綾瀬はるかの最新作は“奥さまは”の続編映画?!

綾瀬はるかさんと言えば、ここほど発表された『日経エンタテインメント!』の『タレントパワーランキング』女優編で2年連続1位に輝くほどの人気者。

スケジュールの空きを狙って各テレビ局からドラマの出演依頼が殺到します。

NHKの大河ドラマ『いだてん』後のドラマ出演をめぐって、『奥さまは、取り扱い注意』の日本テレビと『ぎぼむす』のTBSが、その続編作成をめぐって熱い争奪戦を繰り広げているようです。

はたして、私たちはどちらの続編が見られるのでしょうか?

スポンサーリンク

【綾瀬はるかの最近の出演ドラマと映画】


まずは、人気者の綾瀬はるかさんが、ここ数年どんなペースでドラマや映画に出演しているかまとめてみますね。

  • 2016年:ドラマ『わたしを離さないで』(TBS)・『精霊の守り人』(NHK2018年まで)、映画『高台家の人々』・『海賊とよばれた男』
  • 2017年:ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日テレ)、映画『本能寺ホテル』
  • 2018年:ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS)、映画『今夜、ロマンス劇場で』・『インクレディブル・ファミリー』(吹き替え)
  • 2019年:ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』

ということで、ドラマも映画も年間1~2本ずつというペースですね。

ですから、今、『いだてん』の撮影が一段落するタイミングを狙ってテレビ局が動いているんですね。

新しいドラマを制作するに当たって、テレビ局側とすればヒットするかどうか分からない全くの新番組より、実績があるドラマの続編を作った方がリスクが少ないわけですよね。

現在、日テレは最高視聴率が14.5%まで上がった『奥様は、取り扱い注意』の企画、TBSは最高視聴率19.2%までいった『ぎぼむす』の続編の企画をそれぞれ進めているそうです。

スポンサーリンク

【ドラマ“奥様は、取り扱い注意”の思わせぶりな最終回】

『奥様は、取り扱い注意』は、2017年10月4日から12月6日まで日本テレビ系で水曜の夜10時から放送されたテレビドラマですね。

主演の綾瀬はるかさんのほか、広末涼子さん、本田翼さん、中尾明慶さん、銀粉蝶さん、石黒賢さん、西島秀俊さんなんかが出演していました。

ストーリーはこんな感じです。

特殊工作員という過去を持つ伊佐山菜美(綾瀬はるかさん)は、「島田優子」という別名を名乗っています。

格闘技の経験者とも互角に渡り合える高い身体能力と複数の言語を話せる言語能力の持ち主。

スリルに満ち溢れた毎日を送っているが、穏やかな生活に憧れています。

ある日、任務中に自殺したかのように見せかけ組織を騙し、派遣社員として一流企業の受付嬢の仕事に就きます。

一目惚れした伊佐山勇輝(西島秀俊さん)と結婚し、で新婚生活を始めた菜美。

しかし、やがて平凡な家庭生活に物足りな差を感じ始めます。

ある日に隣人の主婦・大原優里(広末涼子さん)と佐藤京子(本田翼さん)に誘われて料理教室に通うようになり、生まれて初めて女友達として友情を育むようになる。

それ以降、着付け教室、トレーニング教室、読書会、太極拳教室など様々なカルチャースクールに通い、「主婦力」を向上させようと奮闘します。

しかし、行く先々で社会の闇に遭遇し、事件を解決していく菜美。

そんな、笑いとアクションにあふれた新タイプのドラマです。

最終回では、とんだどんでん返しが待っていました。

何と、夫は公安の職員で菜美を仕事で監視していたんです!

しかし、元スパイと公安というお互いの立場を超えて本当に愛し合ってしまった二人。

菜美が組織から逃げたのは、ただ平穏な生活が送りたいだけだということが分かれば監視を解き、本当の夫婦になることを公安から許された勇輝。

菜美に危険なことに首を突っ込まないことを望みますが、正義感の強い菜美は止まりません。

悪の組織との戦いに勝利し、とらわれた主婦友達を助けだします。

自宅で待っていた勇輝が帰宅した菜美に銃弾を放ちます!

