石原さとみのドラマ“アンサング”薬剤師に共感?アリエナイ?

ドラマ・映画・アニメ

石原さとみさん主演のドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ)が2020年7月16日から始まりましたね。

初めて薬剤師を主人公とした医療ドラマ。
これまで10%前後の視聴率をキープし、まずまずといってよい滑り出しです。

ただ、石原さとみさん演じる薬剤師の活躍の描き方には、薬剤師をはじめとする医療関係者から賛否両論が寄せられているようです。

【石原さとみ主演“アンサング・シンデレラ”】

ドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の原作は、もともと漫画家・荒井ママレさんのコミックで、『月刊コミックゼノン』に『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』のタイトルで掲載されています。

入社2年目(ドラマでは8年目)の薬剤師・葵みどりが医師や助産師・看護師顔負けの大活躍で患者を救う医療もの。
薬剤師にもかかわらず調剤室から飛び出して、積極的に患者と向き合い、新薬が出れば、必ず味見をする勉強家という熱血漢です。

これまでドラマでは中心人物として取り上げられることなかった薬剤師にスポットライトを当てたことで注目を集めています。

もちろんドラマで主人公の葵みどりを演じているのは、石原さとみさん。

石原さんと言えば、過去に『アンナチュラル』( 2018年 TBSテレビ系)で法医解剖医を演じましたが、今回はその医師にも意見するスーパー薬剤師の役です。

共演者には、西野七瀬さん、成田凌さん、桜井ユキさん、田中圭さんといった人気俳優・女優が名前を連ねています。

ちなみに、タイトルの“アンサング(unsung)”は、「讃えられない」という意味で、普段は光が当たらない、縁の下の力持ち的な存在を表している言葉です。

<スポンサーリンク>

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

【石原さとみ演じる薬剤師への批判】

そんな異色のドラマですが、薬剤師をはじめとする医療関係者から賛否両論が寄せられていると言うんです。

薬剤師以外の人々の批判の声を紹介します。

「石原さとみの薬剤師は出しゃばりすぎ。患者に寄り添うのは医師と看護師のはず。しかも薬剤師が救急で心臓マッサージまでやるのはありえない。患者のプライバシーに入り込みすぎだし、本来の薬剤師の仕事をほったらかしにして、当直中に病院内で患者を探し回るなんて、何かあったら誰が対応するの?大問題だよ。あと医師にあそこまで意見する薬剤師は確実に排除されます。医師は医療現場の頂点、その次が看護師、そのだいぶ下が薬剤師」

「医療関係者が見たら腹が立つドラマ。現実離れしすぎ。調剤で忙しい時に患者さんを探し回るとか、普通ありえない。越権行為も甚だしいでしょ。薬剤師がここまでする訳がない、ってか、しちゃいけない!そりゃ医師も怒るわ。こんなデタラメをテレビで流していいわけ?」

「私助産師ですが、妊娠高血圧でHELLP(ヘルプ」症候群に気付かないとしたら、助産師辞めた方がいいと思います。胃痛がある時点で『ん?』って思って医師に言います。担当が聞く耳を持たないなら、上の医師に言います。頭痛までほっとくのは助産師失格だと思います。妊婦にロキソニン処方になった時点で、薬剤部に取りに行く前に看護師、助産師が気付きますよ。スーパー薬剤師というよりヘボ助産師の回でしたね。あんまり現場を分からず描いて欲しくないなぁ」

「いくらなんでも、血圧を測ったりするのはやりすぎ。禁忌とか処方ミスを見つけるのはわかるけど、薬剤師が病気を見つけるって、一番患者と長く接しているのは看護師でしょ。医師も看護師も助産師もみんなボンクラ扱いなの?薬剤師は服薬指導の時くらいしか患者と接しないのに、無理ありすぎ!」

「ワタクシ一応医療従事者ですが、つまらないというか、ありえない。看護師や医師を馬鹿にしていますし。ラジハやグッドドクターみたいな異色スーパー職員にはもう辟易です。糖尿の方の悩みや、妊婦さんの病気に医師も看護師も気づかなかったというストーリーには違和感ありすぎだし、腹が立ちます。いなくなった患者さんを探して自分の仕事を放りだすかな?病院薬剤師のお仕事をもっとリサーチするべきでは」

