有村架純のインスタで土屋太鳳が“尊敬します!”コメント

かつて「偽物騒ぎ」まであった有村架純さんのインスタグラム。

今や、フォロワー数が330万人を超える超人気です。

そんな有村架純さんのインスタに、このほど土屋太鳳さんがコメントを送りました。

どんな内容のコメント何でしょう?

スポンサーリンク

【なりすましインスタまで出た有村架純】

有村架純さんが公式インスタグラムを始めたのは、2016年8月1日。

記念すべき初投稿は、大空のもとで有村さんが「よろしくお願いします!」と爽やかなコメントを添えています。

その時のスクショがこちら。

待望のインスタ開始にファンは大喜び。

「待ってました!」
「嬉しい~」
「ありがとう!」
等の声が多数寄せられました。

スゴイ人気で、開始からわずか1時間でフォロワー数が1万人を超えるほどの勢いだったそうです。

ただ、その当時、すでに「kasumi_arimura」で投稿していたアカウントがあったんです。

いかにも有村さん本人が書いたような内容だったんですが、もちろんこれは偽物。

190万人もの人がまんまと騙されてフォローしていたんだとか。

まったく迷惑な話ですね。

スポンサーリンク

【有村架純のインスタに土屋太鳳がコメント!】

有村架純さんがインスタ開始から3年ほどたった今、すでにフォロワー数が330万人を超えています。

330万人って日本人の40人に一人ですよね。

凄すぎです…。

そんな人気の有村さんのインスタに、やはり人気の土屋太鳳さんがコメントを寄せました。

7月17日に有村さんが連続ドラマW『そして、生きる』の紹介動画をインスタにアップしたんです。

すると、すぐに土屋さんが反応して投稿。

「とても素敵な空気感…!」
「本当に厳しい作品だと思うけれど、伝えようとする方々の勇気と責任感を、この短い映像でも感じます。尊敬します。そして拝見します。」

立て続けにコメントしています。

スポンサーリンク

【“そして、生きる”とは?】

有村架純さんがインスタで紹介している『そして、生きる』というのは、2019年8月4日から毎週日曜夜10時から放送予定のWOWOWのオリジナルドラマ(全6話)ですね。

2011年の東日本大震災をテーマに、激動の中、若い男女が自分自身と巡り合った人々の人生を重ね合わせながら、前向きに生きていこうとするヒューマンラブストーリーです。

有村架純さんと坂口健太郎さんのダブル主演。
映画『ナラタージュ』でも共演している二人ですから、その辺も見ものです。

テーマがテーマだけにとってもシリアスで重いドラマになりそうです。

それに対する土屋さんの
「本当に厳しい作品だと思うけれど、伝えようとする方々の勇気と責任感を、この短い映像でも感じます。尊敬します。そして拝見します。」
ということを考えると、土屋さんの真面目さを感じてしまいました。

スポンサーリンク

【有村さんの“そして、生きる”を見るには】

そんなドラマ『そして、生きる』は、wowow限定のドラマなので、残念ながら地上波では観られません。

有村さんがCMでやっているように、“wowowに入りましょ。”が必要なんですよね。

最近はPC、スマホ、タブレットでも観られるということですから、公式サイトでご確認ください。
公式サイト( ↓ )
wowow

有村架純と岡田健史のキスについてのフライデー報道

人気女優、有村架純さんはこれまで数々のドラマに出演し、話題になっていますね。

昨年放送された『中学聖日記』もその一つ。

中でも、中学生役の岡田健史さんとの禁断のキスシーンは、大きな反響を呼びました。

『フライデー』によると、何でも撮影以外でも二人はキスを重ねているとか。

これって熱愛なんでしょうか?

