FODのダウンロード機能と方法を紹介!通信量を抑える4つの方法

FOD

お家で余暇を楽しむ人が増え、注目を集めているのが動画配信サービス【FOD】。見たい時に見たい作品を楽しめるのが最大のメリットです。

ゆっくり・たっぷり好きな作品を見られるのはウレシイですが、ちょっと気になるのが通信量…。

そこで今回は、FODのダウンロード機能や方法、そして通信量を抑える工夫についてご紹介しますね!

<スポンサーリンク>

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

【ストリーミングとダウンロード】

まずは、2つの動画再生方式の基本的なことについてご紹介します。(「そんなことはわかっている!」という方は読み飛ばして【FODにダウンロード機能はあるのか?】に進んで下さいね。)

FODをはじめ、どこの動画配信サービス(いわゆるVOD)もテレビ放送と違って電波ではなく通信回線を使ってコンテンツを流しています。

ですから、どうしても一定の通信量がかかるのは避けられないわけです。
(あとでご紹介するように通信量を抑える工夫はあります。)

通信回線を通って送られてくる動画を再生する方式には、《ストリーミング》と《ダウンロード》の2種類があります。

《ストリーミング》

「ストリーミング」というのは動画をその場でダウンロードしながら視聴する方法です。
再生するまでの時間が短いのがメリットですが、一般的に飛ばしながらの視聴には向いていません。
ただ、【FOD】のPC・スマホ・タブレットの再生画面には「10秒すすむ」「10秒もどる」ボタンがありますから、特に不都合はありません。

《ダウンロード》

一方、「ダウンロード」というのは、あらかじめ、PC・スマホ・タブレット等の端末に動画を落としこんでから視聴する方法です。
最大のメリットは、一度ダウンロードすればデータ通信量が気にならないところ。
インターネット環境がないところでも視聴できるわけです。

ただし、逆にWi-Fi環境下でダウンロードしないとすぐ通信制限がかかってしまうというデメリットがあります。

ですから、通勤や通学途中など外出先でドラマや映画を見たいというユーザーにしてみれば、「だったらWi-Fi環境がある自宅でダウンロードして、それを外出先で見ればいいじゃん!」と思うのは当然ですね。

では、【FOD】にはダウンロード機能が備わっているんでしょうか?

<スポンサーリンク>

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

【FODにダウンロード機能はあるのか?】

ということで、【FOD】にそもそもダウンロードできる機能があるのかというと…
下の「FODヘルプセンター」の回答をご覧ください。

Q: 作品の録画やダウンロードはできますか?
A: FODはストリーミング配信サービスのため、作品を録画およびダウンロードすることはできません。

そう、残念ながら【FOD】にはダウンロード機能や録画機能はないんです。
【FOD】の場合、ストリーミング再生のみを採用しているんですね。

「それでは通信量が…」と心配になった方、まだ諦めるのは早いです。

解決策として4つの方法があるんですよ。

<スポンサーリンク>

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

【解決策1:録画ソフトを利用する】

上記のように【FOD】にダウンロード機能はありません。

また、録画機能に対応しているわけではありませんが、PCやスマホの「キャプチャソフト(キャプチャアプリ)」を使って録画する方法はあります。

「キャプチャソフト(キャプチャアプリ)」とうのは、デスクトップ全体や指定領域内の動画をMP4、WMV、MOVなどの動画ファイルとして保存できる録画ソフトウェアのことです。

有料のものと無料のものがあります。
また、有料版の体験版として少し機能を落とした無料版も出ています。

「機能を落とした」というのは、録画画面のすみにうっすらとソフトのロゴが映るとかいった具合です。

有名な録画ソフトとして、以下のものがあります。

パソコンの録画ソフト
  • FlashBack Express
  • Bandicam
  • ロイロゲームレコーダー
  • Game DVR
  • ShadowPlay
  • アマレココ
  • AG-デスクトップレコーダー
スマホやタブレットの録画ソフト

《Android》

  • Mobizenスクリーンレコーダー
  • Apowersoft Android録画アプリ
  • DU Recorder画面キャプチャアプリ

 

