竹内涼真の仮面ライダー画像!恥ずかしい思い出?!

若手イケメン俳優の竹内涼真さん。

来年1月から久々の主演ドラマ『テセウスの船』(TBS日曜劇場)がスタートしますが、竹内さんのドラマのデビューは6年前。

作品は『仮面ライダー ドライブ』だったんです。

モデル時代に“仮面ライダーの俳優になりたい”と語っていた一方、後日、“恥かしい思い出”でもあると漏らした竹内涼真さん。

一体何が恥ずかしかったんでしょうか?

<スポンサーリンク>

【竹内涼真は仮面ライダーになりたかった】

竹内涼真さんは、1993年4月26日生まれで、現在26歳。

芸能界入りのきっかけは、2013年4月、女性ファッション誌『mina』(主婦の友社)の男性専属モデルオーディション「minaカレグランプリ」でした。

竹内涼真さんは、当時19歳の大学2年生。

まだホリプロ所属前でしたから、本名の“竹内峻”で応募し、2,457人の中からグランプリを獲得したんです。

その時、こんな紹介記事があったんですよ。

「幼稚園からサッカーを続けているという竹内さんは、昨年まで東京ヴェルディのユースで活躍していたスポーツマン。「仮面ライダー(の俳優)になりたい」と将来の夢を語り、あこがれは「松坂桃李さんがかっこよくて好きです」と明かした。」
(2013年4月20日 Kirei News より)

仮面ライダーや松坂桃李さんに憧れていたんですね。

ちなみに、松坂桃李さんのデビュー作は仮面ライダーではなく、『侍戦隊シンケンジャー』でした。

<スポンサーリンク>

【竹内涼真のドラマデビュー作“仮面ライダー ドライブ”】

そんな竹内さん、グランプリを獲得した翌年の2014年に念願かなって仮面ライダーでドラマデビューを果たしています。

それが、2014年10月5日から2015年9月27日までテレビ朝日系列で放送された『仮面ライダードライブ』

“ドライブ”という名前のとおり、仮面ライダーシリーズで初めてバイクではなく自動車を運転するライダーでした。

竹内涼真さんが演じたのは主人公の“泊進ノ介(とまり・しんのすけ)”。
警視庁特状課・巡査で仮面ライダードライブに変身する青年です。

進ノ介は、かつては熱血漢のエリート刑事でしたが、ある事件で同僚刑事を再起不能にしてしまたことから特状課に左遷されやる気を失っています。

そんな進ノ介が“ドライブドライバー”と出会い、仮面ライダードライブとなって新たな目標を見出していく物語。

ストーリーをザックリご紹介しますね。

西暦2014年、人類滅亡を目論む人工生命体ロイミュードが世界各地を襲撃。
ロイミュードは、あらゆるものの動きが鈍くし、それによって多くの人々が犠牲に。

この怪奇現象は、“重加速”“どんより””グローバルフリーズ”と呼ばれました。

同僚の刑事と共に爆破テロの犯人と交戦していた泊進ノ介は、その“重加速”の影響で拳銃を誤射して同僚に重傷を負わせてしまいます。

それがきっかけで進ノ介は怪奇事件専門の部署特状課に左遷。
無気力な毎日を続けていました。

ある日、進ノ介は人工知能を持ったベルト“ドライブドライバー”に出会います。

“ドライブドライバー”はベルトでありながら、意識と記憶をデータ化して明確な自我を持つ「元・人間」たちで、進ノ介は“ベルトさん”と呼んでいます。

進ノ介は腰に着けていたベルトさんに促され、“シフトカー”の力で仮面ライダードライブに変身。
ロイミュードとの戦いに身を投じていくというストーリー。

刑事ドラマの要素も含んでいて、「この男、刑事で仮面ライダー!!」というキャッチコピーでした。

<スポンサーリンク>

【竹内涼真の初々しい仮面ライダーブログ】

ところで、仮面ライダー ドライブは、放送当時その公式サイトで“ドライブログ”というブログをやっていたんです。

番組出演者たちが交代で更新していたんですが、放送開始直後と最終回の竹内涼真さん記事をご紹介しますね。

当時21歳だった竹内涼真さん、初々しいですよ。

《タイトル:特状課でハッピーバースデー!》
投稿日:2014年10月12日 08:25

こんにちは、泊進ノ介役の竹内涼真です!

皆さん、「仮面ライダードライブ」第2話をご覧頂いて、いかがでしたか!?

