ムロツヨシの生い立ちは嘘?壮絶な人生はフェイク?

嫁・旦那・家族

この度、女優の黒木華さんとの熱愛が噂されている俳優のムロツヨシさん。

辛い生い立ちで知られていますが、ネットで調べると“生い立ち 嘘”というキーワードがかなりヒットします。

とっても人柄がよさそうなムロツヨシさんですが、自分の生い立ちについて嘘をついていたなんて信じられません。

今回はその辺を調べてみました。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【ムロツヨシのプロフィール】

では、まずはムロツヨシさんのプロフィールから。

  • 生年月日:1976年1月23日
  • 出生地:神奈川県横浜市港北区菊名
  • 身長:168 cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優、演出家、芸人
  • ジャンル:映画、テレビドラマ、舞台
  • 活動期間:1999年 ~
  • 事務所:ASH&Dコーポレーション
  • 主な出演テレビドラマ:『勇者ヨシヒコ』シリーズ、『ごちそうさん』、『空飛ぶ広報室』、『ウロボロス~この愛こそ、正義。』、『スーパーサラリーマン左江内氏』、『おんな城主 直虎』、『大恋愛〜僕を忘れる君と』、『今日から俺は!!』、『二つの祖国』、『病室で念仏を唱えないでください』
  • 主な出演映画:『踊る大捜査線』シリーズ、『ヒメアノ〜ル』、『銀魂』、『空飛ぶタイヤ』、『今日から俺は!!劇場版』

本名は非公開。芸名の“ムロツヨシ”は、どこまでが苗字でどこからが名前かという区別はないんです。

ですから、「ムロ」さんと呼ぶのは正確にはオカシイことになりますね。

横浜市立神大寺小学校から、横浜市立六角橋中学校、神奈川県立鶴見高等学校に進み、一浪して東京理科大学理学部数学科に進学しました。

鶴見高等学校の偏差値は55(みんなの高校情報 より記事作成現在)。

そして、東京理科大学理学部数学科は60(河合塾より 記事作成現在)。

なかなかのものです。

しかし、せっかく入った大学も1か月ほどで退学してしまいます。

同級生たちが「学びたいことがあってこの学科に来た」と語るの聞いて、「その志がまぶしく、偏差値の高い大学に入ることしか考えていなかった自分が恥ずかしかった。彼らみたいに、夢を持つ側の人になりたい」と思ったんだそうです。

こんなところからもムロツヨシさんの誠実さがうかがわれますね。

1995年のことでした。
深津絵里さんの舞台『陽だまりの樹』を観に行ったとき、段田安則さんが涙を流す芝居を見て感銘。
それがきっかけで、俳優を志すようになり、すぐ大学を退学し俳優養成所に入所したんだとか。

凄い行動力です。

しばらくは、アルバイトをしながら小さな劇団の舞台に出て、4~5年後には単独で舞台活動を開始するようになりますが、まだまだ下積み生活は続きました。

演劇ユニット「劇団ヤニーズ」を結成したりもしましたが、「ムロはアツすぎて俺たちとは違う」とクビになったことも。


(「踊る大捜査線」より)

そんなある日、「踊る大捜査線」シリーズなどの監督を務めた本広克行さんが舞台を観にきて、打ち上げにも参加したことがありました。

「チャンス!」と思ったムロツヨシさん。
本広監督に積極的に話しかけ、見事に映画「サマータイムマシン・ブルース」(2005年)への出演のチャンスをつかみました。

その後、「踊る大捜査線」シリーズにも出演。

ドラマ「勇者ヨシヒコと魔王の城」(2011年)で福田雄一監督に出会い、以来映画「銀魂」シリーズ、「50回目のファーストキス」(2018年)など多くの福田作品に出演しています。

2014年にはドラマ「新解釈・日本史」(毎日放送)で連続ドラマの初主演を果たしました。

2018年には、将来有望な新人俳優に贈られる「エランドール賞新人賞」を42歳の歳年長で獲得しています。

長い長い下積み生活を送って、コツコツとキャリアを積んだ結果得られた名誉ある賞ですね。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【ムロツヨシの壮絶な生い立ち】


(「空飛ぶタイヤ」より)

さて、そんな苦労人のムロツヨシさんですが、幼少期の生い立ちがまた壮絶なんです。

ムロツヨシさんが4歳の時のこと。

ご両親が離婚しているんです。

親権はお父さんの方になりましたが、そのお父さんが別の女性と親密になって別の家庭を作ったそうなんです。

そこで、5歳上の姉と共に父方の親戚・祖父母に育てられたムロツヨシさん。

ご両親が離婚するだけでもショックだったでしょうが、引き取ったお父さんまで別の女性と暮らし始めたんですから心中は辛かったでしょうね。

それでも、夏休みとかにはお父さんの新しい家庭に遊びに行ったりと親交があったそうです。

しかし、22歳の時、父が親戚と対立し、親戚側の意見に従って行くことを辞め、それ以来会っていないんだそうです。

「可愛がってくれる親戚に嫌われないように、積極的にコミュニケーションを取っていた」

と語っていることから、きっと面倒を見てくれている親戚に気を遣ったんでしょうね。

そんなお父さんについて恨んでいるのかと思えば、ムロツヨシさん、お父さんについてこんなことを語っています。

「嫌いではなく、軽蔑もしてなく。楽しそうに生きているんだな」「仕事が大工でこれがカッコ良かった」

人柄の良さが伝わってきますね。


(「空飛ぶ広報室」より)

