窪田正孝、唐沢寿明とのドラマ共演でいじられまくり

ドラマ・映画・アニメ

窪田正孝さんが主演するNHKの朝の連続ドラマ『エール』で唐沢寿明さんと親子を演じていますね。

実は、窪田正孝さんと唐沢寿明さんがドラマで親子を演じるのは今回が2回目。

二人は本当の親子のように仲がいいんですって。

今回は、そんな窪田正孝さんと唐沢寿明さんが共演したドラマとおもしろエピソードをご紹介します。

<スポンサーリンク>

Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。

【甘えられるほど仲が良い窪田正孝と唐沢寿明!】

2020年3月30日からスタートしたNHKの朝ドラ『エール』。

昭和の歌謡界をけん引した作曲家・古関裕而とその妻・古関金子の生涯を描いたドラマです。

窪田正孝さんは主人公の古山裕一を、昨年、映画『翔んで埼玉』で話題になった二階堂ふみさんが、将来奥さんになる関内音を演じています。

唐沢寿明さんが演じるのは、古山裕一の父・三郎。老舗呉服屋の店主の役です。

プライベートでも親交が深いという唐沢寿明さんと窪田正孝さんですが、ドラマの共演は5年ぶり。

そのことについて窪田さんはこんな風に語っています。

「自分が主役で朝ドラをやるということでスケジュールを空けて、三郎さんという役をやっていただいたと聞いて、本当に感謝しかなくて。僕がこうなれたのも唐沢さんのおかげな部分がすごく大きくて、現場での立ち振る舞いなど…全員が気持ちよくいられる現場ってなかなかないんですけど、唐沢さんは常にそういう現場を作られていて、俳優部が楽しんでやっているとスタッフさんにも広がっていく。そういう背中を見させてもらっています」
「唐沢さんがいるときは僕も甘えられますし、あれだけの大御所の方なのにフランクに接することができるのも、あの人柄なのかなと思います」(マイナビニュースより)

どうやら窪田さんは唐沢さんにとても恩を感じているようですね。

そして、甘えられるぐらい頼りにしているということは、唐沢さんも窪田さんをとっても大事にしているんのでしょう。

唐沢さんもこんなコメントをしています。

主役の窪田君は数年前に共演してからいつも頑張っている姿を間近で見ていたので、今回、自分が何か力になれることがあるなら喜んで参加したいと思いました。役柄の父親としても、役者仲間としても成長する姿を見守っていきたいと思います」(マイナビニュースより)

お互い良い仲のようですね。

<スポンサーリンク>

Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。

【唐沢寿明と窪田正孝の初共演ドラマ“ラストコップ”】

唐沢寿明さんと窪田正孝さんが初めて共演したドラマは、『THE LAST COP/ラストコップ』。

日本テレビとHuluが共同制作し、2015年6月19日に「金曜ロードSHOW!特別ドラマスペシャル」で放送され、放送終了後にはHuluで続編が配信されました。

このとき、Hulu開始以来、最多の会員数を獲得したんですって。

その後、2016年10月から日テレの「土曜ドラマ」枠で連続ドラマ化され、2017年には『ラストコップ THE MOVIE』として映画化されるほどの人気作品だったんです。

『ラストコップ』で唐沢さんが演じたのは主人公の熱血刑事・京極浩介。

凶悪犯・カグラが仕掛けた爆弾の爆発で昏睡状態に陥ったが、30年後に目覚め刑事に復職。

30年前の価値観や知識のままのため、周囲を困惑させながらも数々の難事件を解決していきます。

窪田さんが演じたのは、京極の相棒・望月 亮太。
家がない京極に押しかけられて、同居させられている若手刑事の役です。

窪田さんは、ハチャメチャな京極から首を絞められたり、大声をあげたり、突然アドリブを投げかけられたりで大変そうな役回りでした。

連続ドラマ化されたとき、窪田さんは唐沢さんについてこんなことを言っていました。

「(唐沢さんは)全体を見ている視野が、すごく広いんですよね。客観的に見ている第三の目というか、自由にやられている中でもそこに意味があるというか。2人だけのシーンだと2人だけで世界観を作っていくのですが、みんなのシーンになるときっちり全体を巻き込んで話を持っていったり。そういう世界観の広げ方が勉強になりますね。」