ここで番組は終了。

何とも思わせぶりなエンディングで、いかにも視聴者に続編を期待させる演出でした。

毎回視聴率が10%を超えていたこのドラマ。

日テレとしては、次も西島秀俊さんを夫役に、「いだてん」後の綾瀬さんを狙って続編を企画しているようですよ。

スポンサーリンク

【ドラマ“ぎぼむす”の思わせぶりな最終回】

一方、綾瀬さんが主演したTBSドラマの代表作が『ぎぼむす』すなわち『義母と娘のブルース』ですね。

2018年7月10日から9月18日まで火曜夜10時から放送され、最終話はなんと19.2%もあった人気番組です。

共演は、竹野内豊さん

もともと桜沢鈴さんの4コマ漫画を原作にしたこのドラマ
「4コマ漫画にもかかわらずここまで心が打たれるとは!」と評判のでしたね。

ストーリーは…、

若くして部長になったキャリアウーマン岩木亜希子(綾瀬はるかさん)と、先妻を亡くし男手ひとつで小学生の娘みゆき(上白石萌歌さん)を育てている宮本良一(竹野内豊さん)。

病に冒されている良一は、自分の死後みゆきを託すため亜希子と結婚します。

しかし、仕事一筋で生きてきた彼女は、娘に自己紹介と称して名刺交換をする始末で子どもとの接し方一つわかりません。

普通の母親がする事ができない亜希子に反発するみゆき。

良一が帰らぬ人となり、亜希子とみゆきの二人きりの生活が始まり、お互い相手を思いやろうと努力します。

最終回では、やがて、大学受験を終えたみゆきと亜希子が、大阪と東京とで別れて新しい生活を始めることに。

しかし、駅に行ったはずの亜希子が、新幹線のチケットが見当たらないと、みゆきの新居にもどります。

間違ってみゆきの荷物にチケットを入たかもしれない、と荷物の中を探し始める亜希子。

みゆきがすぐに亜希子の本の間にはさまっていたチケットを発見し、チケットがアップに。

すると、すぐに画面が切り替わって、亜希子とみゆきの並んだ顔が映し出されます。

亜希子は、「奇跡?」とつぶやき、みゆきは、微笑みながら、亜希子に何か話しかけようとします。

そこで、流れた「おわり」のテロップ。

『奥さまは、』同様、何とも思わせぶりな終わり方ですね。

このエンディングに、やはり「これは続編があるのでは…。」と思ったファンが多かったのではないでしょうか。

まして、原作漫画は、みゆきが結婚し、年老いた亜希子を見舞う頃まで描いていています。

平均視聴率14.2%というものすごい数字を出したドラマですからTBSがこのまま終わらせるとも思えません。

スポンサーリンク

【綾瀬はるかが日テレの映画撮影に!】

このように、『奥さまは、』の日テレと『ぎぼむす』の TBS が綾瀬さんの争奪戦を演じているようで、
2004年のドラマ『世界の中心で愛を叫ぶ』で綾瀬さんをブレイクさせたTBS の方が有利という見方もあったんです。

ところが、あらたな情報が!

綾瀬さんが、7月上旬から映画の撮影に入ったというんです。

東京・世田谷と静岡・下田、神奈川・真鶴でロケを始めたというこの映画。

制作はなんと日テレ!

メガホンをとるのは、佐藤東弥監督。
この方、日テレのドラマ『ごくせん』で知られる監督です。

しかも、この映画で綾瀬さんと共演するのは西島秀俊さん。

そして、内容はアクション映画だということ

ということで、もっぱらの噂ではアクションが話題だったドラマ『奥さまは、取り扱い注意』の続編でアクションシーン中心の映画ではないかということです。

ドラマと違って、映画なら拘束期間が短いので綾瀬さん側の OK が出たのではないか、なんて言われています。

ということは、映画『奥さまは、』続編のあとに、『ぎぼむす』続編なんてこともあるんでしょうか?

もしそうなったら、綾瀬ファンは大喜びですね。
すごく楽しみになってきました。

妄想で終わらないことを願います…。

スポンサーリンク

有村架純との共演に坂口健太郎が“心地いい”!