スポンサーリンク

【有村架純と岡田健史のキスシーンが話題になった“中学聖日記”】

有村架純さんと岡田健史さんのキスシーンが話題になったドラマ『中学聖日記』(全11話)は、2018年10月9日から12月18日までTBS系で火曜の夜10時から放送されました。

原作は、女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)連載の漫画家・かわかみじゅんこさんの同名の漫画です。

最近は、人気漫画を原作にしたドラマが多いですね。

ストーリーをざっとご紹介しますね。

教師を夢見ていた末永聖(有村架純さん)は、片田舎の中学に赴任しました。

そこで不思議な魅力を持つ生徒・黒岩晶(岡田健史さん)と出会います。

毎日のように聖に恋心をぶつけてくる晶。

しかし、聖には川合勝太郎(町田啓太さん)という年上の心優しい婚約者がいます。

「この子に恋をしてはいけない」と思いつつも、完璧すぎる婚約者・勝太郎に重荷を感じる聖の心は揺れ動いてしまいます。

一方、勝太郎の同僚である原口律(吉田羊さん)は、異様なまでの執拗さを持つバイセクシャル。
聖や勝太郎を翻弄します。

さらに、息子が教師に恋をしていることを知った晶の母親・黒岩愛子(夏川結衣さん)は、焦燥感を募らせます。

一旦は晶の前から姿を消し、平穏な日々を暮らしていた聖でしたが、3年後に偶然に再会することに。

教師と生徒の間の“禁断の恋”の行方は・・・。

といった感じの、はかなくも美しいラブストーリーです。

スポンサーリンク

【有村架純とキスシーンを演じた岡田健史ってどういう人?】

ところで、ドラマ『中学聖日記』で「中学生の黒岩晶を演じた岡田健史さんって誰?」って思った人も多いと思います。

それもそのはずで、実は岡田健史さんがドラマに出演するのは今回が初めて。
新人さんなんです。

そこで、プロフィールをご紹介します。

岡田 健史(おかだ けんし)

  • 本名:非公表
  • 生年月日:1999年5月12日
  • 出生地:福岡県
  • 身長:180 cm
  • 血液型:O型
  • 職業:俳優
  • ジャンル:テレビドラマ
  • 活動期間:2018年から
  • 事務所:スパイスパワー

1999年5月12日生まれですから、放送当時はまだ19歳だったんですね。

根っからの野球好きで、長崎県の強豪・創成館高等学校に特待生として入学しているんですよ。

ポジションはキャッチャー。

高校時代、阪神タイガースの川原陸投手と捕手と投手として共にプレーしていたというんですから、本物ですね。

中学1年生の冬から5年間にわたって大手芸能事務所・スパイスパワーからスカウトされていたけれども、野球のために断り続けていたそうです。

たしかにイケメンですからね。

高校3年時の野球部引退後、演劇部にスカウトされ、そのとき「感じたことがないほど気持ち良かった」経験をして俳優を志望するようになったそうです。

2018年にスパイスパワーに所属し、いきなりドラマ『中学聖日記』のオーディションに合格して俳優デビューしたんです。

選出理由は、「純粋で良い意味で洗練されていない、今どきの子にはなかなか無い魅力があった」ということなんですって。

そんな岡田さん、『中学聖日記』に出演するにあたり、こんなコメントをしています。

「クランクインして1ヶ月が経ちましたが、毎日初めてのことがたくさんあります。監督にも細かく丁寧に演技について教えていただき、楽しくやりがいのある日々です。今回演技するのが初めてで自分の中に引き出しがまったくなく、自分が今まで経験したことがないことを演技で表現するのが難しいなと感じているので、これから克服していけたらと思います。
主演の有村さんは、僕が演技で悩んでいるときに一緒に考えてくださったり、いつも安心させてくださるとても素敵な方だと思います。
今回の役に僕を選んでくださった方々への感謝の気持ちを持って、その期待に少しでもこたえられるように、どんなことにも取り組んで誠心誠意この作品と向き合っていきたいと思います。
今までの生活とは全く違う世界で、「ここってどうしたらいいんだろう」と考える時間も増えてきた中で、自分なりに一生懸命取り組んでいますので、あたたかく見守っていただけたらと思います!」

(TBS公式サイトより)

とっても初々しいコメントですね。

岡田さんが「いつも安心させてくださるとても素敵な方」と言っている有村さんは、岡田さんのことをどう思っているんでしょうか?

