阿部寛は子どもの頃からハーフ顔?若いころの画像まとめ

阿部寛さんと言えば、ハーフのような濃い顔立ちの代表とも言えるイケメン俳優さん。

子どもの頃から若い頃の画像をまとめてみました。

<スポンサーリンク>

【阿部寛のプロフィール】

まずは阿部寛さんのプロフィールからご紹介します。

  • 生年月日:1964年6月22日
  • 出生地:神奈川県横浜市神奈川区
  • 身長:189 cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優・モデル
  • 活動期間:1983年 –
  • 事務所:茂田オフィス
  • 主な映画作品:『姑獲鳥の夏』『バブルへGO!!』『大帝の剣』『自虐の詩』『青い鳥』『歩いても 歩いても』『トリック劇場版』『ステキな金縛り』『テルマエ・ロマエ』シリーズ『麒麟の翼』シリーズ『ふしぎな岬の物語』『柘榴坂の仇討』『海よりもまだ深く』
  • 主なテレビドラマ:『トリック』『HERO』『できちゃった結婚』『最後の弁護人』『結婚できない男』シリーズ『アットホーム・ダッド』『ドラゴン桜』『天地人』『坂の上の雲』『白い春』『新参者』『下町ロケット』シリーズ『スニッファー 嗅覚捜査官』

神奈川県横浜市の三ツ沢小学校から横浜市立松本中学校を経て県立白山高校へ。

一浪して中央大学理工学部電気工学科(現在の電気電子情報通信工学科)に入学・卒業しています。

大学時代にお姉さんの勧めで『集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞』に応募して優勝しました。
何でも、優勝賞品のクルマが欲しかったんだとか。

それをきっかけに雑誌『ノンノ』『メンズノンノ』のカリスマモデルとして活躍し、1987年に映画『はいからさんが通る』で俳優デビューを果たします。
主役の南野陽子さんの大ファンで、どうしても共演したかったんですって。

モデルデビューのときもそうですが、意外と素朴な理由で行動していたんですね。(^_^;)

しかし、余りに高身長でイケメンすぎるため、型にハマった二枚目役しか回って来ず、仕事が減ってしまったそうです。
モデル時代に投資で購入したマンションのローンを抱えながら、パチンコで生計を立てていた時期もあったといいますから、苦労したんですね。

転機になったのは、1993年の舞台『熱海殺人事件 モンテカルロ・イルージョン』で主人公のバイセクシャルの刑事役。
演出家のつかこうへいさんにかなり鍛えられたそうです。

翌1994年、映画『しのいだれ』と『凶銃ルガーP08』で日本映画プロフェッショナル大賞の特別賞を受賞。
NHK大河ドラマなどにも立て続けに出演するようになりました。

2000年、仲間由紀恵さんと共演したドラマ『TRICK』で三枚目の役を演じて再ブレイク。
2006年に主演したドラマ『結婚できない男』もヒット。

2012年、主演映画『テルマエ・ロマエ』で、第34回ヨコハマ映画祭 主演男優賞、第55回ブルーリボン賞 主演男優賞、第36回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞を受賞。

そして、今年の10月にドラマ『結婚できない男』の続編、『まだ結婚できない男』がスタートします。

<スポンサーリンク>

【阿部寛の子どもの頃の画像はハーフ顔?】

三人兄弟の末っ子として生まれた阿部寛さん。

貴重な兄弟の3ショットがコチラ。

幼稚園か小学校低学年の頃かと思われます。

クマのぬいぐるみをだっこしてかわいらしいですね。

コチラの2枚も小学校の頃でしょうか。

中学時代はこんな感じです。

運動部に入っていたためでしょうか、スポーツ刈りですね。

こうしてみると、どの写真も目鼻立ちがはっきりしていて可愛いんですが、ご兄弟ふくめて“ハーフ”という感じでもないですね。

<スポンサーリンク>

【阿部寛の若い頃の画像・大学からモデル時代】

阿部さんの出身である県立白山高校の偏差値は当時42くらいだと言われています。(現在43~45/ みんなの高校情報より)