有村架純さんと坂口健太郎さんと言えば、これまでもドラマ『いつ恋』や映画『ナラタージュ』で共演したことがある旧知の仲。
この8月に放送される新しいドラマで3度目の共演になります。

そんな二人ですが、坂口さんにとって有村さんとの共演は『心地よい』そうですよ。

今回は、有村架純さんと坂口健太郎さんの共演歴と、新しく共演するシリアスなドラマのご紹介です。

スポンサーリンク

【有村架純と坂口健太郎の初共演はドラマ“いつ恋”】

有村架純さんと坂口健太郎さんが初めて共演したドラマは、2016年1月18日から3月21日まで「月9」で放送された『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)』(フジテレビ系)です。

有村架純さんと高良健吾さんのW主演で、第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞で、「作品賞」と「脚本賞」を受賞するなど高い評価を受けたドラマです。

東日本大震災が発生した2011年前後と、その5年後の2016年に分かれた2部構成になっています。

ストーリーは…、

杉原音(有村架純さん)は、幼い頃に母親を亡くし、北海道で養父母と暮らし。
一方、曽田練(高良健吾さん)は福島出身で、今は東京の引っ越し会社に勤務。日向木穂子(高畑充希さん)という恋人がいます。

ある日、曽田練の友人である中條晴太(坂口健太郎さん)が、北海道旅行中にカバンを拾います。
カバンのなかには、『音へ』と書かれた古い手紙が残されていました。

トラックで北海道に向かい、宛先の音に手紙を届けた錬。
音に頼まれて一緒に東京に戻ってきます…。

そこから、音と錬の2人を中心に彼らを取り巻く多くの男女の思惑が交錯し、物語が進んでいきます。

このときは、有村架純さんと坂口健太郎さんは恋人役ではありませんでしたね。

ちなみに、ドラマが放送された翌年の2017年、坂口さんの住むマンションに『いつ恋』で共演した高畑さんが引っ越しして、『マンション内恋愛!』なんて噂されました。

詳しくは、記事【高畑充希と坂口健太郎がマンション内恋愛で結婚目前!?】をご覧ください。

スポンサーリンク

【有村架純と坂口健太郎の2度目の共演は映画“ナラタージュ”】

有村架純さんと坂口健太郎さんの2度目の共演は映画『ナラタージュ』です。

『いつ恋』放送の翌年、2017年10月7日に公開されたこの映画。
主演は、有村架純さんと松本潤さん、監督は行定勲さんでした。

ストーリーは…、

工藤泉(有村架純さん)は大学2年生の時、かつて想いを寄せていた高校の恩師・葉山貴司(松本潤さん)から突然電話がかかってきます。

3年生の引退公演を手伝ってほしいというお願いでした。

後日、泉のほか、高校時代の同級生やその友人が集まり、稽古がはじまります。

そんな中、葉山との距離を縮めていく泉。

ある日、一緒に演劇の稽古をしていた小野玲二(坂口健太郎さん)から交際を申し込まれます。

しかし、泉は葉山への想いから断ります。

泉は葉山への想いを強めるも、葉山が妻と籍を入れたままにしていることを知りオーバードース・・・。

公演終了後、泉は小野からあらためて交際を申し込まれ、葉山への想いを断ち切るためその話を受け入れます。

しかし、嫉妬深い小野は、泉と葉山とのつながりを疑うようになり、性交渉を強要。
徐々に二人はの関係は破綻してゆきます。

ある日、偶然、泉と小野と葉山が鉢合わせし、泉と小野は口論の末、ついに破局。

泉は葉山にすがるが、葉山に別居中の妻が帰って来ると告げられてしまいます。

もう会わないことに決めた泉と葉山。

時がたち、大学卒業後、会社の同僚と食事をしていた泉は、偶然同席者から葉山の真の想いを伝え聞くこととなります・・・。

この映画は、有村さんの過激なベッドシーンでも話題になりましたね。

スポンサーリンク

【有村架純と坂口健太郎の新しい共演ドラマ“そして、生きる”】

あらたに有村架純さんと坂口健太郎さんが共演することになったのは、8月4日からWOWOWで放送される『連続ドラマW そして、生きる』(毎週日曜 後10:00、全6話)です。

例によって、ストーリーをご紹介します。

「3歳のときに交通事故で両親を亡くした生田瞳子(有村架純)は、盛岡で理髪店を営む伯父に引き取られる。天真爛漫に育った瞳子は、時に地元のアイドルとして活躍することもあり、いつしか女優を志すようになっていた。
そして19歳になった瞳子は、東京で開催されるオーディションに挑もうとするが、その前日の2011年3月11日、東日本大震災が起きる。
その年の秋―、瞳子はカフェで一緒に働いている韓国人のハン(知英)とともに、気仙沼のボランティア活動に参加する。瞳子はそこで、学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清水清隆(坂口健太郎)と出会う。穏やかで整然と現場を取り仕切る清隆だったが、瞳子はなぜか彼のほほえみに違和感を覚える。清隆自身もまた過酷な運命を背負っていることを、瞳子は知る由もなかった。そして気仙沼で一緒の時間を過ごした瞳子と清隆は、いつしか互いに特別な感情を抱いていく―。」