有村さんは、岡田さんについてこんなコメントをしています。

「初めてお会いした時に目がすごく素敵で、私のことを真っ直ぐ見て下さったのがものすごく印象に残っていて。お芝居をしていても岡田さん自身の人柄というのが滲み出ている感じで、ピュアさだったり真面目な素直なものっていうのがしっかりと目に表れているような気がします。初めてとは思えないくらいしっかりとこの作品や晶という役に真摯に向き合っている方で、非常に努力家で真面目な方だと思います」

お互いにリスペクトし合っているようですね。

スポンサーリンク

【フライデーが“有村架純と岡田健史が撮影外でもキス”と報じる】

そんなお二人ですが、ドラマの中のキスシーンがきれい!と話題になりました。

岡田さんは、キスシーンについてもコメントしているのでご紹介しますね。

「中学生だから(キスが)カッコよくなくてもいいのかな。等身大でやれば、カッコ悪さが出ると思います。ドキドキです。緊張です!」

(日刊スポーツより)

素直に読めば、私生活ではキスをあまりしたことがないように読めますが、どうなんでしょうか?

あれだけのイケメンですから、彼女の一人や二人くらいいて当然と思いますが、もしかしたら野球づけでそんな暇もなかったのかもしれませんね。

ドラマでは、第4話でキスシーンがあったんですが、10月26日に発売された雑誌『フライデー』が舞台裏についてこんな記事を報じているんです。

ドラマでキスシーンがある場合、リハーサルでは実際にキスをしないで直前でやめる『寸止め』が普通。

しかし、取材したところ、有村さんと岡田さんはリハーサルでも本番さながらのキスをしているというんです。

有村さんの演技に対する本気度で、撮影現場は引き締まっているのだとか。

まさか、プライベートでしているわけではないようですが、新人の岡田さんにしてみれば、確かにさっきのコメント通り「ドキドキです。緊張です!」でしょうね。

また、有村さんは、過去にドラマ『スターマン・この星の恋』(フジテレビ系)で國村隼さんとも熱いキスシーンがありました。

仕事とはいえ、新人からベテラン俳優まで色々な人とキスしなければいけないのも、それはそれで大変ですね。

スポンサーリンク

米津玄師の新曲、ドラマ”ノーサイドゲーム”主題歌の発売日決定!

今や爆発的人気と言っていほどの米津玄師さんの新曲が突然発表されましたね。

TBS系で7月より放送開始されたドラマ『ノーサイドゲーム』の主題歌、『馬と鹿』です!

予告なくドラマで流れたこの米津さんの新曲、発表日が決まりました。

スポンサーリンク

【ドラマ“ノーサイドゲーム”とは?】

2019年7月期の新番組『ノーサイドゲーム』(TBS系 日曜夜9時)は、大泉洋さん主演のドラマ。

原作は、あの『半沢直樹』を書いた池井戸潤さんです。

大手自動車メーカーの中堅サラリーマンが、左遷人事で赴任した工場でラグビーチームの監督も任されることに。

出世の道を断たれた主人公と低迷するラグビーチームの仲間たちが、苦しみながら逆境を乗り越えていくすがたを描いたドラマです。

高感度の高い大泉洋さんと、ヒットメーカーの池井戸潤さんの組み合わせですから、自然と期待が高まっちゃいますね。

大泉洋さんのコメント

「私自身も今まで放送されてきた、数々の池井戸作品のファンでありましたので、その池井戸さんの新作ドラマで、主演させていただくのはとても嬉しく、光栄であります。
大きなプレッシャーも感じていますが、『99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜』、『LEADERS㈼』でもご一緒させていただき、全幅の信頼を寄せる福澤組と一緒にこの君嶋という役を全身全霊で演じたいと思います。
そして日本でラグビーのワールドカップが開催されるという年に書きおろされる池井戸さんのラグビーを題材にした新作を読者として、純粋に楽しみにもしています。
絶対面白いでしょ!!」