そうだとすると、それほど難しい高校でもないですね。

白山高校時代は陸上部に所属して、毎日部活に明け暮れていたんだそうです。

一年浪人したとはいえ、そこから中央大学の理工学部に合格したんですから、相当努力したんではないでしょうか。

ちなみに中央大学理工学部の偏差値は55くらいだと言われています。(現在の中央大学電気電子情報通信工学科の偏差値は57.5 みんなの大学情報より)

大学時代は女子が少ない学部だったため、女性目当てにテニスサークルに入っていたというミーハーな面も見せています。

大学時代にモデルの仕事を始めた阿部さん。
そのころの画像がコチラです。

イヤ~、かっこいいですね。
爽やかな好青年といった感じです。

そのころにタモリさんの『笑っていいとも』に出演した時の画像もご紹介しますね。

<スポンサーリンク>

【阿部寛の若い頃の画像・俳優時代】

では、阿部さんの俳優時代の若い頃の画像を見てみましょう。

まずは、1987年、俳優デビューを飾った映画『はいからさんが通る』から。
22~23歳の阿部さんです。

続いて、1993年の舞台『熱海殺人事件 モンテカルロ・イルージョン』でバイセクシュアルの部長刑事役を演じた頃。
このとき、阿部さんは28~29歳。

そして、2000年の大ヒットドラマ『TRICK』の35~36歳の画像です。

2006年、ドラマ『結婚できない男』の頃。41~42歳の阿部さん。

2012年、古代ローマ人に扮して肉体美を披露した映画『テルマエ・ロマエ』
このとき、何と47~48歳。とてもそうは見えませんね。

いかがでしたでしょうか。

若い頃の阿部さんはいかにもモデルさんという爽やかな好青年でしたが、年齢を重ねるにつれ男くささを増していますね。

今年で55歳になった阿部さん。
これからどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。楽しみです。

<スポンサーリンク>

吉沢亮の高校時代の写真と同級生を紹介!非リア充だったの?

NHK朝ドラ『なつぞら』に出演中の吉沢亮さん。

その端整な顔立ちで女性に人気のイケメン俳優さん。

2021年の大河ドラマ『青天を衝け』の主演も決まりノリにノッテいる感じですが、意外にも高校時代は非リア充だったとか。

また、高校の同級生にミュージシャンがいるそうですが、誰なんでしょうか?

今回は、吉沢亮さんの中学・高校時代を写真入りでご紹介します。

スポンサーリンク

【吉沢亮のプロフィール】

  • 本名:吉沢 亮
  • 生年月日:1994年2月1日
  • 出生地:東京都
  • 身長:171 cm
  • 血液型:B型
  • 活動期間:2009年から-
  • 主な出演テレビドラマ:『仮面ライダーフォーゼ』『サバイバル・ウェディング』『なつぞら』
  • 主な出演映画:『銀魂』シリーズ、『リバーズ・エッジ』『ママレード・ボーイ』『あのコの、トリコ。』『キングダム』

芸能界入りのきっかけは、2009年、お母さんが「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」に応募し、約3万名の中から『Right-on賞』を受賞したことです。

