ムロツヨシと黒木華の共演ドラマと映画!仲よし関係も!

熱愛

このほど交際が噂されているムロツヨシさんと黒木華さん。

どちらも高感度が高い俳優さんだけに、SNSでは応援する声が多いようです。

実力派で知られるお二人はこれまで2回ほど映画やドラマで共演しています。

今回は、ムロツヨシさんと黒木華さんが共演したドラマ・映画の内容と二人の役柄についてご紹介します。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【ムロツヨシと黒木華の熱愛報道】

そもそも、ムロツヨシさんと黒木華さんの熱愛が噂されるようになった発端は、7月の『女性セブン』。

ムロツヨシさんが住む都心のマンションに黒木華さんが引っ越してきたというもの。

「7月中旬、ゆるデニムにスニーカー、真っ青の傘を差した女性が、大粒の冷たい雨から逃げるように、そのマンションに駆け込んだ。女優の黒木華(30才)だ。
後を追うように、ビンテージの四駆を運転するムロツヨシ(44才)が同マンションへ入っていく──。」

「黒木の知人はこう明かす。『確かにもともと仲がいい。でも実は、黒木さん、4月にムロさんと同じマンションに引っ越したんです。コロナ渦中の引っ越しで驚きました』」

いわゆる“マンション内恋愛”というやつで、交際している芸能人が外部の目を避けるために同じマンションに住むよくある方法ですね。

記事の中にも書かれていましたが、実はお二人、これまでもテレビ番組で仲の良さを自ら紹介してくれたことがあるんです。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【ムロツヨシと黒木華の関係を番組内で告白】

テレビ番組でムロツヨシさんと黒木華さんが二人の関係を披露したのは過去に2回ありました。

1回目は、2017年2月26日放送の「おしゃれイズム」。

「ムロさんを恋愛対象としてアリ?ナシ?」と聞かれた黒木華さん。

その回答は「アリよりですかね」

ムロツヨシさんは「好きになり始めますよね!」なんてムロさんらしいリアクション。

笑いを取って煙に巻くあたり、さすがです。

2回目は、2018年10月12日放送の『ぴったんこカン・カン』。

元々近所に住んでいたお二人。
「作った料理を持って行く」ような仲で、自宅をよく行き来している様子。
黒木さんはムロツヨシさんを「いいお兄さん的な存在」だと言っています。

さらに、あまりに仲が良いので周りから交際いていると疑われ、実際にムロさんは黒木さんに「もしかして付き合ってる?」とわざわざ確認したことまであるんだとか。

黒木さんの方も、「最近そういうことを言われ過ぎて、私も自己暗示で『付き合ってたかなあ?』って」なんて言っていました。

ただ、黒木さんは「(ムロツヨシさんは)新垣さんを好きだとずっと言っているので」と流していましたが・・・。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【ムロツヨシと黒木華の初共演・映画“幕が上がる”】

そんな仲の良いムロツヨシさんと黒木華さんが初めて共演したのは、映画『幕が上がる』です。

2015年2月に公開されたこの青春映画、ももいろクローバーZのメンバー全員が出演したことでも話題になりました。

メガホンをとったのは、『踊る大捜査線』シリーズを手がけた本広克行監督。

まだ下積み時代のムロツヨシさんを発掘した監督さんですね。

第40回報知映画賞特別賞、第39回日本アカデミー賞話題賞、TSUTAYA映画ファン賞などを受賞した話題作です。

ストーリーをご紹介しますね。

高校3年生の高橋さおりが部長を務めるある地方の高校演劇部。

グッチと呼ばれる顧問の溝口は演劇の知識も指導力もありません。

そこに新任教師の吉岡美佐子が赴任してきます。

実はこの吉岡、かつて「学生演劇の女王」と呼ばれていた程の実力の持ち主。

部員たちに、”肖像画”と呼ばれる衝撃的な一人芝居を演じて見せます。

吉岡の「全国大会に行こう!」という気迫溢れる言葉に背中を押され、弱小演劇部が一変します。

やがて、強豪校の演劇部だった中西悦子が転校してきます。
演劇を捨て、心を閉ざしていた中西。
しかし、部長のさおりの言葉で再び演劇の道に戻ります。

中西が加入し、演劇部は合宿のため上京。
ひたすら練習に明け暮れます。

吉岡の「答えはすべて稽古場にある」の言葉に励まされひたむきに演劇に取り組みます。

しかし、そんな中、吉岡は上京した際にある演出家から演劇の世界へ誘われます。
迷いに迷った挙句、吉岡は教師を辞める決意をします…。

この映画で、黒木華さんは新任教師・吉岡美佐子を演じ、ムロツヨシさんは、頼りない演劇部顧問・溝口を演じました。

ちなみに、演劇部部長の高橋さおりを百田夏菜子さん、転校生の中西悦子を有安杏果さんが演じています。

同じ演劇部の深くかかわっている教師同士を演じたムロツヨシさんと黒木華さん。
こんなコメントをしています。

「黒木さんは同じシーンが多かったですからね。本当にお付き合いできないかなって(爆笑)。」(ザ・テレビジョンより)

