GACKTの【格付け】連勝をはばんだジャニーズの二人

【GACKTが出演する「芸能人格付けチェック」とは?】

GACKTが出演する「芸能人格付けチェック」は、テレビ朝日系列で毎年正月に放送さる特別番組です。

もともとは、番組『人気者でいこう!』で1999年の3月にスタートした「芸能人格付けチェック 〜お前たちは果たして何流芸能人なのか!?〜」という一つのコーナーで、初期は週替わり企画の1つだったんですよ。
その年の8月からレギュラー化し、当時は浜田雅功さん・内藤剛志さん・堀部圭亮さんが担当していました。

内容は、とてもシンプル。
出演者が「高級品」と「安物」を見分ける問題にチャレンジ。
スタートは全員『一流芸能人』としてあつかわれるが、不正解するとランクが下がってしまいます。

芸能界の大御所ぶっているベテランが不正解を連発して、最下位までランクが下がったりになったり、逆に若手アイドルが「一流芸能人」になるなど、予想外の展開が面白いと人気になり、2000年9月まで同番組のメイン企画でした。

2006年に正月の特別番組として復活しました。
このときから司会を伊東四朗さんと浜田雅功さんが担当しています。

特に2009年の放送は18.9%の視聴率を記録。
GACKTさんが初めて番組に出演したのがこのときです。

以来、高視聴率を維持し2018年はそれをさらに上回る19.6%をたたき出しました。

スポンサーリンク


【GACKTの格付け連勝を阻んだのはジャニーズのあのふたり?】

2009年の初出場以来、連勝を続け只一人『一流芸能人」であり続けたGACKTさん。
第13弾に当たる2016年のお正月も、前年までの36連勝をどこまで更新するのか注目さていました。

その年のチームメイトは、ジャニーズ事務所所属のKis-My-Ft2の北山宏光さんと同事務所所属の中山優馬さん。


北山宏光さん


中山優馬さん

番組冒頭、浜田雅功さんが「お前らが連続記録をはばめ!」と叫び、
GACKTさんは「間違えたら、ぶっ飛ばしますよ」とプレッシャーをかける展開に。

GACKTチームは、第1問から順調に正解。
GACKTさんの40連勝がかかる第4問に進みます。

問題は、日本を代表するプロのオーケストラ「東京吹奏楽団」と、アマチュアの玉川大学吹奏楽団の演奏の聞き分けるもの。(上記の写真はイメージです。)

このとき、チーム代表は北山宏光さんと中山優馬さんでGACKTさんには回答権がありません。

そんな時に限って、ジャニーズの二人は互いの意見が分かれてしまいます。

キスマイの北山宏光さんはA、後輩の中山優馬さんはBを選択。

結局、北山宏光さんは、中山優馬さんが熱く語るのでその熱意を信じ、Bに変更しました。

ところがこれが裏目に出て、正解はA!
この時点でGACKTさんの連勝記録は39でストップしました。

この時のGACKTさん、動揺を隠しきれず、

「ヤバい、涙出てきた」
「心弱い、ボク……」
「40だよ?」
「辛いななんか。いやー、辛っ」

と自信にあふれたいつものGACKTさんとは別人のよう。

真っ青になって北山さんと中山さんが戻ってくると、「ぶっ飛ばす」どころか「怒ってるんじゃないんだよ、悲しいんだよ」とひとこと。

それでも、「メンタルリセット」をしたGACKTさんは、それ以降の問題をパーフェクトで正解。
GACKTチームは「一流芸能人」の一つ下である「普通芸能人」に留まることができました。

「さすがGACKTさん!」の一言です。

スポンサーリンク

【GACKTの格付けチームの相方はだれ?】

この時、ツイッターでは、北山宏光と中山優馬に非難が集中。

これに対し、北山・中山ファンが反論をすれば、更に二人をたたくツイートが飛び交うなど、大炎上。

その日、ツイッターなどで飛び交ったキーワードを集計している「Yahoo!」の「話題なう」ランキングは…

  • 1位:番組中のGACKTさんの言葉「メンタルリセット」
  • 2位:「GACKT」
  • 3位:「格付け」

でした。

その連勝のプレッシャーや、ツイッター騒動のこともあってか、以後、相方のなり手がなかなか見つからないのだとか…。

これまでのGACKTさんの相方は…

  • 2009年:吉田秀彦
  • 2010年:つんく♂
  • 2012年:紀里谷和明
  • 2013年:魔裟斗
  • 2014年:西川貴教(TM revolution)
  • 2015年:鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)
  • 2016年:北山宏光(キスマイ)・中山優馬(ジャニーズ事務所)
  • 2017年:堀江貴文
  • 2018年:YOSHIKI

GACKTさんは、個人としてはこれまですべての質問に正解。
現在55連勝中です。

どこまで記録を伸ばすのでしょうね。
来年のお正月も楽しみです。


中村勘九郎が銀魂でハチミツまみれ?画像つき!