一方、お母さんについては「口紅の色だけは覚えている」なんて語っています。

「徹子の部屋」に出演した際、こんなエピソードを披露していました。

「付き合っていた女性に『あなたのお母さんじゃないから』と痛烈なダメ出しを喰らった」

4歳で母親と別れてしまったんですから、無意識のうちに女性に対して母親的なものを求めてしまったのかもしれませんね。

何か悲しいエピソードです。

また、芸名を使って本名を非公開にしているのも、お母さんへの思いやりからのようなんです。

ムロツヨシさんが芸能界入りした頃にはお母さんにも新たな家庭があったそうです。
ですから、息子が芸能人になったと知られたら「目障りだろうな、と思った」んですって。

本当に気が優しいんですね。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【ムロツヨシの生い立ちはウソ?】

こんなつらそうな環境の元で育ったムロツヨシさんですが、ネットで調べるとその生い立ちが“ウソ”というキーワードがヒットします。

だとしたら、かなりのイメージダウンなんですが、真相はいったいどうなんでしょうか?

噂の原因は、『TOKIOカケル』(フジテレビ系列)。

2012年10月より放送されているTOKIOのトークバラエティ番組です。

2018年3月14日に放送された『TOKIOカケル』にムロツヨシさんがゲストとして出演したときのこと。

「ムロツヨシ(秘)ジャニーズ交遊年表!嵐ライブで5人に▽嘘トーク」と題し、ムロさんが話したウソのエピソードをTOKIOの城島茂さんが当てるという新企画「フェイクトーク」が放送されました。

芸能界の中でも、ジャニーズに特に詳しいと言われるムロツヨシさん。

生田斗真さんが10代の頃に一緒に食事した話や、二宮和也さんの家へよく遊びに行っているという話、20代のころジャニーズのカウントダウンライブの設営・撤去のバイトをしていた話など、数々のエピソードを明かしました。

そんなエピソードのうち、中学2年生ごろジャニーズのオーディションを受けたことがあるいうのが“ウソ”だったんですが、その“ウソ”と生い立ちが“ウソ”という話が錯綜して、『ムロツヨシ 生い立ち ウソ』なんてワードが引っ掛かるようになったようなんです。

タダの勘違いということでメデタシめでたしでした。

<スポンサーリンク>

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

【ムロツヨシの見逃しドラマ・映画を観るには】


(「勇者ヨシヒコと導かれし七人」より)

ムロツヨシさん出演の見逃しドラマや映画を観たいという方にオススメのVOD(オンデマンドビデオ)をご紹介します。

ズバリそれは『U-NEXT』。

ムロツヨシさんの出演作品がナント32本も観られます。
これは数あるVODの中でも最多。

人気の『勇者ヨシヒコ』も『銀魂』も観られるのは、今のところ『U-NEXT』のみです。

記事作成時点で見られるムロツヨシさんの作品はコチラです。(2020年8月15日現在)

    • 勇者ヨシヒコと魔王の城
    • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
    • 勇者ヨシヒコと悪霊の鍵
    • 空飛ぶ広報室
    • 銀魂
    • 幕が上がる
    • 重版出来!
    • ペテロの葬列
    • アオイホノオ
    • サマータイムマシン・ブルース
    • ITURN
    • 女子ーズ
    • HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス
    • 明烏
    • 二つの祖国
    • 疾風ロンド
    • 呪怨
    • 大洗にも星はふるなり
    • 空飛ぶタイヤ
    • 愛を乞うひと
    • 二ノ国
    • シュアリー・サムデイ
    • シャッフル
    • ダンスウィズミー
    • ヨーロッパ企画特別番組 サマータイムマシン・ブルース + ワンスモア U-NEXTスペシャル版
    • 最高の人生の見つけ方
    • パーマネント野ばら
    • 同期
    • 東京ふたごアスレチック
    • 恋愛戯曲 私と恋に落ちてください。


(「銀魂」より)

『U-NEXT』は、扱っている作品数が14万本と最多です!(見放題9万本、レンタル5万本)。

月々1990円(税抜き)と、ちょっと高いですが、ファミリーアカウントを利用して夫婦や家族4人で自由に楽しめるので、ファミリーで見るにはコスパがいいですよ。

毎月1200円分のポイントもらえるので、それを利用すれば無料で最新作や放送中のドラマ視聴や雑誌購入ができますからオトクです。

パソコン、スマホ、タブレット、スマートテレビ、ゲーム機、セットトップボックス・ストリーミングデバイスで見ることができます。

無料視聴期間が31日もありますから、いきなり申し込みではなく、まずは試しに見てから決めた方が良いですよ。
下に公式サイトのリンクを貼っておきますので、ちょっと覗いてみてはいかがでしょう?

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

タイトルとURLをコピーしました