その後、福士蒼汰さん主演の『仮面ライダーフォーゼ』(2011年、テレビ朝日系)で仮面ライダーメテオを演じ、2013年には、ドラマ『ぶっせん』で主演を務めました。

仮面ライダーは、今や若手イケメン俳優の登竜門になっていますね。

スポンサーリンク


【吉沢亮、モテモテの中学時代】

吉沢亮さんは、2006年に昭島市の多摩辺中学校へ入学しました。

中学時代のことをバラエティ『おしゃれイズム』(日本テレビ)で紹介していたことがあります。

その時公開された吉沢さんの中学時代の写真がコチラ。

イケメンですねぇ。

MCの上田晋也さんに『モテたでしょ?』と聞かれると素直に認めていました。

バスケット部のキャプテンを務めたり、小学1年生から始めた剣道は2段を取得していたりと、運動神経も抜群なようです。

あれだけのイケメンで、運動神経もよいとなれば、持てないはずはありませんね。

ご本人いわく、『死ぬほどモテた』そうで、同学年の3分の2の女子から告白されたという伝説があります。

卒業したときは、学生服の第二ボタンどころかすべてのボタンを持っていかれたというのですからすさまじいモテかたですね。

スポンサーリンク


【吉沢亮、高校時代は非リア充?!偏差値は?】

吉沢亮さんは2009年4月に東京都立府中高等学校へ入学。

名前のとおり、府中市にある公立高校で偏差値は“53”と言いますから、中の上くらいでしょうか。

吉沢さんの高校時代は、中学の時とは一変して、毎日一人で過ごしていたんですって。

もともと人見知りなため、中学時代の友人がほとんどいないこの高校では、クラスになじめず、友達もあまり作れなかったんですって。

2019年10月公開予定のアニメ映画「空の青さを知る人よ」の完成披露試写会でこんなことを語っています。

「完全に下のカーストですよ。帰宅部で、いわゆるリア充ではなかったです。部活でワーイ、彼女とイエーイではなく、裏でそういう人たちの陰口を言っているタイプ(笑)
友達は違うクラスにいたので、(自分の)クラスではずっと1人で黙って授業を受けて、1人で帰るみたいな」

ん~、何か信じられませんね。

しかし、そんな吉沢さんですが、高校1年の時に事務所『アミューズ』に所属。

それを機に、2011年4月に日出高等学校(↓ 現:目黒日本大学高等学校)に転校しています。

日出高等学校といえば、芸能人を多く輩出している高校で、あの横浜流星さん(↓)もここを卒業していますね。

そして、吉沢さんの日出高校時代の写真がコチラ(↓)。

やっぱりイケメンですね。

スポンサーリンク


【吉沢亮、高校時代の同級生とコラボ】

そんな吉沢亮さん、かつて高校時代の同級生のあるシンガーソングライターのミュージックビデオ(MV)に出演したことがあるんです。

そのシンガーソングライターとは岸洋佑さん。

吉沢さんが出演したのは、岸さんの配信シングル「ごめんね」のMV。
作詞は、なんとあの“つんく♂”さんなんですよ。

ちなみに、岸洋佑さんは、2010年にオーディション「VOCAL BATTLE AUDITION 2」で約3万人の応募者の中からファイナリスト10名に選ばれたミュージシャン。

『宇宙戦隊キュウレンジャー』なんかにも俳優として出演している人です。

仲良しのお二人のようですから、これからまたコラボがあるかもしれませんね。

スポンサーリンク


【吉沢亮の過去のドラマや映画を無料で見る方法】

これからも活躍が期待される吉沢亮さんですが、過去にはこんなに多くの作品に出演しています。

テレビドラマ

サイン(2011年、毎日放送)、金魚倶楽部 (2011年、NHK)、仮面ライダーフォーゼ 第16話 – 最終話(2011年~2012年、テレビ朝日) 、そこをなんとか 第2話(2012年、NHK BSプレミアム)、シェアハウスの恋人 第3話 – 第4話(2013年、日本テレビ)、最悪の卒業式(2013年、日本テレビ)、たべものがたり 彼女のこんだて帖 第6話 – 第7話(2013年、NHK BSプレミアム)、ぶっせん(2013年、TBS)、ロストデイズ(2014年、フジテレビ)、新解釈・日本史(2014年、毎日放送)、水球ヤンキース(2014年、フジテレビ)、地獄先生ぬ?べ?(2014年、日本テレビ)、HEAT(2015年、関西テレビ)、一路 最終回(2015年、NHK BSプレミアム)、オトナ女子(2015年、フジテレビ)、ダメな私に恋してください 第1話(2016年、TBS)、臨床犯罪学者 火村英生の推理 第2話(2016年、日本テレビ)、武道館(2016年、フジテレビ・BSスカパー!)、早子先生、結婚するって本当ですか? 第4・7話(2016年、フジテレビ)、せいせいするほど、愛してる 第3話(2016年、TBS)、バスケも恋も、していたい(2016年、フジテレビ)、コールドケース?真実の扉? 第1話(2016年1、WOWOW) 、トモダチゲーム(2017年、tvk)、下北沢ダイハード 第1話(2017年、テレビ東京)、恋する香港(2017年、毎日放送)、ぼくは麻理のなか(2017年、フジテレビ)、GIVER 復讐の贈与者 (2018年、テレビ東京)、サバイバル・ウェディング (2018年、日本テレビ) レ・ミゼラブル 終わりなき旅路(2019年、フジテレビ)、連続テレビ小説 なつぞら 第12話 – 第137話(2019年、NHK)