【中村勘九郎が映画『銀魂』でふんどし姿でハチミツまみれ?】

中村勘九郎さんは歌舞伎はもちろん、映画やドラマでも幅広い役をこなせるマルチ俳優。
最近の映画では、2018年8月17日に公開された『銀魂2 掟は破るためにこそある』にも出演していますね。

その映画の第一弾に当たる2017年公開の映画『銀魂』で勘九郎さんが全裸でハチミツまみれの熱演をしているんです。

当時、映画『銀魂』のジャパンプレミアムに出席した中村勘九郎さんが、集まった子どもたちに
「おじさん、ち○ち○出しているからね」
と話しかけ周りの出演者から制止される爆笑シーンがありました。

あの真面目な勘九郎さんに何が起きたんでしょう?

【映画『銀魂』とは?】

もともと、『銀魂』は集英社『週刊少年ジャンプ』にて2004年から2018年まで連載された空知英秋のSF時代劇漫画です。

舞台は、江戸時代末期。

宇宙人「天人(あまんと)」の襲来を受けた日本は、天人との間に攘夷戦争に突入します。
しかし、弱腰の幕府は天人の侵略を受け入れ開国し、江戸は天人の支配下に。
天人と戦った攘夷志士達は弾圧され、侍は力を奪われていきました。

そんな時代、剣術道場の跡取りながら剣を活かせず無気力になっていた志村新八は侍魂を持った青年、坂田銀時と出会います。

新八は、銀時の営業する万事屋でともに働き出すが、やがて、江戸の治安を預かる真選組の侍たちなどと関わり合っていく人情ストーリーです。

登場人物も、志村新八(村田新八?)、近藤勲(近藤勇?)、土方十四郎(土方歳三?)、沖田総悟(沖田総司?)など歴史上の人物名をパロディー化しています。

スポンサーリンク


【中村勘九郎の『銀魂』での役は?なぜハチミツまみれ?】

映画の中で、勘九郎さんは真選組局長・近藤勲を演じています。
男気あふれるが『天然キャラ』。
常に裸で竹刀を振っている男です。

映画版『銀魂』の第一弾は、原作の「カブト狩り(第10巻)」と「紅桜篇(第11-12巻)」をベースにしていますが、
勘九郎さんがハチミツまみれになったのは、逃げた将軍のペットであるカブトムシを捕まえるために、近藤勲が全身にハチミツを塗りカブトムシをおびき寄せようとするシーン。

ジャパンプレミアムで勘九郎さんはこんな風に語っています。

「皆さん衣装もすごく凝っていて、暑い思いをされていたと思うんですけれども、僕はほとんど裸だったので、全然苦労していないですね。そういう点では。」
「ロケの時はだいたいガウンを着ていたので、みんなから『AV男優だ』って(笑)」

これには会場も大爆笑。

共演の小栗旬さんは、勘九郎さんに「役者魂を見せていただいた」としたあと、

「初めて会った時からずっと蜂蜜まみれだったので、その時点で凄いなっていうのと、(自分が)飛んだ時に、(蜂蜜を)飛ばしたいからって、やたらここ(股間)に蜂蜜を集めて」

と笑いながらコメントしていました。

この映画、監督を務めたのは深夜の人気TV番組「勇者ヨシヒコ」を撮った福田雄一さん。
ギャグとパロディー満載の楽しい映画です。
まだ見ていない方は、DVDでご覧になってはいかがでしょうか?

中村勘九郎が大河ドラマ「いだてん」(2019年)に出演!