(WOWOW公式サイトより)

この『そして、生きる』の完成披露試写会が7月18日、都内で行われました。

このとき、3度目の共演となることについて、記者から聞かれた有村さんと坂口さん。

こんな風に答えているんです。

まずは坂口さんから。

「架純ちゃんとお芝居すると安心していられるし、いい意味で心地よい空気に包まれる。
今回の撮影でも、“瞳子”(有村が演じる役名)にも、“有村架純さん”にも見える瞬間があって。
そういう瞬間が見られるのはありがたいというか。
瞳子と架純ちゃんは全然違う人間ではあるんですけど、役と本人が重なる共鳴性をいつも感じています」

この話をうつむき加減に聴いていた有村さんはこうコメントしています。

「こんなにも現場でご一緒する方はほかにいらっしゃらないですし、そのたびに違う顔を見せてくださる俳優さんだと思っています。
彼の人間性が役にも反映されていると思うんですが、彼の演じるキャラクターは繊細な部分もあり、だけどおおらかな部分もあり、どちらの面も兼ね備えているような、感じがします」

褒められた坂口さんが、「そうなんです!」とボケて見せて、周りの笑いを誘ったそうですよ。

二人は、劇場アニメ『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』(8月2日公開)でも声優として参加する予定だそうです。

ますます、『心地よい』二人になりそうですね。

『そして、生きる』をご覧になるには下のバナーをクリックしてWOWOW公式サイトへどうぞ。
期間限定

スポンサーリンク

有村架純のインスタで土屋太鳳が“尊敬します!”コメント

かつて「偽物騒ぎ」まであった有村架純さんのインスタグラム。

今や、フォロワー数が330万人を超える超人気です。

そんな有村架純さんのインスタに、このほど土屋太鳳さんがコメントを送りました。

どんな内容のコメント何でしょう?

スポンサーリンク

【なりすましインスタまで出た有村架純】

有村架純さんが公式インスタグラムを始めたのは、2016年8月1日。

記念すべき初投稿は、大空のもとで有村さんが「よろしくお願いします!」と爽やかなコメントを添えています。

その時のスクショがこちら。

待望のインスタ開始にファンは大喜び。

「待ってました!」
「嬉しい~」
「ありがとう!」
等の声が多数寄せられました。

スゴイ人気で、開始からわずか1時間でフォロワー数が1万人を超えるほどの勢いだったそうです。

ただ、その当時、すでに「kasumi_arimura」で投稿していたアカウントがあったんです。

いかにも有村さん本人が書いたような内容だったんですが、もちろんこれは偽物。

190万人もの人がまんまと騙されてフォローしていたんだとか。

まったく迷惑な話ですね。

スポンサーリンク

【有村架純のインスタに土屋太鳳がコメント!】

有村架純さんがインスタ開始から3年ほどたった今、すでにフォロワー数が330万人を超えています。

330万人って日本人の40人に一人ですよね。

凄すぎです…。

そんな人気の有村さんのインスタに、やはり人気の土屋太鳳さんがコメントを寄せました。

7月17日に有村さんが連続ドラマW『そして、生きる』の紹介動画をインスタにアップしたんです。

すると、すぐに土屋さんが反応して投稿。

「とても素敵な空気感…!」
「本当に厳しい作品だと思うけれど、伝えようとする方々の勇気と責任感を、この短い映像でも感じます。尊敬します。そして拝見します。」

立て続けにコメントしています。

スポンサーリンク

【“そして、生きる”とは?】

有村架純さんがインスタで紹介している『そして、生きる』というのは、2019年8月4日から毎週日曜夜10時から放送予定のWOWOWのオリジナルドラマ(全6話)ですね。

2011年の東日本大震災をテーマに、激動の中、若い男女が自分自身と巡り合った人々の人生を重ね合わせながら、前向きに生きていこうとするヒューマンラブストーリーです。