映画

仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX(2011年)、仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦(2012年)、仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!(2012年)、仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム(2012年)、ぼくが処刑される未来(2012年) 、男子高校生の日常(2013年)、カノジョは嘘を愛しすぎてる(2013年)、赤々煉恋(2013年)、アオハライド(2014年)、通学シリーズ 通学電車(2015年)、さらば あぶない刑事(2016年)、オオカミ少女と黒王子(2016年)、KABUKI DROP(2016年)、サマーソング(2016)、LAST COP THE MOVIE(2017年)、トモダチゲーム(2017年)、トモダチゲーム 劇場版FINAL(2017年)、銀魂(2017年)、銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年)、斉木楠雄のΨ難(2017年)、悪と仮面のルール(2018年)、リバーズ・エッジ(2018年)、レオン(2018年)、ママレード・ボーイ(2018年)、猫は抱くもの(2018年)、BLEACH 死神代行篇(2018年)、あのコの、トリコ。(2018年)、キングダム(2019年)

(*太字は主演作品)

これらをいちいちDVDを借りたり、買ったりしていたのではお金も時間もかかって大変。

そこで今、流行っているのが動画配信サービスです。

40社近くあって、それぞれ2週間から1か月の無料視聴期間を設けていますから、それをうまく利用すれば無料でドラマや映画が観られちゃいますよ。

dtvhulu などの主なサービスを一覧にして比較していますので、興味のある方はご覧ください、→【動画配信サービスの比較】

スポンサーリンク


福士蒼汰、高校時代の写真がイケメンすぎる!彼女はいたの?

若手イケメン俳優の代表とも言える福士蒼汰さん。

爽やかな好青年といったイメージですが、高校時代はどうだったんでしょうか?

どんな高校生活だったのか、彼女はいたのかなど、写真付きでご紹介します。

スポンサーリンク

【高校時代、初めての渋谷でスカウトされた福士蒼汰】

福士蒼汰さんは1993年5月30日生まれで、今年26歳。
出身地は東京都大田区。

高校2年生の時にスカウトされ、今の事務所“研音”に所属したんです(2010年9月21日)。

その時の様子をこんな風に話しています。

「高校に入って、初めて行った渋谷で。道を歩いていたら声をかけられたんです。中学まではずっとバスケをやっていて、バスケが休みの日はいつも決まった友達の家に遊びに行っていたから、それまで原宿にも行ったことがなかったんです。興味もなかったと思います。でも、高校に入ってから、中学の友達がバスケのシューズを買いに行きたいと言ってて。それならついて行くかという感じで行きました。僕は何も買いませんでしたが(笑)」(*1)

このとき撮った写真が雑誌に載って、それを見た事務所の人が電話をしてきたんですって。

その写真というのがコチラ(↓)。

東京に住んでいながら、高校2年まで渋谷に行ったことがないというのですから真面目だったんですね。

そして、スカウトされた翌年1月に『美咲ナンバーワン!!』(日本テレビ)で俳優デビュー。その年に『生まれる。』(TBS) 、『シマシマ』(TBS)、『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日)など、一気に4本の連続ドラマに出演しています。

