林遣都のデビュー映画“バッテリー”可愛い画像!

ドラマ・映画・アニメ

ドラマ『おっさんずラブ』(2018年テレビ朝日)でブレイクし、今年は『教場』(フジテレビ)・『世界は3で出来ている』(フジテレビ)・『姉ちゃんの恋人』(カンテレ)の3つのドラマに出演と、活躍が続いている林遣都さん。

デビューから13年、30歳という節目を目前にした今、デビュー作の映画『バッテリー』の画像を見直してみると、まだあどけなさが残る可愛い遣都さんの姿が。

デビュー秘話を含めて、デビュー作『バッテリー』出演当時の林遣都さんの画像をご紹介します。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【林遣都は渋谷駅ホームでスカウト】

1990年12月6日、滋賀県大津市で生まれた林遣都さん。

2005年、中学3年生のとき、東京への修学旅行中にスカウトされ芸能界入りしました。
当時のことをこんな風に語っています。

「初めての東京は人の多さに圧倒されて。自由行動で渋谷駅近くのコンビニに行ったことが一番の思い出かな」

渋谷駅のホームで現在も所属している芸能事務所・スターダストプロモーションの女性スタッフに声をかけられたんですって。
あれだけ多くの人が行き来する渋谷駅スカウトの方の目が引かれたと言いますから、よほど林遣都さんのルックスが目立ったんでしょうね。

遣都さん、女性スカウトさんから名刺を渡されたときは、「え? 何?」とキョトンとなったんですって。

その後、家族会議を開いて、遣都さんは「中途半端はしない」とご両親に約束し、映画『バッテリー』のオーディションに応募したそうです。

遣都さんいわく、遣都さんの目鼻立ちは両親の顔を「半分、半分合わせた感じ」だそうです。
となると、ご両親もきっと美男美女なんでしょうね。

ちなみに「遣都」という珍しい名前は本名で、「将来、ある分野の中心として活躍できる人間に(なるように)」という親御さんの思いが込められているだそうです。

映画『バッテリー』のオーデションには3000名が応募しましたが、それを勝ち抜いて見事に主役の座をゲット。

当時、林遣都さんには、演技経験がありません。
それでも3000人の中から選ばれたのですから、持って生まれた“何か”があるんでしょうね。

【林遣都が“バッテリー”で新人賞を総なめ!】

さて、全くの素人が映画初出演にして初主演という凄いことをやってのけた林遣都さん。
仕事の度に地元の滋賀と東京を新幹線で行き来していたそうです。

当時、こんなのコメントをしています。

「きっと僕は滋賀で一生を終える、と思っていた。今が信じられないときもあります」。
「緊張の連続でしたが、おかげで集中力が身に付きました」
「皆さんに迷惑かけたらいけない(そればかり考えた。)」

新人らしい初々しいコメントですね。

しかし、遣都さんは初めて演技をしたこの映画『バッテリー』で数多くの賞を受賞しているんですよ。

  • 第31回日本アカデミー賞 新人俳優賞
  • 第81回 キネマ旬報ベスト・テン 日本映画新人男優賞
  • 第22回 高崎映画祭 最優秀新人賞
  • 第17回 日本映画批評家大賞 最優秀新人賞

凄いの一言です。よほど、才能があるんですね。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【林遣都主演の映画“バッテリー”とは!】

林遣都さんのデビュー作・映画『バッテリー』は、作家あさのあつこさんの児童文学作品が原作です。

単行本と文庫本がそれぞれ教育画劇と角川文庫(角川書店)から出ていて、延べ1000万部を超えた大ヒット小説。
第35回野間児童文芸賞を受賞したり、高校入試の国語の題材としてよく使用されたりしました。

のちに映画の他、柚庭千景さんによる漫画化・アニメ化・ラジオドラマ化・テレビドラマ化もされている超有名な小説ですね。

非凡な才能と過剰なまでの自信と高いプライドを持つ中学生の天才ピッチャー原田巧と、彼とバッテリーを組むことになったキャッチャー永倉豪の青春物語です。

もちろん、林遣都さんは主人公の原田巧役。

実は、遣都さんは小学・中学時代に野球をやっていて、キャプテンを務めたこともあるんです。
ちなみにポジションはピッチャーではなくセカンドだったとか。

ですから野球がテーマの今回の映画に出演するにあたり、「キャッチボールひとつとっても言葉抜きに心が通じ合える。それが野球の魅力。本当の僕はそんなに肩も強くないんです」なんてことも語っていました。

2007年3月10日、全国東宝系で公開された『バッテリー』。
メガホンをとったのは滝田洋二郎監督。

遣都さんの他に、 山田健太さん(キャッチャー永倉豪)、 天海祐希さん(巧の母)、岸谷五朗さん(巧の父)、 菅原文太さん(巧の祖父で元野球部監督)、 萩原聖人さん(野球部監督)、岸部一徳さん(校長)、あさのあつこさん(浅野先生)も出演しています。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【林遣都の見逃し映画・ドラマを観るには】

林遣都さん出演の見逃し映画・ドラマを観たいという方にオススメのVOD(オンデマンドビデオ)をご紹介します。

それは、ずばり『U-NEXT』です。
ここしかありません。

残念ながら林遣都さんのデビュー作の映画『バッテリー』は、現在どこのVODも配信していないんです。

そんな中、せめてアニメ版の『バッテリー』が見られて、なおかつ林遣都さんの出演作がもっとも多く見られるのが『U-NEXT』なんです。

林遣都さんがブレイクした『おっさんずラブ』や人気ドラマ『リーガルV』はもちろん、遣都さん出演のNHK朝ドラ『スカーレット』も観られちゃいます。

今、『U-NEXT』で見られる林遣都さんの作品はコチラです。(2020年9月14日現在)

  • おっさんずラブ(2018年)
  • スカーレット
  • ナミヤ雑貨店の奇蹟
  • 悪の経典
  • しゃぼん玉
  • 花芯
  • にがくてあまい
  • おっさんずラブ LOVE or DEAD
  • ギャング―ス
  • リーガルV
  • チェリーボーイズ
  • ガールズ
  • しんがり~山一證券 最後の聖戦~
  • 風が強く吹いている
  • DIVE!
  • REPLAY & DESTROY
  • 鍵のない夢を見る
  • 精霊の守り人Ⅱ 悲しき破壊神
  • 引き出しの中のラブレター
  • 戦国BASARA MOONLIGHT PARTY
  • 悪貨
  • ラブファイト
  • 精霊の守り人 最終章
  • 精霊の守り人
  • 家康、江戸を建てる

『U-NEXT』は、扱っている作品数が14万本と最多です!(見放題9万本、レンタル5万本)。

月々1990円(税抜き)でファミリーアカウントを利用して夫婦や家族4人で自由に楽しめるので、コスパがいいですよ。

しかも、毎月1200円分のポイントもらえるので、それを利用すれば無料で最新作や放送中のドラマ視聴や雑誌購入ができますからオトクです。

パソコン、スマホ、タブレット、スマートテレビ、ゲーム機、セットトップボックス・ストリーミングデバイスで見ることができます。

無料視聴期間が31日もありますから、いきなり申し込みではなく、まずは試しに見てから決めた方が良いですよ。
下に公式サイトのリンクを貼っておきますので、ちょっと覗いてみてはいかがでしょう?


日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

タイトルとURLをコピーしました