(TBS公式サイトより)

スポンサーリンク

【米津玄師の主題歌がサプライズ発表!】

そんな『ノーサイドゲーム』の主題歌を、あの米津玄師さんが書き下ろししました。

米津さんと言えば、先ごろ公開された映画『海獣の子供』の主題歌『海の幽霊』も担当したり、少し前には松坂桃李さん主演のドラマ『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)の主題歌で菅田将暉さんが歌う『まちがいさがし』、そして更にさかのぼれば石原さとみさん主演のドラマ『アンナチュラル』(2018年TBS系)の主題歌『Lemon』など、これまでも多くの楽曲を主題歌として提供してきましたね。

ただ、これまではドラマや映画の宣伝のために放送(公開)前に米津さんが主題歌を担当することが発表されるのが常でした。

というか、それが通常の流れなんですが、今回に限ってはドラマの1回目の放送の時にいきなり米津さんの新曲『馬と鹿』が流れるサプライズ。

新しいパターンの演出に驚いたファンが多かったようで、SNSでは一時「#ノーサイド・ゲーム」がトレンドランキング1位になったくらいなんです。

米津さん自身もドラマの放送当日、こんなツイートをしていたんです。

スポンサーリンク

【米津玄師の新曲“馬と鹿”発売日は?!】

そんな予告なしにドラマで流された米津さんの新曲『馬と鹿』。

発売日は9月11日と発表されました。

形態は、「ノーサイド盤」「映像盤」「通常盤」の3種類。

「ノーサイド盤」はレザージャケットで、“ホイッスル型ペンダント”がついているそうです。

「映像盤」は米津さん描き下ろしイラストの紙ジャケットで、「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVEのティザー映像が収録されているとのこと。

また、映画『海獣の子供』の主題歌『海の幽霊』も収録されているそうですよ。

米津さんのオフィシャルサイト『REISSUE RECORDS』の説明を引用しておきますので、ご確認くださいね。

米津玄師 New Single 『馬と鹿』
発売日:2019年9月11日(水)

<商品形態>
ノーサイド盤(初回限定):CD+ホイッスル型ペンダント(レザージャケ) ¥1,900+税
映像盤(初回限定):CD+DVD(紙ジャケ) ¥1,500+税
通常盤:CD only ¥1,000+税

<購入者店舗特典>
共通特典あり(詳細は後日発表)
※特典は「先着」となり、数に限りがあります。一部の店舗/ECサイトでは特典が付かない場合がございます。
ご予約ご購入の際は、特典の有無を必ず店頭/ECサイトでご確認下さい。

<収録内容>
CD(全形態共通)
1. 馬と鹿
2. 海の幽霊
3. (未定)

DVD(「映像盤(初回限定)」のみに収録)
1. 「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE Teaser
2. 「海の幽霊」MV

スポンサーリンク

賀来賢人、映画ライオンキングで熱唱!エルトンジョン・ビヨンセに対抗!

昨年、ドラマ『今日から俺は!』でブレイクした賀来賢人さん。

2019年8月9日に公開される映画『ライオンキング』で吹き替えを担当することが分りました。

劇中歌の『愛を感じて』も歌うそうですが、果たして賀来さんの歌唱力はどんなもんなんでしょうか?