高校時代にスカウトされて、1年でこれだけのドラマに出るのはスゴイですね。

<スポンサーリンク>

【福士蒼汰の出身高校と偏差値】

そんな福士さんですが、出身高校は都立“目黒高等学校”(東京都目黒区祐天寺)だと言われています。

偏差値は“59”ということですから、上位の方ですね。(みんなの高校情報、2019年より)

主な進学先は、日本大学・東洋大学・明治学院大学・明治大学・専修大学といったところだそうです。

ちなみに、泉谷しげるさんや向田邦子(作家)さんがここの出身。

ただ、この“目黒高等学校”は福士さんの第一志望ではないんですって。

「中学までは人見知りで、人前では全然喋らなかった。ただ、“このままじゃ終わりたくない、周りを巻き込んで影響を与えたい”という気持ちがずっとあって、高校を選ぶ時にふと“中学の友達がいない高校に行こう”と思ったんです。」(*2)

ということで、自分を変えるために敢えて中学時代の友達がいない高校を選んだんですって。

しっかりしてますね。

<スポンサーリンク>

【福士蒼汰は高校時代に夢中だったこと】

こうして敢えて第一志望でない高校を選んだ福士さん、どんな高校生だったんでしょうか?

「部活は今まで通りバスケ部に入ろうと思ってたんですけど、新入生歓迎会の時に、ダブルダッチを見たらかっこいいなと思って、急遽ダブルダッチ部に入部を決めて。あの競技は人前で披露するところがあるし、それまではそういうことをやるタイプじゃなかったんですけど、やりたいと思ったんですよね。そこから変わりました」
「みんなの前でダブルダッチを披露する時は緊張しましたけど、みんなで練習する過程もよかったし、見せることが楽しくなってきたんです」(*3)

人見知りを克服するためもあって、人前で技を披露するダブルダッチ部に入ったんですね。

何か首尾一貫しててかっこいいです。

特技に“バク転”と書いているくらいですから、運動神経もいいんでしょうね。

もう一つ福士さんが得意なことがあるんです。

それは“英語”

「中学から学校の授業で習い始めたんですが、担任が英語の先生で3年間同じ先生でした。その先生から『発音がいい』と言われたりしたこともあって、どんどん好きになりました」
「高2の夏に英検2級を取りましたけど、ちゃんと会話ができるようになればそれでいいなと」(*4)

英検2級というと、高校卒業・センター試験レベルですから、それを高校2年で取得しているって、なかなかのものです。勉強もできるんですね。

今でも独学で勉強しているそうですから、将来英語を活かしたドラマや映画に出るかもしれませんね。

<スポンサーリンク>

【福士蒼汰は高校時代、応援団もしていた?!】

更に驚くことに、福士さん、高校1年の時に応援団をしていたんですって。

何でも、目黒高等学校は毎年5月に体育祭を行っていて、そこで活躍する応援団が全校生徒から注目されているだそうです。

入学して間もなく、先輩たちが新入生のクラスを回って希望者を募っていた時に福士さんも立候補。

その日の夕方に体育館に集まって入団したとのこと。

同級生が当時の様子をこんな風に語っています。

「先輩たちは体育館に入ってくるなり“ウォー”と叫び始めたんです。わけがわからずポカンとしている福士クンたちに“お前らもやれ”と。どうやらこれが、応援団に入るうえでの儀式のようなものだったんですね。彼も声がかれるほど絶叫して、入団を認めてもらったそう。周りには“本当にビックリした”と言っていたみたいですけど」(前出・同級生)
「それでも必死に食らいついて、振り付けやフォーメーションをしっかり覚えていましたね。学ランを着るのですが、これがまた似合うんです。翌年も応援団を期待されていたけれど、やっていなかったので、もしかしたら1年間で燃え尽きちゃったのかな」(前出・同級生)
「当時から何かあると同級生の応援団メンバーで集まって遊んでいました。彼らといる時間はすごく居心地がいいんだと思います。有名になった今でも、ときどき集まって食事をしたりしているみたいですから」(別の同級生)(*5)

183cmもあって高身長の福士さんですから、きっとカッコ良かったでしょうね。

<スポンサーリンク>

【福士蒼汰は高校時代、カノジョはいたのか?!】

こんな風に、ダブルダッチ部や応援団、そして英検と、福士さんは硬派な高校生だったようですが、彼女はいたんでしょうか?

