吉沢亮が映画“銀魂”でカブトムシ沖田になった画像がカワイイ!

吉沢亮さんと言えば、若手イケメン俳優の代表。

映画『キングダム』では“嬴政(えい せい)”と“漂(ひょう)”という難しい二役を見事に演じ分け、その演技力も評判ですね。

そんな吉沢亮さんが、かつて映画『銀魂』で“沖田総悟”を演じたときにカブトムシ姿を披露しました。

その画像がすごく可愛いと評判なんですよ。

<スポンサーリンク>

【吉沢亮が出演した映画“銀魂”とは】

ご存じ方が多いと思いますが、『銀魂』は『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2004年から2018年まで連載されていた、空知英秋さん原作の漫画。

77巻も単行本が発行され、5500万部超の発行部数を誇る超人気コミックです。

江戸時代末期を舞台に、宇宙人「天人(あまんと)」の支配下になってしまった江戸で侍魂を持った青年・坂田銀時らが繰り広げる人情ストーリーです。

2017年7月14日に実写映画『銀魂』、2018年8月17日に『銀魂2 掟は破るためにこそある』が公開され、それぞれ30億円以上の興行収入をたたき出した大ヒットとなりました。

実写映画2作品の主な出演者は、主人公“坂田銀時”= 小栗旬さん、“志村新八”= 菅田将暉さん、“神楽”= 橋本環奈さん、“近藤勲”= 中村勘九郎さん、“土方十四郎”= 柳楽優弥さんなどの人気俳優さんたちです。

そして、吉沢亮さんが演じたのは“沖田総悟”。

真選組の一番隊隊長で年齢は18歳。
外見は中性的な美青年で剣の達人。
だが、中身は好戦的で腹黒、毒舌でドS。
しょっちゅうバズーカを使用し周囲を巻き込んでしまうので近藤や土方も手を焼く厄介者。
近藤を心から慕い、ひそかに真選組副長の座を狙っているというキャラクター。

そんな沖田ですが、アニメと吉沢さんの画像を比べてみてください。

どうでしょうか?ネット上では、かなりイメージがピッタリ!と好評でした。

<スポンサーリンク>

【吉沢亮が“銀魂”でカブトムシに?!】

吉沢亮さんがカブトムシ姿になったのは第1弾(2017年)。原作の「カブト狩り(第10巻)」と「紅桜篇(第11-12巻)」をベースにしています。

アニメでは、大人気の『少年はカブト虫を通し生命の尊さを知る』の話で、銀時がカブトムシを高値で売って儲けようとカブトムシ狩りに行くと、沖田がカブトムシになっているというわけのわからない展開。

映画で披露した、あのイケメンの吉沢さんのカブトムシ姿が『キュート!』『可愛い!』とむちゃくちゃ話題になりました。

アニメと見比べながらじっくりご覧ください。

原作では沖田がカブトムシ姿で、バズーカー片手に奮闘しているシーンがあります。
本物のカブトムシのように、ひっくり返ったら自力で起き上がれないところが笑えます。

ちなみに、同じ実写版『銀魂』のなかで、あの中村勘九郎さん扮する近藤が、ふんどし一丁で身体じゅうにハチミツを塗りまくってカブトムシをおびき寄せるシーンもシュールですよ。

(↑)記事【中村勘九郎が銀魂でハチミツまみれ?画像つき!】より

(↑)記事【柳楽優弥“銀魂実写版”がカッコよすぎ!】より

<スポンサーリンク>

【実写映画『銀魂2』をタダでもう一度見るには】

実写映画『銀魂2』をもう一度見たいという方にオススメの方法があります。

動画配信を利用する方法です。

現在、実写映画『銀魂2』は“ dtv ”と“ UNEXT ”で配信していますが、“ dtv ”の方は400円の課金がかかってしまいます。

一方の“ UNEXT ”は、31日間の無料視聴期間を利用すればタダで観ることができますよ。
興味のある方は、コチラ(↓)の公式サイトをご覧ください。