スポンサーリンク

【2019年の映画“ライオンキング”とは?】

もともと、『ライオン・キング』(原題The Lion King)は、今から25年前の1994年6月24日に全米で公開されたディズニーの長編アニメーション映画ですね。

アニメ映画史上ではNo.3の興行収入を上げているヒット作なんですよ。
(ちなみに、1位は『アナと雪の女王』、2位は『トイ・ストーリー3』)

その後、ミュージカルとしても成功し、日本では『劇団四季』が1998年からロングラン公演していますね。

そんなアニメ映画をアメリカのジョン・ファヴロー監督がフルCGリメイクしたのが、日本で今年の夏に公開される映画『ライオンキング』なんです。

ストーリーはこんな感じです。

動物王国の王様、ライオンのムファサは、息子シンバに王としての心構えを教育していますが、シンバは遊んでばかり。

シンバが王になることを望まない、ムファサの弟・スカーはムファサを殺してしまいます。

故郷を追われたシンバは、ミ―アキャットとイボイノシシのティモンとブンバァに助けられます。

成長したシンバは、荒廃した故郷に戻り、宿敵スカーを倒して新たな王の座につきました。

めでたし、めでたし・・・。

スポンサーリンク

【賀来賢人が初の吹き替えに!】

そんな映画、『ライオンキング』の主人公、シンバの吹き替えをオーデションで獲得したのが賀来賢人さん。

7月8日に行われたプレミアム吹き替え版声優発表イベントに出席した賀来さんは、「小さいころから大好きで本当に良く見ていた」そうですね。

友人が出演している劇団四季の公演を見に行った時のことをこんな風に語っていました。

「最終公演を見に行って、打ち上げにも参加させてもらいって、『愛を感じて』とか『ハクナマタタ』とか一緒に歌って、勝手に縁を感じていた」

『愛を感じて』は映画の主題歌で、原題を”Can You Feel the Love Tonight”といいます。
作曲はあのエルトン・ジョンさん。
もちろん歌も歌っていますよ。(作詞はティム・ライスさん)

1994年度アカデミー歌曲賞を受賞した名曲ですね。

そして、『ハクナマタタ』(Hakuna Matata)というのは挿入歌で、スワヒリ語で『くよくよするな』という意味だそうです。

賀来さん、ご自身のお子さんのためにもシンバ役を

「絶対にやりたいと思っていた」
「本当に全身全霊でやらせていただきました。」

とも言っていました。

賀来さんは、お嫁さんの榮倉奈々さんとの間に2歳になったばかりのお子さんがいらっしゃいます。
大きくなったときに、『この声、パパがしゃべっているんだよ』なんて言うんでしょうね。

スポンサーリンク

【賀来賢人の歌唱力は?】

さて、賀来賢人さん、映画のセリフだけでなく劇中歌も担当するとのことなんです。

その賀来さんが歌うというのが、エルトン・ジョンさんの『愛を感じて』”Can You Feel the Love Tonight”です。

2019年の英語版の映画では、ドナルド・グローヴァーさんと世界の歌姫ビヨンセさんが歌っています。

エルトン・ジョン、ドナルド・グローヴァー、ビヨンセ…ってすごすぎないですか?

プレミアム吹き替え版声優発表イベントでそのことを聞かれた賀来さん、こう語っています。

「もちろん二人(ドナルド・グローヴァー、ビヨンセ)は知っていますし、世界中が知っていますし、その楽曲も聞かせていただいて本当に素晴らしかった」
「日本版ならではの『愛を感じて』が歌えると確信したので、自分もそこに寄せて歌えたので、勝手な自信があります」

すごく肝が座っていますね。

で、賀来賢人さんの歌唱力なんですが、ご存じ『今日から俺は!』で主題歌を歌っていましたので、まずはコレをご覧ください。

結構なもんですよね。

実は、賀来さん歌唱力には定評があって、インスタに上げたアカペラも『激ウマ』とすごく話題になったんですよ。

是非、記事【賀来賢人がインスタでアカペラを披露】で賀来さんの生の歌声を聴いてみてください。スゴイですよ。

映画では、江口洋介さんや佐藤二朗さんも吹き替えを担当しています。

どんな出来になるのか、楽しみですね。

スポンサーリンク

田中圭の出演ドラマ、2018年・2019年まとめ!主演作は意外と少ない?