唐沢さんも。

「このドラマでも、普通にやっていると「そうだよな、亮太」「そうですね」って終わっちゃうようなシーンでも、俺がワーッて適当なことを言うと、「え?今の何?どうすればいいの?わかんない!」みたいになるでしょう。そこで新しいキャラが生まれて、今に繋がってくる。亮太も最初からこうじゃなかったんです。」(modelpressより)

唐沢さんは、共演しながら窪田さんを役者として育てていたんですね。

<スポンサーリンク>

Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。

【唐沢寿明のと窪田正孝“イジリ”エピソード】

さて、そんな仲良しのお二人ですが、唐沢寿明さんは後輩の窪田正孝さんを結構いじっているんですよ。

例えば、『ラストコップ』が連続ドラマ化されたときのこと。

窪田さんがNGを1回出す度に前髪を1cm切るという約束をしたそうなんです。

「今日はそうだね…1cmぐらいでいいんじゃないかな?」

という唐沢さんに、窪田さんは、

「わかりました、じゃあ(連ドラの)クランクインまでに(笑)。…パッツンになっちゃうじゃないですか、前髪なくなっちゃいますよ。」

コレに対して唐沢さん。

「流行っているじゃない? 前髪が短いの。」

とバッサリ。

また、映画の舞台あいさつでもこんなことがありました。

窪田さんがキャスト陣の寄せ書きを唐沢さんに手渡し…

「唐沢さん、一生ついていきたいです。いや、勝手についていきます」
「どこまでもついていきたいですね。ここにいる皆さん、同じ気持ちだと思います。『ラストコップ』フォーエバー、唐沢さんフォーエバーみたいな感じです」(映画.com ニュースより)

と笑顔でコメント。

コレに対して唐沢さんは「僕もあるんですよ」と、京極が劇中で着用していた同種のジャケットを持ち出し、窪田さんにプレゼントすると思いきや…

「触るだけ触っていいから」

もちろん冗談で、

「嘘、嘘(笑)。もちろんあげますよ」

と笑う唐沢さん。

今度は、それを着た窪田さんは…「ちょっとパッツンパッツンですね」

すると、唐沢さん

「サイズあってないから、やっぱりあげるのやめようかな」

と掛け合いをしていました。

それ以外にも唐沢さんは、舞台あいさつでいつも窪田さんのことを

「窪田はガラっと変わりましたね」
「話しが上手くなったでしょう」

と、褒めているのかいじっているのかわからないようなことを観客に向かって話しかけていました。

ちなみに、唐沢さんは後日行われた舞台挨拶で改めてサイズを合わせて窪田さんにスタジャンをプレゼントし直したそうです。

優しいですね。

<スポンサーリンク>

Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。

【唐沢寿明と窪田正孝“ラストコップ”を無料で見る】

唐沢寿明さんと窪田正孝さんらが出演するドラマ『ラストコップ』を見逃してまった方、もう一度見たいという方にオススメなのは「Hulu」。

PCやタブレットはもちろん、ゲーム機やスマホで見られるので、通勤や通学時間を利用できるのが魅力です。
もちろんテレビでも見られますから、リアルタイムで見たときの雰囲気がそのまま味わえますよ。

2週間も無料視聴期間がありますから『ラストコップ』がゆっくり観られますよ。
もちろんお金はかかりません。

『Hulu』の月額料金は933円で、コスパ的にもオススメ。

『Hulu』で観られる窪田正孝さん出演作品はコチラです。(記事作成現在)

  • ラストコップ
  • 飛べダコタ
  • ヒトヤノゲ~獄の棘~
  • ボクの初恋を君に捧ぐ
  • ヒモメン
  • デスノート
  • 臨床犯罪学者 火村英生の推理
  • ヒーローマニア -生活-
  • 東京喰種 トーキョーグール
  • ST 赤と黒の捜査ファイル
  • 永遠のぼくら
  • 映画 ST 赤と黒の捜査ファイル
  • 走馬灯株式会社
  • QP
  • 僕たちは世界を変えることはできない。
  • Nのために
  • 正しいロックバンドの作り方

まあ、すぐに入会する必要はありません。

2週間も無料視聴期間があるので、とりあえずお試ししてみてはいかがでしょうか?スマホから3分程度で無料視聴の手続きができちゃいます。

『Hulu』無料視聴はコチラ(↓)
日テレドラマ
Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。

タイトルとURLをコピーしました