横浜流星の出演予定ドラマ “ シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。”はアクション満載?!

日経トレンディ『 2019年 今年の顔 』に選ばれた横浜流星さん。

待望の主演ドラマが決まりました。

2020年1月放送開始予定の『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系 日曜 夜10時30分)です。

清野菜名さんとのW主演ということですが、アクションが得意なお二人。どんなドラマになるんでしょうか?

<スポンサーリンク>

【横浜流星主演ドラマ“シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。”とは?】

横浜流星さんが主演予定のドラマ『 シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、コミックや小説を原作にしたものではなく、オリジナル作品とのこと。

清野菜名さん演じる謎の女、“ミス・パンダ”。並はずれた身体能力の持ち主です。

一方、横浜流星さんが演じるのは、ミスパンダを操る“飼育員さん”と呼ばれる男。

ミス・パンダと飼育員さんの“最凶バディー”は、「Mr.ノーコンプライアンス」から依頼を受け、忖度や圧力に溢れるグレーな現代で、警察やマスコミが触れない隠れた真相を暴き出すというもの。

「ミス・パンダ」「飼育員さん」「Mr.ノーコンプライアンス」などのネーミングも謎めいていて面白そうですね。

<スポンサーリンク>

【横浜流星と清野菜名のコメント】

放送される日テレ系の日曜夜10時30分と言えば、清野菜名さんが出演した『今日から俺は!!』(主演:賀来 賢人さん)や、横浜流星さんが出演した『あなたの番です -反撃編-』(主演:田中圭さん)と同じ時間枠。

日テレの日曜ドラマにそろって再登場という形になりますね。

新作ドラマ『 シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に出演するにあたって、お二人はこんなコメントをしています。

横浜流星さんコメント

ドラマ『あなたの番です』に引き続き、SNSが発達して様々な噂などがすぐに回り、何が真実かわからないグレーな世の中に”白黒”つけるという、今の時代だからこそ共感してもらえる挑戦的な作品に出演できることを嬉しく思います。
登場人物皆がそれぞれ抱えているものがあり、表と裏の顔が深く描かれているので、しっかりと掘り下げて直輝として生きていきたいです。
またオリジナル作品なので監督、プロデューサーを始めとする制作の皆さん、キャストの皆さんと共に0から、視聴者の皆さまが毎週スカッとして、ハラハラドキドキするような作品を創りたいです。お楽しみに。

清野菜名さんコメント

「今日から俺は‼︎」以来、約1年ぶりにまた、この時間帯に戻ってこられて嬉しいです。
オリジナルドラマなので枠にとらわれず、皆さんとこれまでにないようなドラマを作っていけたらいいなと思います。
また今回も、アクションがみれるかも・・・

(いずれも番組公式サイトより)

<スポンサーリンク>

【アクションが得意な横浜流星と清野菜名】

ドラマの内容や清野さんのコメントから、今回の『 シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、アクション満載のドラマになりそうです。

アクションと言えば、横浜流星さんは15歳の時に空手の世界大会で優勝しています。(詳しくは、記事【横浜流星hあ空手世界一!競技人口がヤバい】

かなりの身体能力の持ち主ですから、激しいアクションはお手ものものですね。

一方の清野菜名さんも、2009年の陸上の全国大会に出場しただけでなく、高校2年生のときにアクション養成所でボクシングや立ち回り、アクロバットの訓練を受けているんです。

『今日から俺は!!』ではこんなシーンもありました。

さらに、清野菜名さんの初主演映画『東京無国籍少女』(2015年公開)では、こんな激しいアクションを見せているんですよ。


キレッキレじゃないですか?

どんなアクションが観られるか、今から楽しみですね。

<スポンサーリンク>