あれだけのイケメンですから女子が放っておかないような気がしますが。

実際に、当時の同級生がこんなコメントをしています。

「入学当初から“イケメンが入ってきた”と、学校中で話題になるくらい有名でしたよ。芸能界に入ったと聞いたときも“やっぱりね”って。それくらい群を抜いていましたから」(高校の同級生)(*6)

そして、もう一人、イケメン同級生がいたらしいんですが、

「福士クンを“正統派イケメン”とするなら、彼は“ちょい不良なイケメン”って感じかな。女子たちは、だいたいその“ツインタワー”に憧れていました。福士クンと仲がよかった女の子がAくんと付き合っていた、なんてことも(笑い)」(前出・同級生)(*7)

ということで、やっぱり群を抜いてカッコ良かったんですね。

ちなみにこんなハーレム状態の写真も見つかっています。

それだけ話題になるほどのイケメンですから当然彼女はいたはず。

と思いきや、やはり同級生がこんな証言をしています。

「女子とデートしているって話は見たことなかったし、聞いたこともありませんでした。みんなでワイワイしているのが楽しいんだなって印象でしたね」(別の同級生)(*8)

もしかしたら友達にばれないように彼女を作っていたかもしれませんが、同じ高校の中ではそれは難しいですよね。

本当に彼女はいなかったのかもしれません。

部活、勉強、そしてお仕事に真面目に取り組んでいたので、そんな暇がなかったのかもしれませんね。

福士蒼汰さんは、高校時代もイメージ通りの好青年だったようです。

10月からは新たな主演ドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS)も始まることですし、これからますます活躍が期待されますね。

福士さんの過去のドラマや映画をもう一度にはコチラ→【動画配信各社を比較】

(インタビューの*1~*4はarchive.today、*5~*8は週刊女性PRIMEより引用)

<スポンサーリンク>

新木優子の大学はどこ?大学・高校・中学時代の可愛い画像を紹介!

2019年10月から、初主演となる連続ドラマ『モトカレマニア』が始まる新木優さん。

今年の12月で26歳ということなんですが、新木さんの出身大学については二つの噂があります。

果たしてどこの大学を出ているんでしょう?

そして、あれだけかわいい新木さんですが、中学・高校・大学時代はどんなルックスだったんでしょう?

今回はその辺をご紹介します。

スポンサーリンク

【新木優子の卒業大学はどこ?】

新木優子さんは2016年3月に大学を卒業しました。
その時、友達と一緒に撮った写真の画像をご自身のインスタに上げています。
それがコチラ。(↓)

 

この投稿をInstagramで見る

 

新木優子さん(@yuuuuukko_)がシェアした投稿

とっても晴れ晴れとした表情をしていますね。

「大好きな友達と過ごす4年間は本当にあっという間で…」と書いていることから、留年もなく芸能活動と学業をしっかり両立していたことが分ります。

ちなみに、こんなインタビューがあるんですよ。

「みんなと普通に授業を受けていました。たまに友達にノートを貸してもらったり、苦労もありましたけど、なるべくレポートで済む授業を取るとか、工夫をしつつ」
「テスト時期は大変だったり、寝ないでレポートを書いたりもしましたけど、終わってみれば『もっと頑張れたかな』と思うので」