2003年のドラマ『WATER BOYS』(フジテレビ系)で注目され、2018年の『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で再ブレイクを果たした俳優の田中圭さん。

今や、ドラマやCMで姿を見ない日はないほどの人気者ですが、これまで120本以上のドラマに出演しているベテラン俳優なんです。

最近はどんなドラマに出演しているのでしょうか?
2018年と2019年に出演した(する予定)のドラマと役柄をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

【田中圭の2018年出演ドラマ】

『おっさんずラブ』

まずは、何といっても『おっさんずラブ』ですね。
2018年4月21日から6月2日まで、毎週土曜日夜11時15分からテレビ朝日系の「土曜ナイトドラマ」枠で放送されました。

実は、この『おっさんずラブ』、2016年12月31日にも『年の瀬 変愛ドラマ第3夜』として単発放送されていたんですよ。

モテない33歳の男、“春田創一”が会社の上司と後輩の男性二人から告白され、困惑しながらも彼らの純粋な思いに心を揺さぶられるお話し。

ご存じのとおり、田中圭さんは、この主人公“春田創一”を演じていました。
田中さんが演じる、真面目で人付き合いもよいが、どこかダメ男的なキャラクターが母性本能をくすぐり、田中さんのブレイクのきっかけとなったドラマですね。

『ダブル・ファンタジー』

『おっさんずラブ』の放送終了後、2018年6月16日から7月14日までWOWOWで放送された全5話のドラマです。

夫の支配と性の不一致から逃れるため、家を出て次々と男と関係を持ちながらも“自由という孤独”を選んだ女性脚本家の生き方を描いた物語。

主演は水川あさみさん。
田中圭さんは主人公の女性脚本家“高遠奈津”と関係を持つ、大学時代のサークルの先輩で妻子ある男性“岩井良介”を演じています。

地上波では放送されず、不倫と性描写が話題になりましたが、女性の一つの生き方を描いた衝撃的な作品として30~40代の女性の共感を得た作品です。

スポンサーリンク

『健康で文化的な最低限度の生活』

2018年7月17日から9月18日まで、関西テレビ制作・フジテレビ系で火曜日の夜9時から放送されました。

新人ケースワーカー(社会福祉で個別援助技術を実践する人)の目を通して、生活保護の現実を描いた青春群像劇。

主人公の“義経えみる”を演じたのは吉岡里帆さん。

田中圭さんは、“えみる”の直属の上司である区役所生活課の係長“京極大輝”役。
財政に厳しく、お酒は一滴も飲めない真面目な公務員を演じています。

『獣になれない私たち』

2018年10月10日から12月12日まで日本テレビ系で放送されたドラマで、『けもなれ』という略称で呼ばれていますね。

新垣結衣さんと松田龍平さんW主演のこのドラマ。

自分を抑えて、周りに気を遣い誰からも愛される女性“深海晶”と、世渡り上手で人当たりが良い男を演じている敏腕会計士の“根元恒星”。
二人の出会いを通じて、本能のまま自由に生きたいと思いながらもままならない大人を描いた物語でしたね。

田中圭さんは、新垣さん演じる“深海晶”の彼氏“花井京谷”で出演していました。

大手デベロッパーの社員で、優しいけれども保身的な男性を演じていました。

『コールドケース2  真実の扉  』

アメリカのテレビドラマシリーズ『コールドケース 迷宮事件簿』のリメイクであるこのドラマ。2018年10月13日から12月15日までWOWOWで放送されました。

“コールドケース”とは、“未解決凶悪犯罪”の通称。
そんな凶悪犯罪を解決する神奈川県警捜査一課の活躍を描いた刑事ドラマ。

主人公の女性刑事役に吉田羊さん、ほかに永山絢斗さん、滝藤賢一さん、光石研さん、三浦友和さんが出演しています。

田中圭さんは刑事としてではなく、2018年11月10日に放送された第5話のキーパーソンとしてゲスト出演しています。

スポンサーリンク

【田中圭の2019年出演ドラマ】

『あなたの番です』

そして、いよいよ現在放送中のご存じ『あなたの番です』。

2019年4月14日から日本テレビ系列で毎週日曜の夜10時30分から放送されているこのドラマ。
マンションに引っ越してきた新婚の年の差カップルが、住人達の“交換殺人ゲーム”に巻き込まれてしまうというミステリーで、企画・原案をあの秋元康さんが担当しています。