有村架純さんと坂口健太郎さんのダブル主演。
映画『ナラタージュ』でも共演している二人ですから、その辺も見ものです。

テーマがテーマだけにとってもシリアスで重いドラマになりそうです。

それに対する土屋さんの
「本当に厳しい作品だと思うけれど、伝えようとする方々の勇気と責任感を、この短い映像でも感じます。尊敬します。そして拝見します。」
ということを考えると、土屋さんの真面目さを感じてしまいました。

スポンサーリンク

【有村さんの“そして、生きる”を見るには】

そんなドラマ『そして、生きる』は、wowow限定のドラマなので、残念ながら地上波では観られません。

有村さんがCMでやっているように、“wowowに入りましょ。”が必要なんですよね。

最近はPC、スマホ、タブレットでも観られるということですから、公式サイトでご確認ください。
公式サイト( ↓ )
wowow

有村架純と岡田健史のキスについてのフライデー報道

人気女優、有村架純さんはこれまで数々のドラマに出演し、話題になっていますね。

昨年放送された『中学聖日記』もその一つ。

中でも、中学生役の岡田健史さんとの禁断のキスシーンは、大きな反響を呼びました。

『フライデー』によると、何でも撮影以外でも二人はキスを重ねているとか。

これって熱愛なんでしょうか?

スポンサーリンク

【有村架純と岡田健史のキスシーンが話題になった“中学聖日記”】

有村架純さんと岡田健史さんのキスシーンが話題になったドラマ『中学聖日記』(全11話)は、2018年10月9日から12月18日までTBS系で火曜の夜10時から放送されました。

原作は、女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)連載の漫画家・かわかみじゅんこさんの同名の漫画です。

最近は、人気漫画を原作にしたドラマが多いですね。

ストーリーをざっとご紹介しますね。

教師を夢見ていた末永聖(有村架純さん)は、片田舎の中学に赴任しました。

そこで不思議な魅力を持つ生徒・黒岩晶(岡田健史さん)と出会います。

毎日のように聖に恋心をぶつけてくる晶。

しかし、聖には川合勝太郎(町田啓太さん)という年上の心優しい婚約者がいます。

「この子に恋をしてはいけない」と思いつつも、完璧すぎる婚約者・勝太郎に重荷を感じる聖の心は揺れ動いてしまいます。

一方、勝太郎の同僚である原口律(吉田羊さん)は、異様なまでの執拗さを持つバイセクシャル。
聖や勝太郎を翻弄します。

さらに、息子が教師に恋をしていることを知った晶の母親・黒岩愛子(夏川結衣さん)は、焦燥感を募らせます。

一旦は晶の前から姿を消し、平穏な日々を暮らしていた聖でしたが、3年後に偶然に再会することに。

教師と生徒の間の“禁断の恋”の行方は・・・。

といった感じの、はかなくも美しいラブストーリーです。

スポンサーリンク

【有村架純とキスシーンを演じた岡田健史ってどういう人?】

ところで、ドラマ『中学聖日記』で「中学生の黒岩晶を演じた岡田健史さんって誰?」って思った人も多いと思います。

それもそのはずで、実は岡田健史さんがドラマに出演するのは今回が初めて。
新人さんなんです。

そこで、プロフィールをご紹介します。

岡田 健史(おかだ けんし)

  • 本名:非公表
  • 生年月日:1999年5月12日
  • 出生地:福岡県
  • 身長:180 cm
  • 血液型:O型
  • 職業:俳優
  • ジャンル:テレビドラマ
  • 活動期間:2018年から
  • 事務所:スパイスパワー