小学5年生の時にスターダストプロモーションにスカウトされた新木さん。

大学時代は、雑誌『non-no』の専属モデルや「ガスト」「ゼクシィ」のCMに出演していたので、仕事が忙しかったと思うんですが、とってもがんばったんですね。

で、新木さんの卒業した大学なんですが、『恵泉女学園大学』という噂があります。

『恵泉女学園大学』というのは、東京都の多摩市にある女子大。
偏差値は『42~46』(Beneseマナビジョン)ですから、やや易しい方です。

ただ、どうもこの噂、あまり信憑性がないんです。
というのも目撃情報がなく、噂の出所も定かではありません。

それに代わって有力なのが『フェリス女学院大学』
横浜に2つのキャンパスを持つ女子大で、『語学のフェリス』として有名なお嬢様大学です。
偏差値は『52~59』(文学部 Beneseマナビジョン)でやや難といったところでしょうか。

ただ、ネット上ではフェリスと言われていますが、情報の出所が「本人から聞きました。」というツィートなので、管理人的にはあくまでも『有力』情報止まりだと思っています。

そして、学部・学科の方は英語関係で間違いなさそうです。

というのも、あるインタビューで次のようにコメントしているんです。

「せっかくこのお仕事を続けながら学生をやるって決めたことだし、仕事に生かせることを学ぼうと、英語を専攻することに決めました。」

また、新木さん自身のブログで2012年5月17日に「大学では英語のお勉強を中心にしてます」と書いていることから間違いないでしょう。

スポンサーリンク

【新木優子の高校は?】

実は、新木さんの高校についても公表されていないんですね。

一時、東京都の『九段中等教育学校』という噂がありましたが、どうも制服が違うので間違いのようですね。

有力なのが、横浜市の県立『霧が丘高校』
偏差値は『48』(みんなの高校情報)ですから、真ん中ぐらいですね。

制服も上の写真とそっくりです。

ところで、新木さんは、中学・高校時代は神奈川県に住んでいたんです。

そして、あるインタビューで高校時代は「ハンドボール部のマネージャーをしていました。」と述べているですが、ハンドボール部がある高校って限られますよね。

さっきの『九段中等教育学校』にはハンドボール部がないのに対し、『霧が丘高校』にはあります。

その辺も『霧が丘高校』説の根拠になっています。

ところで、新木さんは高校3年生の時にドラマ『ドラゴン青年団』に出演していたんですが、その時の写真がコチラ。

役のためにメガネをかけていますが、やっぱり可愛いですね。

スポンサーリンク

【新木優子の中学校時代のかわいい画像】

新木優子さんの中学校と小学校は噂もないんです。

東京都板橋区の出身ですが、先に書きましたように中学の時に神奈川県に引っ越していますので、小学校は東京、中学校は神奈川というのは間違いないようです。

ただ、中学時代は吹奏楽部でトランペットを担当していたそうで、かなり腹筋を鍛えていたんですって。その頃の画像がコチラ。

小学5年生のときにスカウトされただけあって、やっぱりとび抜けてかわいいですね。

ルックスだけでなく、演技にも磨きがかかって来ている新木さん。これからもがんばってください。応援しています。

中村倫也の高校時代は肉食系!

ドラマ『凪のお暇』で活躍中の中村倫也さん。今、ノリにノッている32歳です。

すでに14年のキャリアがある倫也さんですが、デビュー前はどんな高校時代を過ごしていたんでしょうか?

そして、気になる出身高校は?

スポンサーリンク

【中村倫也、小中学校時代はサッカー少年!】

中村倫也さんのプロフィールには、『東京都出身』と書かれているだけなので、どこの小学校と中学校出身かはわかっていません。

ただ、小学3年生からサッカーを始め、かなりサッカーにハマっていたようです。

なんでも夢はプロのサッカー選手になることだったとか。

ご自身のブログで、当時のことをこんな風に振り返っています。

ファンから『サッカーのリフティングは最高何回出来ますか?』という質問を受けて…

これね、モモ使っていいならずっとできるんですよ。それこそ疲れて脚が上がらなくなるまでね。それを知らない小学校の時とかは、300回とかだったかな~。よく覚えてないなあ。小2で、ヒールリフトとオーバーヘッドは取得してましたね、キャプ翼に触発されてね。漫画の想像力は偉大だよね。