続いて薬剤師からの声です。

「期待していただけになんとも残念でした。薬剤師を取り上げるのはやはり難しいのでは?面白くしようとするとああなる。医師、看護師を差し置いてあれはありません。妊婦さんの症状に病名が気づかないなんてありえない。実際のドクター、ナースさんも見ていらしたなら苦笑しかないでしょうね。毎回ああやって病院内を駆けずり回るのかな?見ていてこっちが疲れる」

「薬剤師なんてドラマになるのかなと期待していましたが、薬剤師の仕事は最初の15分くらいでしたね。無理やり活躍させてドラマにしている感じ。あれはほぼ看護師の役割です。すごく残念なドラマとしか思えないです」

「調剤薬局の薬剤師です。薬剤師が主人公ということで、とても楽しみにしていたのですが…。薬剤師の仕事について説明的で薄っぺらな感じがしました。『何で病院薬剤師なの?ドラッグストアや調剤薬局が気楽そうなのに?』というセリフにはガッカリしました。忙しいなら魔術師の手品のぞいている暇があったら調剤しろよ!と思いました。原作の漫画ではもっと薬剤師の仕事が丁寧に描かれていますよ」

また、あるドラマライターはこんな厳しいご意見も。

「本作の中で、調剤室は人手不足で目が回るほどの忙しさであることが度々強調されていますが、とは言え、葵は周囲に咎められながらも一人の患者につきっきりに。今話では、新田に以前ドラックストアで処方された薬の中に、割ってはいけない錠剤が割られて混ざっていたことに対し激怒。ドラッグストアに乗り込む場面もありました。さらに、新田を励ますために、新田の勤務先の小学校にまで出向き、児童たちに新田宛てのメッセージを書いてもらう場面も。この行動の数々に『忙しいとか言いながらこんなことする…?』といった疑問の声が集まった一方、薬剤師を名乗る視聴者からも『薬剤師どころかソーシャルワーカーの域すら超えてる』『こんなのが薬剤師の仕事と思わないでほしい』『薬剤師モノじゃなくてもはやファンタジー』にした方がいいというドン引きの声が集まっていました」

「また、ドラッグストアに勤務していたことが明らかになった小野塚綾(成田凌)は、割ってはいけない錠剤だと分かっていながら処方したことについて、深夜までワンオペが続き、日々の仕事に忙殺されていることを理由に、『そこまで手が回らない』と説明し、乗り込んできた葵を追い返す場面がありましたが、これを受け、視聴者からは『ドラッグストアってこんな雑なの?』という声も。こうした声に対し、『ドラッグストアへの風評被害』『ドラッグストアを悪く書きすぎ』という苦言も見られました」

ん~、なかなか手厳しい意見が多いですね。

<スポンサーリンク>

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

【石原さとみ演じる薬剤師への共感】

ただ、逆に「共感を覚えた」とか「励まされた」と言った意見も少なくないんですよ。

今度は肯定的な意見をご紹介しますね。

「薬剤師の仕事を温かく取り上げてくれて嬉しい」

「私も病院薬剤師ですが、葵さんのように自信を持って仕事をしたい」

「薬剤師の仕事がしっかり描かれている」

「はーい、薬剤師ですよ。見ましたよ。そうですね。刑事が刑事ドラマを見る、って感じかな。現実は…なんて言ってもね」

「みんなありえないとか言っているけど、カンファにも立ち会うし、病棟も行くし、時には医師に提案したり相談したり、結構いろんな業務をするよ。そうしない薬剤師もたくさんいるけど。薬剤師の業務を少しでも理解してからこのドラマを観ると、また捉え方が違ってくるかも。それでもあそこまで1人の患者さんには介入しないし、人手不足なのに持ち場を離れたりはしないけどね!笑」

「薬剤師が救急で心マなんてあり得ないって言う方がいますが、病院では応急に関する講習を受け、資格を取得している薬剤師含め医療従事者はいます。医師に薬を提案?という点に疑問を持つ方がいますが、薬の知識に関しては薬剤師の方が詳しい場合も多いです。薬剤師が患者さんにとって最後の砦というのは、患者さんが間違った薬を飲んでしまわないように最終確認をするのが薬剤師だからです。なので、薬剤師はしっかりと医師の処方に間違いがないか注意しながら業務をしています。よく誰でも出来る楽な仕事だなんて言われていますが、中々シンドイ仕事ですよ。」