《ios》

  • DU Recorder-画面レコーダー
  • AirShou
<スポンサーリンク>

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

【FODで録画ソフトを使うときの注意点】

ただし、【FOD】でこれらの録画ソフトを使う際には2つの注意が必要です。

利用規約違反の可能性

【FOD】の利用規約に触れる可能性があります。
その第20条に禁止行為として次のように書かれているんです。

第20条(禁止行為)
1. 本サービスの利用に際し、ユーザは、自ら以下の各号のいずれの行為も行ってはならず、また、第三者をして以下の各号のいずれの行為も行わせてはなりません。

⑥ 方法の如何を問わず、本サービス若しくは本コンテンツの全部又は一部を複製、保存、保管、配信、アップロード、当社が定めた方法以外で利用する行為

録画ソフトを利用することがここに書かれている「複製、保存、保管」や「当社が定めた方法以外で利用する行為」などの禁止行為にあたる可能性があります。

禁止行為にあたると判断された場合、第9条にもとづいて「利用停止・強制退会」になってしまうこともあります。

再生中の動画が強制終了

また、そもそも録画していると再生中の動画が強制終了されることもあります。

コンテンツを再生中に録画をしていると、録画していることが検知されます。
検知されると次のようなエラーメッセージが表示され、動画再生は強制終了されます。

エラー
画面の録画を検知しました。動画を終了します。

ですから、録画ソフトを利用する際は、「自己責任」のもとで行ってくださいね。
いきなり有料のソフトを買って録画するのは避けた方がよさそうです。

<スポンサーリンク>

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

【解決策2:画質を落として再生する】

王道の解決策として、まず挙げられるのが「画質を落として再生する」方法です。

【FOD】には、画質の種類を選ぶ機能が付いています。

「高画質」と「軽量版」の2つがありるので、使っている端末によって使い分けましょう。

Wifi環境がない外出先でスマホやタブレットを利用してい見る場合は、「軽量版」で見ることをオススメします。かなり通信量を抑えることができますよ。

だいたい、1時間の動画再生でかかる通信量は、「高画質」では最大400MB、「軽量版」では最大150MBです。
あくまで目安ですが、「軽量版」に変えるだけで2~3倍も通信量を節約することができます。

では、「高画質」と「軽量版」とではどのくらい画質が違うか、実際にご覧ください。

まずこちらが「高画質」。

続いて、下は「軽量版」。

どうでしょうか?

個人的には、ほとんど差がないように見えます。
ですから、わたしは、Wifi環境がない場所で見るときは必ず「軽量版」にしています。

画質を変更する手順は簡単です。

《アプリのトップ画面から画質を変更する場合)

右上の三本線をタップし、設定画面を表示。
「動画視聴設定」で画質を選ぶことができます。

《アプリの視聴画面から画質を変更する場合》

画面をタップすると右上に歯車が出てくるのでそれをタップ。
「画質選択画面」で画質を選びます。

《Webの番組ページから画質を変更する場合》

画面の下で画質を選ぶことができます。

《Fire TVのFODアプリから画質を変更する場合》

FODアプリにある左側ジャンル欄の下の歯車をクリックし、設定画面を表示。
「動画視聴設定」で画質を選ぶことができます。

<スポンサーリンク>

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

【解決策3:Wi-Fi環境下で再生する】

動画の視聴には大容量のデータが必要になりますが、そんなときに使うと便利なのがWi-Fi。
通信制限がかかりませんから【FOD】を見る際にも大活躍してくれます。

最近は Wi-Fiが使える環境も増え、Wi-Fiを入れているご家庭も多いですね。
予めWi-Fiが設置されているアパートやマンションも多いですし、フリーWi-Fiを設置している施設もかなりあります。

また、【FOD】アプリには、Wi-Fi接続時のみ動画再生できる設定に変更することが可能で、こちらはWi-Fi接続が切れると再生も自動で停止するので、「気がつかない間にキャリア通信に切り替わっていた!」なんてことを避けられるので安心です。

やり方は簡単。

アプリのトップ画面にある右上三本線をタップし、設定画面を表示。
「動画視聴設定」の一番下にある「Wi-Fi接続でのデータ通信時のみ動画を取得」を有効にするだけです。