相棒とのトラウマを抱えながら、仮面ライダーになる決意をした進ノ介。

トライドロンの凄さにも皆さん驚かれたと思います

そこで第3話は是非、霧子に注目してください。

そこまでしか言えませんが、楽しみにしていて下さい!

この前、特状課で活躍する追田現八郎役の井俣太良さんと、詩島霧子役の内田理央さんの誕生日でした

皆でお祝いしました~

そして、現場で頂いた仮面ライダードライブグミ

ドライブのキャラクターの形をしているグミで美味しかったです!!

美味しかったのでオレンジ味は、後日自分で買いました(笑)

「仮面ライダードライブ」は始まったばかりですが、一年間宜しくお願いします。

次回をお楽しみに!!

《タイトル:自信をもって言えます!俺は仮面ライダーだ!》
投稿日:2015年09月27日 08:25

改めまして、仮面ライダードライブ=泊進ノ介役、竹内涼真です。

48話を見てくださった皆様!本当にありがとうございました!

この1年間、僕は今まで生きてきた中で一番長い1年でした。

それは本当に素敵な毎日を送ってこられたからだと思います。

そして、ファンの皆様の支えがあったからです。

第1話は、何もできない自分がテレビに映っていて、正直恥ずかしかったし、悔しかったです。

こんなに大好きな仮面ライダーを自分がやっているのに、全然ダメじゃないかと。

でも、そこで僕を成長させてくれたのが、キャストの皆様、スタッフの皆様、

そしてファンの皆様です。

僕はまわりの人たちに本当に恵まれました!

疲れて家に帰ってきても、SNSやファンレターでファンの皆様の声援があったからこそ、僕は毎日頑張れました!!

ありがとうございます。

僕の今の気持ちは正直寂しいです(笑)。

こんなに大好きな「仮面ライダードライブ」が終わってしまうから。

でも、悔いはありません。

この1年間本当に素晴らしい時を過ごせたから。

内田理央さんやキャストの皆さんと、佐々木基プロデューサーをはじめとするスタッフの皆さんとは この1年、家族より一緒にいたので、もう家族です!(笑)

仕事の垣根を越えて、もう家族です。

そのくらい大好きなんです。

僕の一生の宝物です。

今なら自信をもって言えます!

俺は仮面ライダーだと!

そして、もう一つ目標が出来ました!

『もっとビッグになって、また仮面ライダードライブ=泊進ノ介として帰ってきたい』
その目標を達成するために、もっと努力して頑張ります!

そして、次の仮面ライダー!『仮面ライダーゴースト』もよろしくお願いします!

本当に1年間ありがとうございました

仮面ライダードライブ、
泊進ノ介より。

管理人的には、竹内さんにとって初めて務めたドラマでしたから、張りつめた緊張感とテンションの高さを感じてしまいました。

みなさんはいかがでしたか?

<スポンサーリンク>

【仮面ライダー第一話は“恥かしい思い出”?!】

仮面ライダードライブでドラマデビューしてから5年たった今年。

竹内さん、9月20日に映画『初恋ロスタイム』公開初日舞台あいさつをしました。

共演した吉柳咲良さんがこの映画で映像デビューしたことにちなんでこんなコメントをしているんです。

(吉柳咲良さんは、)「撮影の合間に学校の宿題をやったり、色んな経験ができたと思う。尊敬しますし、本当に感心しました」

そう絶賛したあと、自分のデビューについて…

「僕はもっとヤバかったです。力みすぎて身体が反っているのを観て、これが全国のみなさんに流れると思うと恥ずかしさもあったんですけど、それがあったからこそもっと頑張ろうとも思えましたね」

デビューの時は、きっとみんな力が入り過ぎちゃうんでしょうね。
竹内さんにとって、今となってはいい思い出なんではないでしょうか。

ところで、今をときめくイケメン俳優さんの中には、仮面ライダーや戦隊モノを経験しているひとがすごく多いんです。

例えば、仮面ライダーは、佐藤健さん、菅田将暉さん、吉沢亮さん、福士蒼汰さん、戦隊モノは、先ほどの松坂桃李さん、横浜流星さんなどなど。

 

そんな、イケメン俳優さんたちの昔のドラマを見るには、いま流行の動画配信がオススメです。

コチラに主な動画配信サービスの比較一覧をまとめましたので、興味のある方は参考までにご覧ください。→【動画配信 比較】

<スポンサーリンク>