1999年5月12日生まれですから、放送当時はまだ19歳だったんですね。

根っからの野球好きで、長崎県の強豪・創成館高等学校に特待生として入学しているんですよ。

ポジションはキャッチャー。

高校時代、阪神タイガースの川原陸投手と捕手と投手として共にプレーしていたというんですから、本物ですね。

中学1年生の冬から5年間にわたって大手芸能事務所・スパイスパワーからスカウトされていたけれども、野球のために断り続けていたそうです。

たしかにイケメンですからね。

高校3年時の野球部引退後、演劇部にスカウトされ、そのとき「感じたことがないほど気持ち良かった」経験をして俳優を志望するようになったそうです。

2018年にスパイスパワーに所属し、いきなりドラマ『中学聖日記』のオーディションに合格して俳優デビューしたんです。

選出理由は、「純粋で良い意味で洗練されていない、今どきの子にはなかなか無い魅力があった」ということなんですって。

そんな岡田さん、『中学聖日記』に出演するにあたり、こんなコメントをしています。

「クランクインして1ヶ月が経ちましたが、毎日初めてのことがたくさんあります。監督にも細かく丁寧に演技について教えていただき、楽しくやりがいのある日々です。今回演技するのが初めてで自分の中に引き出しがまったくなく、自分が今まで経験したことがないことを演技で表現するのが難しいなと感じているので、これから克服していけたらと思います。
主演の有村さんは、僕が演技で悩んでいるときに一緒に考えてくださったり、いつも安心させてくださるとても素敵な方だと思います。
今回の役に僕を選んでくださった方々への感謝の気持ちを持って、その期待に少しでもこたえられるように、どんなことにも取り組んで誠心誠意この作品と向き合っていきたいと思います。
今までの生活とは全く違う世界で、「ここってどうしたらいいんだろう」と考える時間も増えてきた中で、自分なりに一生懸命取り組んでいますので、あたたかく見守っていただけたらと思います!」

(TBS公式サイトより)

とっても初々しいコメントですね。

岡田さんが「いつも安心させてくださるとても素敵な方」と言っている有村さんは、岡田さんのことをどう思っているんでしょうか?

有村さんは、岡田さんについてこんなコメントをしています。

「初めてお会いした時に目がすごく素敵で、私のことを真っ直ぐ見て下さったのがものすごく印象に残っていて。お芝居をしていても岡田さん自身の人柄というのが滲み出ている感じで、ピュアさだったり真面目な素直なものっていうのがしっかりと目に表れているような気がします。初めてとは思えないくらいしっかりとこの作品や晶という役に真摯に向き合っている方で、非常に努力家で真面目な方だと思います」

お互いにリスペクトし合っているようですね。

スポンサーリンク

【フライデーが“有村架純と岡田健史が撮影外でもキス”と報じる】

そんなお二人ですが、ドラマの中のキスシーンがきれい!と話題になりました。

岡田さんは、キスシーンについてもコメントしているのでご紹介しますね。

「中学生だから(キスが)カッコよくなくてもいいのかな。等身大でやれば、カッコ悪さが出ると思います。ドキドキです。緊張です!」

(日刊スポーツより)

素直に読めば、私生活ではキスをあまりしたことがないように読めますが、どうなんでしょうか?

あれだけのイケメンですから、彼女の一人や二人くらいいて当然と思いますが、もしかしたら野球づけでそんな暇もなかったのかもしれませんね。

ドラマでは、第4話でキスシーンがあったんですが、10月26日に発売された雑誌『フライデー』が舞台裏についてこんな記事を報じているんです。

ドラマでキスシーンがある場合、リハーサルでは実際にキスをしないで直前でやめる『寸止め』が普通。

しかし、取材したところ、有村さんと岡田さんはリハーサルでも本番さながらのキスをしているというんです。

有村さんの演技に対する本気度で、撮影現場は引き締まっているのだとか。

まさか、プライベートでしているわけではないようですが、新人の岡田さんにしてみれば、確かにさっきのコメント通り「ドキドキです。緊張です!」でしょうね。

また、有村さんは、過去にドラマ『スターマン・この星の恋』(フジテレビ系)で國村隼さんとも熱いキスシーンがありました。

仕事とはいえ、新人からベテラン俳優まで色々な人とキスしなければいけないのも、それはそれで大変ですね。

スポンサーリンク

有村架純の水着姿!かわいい画像を一挙まとめ!

有村架純さんは、NHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』(2013年)でブレイクして以来、ドラマやCMで見ない日はないと言っていほどの人気女優。

これまで3冊の写真集と2本のDVDなどを出していますね。

夏に向けて有村架純さんのかわいい水着姿の画像をまとめてみました!

スポンサーリンク

【有村架純のプロフィール】

まずは、有村架純さんのプロフィールをご紹介します。

  • 生年月日:1993年2月13日
  • 出生地: 兵庫県伊丹市
  • 身長:160 cm
  • 血液型:B型
  • 職業:女優
  • ジャンル:映画、テレビドラマ
  • 活動期間 2010年から
  • 事務所:フラーム
  • 主な出演テレビドラマ:『あまちゃん』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『ひよっこ』
  • 主な出演映画:『ストロボ・エッジ』『映画 ビリギャル』
  • 主な出演アニメ映画:『思い出のマーニー』
  • 主な出演舞台:『ジャンヌ・ダルク』

