石原さとみの昔の画像!唇と眉毛が変わった?同じ?

今をときめく美人女優、イケメン俳優の中には、昔から美人・イケメンで通っていた人と、「これ、あの人!マジ!」と言いたくなる人がいますね。

いつも、女性のなりたい顔ランキングで上位に入る石原さとみさんはどうなんでしょうか?

「唇と眉毛が違う!」という声もよくききますが、画像で比較してみましょう。

スポンサーリンク

【石原さとみのプロフィール】


( ↑ 公式サイトの石原さんの画像)

まずは、石原さとみさんのプロフィールから。

  • 生年月日:1986年12月24日
  • 出身地:東京都
  • 身長:157 cm
  • 血液型:A型
  • 趣味・特技:琴、テニス、ピアノ
  • 職業:女優
  • 活動期間:2003年 –
  • 事務所:ホリプロ
  • 主な出演テレビドラマ:『てるてる家族』、『WATER BOYS2』、『義経』、『リッチマン、プアウーマン』、『失恋ショコラティエ』、『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』、『アンナチュラル』、『高嶺の花』
  • 主な出演映画:『わたしのグランパ』、『北の零年』、『貞子3D』、『シン・ゴジラ』

本名は非公開となっています。
ただ、あとでご紹介する卒業アルバムでは『石神 国子(いしがみ くにこ)』とバッチリ出ちゃってます。

また、デビュー前に所属していたホリプロ・インプルーブメント・アカデミー時代に『石神 国子』名義で、映画『ホ・ギ・ラ・ラ』『船を降りたら彼女の島』に出演しているので間違いないでしょう。

誕生日は12月24日のクリスマスイブ。
子どもの頃は、誕生プレゼントとクリスマスプレゼントを兼ねてもらっていたかもしれませんね。

今年は、誕生日でもあるクリスマスイブに結婚発表があるのではないか、と噂されています。
詳しくお知りになりたい方は、記事【石原さとみ、年内結婚発表するのか?】をご覧ください。

身長が157cmと言いますから、日本人女性としては平均くらいですね。

高校は東京都小平市にある『創価高校』の普通科を卒業しています。
名前のとおり、95%は創価学会の方だそうです。

偏差値がすごくて、高校受験の偏差値は現在65もあるそうですよ。(中学受験・高校受験パスナビより)

もっとも、石原さんは小学校から創価学会系に入学していますので、高校受験はしていないと思いますが・・・。

スポンサーリンク

【石原さとみはデビューからスゴかった!】


デビューのきっかけは、2002年のホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』でグランプリを受賞したこと。

さきほどの『ホ・ギ・ラ・ラ』と『船を降りたら彼女の島』に出演したのはグランプリ受賞前ですが、公式のデビュー作とされているのは、2003年に『石原さとみ』名義で出演した『わたしのグランパ』なんです。

この映画で、6個も賞を受賞しているんですよ。

ちなみに、その6個の賞とは、報知映画賞新人賞、日刊スポーツ映画大賞新人賞、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、ブルーリボン賞新人賞、日本映画批評家大賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞です。

スゴすぎですね。

同じく、2003年には、ドラマ『きみはペット』(TBS系)で『澁澤ルミ』役で連続ドラマにも初出演しています。

そして、やはり同じく2003年に、早くもNHKの連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロイン『岩田冬子』役に抜擢されています。

デビュー2年目で朝ドラのヒロインなんてすごく早いですね。
しかも、この年でやっと17歳です・・・。

そして、2004年には『WATER BOYS2』(フジテレビ系)に出演し、第29回エランドール賞新人賞を受賞して、知名度をぐんぐん上げていったんです。

2005年には、NHKの大河ドラマに初出演して、『義経』で『静御前(しずかごぜん)』を演じました。

そして、その年に出演した映画『北の零年』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞、2016年の映画シン・ゴジラ』でも日本アカデミー賞助演女優賞を獲得しているほどの実力派女優さんです。

スポンサーリンク

【石原さとみの昔の画像】

では、本題の石原さとみさんの昔の画像を年代順にご紹介します。

まずはこちらの卒業アルバムから。

中学の時のものだと思われます。(2002年?)
今の石原さんの雰囲気が出ていますが、眉毛が太いですね。

こちら( ↓ )が公式デビュー前に出演した『船を降りたら彼女の島』の石原さん。
向かって右側で、横顔になっているのでわかりにくいですが、『石神国子』と書かれていますね。

やはり、2002年ごろの画像だと思われます。

そして、2002年のホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』でグランプリを受賞したころの石原さん。

ちょっと地味な感じがしますが、純朴そうな女の子といった感じです。

次は、公式のデビュー作とされている2003年の映画『わたしのグランパ』の石原さとみさん。( ↓ )

やっぱり、かなり眉毛と唇が目立っていますね。

コチラ( ↓ )は2003年のパピコアイスのCMの画像。

今よりふっくらとしています。そして、眉毛が存在感を!

そして、下は高校卒業(と思われる)のときの石原さん。(2005年?)

かなり、スッキリとした顔立ちで、今の石原さんぽいですね。
ただ、このころも眉毛は太かったですが…。

2006年『Ns’あおい』のときの石原さん( ↓ )。

こちらは2007年、ピンポンパンのお姉さん役で『まるまるちびまる子ちゃん』に出演した時の画像。

表情のせいもあるかもしれませんが唇も目立っています。
眉毛は相変わらず健在。

しばらく、太い眉に厚い唇のままなんですが、2011年『ブルドクター』の画像をご覧ください。このころから眉毛のメイクが変わったような。

そして、2012年の『リッチマンプアマン』では随分とデビュー当時と変わった石原さんになっています。

こちら( ↓ )の画像も『リッチマンプアマン』。こうやって見ると、表情によっては唇は変わっていないようですね。

グッと最近の『アンナチュラル』(2018年)ではこんな感じです。

唇は表情によって厚さが変わるので、同じ『アンナチュラル』の画像でも、上のものは薄くなったように見えますし、下は昔のままのようにも見えます。

「整形した?」なんてこともよく言われますが、女優さんは夢を売る商売ですから、あまり余計な詮索はしない。というのも一つの考え方かと・・・。

スポンサーリンク