戸田恵梨香がドラマ・映画“スペック”で見せたプロの変顔!

男性にも女性にも人気がある美人女優・戸田恵梨香さん。
現在主演しているNHKの朝ドラ『スカーレット』では15歳の女の子を演じましたね。

そんな戸田さんの代表作と言えばドラマ『スペック』(TBS)。
美人女優の殻を破ってかなり思い切った演技をしています。

特に表情がぶっ飛んでいて、その変顔ぶりに戸田さん自身が「女としては終わってる」なんて語っているほど。

一体どんな演技を見せてくれているんでしょうか?

<スポンサーリンク>

【戸田恵梨香主演のドラマ“スペック”とは?】

ドラマ『スペック』は、2010年10月8日から同年12月17日までTBS系列で放送された刑事ドラマ。

刑事ドラマとはいえ、『ケイゾク』に携わった堤幸彦監督や脚本家の西荻弓絵さんが制作しているので、普通の刑事ドラマではなく、『ケイゾク』と似た世界観でした。

他局ネタや時事ネタ、楽屋ネタなどの小ネタも散りばめられていて、『TRICK』みたいな楽しみ方もできるように作られているんですよ。

『スペック』の正式なタイトルは、『 SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜 』で、戸田恵梨香さんと加瀬亮さんのダブル主演。

ネタバレにならない程度にザックリ紹介すると…

捜査一課が手に負えない特殊事件を捜査するために設立された未詳事件特別対策係、通称“未詳(ミショウ)”。

そこに配属されたIQ201の天才、当麻紗綾(とうま さや:戸田恵梨香さん)と、警視庁特殊部隊 (SIT) 出身で叩き上げの瀬文焚流(せぶみ たける:加瀬亮さん)。

“SPEC(スペック)”とは常人にはない特殊能力のことで、そんなスペックを持った犯人と対決する二人の姿を描いた作品です。

連続ドラマの他に、映画やスペシャルドラマ、webドラマ、その他、コミックやノベルズ、ゲーム化もされるほどヒットしました。

ドラマ・映画・漫画を時系列順にご紹介しますね。

  • 2012年;スペシャルドラマ『SPEC〜翔〜』、映画『劇場版 SPEC〜天〜』、漫画『SPEC〜零〜』『SPEC〜天〜』(ヤングエース KADOKAWA)
  • 2013年;スペシャルドラマ『SPEC〜零〜』、映画『劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇』と『劇場版 SPEC〜結〜爻ノ篇』の2部作、漫画『SPEC〜結〜漸ノ篇』『SPEC〜結〜爻ノ篇』
  • 2018年;動画配信『SPECサーガ黎明篇「サトリの恋」』全6話(Paravi)
<スポンサーリンク>

【戸田恵梨香が“女として終わっている”と語るキャラ】

実はこの『スペック』、戸田さんのキャラクターがかなり特殊なんです。
まずは、コチラの番組放送前の動画をご覧ください。

この動画で、加瀬亮さんさんが

「戸田さんの顔がスゴイです。
10個ぐらいのキャラが浮かび上がってくるんですけど…」

と語り、それを受けて戸田恵梨香さんが

「役者としてはいいことなんですけど、女としては終わってるんじゃないか…」

なんて言ってますよね。

映画『劇場版 SPEC〜天〜』の公開前のインタビューでは、戸田さん、こんな風に語っていました。

「『SPEC』で当麻の役に出会い、実際に演じてみて、役者として自分が変わることができましたし、今までにない女優『戸田恵梨香』を見せれた作品なので、堤監督やスタッフの皆さんに感謝しています」

戸田恵梨香さんが演じた“当麻紗綾”ってどんなキャラなんでしょうか?

ドラマ『スペック』の公式サイトではこんな風に紹介しています。

当麻紗綾

ミショウの捜査官。ギョーザ10人前をペロリと平らげる大食漢で、ニンニクくさい。IQ 201で、脅威の記憶力をもつが、興味のないことには無関心で覚えられない。そして、異常なほどKY。左腕を三角巾で吊るしている。…

ちなみに、加瀬亮さん演じる瀬文焚流についてはこうです。

瀬文焚流

ミショウの捜査官。性格は、頑固で几帳面。軍人マニアである。元、警視庁特殊部隊SITの現場の司令塔。部下・志村の事件をきっかけに、捜査一課から、ミショウへ異動となる。現場叩き上げの刑事で、引き締まった肉体と鋭い目を持つ。…

なんとも対照的な二人ですね。

<スポンサーリンク>

【戸田恵梨香の“スペック”変顔画像】

戸田さんが、「女として終わっている」「今までにない女優『戸田恵梨香』を見せれた」と語る『スペック』。

プロの女優として、全てを捨てたような思い切った表情を見せてくれていますよ。

どうぞご覧ください。

<スポンサーリンク>

【“スペック”をもう一度見るには?】

女優・戸田恵梨香さんがプロとしての演技を見せてくれた『スペック』。
見逃した方、もう一度見たい方にオススメの方法があります。

一つは、動画配信サービス『Paravi』

『スペック』のドラマ・映画のシリーズの他、Webドラマ『SPECサーガ黎明篇「サトリの恋」』も見られちゃいます。

『Paravi』へは、スペックの公式サイトから行けます。

ただ、難点が…。

月額視聴料が925円(税込)なんですね。

30日の無料視聴もできるんですが、気に入って継続する場合のことを考えると、もう少し安くなると嬉しいんですが。

あと、「国内ドラマのアーカイブ数は日本最大級」とあるだけで、提供している作品数が明示されていないんです。

まあ、運営会社が、(株)東京放送ホールディングス・(株)日本経済新聞社・(株)テレビ東京ホールディングス・(株)WOWOW・(株)電通・(株)博報堂DYメディアパートナーズが共同で設立した会社なので間違いはないんでしょうが。

もう一つは、動画配信サービスdTV

こちらは、『スペック』の映画のシリーズとWebドラマ『SPECサーガ黎明篇「サトリの恋」』も見られちゃいます。

無料視聴期間も31日。

ただ、『dtv』の難点は連続ドラマ版『スペック』がないこと。

ただし、月額500円という抜群のコスパの良さと、この手のサービスではかなり多い12万作品が見放題という点が魅力。

『スペック』の連ドラ版が見たいのか、先々他のドラマも見たいのかをよく考えたうえで、両方の無料視聴を上手く活用するのが良いのではないでしょうか。