堺雅人の若い頃!カッコイイ画像と文豪写真?

若い頃の写真

放送中の『半沢直樹』が前回シリーズに引き続き絶好調の堺雅人さん。

相変わらずの怪演ぶりですが、今でもイケメンの堺さん、若い頃はもっとカッコ良かったはず。

合わせて、高校の卒アル写真が“まるで文豪!”と話題になっています。今回は、堺雅人さんの若い頃の画像をご紹介します。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【堺雅人のプロフィール】


(↑28歳の堺雅人さん)

では、まずは堺雅人さんのプロフィールからご紹介します。

  • 生年月日:1973年10月14日
  • 出生地:兵庫県神戸市垂水区
  • 出身地:宮崎県宮崎市
  • 身長:172 cm
  • 血液型:O型
  • 活動期間:1992年~
  • 配偶者:菅野美穂(2013年~)
  • 事務所:田辺エージェンシー
  • 主な出演テレビドラマ:『オードリー』『新選組!』 『エンジン』『Dr.コトー診療所2006』『ヒミツの花園』『篤姫』『官僚たちの夏』『ジョーカー 許されざる捜査官』『南極大陸』『リーガル・ハイ』 シリーズ『半沢直樹』シリーズ『Dr.倫太郎』『真田丸』
  • 主な出演映画:『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『クライマーズ・ハイ』『ジェネラル・ルージュの凱旋』『南極料理人』『クヒオ大佐』『ゴールデンスランバー』『武士の家計簿』『ツレがうつになりまして。』『DESTINY 鎌倉ものがたり』

生まれたのは兵庫県神戸市ですが、その後引っ越して、宮崎市立国富小学校・宮崎大学教育文化学部附属中学校・宮崎県立宮崎南高等学校に進みました。

通商産業省の官僚を目指し東京大学を志望していましたが、数学が苦手で国立大は失敗。
記念受験した早稲田大学第一文学部に入学しました。

記念受験して早稲田に受かるんですから相当に頭がいいんですね。

それから、官僚を目指していたというのも意外です。
官僚と対決するシーンの多い『半沢直樹』が大ブレイクしているのも皮肉なもんですね。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【堺雅人の高校卒アルはまるで文豪】

運動が苦手だったので中学時代は吹奏楽部、高校時代は演劇部に所属していたという堺雅人さん。

子どもの頃から読書好きだったそうです。

そんな堺さんの高校の卒業アルバムの写真が「まるで文豪」と評判なんです。

その写真がコチラ。

頬づえをついたポーズもそうですが、添えられた文章が格調高くないですか。

「高校生活で得たものといえば、多少の知識と友人たち、そして体重ぐらいであろうか。」

まるで昔の小説の書きだしのようじゃありません?

このころから才能の片鱗をちらつかせていたんですね。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【堺雅人の“早稲田のプリンス”時代がカッコイイ】

早稲田大学に入学した堺雅人さん、演劇研究会に入り演劇に没頭します。

劇団『東京オレンジ』の旗揚げに加わり、看板俳優として活躍します。

当時は“早稲田のプリンス”と呼ばれるほどの人気で、いまでも『東京オレンジ』の名誉団員なんですよ。

その頃のものと思われす写真がコチラ。

今の堺さんと余り変わっていませんね。

女性にもモテたらしく、堺さん自身も「あの子、かわいいね!」なんて言っていたらしいんです。

それでもやはり根がまじめなんでしょうね。堺さんは公演前になると演劇に没頭するあまり、彼女に「冷たくなった」と言われてフラれてしまうこともあったようです。

いよいよ演劇にのめり込んでいった堺さん。3年生の時に大学を中退して本格的に役者を目指します。

しかし、その後しばらくの間、親から勘当され仕送りはなくなるし、しがない役者生活では生活費もままならないため相当苦労したようです。

「売れれば鮨が食べられる」と、部屋にお寿司屋のチラシを貼って自分を鼓舞。
アルバイト先でもらった売れ残ったドーナツと道端に生えているタンポポをおひたしにして食いつないでいた時期もあったんだとか。

そんな下積みがあるからこそ、今があるんでしょうね。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【堺雅人朝ドラ“オードリー”で注目】

そんな堺さんの下積み生活から抜け出すきっかけとなったのが、2000年のNHK朝ドラ『オードリー』。
脚本家で女優でもある大石静さんの半生を描いた、岡本綾さん主演のドラマです。

小劇場出身の堺雅人さんや佐々木蔵之介さんら若手俳優の出世作になったことでも注目されました。

堺さんは、ヒロインに思いを寄せながら支えていく助監督・杉本英記を演じていました。

その時、堺さんは27歳。当時の画像がコチラ。

そして、堺雅人さんの名前が一気に浸透したのが2004年の大河ドラマ「新選組!」。
山南敬助の役を演じた堺さんの優しい笑顔が印象的でした。

特に、堺さん演じる山南が切腹した第33回「友の死」は、視聴者からの支持が高く、1話のみアンコールの再放送をするほどの人気ぶりだったんですよ。

その時、堺さんは31歳。当時の画像がコチラです。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【堺雅人の見逃しドラマ・映画を観るには】

堺雅人さん出演の見逃しドラマや映画を観たいという方にオススメのVOD(オンデマンドビデオ)をご紹介します。

堺雅人ファンにオススメなのは『U-NEXT』。

菅野美穂子さんとの結婚のきっかけとなった共演作『大奥』や、堺さんが優秀主演男優賞を獲得した『武士の家計簿』も観られちゃいます。

今、『U-NEXT』で見られる堺さんの作品はコチラです。(2020年8月24日現在)

  • 篤姫
  • ツレがうつになりまして。
  • その夜の侍
  • クヒオ大佐
  • ジェネラル・ルージュの凱旋
  • プロメア(声の出演)
  • 壬生義士伝
  • 武士の家計簿
  • 大奥~永遠~
  • 北の桜守
  • 秘密の花園
  • ひまわりと子犬の7日間
  • 手塚治虫のブッダ(声の出演)
  • 壁男
  • 塚原卜伝

『U-NEXT』は、扱っている作品数が14万本と最多です!(見放題9万本、レンタル5万本)。

月々1990円(税抜き)で家族4人で自由に楽しめるので、コスパがいいですよ。

毎月1200円分のポイントもらえるので、それを利用すれば無料で最新作や放送中のドラマ視聴や雑誌購入ができますからオトクです。

パソコン、スマホ、タブレット、スマートテレビ、ゲーム機、セットトップボックス・ストリーミングデバイスで見ることができます。

無料視聴期間が31日もありますから、いきなり申し込みではなく、まずは試しに見てから決めた方が良いですよ。
下に公式サイトのリンクを貼っておきますので、ちょっと覗いてみてはいかがでしょう?

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

タイトルとURLをコピーしました