主人公“手塚翔太”“菜奈”夫婦を田中圭さんと原田知世さんが演じていますね。

第1章の『殺(や)られる前に暴いてやる。』で主人公の一人、原田知世さん演じる“菜奈”まで殺されてしまうという意外な展開を見せているこのドラマ。
第2章の『反撃編』では、最愛の妻を殺され人格が変わってしまった“翔太”を田中さんが熱演していますね。

海外市場での展開も視野に入れて、2クール連続して半年間放送される予定の『あなたの番です』。

後半にはどんな意外な展開を見せるか楽しみです。

『Iターン』

最後は、2019年7月13日から、放送される予定のムロツヨシさん主演のドラマ『Iターン(アイターン)』(テレビ東京系 毎週土曜の0時12分から)です。

本社から地方の支社へ左遷された、中堅広告代理店に勤める“狛江光雄”(ムロツヨシさん)。
単身赴任で向かった先は、ヤクザが牛耳る“修羅の街”でした。

「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられた“狛江”は、馴れ合いの業者を見直したり新規開拓に奔走。
そんななか、ふとしたことから「竜崎組」と「岩切組」という対立する二つのやくざ組織とトラブルを起こし、両方から目をつけられてしまいます。

冴えないサラリーマンがやくざたちに翻弄されながら、いかに自分を取り戻していくか・・・。

岩切組の昔堅気の組長を古田新太さん、そして竜崎組の頭脳派組長を田中圭さんが演じます。
最近のドラマでは廻ってこなかった役まわりですね。

ドラマ出演にあたって、田中さんはこんなコメントをしているんですよ。

「僕が演じる竜崎は、わかりやすい言葉で言うとインテリヤクザ。
こういう役は久々だったのと、ムロツヨシさんや古田新太さん、他にも知っている人がいたので、楽しそうだなと思いました。
ムロさんとは、実は現場でお会いしたことがなかったので、お会いできてすごく嬉しかったです。
“ムロ節”を生で体感できておもしろかったのですが、ムロさん得意のアドリブをもう少し堪能したかったなと思います。
作品自体はコメディ要素がすごく強い作品なんですけど、僕とムロさんのシーンは毎回僕が脅しているので(笑)。
新太さんは、こういう役を相当数やられているので、そんな新太さんに同じヤクザ役としてなんとか対峙できるように、気持ちの面では負けないよう意気込みを持って現場に臨みました。
脚本を読んだだけでも、完成を楽しくイメージできる作品だったので、きっとそれ以上に僕のイメージじゃ足りないところがおもしろく追加されて、笑ってもらえるんじゃないかなと思います
主人公が、周りの人たちに強く言えずにどんどん巻き込まれていってしまう様子を、イライラするのか、おもしろおかしくみてくれるのか、それは皆さん次第ですが(笑)。
そんな主人公をムロさんがきっとすごく愛せるようなキャラクターにしているので、みなさんで愛していただければなと思います。」

(テレビ東京公式サイトより)

スポンサーリンク

【田中圭の2018年と2019年出演ドラマまとめ】

この2年間で7本のドラマに出演している田中圭さんですが、意外なことに主演は『おっさんずラブ』と『あなたの番です』の2本だけなんですよね。
(まあ、『あなたの番です』は2クール連続なので2本分と考えられなくもないですが…。)

ここのところ、ほんわかしたキャラクターを演じることが多かった田中さんですが、『あなたの番です』反撃編や『Iターン』ではまた違った役回りを演じています。

もともと演技力のある俳優さんですから、これからどんな演技を見せてくれるか楽しみですね。