパワーを感じます。

この映画で、ますます吉沢亮さんのファンが増えそうな予感(^^)

キャストも抜群、主人公の信もよかったが、若き王(後の始皇帝)が
すごくかっこよい、美しい。漂との二役もすごくよかった。
オッサンの私が見ても惚れ惚れする、心(ハート)を打ちぬかれた。

キャストについて、自分は吉沢亮さんのファンではありませんでしたが、1人2役を上手に演じてらっしゃったと思います。全く同じ顔の役柄でしたが、全然違う人物に見えました。

特に吉沢亮さんという俳優の美しさと品格のある演技。
その他の俳優陣の演技の素晴らしさ。
特に目の表情が。。よかった。

原作を知らずに見に行ったのですが非常にわかりやすく面白かったです!!
出演者の演技がとても上手で特に吉沢亮くんの2役の演技は圧巻でした!

とても楽しめました。
吉沢亮さんはダメ恋のイメージしかなかったのですが、雰囲気が全然違っていてすごく良かったです。

原作好きな方、ここまで原作を裏切らない配役はそんなにないのでは。役者達が本当にその役になりきっていて全く違和感がなかった。吉沢亮の気品と美しさは大王役にピッタリ。久しぶりに美しい男が現れたなぁ。

(映画.comより)

ということで、映画そのものもそうなんですが、吉沢さんの演技に対して高評価をしている人がかなり多いんです。

漫画やアニメの実写版というと、とかく期待外れの場合が多いんですが、この映画に限ってはそんなことはないようですね。

スポンサーリンク

【吉沢亮の“キングダム”で魅せた美しい画像】

『ciatr(シアター)』の“究極のイケメン俳優人気ランキングTOP40”で1位、『cinema cafe net』の“イケメン俳優ランキングTOP30!”では横浜流星さんに続いて2位に輝くなど、もともとイケメン俳優として評価が高い吉沢亮さんですが、特に『キングダム』の“嬴政(えいせい)”の画像が美しいと評判です。


横浜流星さん ↑ )

何故、それほどまでに“嬴政(えいせい)”の画像が美しいといわれるのでしょうか?

【 理由 ① 】抜けるように肌が白いこと!

映画『キングダム』で演じた“嬴政(えいせい)”は王族ですから、下僕で日焼けしている“漂”とは肌の色が違います。

ファンデーションのせいもあるんでしょうが、吉沢さんはもともと乾燥肌で、だからこそ日ごろから化粧水で保湿スキンケアをしているようです。

日ごろのそういった気遣いの賜物なんですね。

【 理由 ② 】輝く黒髪!

普段は吉沢さん髪は茶色がかっていますが、『キングダム』ではしっとりした黒髪を伸ばしています。

それが肌の白さとのコントラストで顔の美しさを際立たせていますね。
冷徹な若き王族の“嬴政”にピッタリとマッチしています。

【 理由 ③ 】左右対称の顔!

人の顔ってよく見ると左右がすこし非対称になっているんです。

とくに眼は、左右の位置を少しずらすことによってものを見るときに遠近をより正確にとらえるようになっているんですって。

そんな中、キムタクさんや福山雅治さんなど、イケメンの代表のような人たちの顔は綺麗に左右対称になっています。

吉沢さんもその一人。
どうですか?しっかり左右対称になっていますね。

“政”と“漂”の目を演じ分けられているのも、吉沢さんだからできたことなのかもしれません。

スポンサーリンク

【“キングダム”を観るには】

吉沢亮さん、山崎賢人さん以外にも、長澤まさみさん、橋本環奈さん、大沢たかおさんなど豪華キャストの映画『キングダム』。

この記事を書いている時点ではまだ一部の映画館で公開中ですから、今はそこに行って観るしかありません。

11月6日になるとブルーレイとDVDがリリースされますので、それを購入するという方法があります。コチラ(↓)からAmazonで予約ができますよ。

もう一つは、動画配信サービスを利用する方法。

ただ、映画館で上映中ですから、まだ配信は始まっていません。(配信が始まったときの備えて、各社を比較したいという方はコチラをご覧ください。)

UNEXTさんが配信を始めました。詳しくは公式サイトでご確認ください。
公式サイトはコチラ ↓

今、動画配信で観られるのはアニメ版の『キングダム』です。

“hulu”が配信してますが、2週間の無料体験視聴を利用すれば、タダで観ることができますよ。

詳しくは、公式サイトでご確認ください(↓)。
ハリポタ(* 山崎賢人さんの記事はコチラ→【山崎賢人】)

スポンサーリンク