【中村勘九郎と阿部サダヲが大河ドラマ「いだてん」の主人公!】

2019年1月から始まるNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。
主演は、中村勘九郎さんと阿部サダヲさんのお二人です。

中村勘九郎さんはマラソン選手として、阿部サダヲさんは東京オリンピックを招致した田畑政治を演じ、リレー形式でドラマをつなぐそうです。
中村勘九郎さんは『新選組!』、阿部サダヲさんは『おんな城主 直虎』と大河ドラマ経験者だけにきっと素晴らしい演技を見せてくれるでしょうね。

しかも、脚本は宮藤官九郎さん。

宮藤官九郎さんといえば、日本アカデミー賞最優秀脚本賞、向田邦子賞、芸術選奨文部科学大臣賞など多くの受賞作品があり、NHKでは、あの大ヒットした連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本を書いています。
大河ドラマは初挑戦となります。とても楽しみですね。

スポンサーリンク


【大河ドラマ「いだてん」のあらすじ】

物語は、ストックホルム大会・ベルリン大会・東京大会の3回のオリンピック大会を中心に、“知られざるオリンピックの歴史”を描いています。


「ストックホルム オリンピック(1912年)」篇~明治末期

日本初のオリンピック参加となるストックホルム大会に、短距離走では三島弥彦が、マラソンでは金栗四三(中村勘九郎さん)が出場します。

しかし、世界の壁は厚く、二人とも大惨敗。

夢を諦めきれない金栗は、再び壮絶な練習に挑み4年後のベルリン大会を目指します。

しかし、今度は第一次世界大戦のためにベルリン大会が中止。

夢を奪われた金栗は、学校の先生になって箱根駅伝を創設することになります。


「ベルリン オリンピック(1936年)」篇~昭和初期

日本は、東京オリンピック招致運動を始めます。

招致運動を進めた一人が田畑政治(阿部サダヲさん)。

競合国イタリアのムッソリーニへの直談判、2・26 事件など紆余曲折を経て東京はからくも勝利。

1936年のベルリン大会では、あの有名な「前畑頑張れ!」の実況で日本中が熱狂。

だが翌年、日中戦争が勃発し、各国からボイコット運動が起こる。

なんとか東京開催が再度承認されるが、結局、東京オリンピック 返上が決まります。


「東京 オリンピック(1964年)」篇~戦後復興期

田畑らの努力により、ついに「東京オリンピック」開催が決定する。

オリンピック開催のために始まった“東京大改造”のため、交通渋滞、立ち退き問題、水不足、選手村の選定難航などの難問が山積。

組織委員会事務総長の田畑は悪戦苦闘します。

2020年の東京オリンピック開催を間近に控え、オリンピックの歴史を題材に宮藤官九郎さんが痛快かつ壮大な大河ドラマを描きます。

大河ドラマ初の4K制作と言いますから、関東大震災、東京大空襲、高度経済成長と変貌する東京の町並みの映像も楽しみです。

安藤サクラさんは朝ドラ「まんぷく」のキャストになぜ選ばれた?

女優、安藤サクラさんが、2018年10月スタートのNHK朝ドラ、連続テレビ小説『まんぷく』のヒロイン役を演じていますね。

安藤サクラさんと言えば、今年、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した『万引き家族』で主演したことで注目されたばかり。
2018年は、安藤さんにとってまさに当たり年と言った感じです。

2017年6月に、第一子となる女の子を出産されたんですよ!
忙しい子育ての真っ最中で起用されたんですね。

実は、出産間もない女優さんがNHKの朝ドラのヒロインにキャスティングされるのは今回が初めてなんですって。

何故そんなタイミング安藤さんが選ばれたんでしょう?今回はその辺を探ってみました。

なぜ出産後間もない安藤サクラさんが起用されたのか?


なぜ、出産間もなく、子育て中の安藤サクラさんがキャストとした選ばれたのでしょうか?

今回の異例なキャスティングの理由について、ドラマ制作統括、真鍋斎氏はこんな風に語っています。

「安藤さんは演技の幅が広い。
きれいなだけではなく、ストーリー中でひとりの人物として生きることができる一味違った女優さんです。

『まんぷく』では主人公の人生を40年分も描くことになり、高い演技力が求められます。
安藤さんにヒロインを演じてもらえたら、この上なく素敵だと思い、とても高揚しました。」

また、子育て中の安藤さんのことも思いやって、

「お子さんがお生まれになって間もないので、戸惑いもおありだったでしょう。
それでも、覚悟をお決めになってオファーを受けてくださいましたので、我々スタッフも全力でサポートします。」

とも述べています。

スポンサーリンク


実は、安藤サクラさんも迷っていた!