ん~。本当にお付き合いしちゃったんですかね…。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【ムロツヨシと黒木華の2回目の共演・ドラマ“重版出来!”】

ムロツヨシさんと黒木華さんの2回目の共演は、ドラマ『重版出来!』です。

2016年4月12日から6月14日までTBS系の火曜ドラマ枠(夜10時)で放送されました。

ちなみに、『重版出来!』は『じゅうはんしゅったい』と読んで、初版と同じ版・同じ判型・装丁で刷り増すことで、読者の高い支持を得た作品であるという証を意味しています。

ストーリーは…

主人公・黒沢心は、オリンピックの柔道日本代表の呼び声も高かったが、怪我で選手生命を絶たれてしまいます。

子どものころに柔道漫画で胸を熱くし、それがきっかけで柔道を始めた黒沢は、大手出版社・興都館に就職します。

週刊コミック誌『バイブス』編集部に配属された黒沢。

真っ直ぐな性格でお節介な黒沢は、幾度となく突っ走っては同僚に止められながらも、新人漫画家のデビュー作を重版にします。

主人公・黒沢心を演じたのは、黒木華さん。
黒木華さんにとって初めてのテレビドラマの主演作でした。

一方、ムロツヨシさんが演じたのは、沼田 渡。
漫画家を志望して何度も編集部に作品を持ち込んでいるが連載に繋がらず、『バイブス』の看板漫画家のアシスタントをしてくすぶっている男の役です。

できる女(黒木華さん)と頼りない男(ムロツヨシさん)という設定は『幕が上がる』と同じですね。

でも、黒木さんはムロツヨシさんのことを「いいお兄さん的な存在」と言っていますからプライベートでは違うんでしょうね。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【ムロツヨシと黒木華の共演作を観るには】


(「勇者ヨシヒコと導かれし七人」より)

ムロツヨシさんと黒木華さんが共演した『幕が上がる』『重版出来!』を観たいという方にオススメのVOD(オンデマンドビデオ)をご紹介します。

ズバリそれは『U-NEXT』。

『幕が上がる』『重版出来!』も両方見られます。

しかも、ムロツヨシさんの出演作品が全部でナント32本も!
これは数あるVODの中でも最多。

人気の『勇者ヨシヒコ』も『銀魂』も観られるのは、今のところ『U-NEXT』のみです。

記事作成時点で見られるムロツヨシさんの作品はコチラです。(2020年8月15日現在)

  • 幕が上がる
  • 重版出来!
  • 勇者ヨシヒコと魔王の城
  • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
  • 勇者ヨシヒコと悪霊の鍵
  • 空飛ぶ広報室
  • 銀魂
  • ペテロの葬列
  • アオイホノオ
  • サマータイムマシン・ブルース
  • ITURN
  • 女子ーズ
  • HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス
  • 明烏
  • 二つの祖国
  • 疾風ロンド
  • 呪怨
  • 大洗にも星はふるなり
  • 空飛ぶタイヤ
  • 愛を乞うひと
  • 二ノ国
  • シュアリー・サムデイ
  • シャッフル
  • ダンスウィズミー
  • ヨーロッパ企画特別番組 サマータイムマシン・ブルース + ワンスモア U-NEXTスペシャル版
  • 最高の人生の見つけ方
  • パーマネント野ばら
  • 同期
  • 東京ふたごアスレチック
  • 恋愛戯曲 私と恋に落ちてください。


(「銀魂」より)

『U-NEXT』は、扱っている作品数が14万本と最多です!(見放題9万本、レンタル5万本)。

月々1990円(税抜き)と、ちょっと高いですが、ファミリーアカウントを利用して夫婦や家族4人で自由に楽しめるので、ファミリーで見るにはコスパがいいですよ。

毎月1200円分のポイントもらえるので、それを利用すれば無料で最新作や放送中のドラマ視聴や雑誌購入ができますからオトクです。

パソコン、スマホ、タブレット、スマートテレビ、ゲーム機、セットトップボックス・ストリーミングデバイスで見ることができます。

無料視聴期間が31日もありますから、いきなり申し込みではなく、まずは試しに見てから決めた方が良いですよ。
下に公式サイトのリンクを貼っておきますので、ちょっと覗いてみてはいかがでしょう?

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

タイトルとURLをコピーしました