賀来賢人がドラマ(2019年)“ニッポンノワール”で異例の主演

マンションの住民同士の交換殺人という物騒なテーマの『あなたの番です』(日テレ 日曜夜22時30分)が最終回を迎えましたが、その後を引き継ぐドラマが間もなく始まります。

俳優・賀来賢人さん主演の『ニッポンノワール 刑事Yの反乱』です。

賀来さんにとって日曜劇場の2回目の主演となるこのドラマ。普通の刑事ものとは全然違うというのですが…。

スポンサーリンク

【賀来賢人が日曜劇場で2回目の主演】

2019年10月13日から賀来賢人さん主演のドラマ『ニッポンノワール 刑事Yの反乱』が始まります。

賀来賢人さんと言えば、ブレイクのきっかけになったのは、同じく日テレの日曜劇場のドラマ『今日から俺は!!』(今日俺)。

転校した日から「今日からツッパる!」と決めた、ずる賢く、そしてちょっと臆病ないヤンキー高校生・三橋貴志を演じました。

『今日俺』は、2018年10月14日から12月16日まで放送されましたから、あれからちょうど1年。

日曜劇場で2回も主演するというのは賀来さんが初めてなんですよ。

【賀来賢人プロフィール】

  • 本名:賀来 賢人
  • 生年月日:1989年7月3日
  • 出生地:東京都
  • 身長:178 cm
  • 血液型:O型
  • 活動期間:2007年より
  • 事務所:アミューズ
  • 主な出演テレビドラマ:『クローバー』『花子とアン』『Nのために』『スーパーサラリーマン左江内氏』『今日から俺は!!』
  • 主な出演映画:『銀色の雨』『ソフトボーイ』『Paradise Kiss』『斉木楠雄のΨ難』『ちはやふる -結び-』

女優の賀来千香子さんは実の叔母さんで、2016年に女優の榮倉奈々さんと結婚しています。(賀来賢人さんと榮倉奈々さんの馴れ初めについて詳しくはコチラ

  

スポンサーリンク

【ニッポンノワールは刑事ドラマというよりミステリー】

賀来賢人さんにとって4作目の主演ドラマとなる『ニッポンノワール』。

サブタイトルが『刑事Yの反乱』となっていますが、刑事ドラマというよりもミステリー仕立てになっています。

さて、その内容はというと…。

遊佐清春(賀来賢人さん)は、捜査の最前線に立つ警視庁の叩き上げの刑事。常に冷静で目的のためには手段を選ばない。

そんな遊佐の上司である女性刑事・碓氷薫(広末涼子さん)は、美しい容姿と優秀な捜査能力から捜査一課のマドンナ。9歳の息子をもつシングルマザーでもあります。

ある日、遊佐は森の中で目を覚ましますが、直前数ヶ月の記憶がありません。
右手には拳銃を握り、そして横には上司の薫の亡骸らが…。

「俺が殺したのか?それとも誰かにはめられたのか?」

容疑者は全ての人物と自分自身。
かつての同僚がゆさに疑いをかけます。
かおるの幼い一人息子以外は全て敵。

次第に、事件は未解決の『十億円強奪事件』の真相へとつながっていきます。

加速する疑い、止まらない裏切り。

全ての証拠が覆る究極のアンストッパブル・ミステリー(止まらないミステリー)です。

菅田 将輝さん主演の『3年A組 今日から皆さんは、人質です』のヒット以来、日曜劇場は3作連続でミステリードラマをやるようです。

実際に、脚本は『3年A組』の武藤将吾さん、プロデューサーを務めるのも同じく『3年A組』の福井雄太さんということで、『3年A組』制作チームがタッグを組んでいます。

これは面白くなりそうですね。

スポンサーリンク

【ニッポンノワール出演者のコメント】

それでは、ドラマ『ニッポンノワール』のッ出演者とコメントをご紹介します。

《 賀来 賢人 さん》
主人公の刑事・遊佐清春 役

再び日曜の夜にテレビドラマをやれる喜びを感じております。
プロデューサーから細かい構想を聞き、そして台本を読み、間違いなく、今まで日本で見たことのない、スケールのドラマになると確信しました。
こういう物語が観たかったんだ!という思いをぶつけられる作品になると思います。
正義とは何か。人間とは何か。是非最後まで見届けて頂けたら嬉しいです。

《 広末 涼子 さん》
遊佐の上司・碓氷薫 役

内容を聞いて“定番”や“ありがち”という印象が全くなく、私も刑事ものはほぼ初めてですし、「今日から俺は!!」と同じ枠で賀来さんが前回とイメージをひっくり返すような役を演じてくださるし、すごく挑戦的だと思いました。
演じる碓氷薫は第1話の冒頭で遺体で発見されるのですが、私、死ぬ役が多い気がします(笑)。…
作品全体にすごくワクワク感がありながら、ストレート過ぎないようにメッセージが込められていると思うので、その複雑さを感情で掘り下げられるように、熱意を込めてお芝居したいと思っています。

《 井浦 新 さん》
新人の遊佐に基本を叩きこんだ刑事・才門要 役

福井プロデューサーから物語の全容を初めて聞いた時、大好物のヤバい香がプンプンしました。台本を読んだ時にそれは確信に変わり、読み終えた時には身体が2話を欲してました。設定も展開も斬新で挑戦的かつ曲者しかいない登場人物たち。きっとつくり手たちも先の見えない展開に翻弄され、暗黒の中を手探りで彷徨うことになりそうな予感。そんな状況下で才門要という役に挑戦し育てていけることは大きな演り甲斐です。

《 北村 一輝 さん》
薫からの相談相手でもある捜査一課長・南武修介 役

「刑事ドラマ」という固定概念を覆す、先が読めない展開の脚本で、読んでいてわくわくしました。
新たなチャレンジをスタッフ、キャストの皆さんと楽しんでいけたらと思っています。

《 夏帆 さん》
クールでドライなフリーライター・深水咲良 役

福井プロデューサーのこのドラマにかける熱意に圧倒され、そして今までの刑事ドラマをくつがえす作品を作りたいという言葉に共感し、この作品に参加してみたいと胸が高鳴りました。
主演の賀来さんとは2度目の共演ですが、同世代の中でも、とても力のある役者さんだという印象があります。曲者揃いのキャラクターのなかで、わたしが演じる深水咲良という役は、作品の中でも主人公にとっても、ホッと一息つけるような、そんな役になっていけたらと思っています。
この物語の終着点が、現段階でわたし自身も読めず、手さぐりの状態ですが、間違いなく記憶に残る、そして今クールで一番熱いドラマになるのではないかと思います。ぜひ楽しみにしていてください。

(コメントはいずれも公式サイトより)

出演者の皆さんのコメントを見ても大どんでん返しの連続で、文字通り“ノンストップ・ミステリー”になっているようです。

今から楽しみですね。

スポンサーリンク