2009年12月、兵庫県立伊丹西高等学校在学中に、いまの所属事務所のFLaMmeのオーディションを受けて合格。

芸能界の初仕事は、2010年1月のサンケイスポーツの新春企画「新春ガールズ」
その年の5月には、『ハガネの女』(テレビ朝日)でドラマに初出演しました。

CM初出演は、2011年1月、東京ディズニーシー「春のキャンパスデーパスポート」

映画初主演は、2011年11月、『ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-』でした。

こう見ると、とんとん拍子で活躍の場を増やして行っているんですね。

2013年には、2月1日に公開された映画『リトル・マエストラ』(アルゴ・ピクチャーズ)で映画の初主演を果たしています。

ブレイクしたきっかけは、この年4月の連続テレビ小説 『あまちゃん』(NHK)。このときは、小泉今日子さんが演じる主人公の母親の若かりし頃を演じましたね。

そして、「2014年にブレイクを期待するタレント」で女性部門で堂々の1位を獲得!

声優初挑戦は、2014年7月公開のスタジオジブリ作品『思い出のマーニー』。ダブルヒロインの1人・マーニー役でしたね。

初舞台は、その年の10月の『ジャンヌ・ダルク』

2015年は、5月後悔の主演映画『映画 ビリギャル』で金髪ギャル姿が話題になりました。

ちなみに有村さんは、この『映画 ビリギャル』で第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞、また『ストロボ・エッジ』とあわせて第58回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞しています。

演技力も折り紙つきですね。

地上波ドラマ初主演は、その年の6月、『永遠のぼくら sea side blue』(日本テレビ)。

ただ、民放連続ドラマの主演は意外と遅くて、2016年1月、フジテレビ月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が初めてなんですね。

そして、2016年、第67回NHK紅白歌合戦の紅組司会者に起用されたことも記憶に新しいのではないでしょうか。

2017年のNHK前期連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロインを演じたんですが、このときは、脚本の岡田惠和さんの強い要望でオーディションを行わずに主演が決まったんだとか。
やはり、評価が高いんですね。

そして、2017年、2年連続で第68回NHK紅白歌合戦の紅組司会者に起用されました。
それだけ、NHKへの貢献度も大きかったということでしょうね。

ちなみに、お姉さんは、グラビアタレントの有村藍里さん( ↑ )。

お姉さんについては、記事【有村架純の姉、手術内容・手術費用・術後の写真】で詳しくご紹介しています。

また、女優の高畑充希さんとは大の仲良しで、インスタでもよくツーショットを紹介してくれています。

コチラについては記事【高畑充希が彼氏をめぐり有村架純と三角関係】で詳しく紹介していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク

【有村架純のスリーサイズとカップ】

そんな有村架純さんですが、身長は160cmですから、日本人女性の平均より少し高いくらいですね。

では気になるスリーサイズはいくつなんでしょう?

調べたところ、スリーサイズはB80 W60 H82 のようです。

カップは公表されていませんが、「 C ではないか?」という声が多いようです。

スポンサーリンク

【有村架純の歴代写真集とDVD】

有村架純さん、これまでに3冊の写真集と2本のDVD、2本のデジタル写真を出しています。
(タイトルをクリックすると Amazon にとべますよ。)


《写真集》


aBUTTON VOL.4_夢 有村架純(PLUP SERIES)』(2011年11月30日、パルコ、撮影:中野敬久)


深呼吸-Shin・Kokyu-』(2013年11月7日、集英社、撮影:細野晋司)

 


Clear』(2018年5月9日、集英社、撮影:川島小鳥)


《DVD》


aBUTTON Vol.4_夢 有村架純【Blu-ray】』(2012年3月28日、エイベックス・マーケティング)。同名写真集の Blu-ray 版です。

 


熱量』(2012年11月21日、リバプール)


《デジタル写真+ムービー作品集》


かすみ 時々 あさみ』(2011年12月5日、撮影:アライテツヤ、ファンプラス・GザテレビジョンPLUS配信)

 


FiRST TRiP ハワイの場合』(2015年3月12日、撮影:大江麻貴)

スポンサーリンク

【有村架純の水着姿、かわいい画像!】

それでは、有村架純さんのかわいい水着姿の画像をご覧ください!
記事の最後に動画もありますから、そちらもお見逃しなく。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【有村架純の水着のめちゃカワイイ動画!】

スポンサーリンク