簡単でしょ。

お家に Wi-Fiがないという方は、いい機会ですから思い切って設置するのもいいと思いますよ。
【FOD】を見る以外にも、通信機器を使う際には便利ですからね。

今は、一切工事がいらないで、コンセントに指すだけで使える便利なものも出ています。
知らない人を家に上げるのに抵抗がある人や、忙しくて工事日を設定しにくい人にオススメですよ。

例えば、もし、あなたがソフトバンクユーザーならこんなの(↓)がオススメです。

また、ドコモやauのキャリアの方は、次の【解決策4】でご紹介するモバイルWi-Fiルーターを利用すればお家でも外出先でもOKですよ。(もちろん、ソフトバンクもOKです。)

<スポンサーリンク>

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

【解決策4:モバイルWi-Fiルーターを利用する】

外出先や移動中に【FOD】を視聴したい方には、Wi-Fiルーターがおすすめです。

【FOD】の他に別途費用がかかりますが、モバイルWi-Fiルーターは持ち運び自由自在ですから、どんな状況でもWi-Fi環境下で視聴することができます。

いろいろな会社からモバイルWi-Fiルーターが出ていて、値段やプランは異なりますが、【FOD】などの動画を見るなら大容量のものをオススメします。

ちなみに、次のものはクライドWiFiといってSIMが不要なのでキャリアを選ばず、月間100GBまで使えます。月額料金も安いのでオススメですよ。
最短即日発送で工事不要!世界中で使えるクラウドポケット型Wi-Fi【ギガWi-Fi】

<スポンサーリンク>

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

【“FOD”は何本の作品が見られる?】


いろいろなサイトで【 FOD 】や【 FOD プレミアム】について紹介されていますが、この二つを分けずにゴチャゴチャに説明しているケースが散見されます。

一言で言うと、フジテレビの見逃した番組を期間限定で配信しているのが【 FOD 】です。
テレビ放送が終了した直後から大体1~2週間の期間限定で、この記事作成現在で 見られる作品数は57作品です。

それに対し、月額976円(税込み)で、フジテレビの無料見逃し配信だけでなく、他局のコンテンツや映画も見られるのが【 FOD プレミアム】です。

【 FODプライム】会員になると、作品数がけた外れに増えて何と 5万本以上が見放題になります。

現在放送中のフジテレビのドラマやバラエティだけでなく、『コンフィデンスマンJP』・『リッチマン、プアウーマン』・『昼顔』など、過去のフジテレビの人気ドラマ5,000タイトルを独占配信

他局の作品や韓流・邦画・洋画も見られるようになります。

更に100誌以上の人気雑誌や15万冊以上のコミックも読めて、毎月100~1200円相当のポイントのプレゼントもあるので上手に利用するとお得に楽しめます。

  • 作品数: 見放題 5万本 ( 他に有料作品あり )
  • ジャンル: 放映中フジテレビドラマ・バラエティー、過去のドラマ・バラエティー、映画、海外ドラマ、アニメ、オリジナル作品、コミック、雑誌
  • 対応デバイス: パソコン、スマホ、タブレット、スマートテレビ、セットトップボックス・ストリーミングデバイス

すぐに入会する必要はありません。
今なら2週間の無料視聴キャンペーンをやっていますから、まずは無料視聴を体験してみましょう。

コチラ(↓)の公式サイトから無料視聴キャンペーンに行けますよ。


まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

【関連記事】

「FODクーポンコードとは?使わないとゼッタイ損!」
「FODの料金が解約したのに発生?!知らないと損する情報!」
「FOD無料トライアル解約方法!損しないため期限も知っておこう!」
「“FODプレミアム無料トライアルは Amazon Pay”だけではない!最新情報を紹介!」
「FODの2週間の無料トライアル期間を1ヶ月に延ばす方法!」
「FODの見逃し配信はいつからいつまで可能か!期間・番組限定に注意!」
「FODをテレビで見る方法【レグザ編】」
「FODをテレビで見る方法【ビエラ編】」
「FODプレミアム 無料お試しやってみたら意外な事実!解約方法も紹介!」

タイトルとURLをコピーしました