「現役病院薬剤師です。酷評されまくっているアンサング・シンデレラを見ました。葵さんがジェットコースターばりに動き、薬剤部の他スタッフの出る幕なく、ドクターと同等くらいに業務をこなしていく様は小気味よく、うらやましい限りでした。異次元ながら、ああいう薬剤師もいいジャン!救急車が来ると薬剤師が行くことがあり、心マを手伝うシーンはありだと思います。心電図も読みたいし、自分も葵さんみたいに色んなことを知り、自信を持って仕事の幅を広げていきたい。突っ込みたいところは多々ありますが、せっかく薬剤師の主人公のドラマなので力を抜いて温かく見守って、楽しみましょう」

「あるあるドラマです。大学病院現役薬剤師です。医師が誤って(名前が似ている)筋弛緩剤・毒薬(手術に使用、誤って使えば死亡)を処方され、誤りに気が付いた薬剤師が疑義紹介をかけ、STOPした事例など多々あります。そのために『リスク管理』『チーム医療』の考え方があります。また病棟薬剤師は確かに処方提案もするし、患者に寄り添っています。医師から信頼されている場合も多々ありますよ。私も30年の勤務の間、患者さんからも頼りにされ嬉しかったですね。最初の描かれ方としてはセンセーショナルかもしれませんが、最後は病院として理想的なチーム医療の方向に向かっていくのだと思います。中々現実をついたドラマと思いました」

このように一口で薬剤師と言っても、その置かれている環境によってはいろいろなシチュエーションがあるようですね。

まあ。いずれにしても、これらの意見は脚本と監修マタ―なので、石原さとみさん自身の評価と混同されないことを祈ります。

<スポンサーリンク>

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

【石原さとみの見逃しドラマ・映画を見るには】

石原さとみさんが主演している『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』を見逃してしまった方にオススメなのが動画配信サービス。
いわゆるVOD(ビデオ オン デマンド)です。

現在、動画配信は40社ほどありますが、どこも無料視聴ができるので、それを使えばお金をかけずに無料で作品を観ることができちゃいます。

現在、『アンサング・シンデレラ』の無料配信を行っているのは“FOD”(フジテレビオンデマンド)だけです。
他にも、石原さとみさんが小栗旬さんと共演した人気ドラマ『リッチマン・プアマン』や松下奈緒さんと共演した『ディア・シスター』なんかも観られます。

もちろん、フジテレビ以外の作品も観られるんですよ。

例えば、現在“FOD”で見られる石原さとみさんの作品は次の通りです。(2020年8月24日現在)

  • アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋
  • 貞子3D
  • リッチマン・プアマン
  • ディア・シスター
  • ウォーターボーイズ2
  • 貞子3D 2~2Dバージョン
  • 銀幕版 スシ王子!~ニューヨークへ行く~
  • カラスの親指 by rule of CROW’s thumb
  • 幕末高校生
  • シン・ゴジラ
  • 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
  • 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

その他、現在放送中のフジテレビのドラマや『昼顔』など過去のフジテレビの人気ドラマ5,000タイトルも独占配信しています。

更に100誌以上の人気雑誌や15万冊以上のコミックも読めて、毎月100~1200円相当のポイントのプレゼントもあるので上手に利用するとお得に楽しめます。

  • 作品数: 見放題 3万本 ( 他に有料作品あり )
  • ジャンル: 放映中フジテレビドラマ・バラエティー、過去のドラマ・バラエティー、映画、海外ドラマ、アニメ、オリジナル作品、コミック、雑誌
  • 月額利用料: 888円(税抜き)
  • 無料視聴期間: 2週間
  • 対応デバイス: パソコン、スマホ、タブレット、スマートテレビ、セットトップボックス・ストリーミングデバイス

すぐに入会する必要はありません。
まずは、無料視聴だけ楽しみましょう。

詳しくはコチラ(↓)の公式サイトから。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

タイトルとURLをコピーしました