じつは、安藤サクラさん、朝ドラに出演するのに以前から憧れていたそうです。

しかし、今回オファーがあった時、子育てをおろそかにできないと諦めていました。

ところが、夫で俳優である柄本佑さんの
「現実的にとらえずに、バカなふりして色んなこと考えてみたら」

という一言で決意したそうです。

また、義母で女優の角替和枝さんも
「やらないなら仕事やめちゃいなさい」
と女優魂を教えたらしいですよ。

こんな家族やスタッフの支えがあってこそ、一つの作品が出来上がるんですね。

芸能界というと表面的には華やかなイメージがありますが、その裏にはもう一つの人間ドラマが展開されていました。

NHK連続テレビ小説『まんぷく』概要


「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した日清食品創業者、安藤百福さんと、妻の仁子さんをモデルにした物語です。

  • 放送時期:2018年10月1日(月)~2019年3月30日(土) 全151回
  • 脚本:福田 靖
  • 演出:渡邊良雄、安達もじり
  • プロデューサー:堀之内礼二郎
  • キャスト:安藤サクラ、長谷川博己ほか

子育てとお仕事の両立って、とても大変でしょうが、お身体に気をつけて頑張ってほしいですね!

安藤サクラと柄本佑が共演した映画は『追憶』『今日子と修一の場合』

安藤サクラと柄本佑が『追憶』で共演


安藤サクラさんと榎本佑さんが夫婦そろって『追憶』で共演しましたね。
この映画は、2017年5月に公開されました。

監督は、かの有名な降旗康男監督です。
出演者は、お二人の他に、岡田准さん、小栗旬さん、長澤まさみさんなど豪華な顔ぶれです。

ところで、安藤サクラさんと柄本佑さんは過去にも映画で共演したことがあるんですよ。

『今日子と修一の場合』(2013年10月公開)がそれで、
二人が結婚したのがその前年ですから夫婦として共演したのは『追憶』が2作目になります。

ちなみに、『今日子と修一の場合』の監督は奥田瑛二さんでした。

奥田瑛二さんといえば安藤サクラさんの実の父。
ですから、夫婦共演プラス親子作品でもあったんです。

ただ、どちらの映画でも安藤サクラさんと柄本佑さんは夫婦や恋人役ではありません。

ではどんな役回りだったというと、つぎのとおりです。

スポンサーリンク


映画『今日子と修一の場合』の役どころ


『今日子と修一の場合』では、安藤サクラさんは都内で一人暮らしをする女性・今日子の役どころ。

一方、柄本佑さんは、少年刑務所から出所した修一を演じています。

2人は接点なく暮らしています。

ある日、東北で大地震が発生。

今日子は、金を無心しに来ていた恋人・トオルが地震を怖がって抱きついてきたとき、調理していた包丁でトオルを死なせてしまいます。

修一は、飲食店で昼食を取っているとき、テレビニュースに映った故郷の様子を見て母のことが心配になります。

やがて、それぞれ心の傷を負いながら、故郷に戻った今日子と修一は、震災によってむざんな街と化した故郷で出会います。

そして、今日子は残してきた息子を、修一は行方不明になった母を探し始めます。

安藤サクラさんと柄本佑さんどちらも重要な役柄で出演されていますね。

映画『追憶』のあらすじ


四方篤(幼少期:小林喜日・成人:岡田准)、田所啓太(幼少期:巨勢竜也・成人:小栗旬)、川端悟(幼少期:藤代隼人・成人:柄本佑)は少年時代の友人同士でした。

親に捨てられた少年、篤は喫茶店を営む仁科涼子(安藤サクラ)に家族のように養ってもらっていました。

ところが、涼子のかつての男・貴船(渋川清彦)の出現により生活は一変し、友人の啓太、悟とも離れ離れになってしまいます。

やがて、成人して刑事になった篤は、ある日、偶然、悟と再会。

悟が事業資金に困って啓太に援助を頼みに来たという話を聞きます。

しかし、その翌日、何と悟が他殺体となって発見されてしまうのです。

事件の捜査に加わることになった篤は、啓太に単独で会いに行き、ある秘密を知ることになります。

この映画でも、安藤サクラさんと柄本佑さんともに不幸な境遇の人物を演じられています。

スポンサーリンク

『追憶』撮影後の安藤サクラさんのエピソード


安藤サクラさんが『追憶』公開の2か月前、2017年3月、妊娠していることを発表しました。

その時、妊娠7カ月だったそうです。

映画のクランクイン(撮影開始)が2016年3月。
クランクアップ(撮影終了)は2016年5月。

ですから撮影が終わってから授かったんですね。

その次の映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」(山崎貴監督)の撮影後、活動を休止していた安藤さんは、2017年6月に無事、女の子を出産しました。
「DESTINY 鎌倉ものがたり」のときは、身重の体で撮影していたんですね。

お疲れさまでした。
母子ともに健康で良かったですね。

今や、朝ドラやCMで大忙しの安藤さん。
これからも身体に気をつけて頑張ってくださいね!