有村架純と岡田健史のキスについてのフライデー報道

人気女優、有村架純さんはこれまで数々のドラマに出演し、話題になっていますね。

昨年放送された『中学聖日記』もその一つ。

中でも、中学生役の岡田健史さんとの禁断のキスシーンは、大きな反響を呼びました。

『フライデー』によると、何でも撮影以外でも二人はキスを重ねているとか。

これって熱愛なんでしょうか?

スポンサーリンク

【有村架純と岡田健史のキスシーンが話題になった“中学聖日記”】

有村架純さんと岡田健史さんのキスシーンが話題になったドラマ『中学聖日記』(全11話)は、2018年10月9日から12月18日までTBS系で火曜の夜10時から放送されました。

原作は、女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)連載の漫画家・かわかみじゅんこさんの同名の漫画です。

最近は、人気漫画を原作にしたドラマが多いですね。

ストーリーをざっとご紹介しますね。

教師を夢見ていた末永聖(有村架純さん)は、片田舎の中学に赴任しました。

そこで不思議な魅力を持つ生徒・黒岩晶(岡田健史さん)と出会います。

毎日のように聖に恋心をぶつけてくる晶。

しかし、聖には川合勝太郎(町田啓太さん)という年上の心優しい婚約者がいます。

「この子に恋をしてはいけない」と思いつつも、完璧すぎる婚約者・勝太郎に重荷を感じる聖の心は揺れ動いてしまいます。

一方、勝太郎の同僚である原口律(吉田羊さん)は、異様なまでの執拗さを持つバイセクシャル。
聖や勝太郎を翻弄します。

さらに、息子が教師に恋をしていることを知った晶の母親・黒岩愛子(夏川結衣さん)は、焦燥感を募らせます。

一旦は晶の前から姿を消し、平穏な日々を暮らしていた聖でしたが、3年後に偶然に再会することに。

教師と生徒の間の“禁断の恋”の行方は・・・。

といった感じの、はかなくも美しいラブストーリーです。

スポンサーリンク

【有村架純とキスシーンを演じた岡田健史ってどういう人?】

ところで、ドラマ『中学聖日記』で「中学生の黒岩晶を演じた岡田健史さんって誰?」って思った人も多いと思います。

それもそのはずで、実は岡田健史さんがドラマに出演するのは今回が初めて。
新人さんなんです。

そこで、プロフィールをご紹介します。

岡田 健史(おかだ けんし)

  • 本名:非公表
  • 生年月日:1999年5月12日
  • 出生地:福岡県
  • 身長:180 cm
  • 血液型:O型
  • 職業:俳優
  • ジャンル:テレビドラマ
  • 活動期間:2018年から
  • 事務所:スパイスパワー

1999年5月12日生まれですから、放送当時はまだ19歳だったんですね。

根っからの野球好きで、長崎県の強豪・創成館高等学校に特待生として入学しているんですよ。

ポジションはキャッチャー。

高校時代、阪神タイガースの川原陸投手と捕手と投手として共にプレーしていたというんですから、本物ですね。

中学1年生の冬から5年間にわたって大手芸能事務所・スパイスパワーからスカウトされていたけれども、野球のために断り続けていたそうです。

たしかにイケメンですからね。

高校3年時の野球部引退後、演劇部にスカウトされ、そのとき「感じたことがないほど気持ち良かった」経験をして俳優を志望するようになったそうです。

2018年にスパイスパワーに所属し、いきなりドラマ『中学聖日記』のオーディションに合格して俳優デビューしたんです。

選出理由は、「純粋で良い意味で洗練されていない、今どきの子にはなかなか無い魅力があった」ということなんですって。

そんな岡田さん、『中学聖日記』に出演するにあたり、こんなコメントをしています。

「クランクインして1ヶ月が経ちましたが、毎日初めてのことがたくさんあります。監督にも細かく丁寧に演技について教えていただき、楽しくやりがいのある日々です。今回演技するのが初めてで自分の中に引き出しがまったくなく、自分が今まで経験したことがないことを演技で表現するのが難しいなと感じているので、これから克服していけたらと思います。
主演の有村さんは、僕が演技で悩んでいるときに一緒に考えてくださったり、いつも安心させてくださるとても素敵な方だと思います。
今回の役に僕を選んでくださった方々への感謝の気持ちを持って、その期待に少しでもこたえられるように、どんなことにも取り組んで誠心誠意この作品と向き合っていきたいと思います。
今までの生活とは全く違う世界で、「ここってどうしたらいいんだろう」と考える時間も増えてきた中で、自分なりに一生懸命取り組んでいますので、あたたかく見守っていただけたらと思います!」

(TBS公式サイトより)

とっても初々しいコメントですね。

岡田さんが「いつも安心させてくださるとても素敵な方」と言っている有村さんは、岡田さんのことをどう思っているんでしょうか?

有村さんは、岡田さんについてこんなコメントをしています。

「初めてお会いした時に目がすごく素敵で、私のことを真っ直ぐ見て下さったのがものすごく印象に残っていて。お芝居をしていても岡田さん自身の人柄というのが滲み出ている感じで、ピュアさだったり真面目な素直なものっていうのがしっかりと目に表れているような気がします。初めてとは思えないくらいしっかりとこの作品や晶という役に真摯に向き合っている方で、非常に努力家で真面目な方だと思います」

お互いにリスペクトし合っているようですね。

スポンサーリンク

【フライデーが“有村架純と岡田健史が撮影外でもキス”と報じる】

そんなお二人ですが、ドラマの中のキスシーンがきれい!と話題になりました。

岡田さんは、キスシーンについてもコメントしているのでご紹介しますね。

「中学生だから(キスが)カッコよくなくてもいいのかな。等身大でやれば、カッコ悪さが出ると思います。ドキドキです。緊張です!」

(日刊スポーツより)

素直に読めば、私生活ではキスをあまりしたことがないように読めますが、どうなんでしょうか?

あれだけのイケメンですから、彼女の一人や二人くらいいて当然と思いますが、もしかしたら野球づけでそんな暇もなかったのかもしれませんね。

ドラマでは、第4話でキスシーンがあったんですが、10月26日に発売された雑誌『フライデー』が舞台裏についてこんな記事を報じているんです。

ドラマでキスシーンがある場合、リハーサルでは実際にキスをしないで直前でやめる『寸止め』が普通。

しかし、取材したところ、有村さんと岡田さんはリハーサルでも本番さながらのキスをしているというんです。

有村さんの演技に対する本気度で、撮影現場は引き締まっているのだとか。

まさか、プライベートでしているわけではないようですが、新人の岡田さんにしてみれば、確かにさっきのコメント通り「ドキドキです。緊張です!」でしょうね。

また、有村さんは、過去にドラマ『スターマン・この星の恋』(フジテレビ系)で國村隼さんとも熱いキスシーンがありました。

仕事とはいえ、新人からベテラン俳優まで色々な人とキスしなければいけないのも、それはそれで大変ですね。

スポンサーリンク