小学生で300回って、かなり上手いですよね。

ちなみにポジションは、サイドかオフェンシブ。『攻める』ポジションですね。

スポンサーリンク

【中村倫也さんの通っていた高校は?】

サッカーに明け暮れていた中村倫也さん。高校は、サッカーや野球の強豪校『国士舘高校』に進学しました。

国士舘高校は、東京都世田谷区にある私立高校。

プロサッカー選手でロンドン五輪代表の安藤駿介選手や権田修一選手を輩出している高校です。

中村さんの学科がわからないの何とも言えませんが、偏差値は51~55くらい。

サッカー推薦で入学したという噂もあります。

もし本当だとしたら、よっぽど上手かったんでしょうね。

スポンサーリンク

【中村倫也の出身大学】

国士舘大学卒業後は、日本大学芸術学部演劇学科に入学しています。

やはり、この時すでに演劇に興味を持っていたんですね。

しかも、一般入試ではなく、推薦入試で合格しています。

評定平均は、4.7もあったんだとか。

評定平均って、高校1年の1学期から高校3年の1学期までの全科目の平均ですから、それが4.7もあったというのはスゴイですね。

ただ、日大は単位をひとつもとることなしに中退しているんです。

というのも、中村さんは入学前にすでに芸能界デビューをしていて、2005年10月期のNHK連続テレビ小説『風のハルカ』に出演するため、8ヶ月間も大阪で暮さなければならなくなったんですって。

それで、大学に通えないし、役者業に専念しようということで、『休学』ではなく、きっぱりと『退学』を選んだんだとか。

いや~、潔いですね。

スポンサーリンク

【中村倫也の高校時代は肉食系?】

ところで、芸能界入りする前は中村倫也さん、どんな高校時代を送っていたんでしょうか?

サッカーの強豪校、国士舘高校に入学したものの、1年生の時にサッカー部を辞めてしまっているんです。

とうのは、自分がサッカーを始めたのは「楽しいから」だったのに、高校では「楽しくない、違う」と気がついたからなんだとか。

確かに、強豪校鹿も私立なら学校の看板を背負って勝ち進まなければならないので、レギュラー争いがシビアだったり、勝つことにこだわり抜きますからね。

サッカーを辞めた後、キラキラした高校生活を送っていたそうです。文化祭や体育祭を楽しんだり、もっぱら恋をしていたんだそうです。

【ニキビ一緒に治そうProject スペシャルサイト】のメイキング動画でこんなインタビューをしていました。

「もっぱら恋」というのは、高校1年生の時に時に、ある女の子を好きになり告白したそうなんです。

あのルックスで、運動神経もよく、勉強もできるとなればさぞやモテそうに思えるんですが、これが何と振られてしまったんだとか。

ところが、そこは中村さん。その後も同じ子に何と5回も告白したんだとか。

同じ子に合計6回も告白するなんてメンタルが強いんですね。もしかしたら、結構な肉食系なのかも?

スポンサーリンク

【中村倫也のスカウトはクラス写真!】

そんなキラキラした高校生活を送っていた中村さん。

現在の事務所である『トップコート』にスカウトされた経緯が変わっているんです。

よくあるのは、街を歩いているときにスカウトの方の目に留まって声をかけられた…というパターンですが、中村倫也さんの場合は全然違うんですよ。

何でも、クラスメートにトップコートの関係者のの家族がいて、クラス写真を見て中村さんに電話をしてきたんだとか。

クラス写真って、アップでは撮りませんから、それで目に留まるっていうのもすごいですよね。

初めは、全然興味がなかった中村さんですが、サッカーを辞めて時間があったのでやってみようかな、と思って養成所に入ったんですって。

なにが幸いするかわかりませんね。

スポンサーリンク