永野芽郁、子役時代に佐藤健と“るろうに剣心“で共演していた!

永野芽郁さんといえば、NHK朝ドラ『半分、青い。』で主演し、現在公開中の映画『君は月夜に光り輝く』でも演技が注目されている人気若手女優さんですね。
UQモバイルのCMでもよく目にします。

そんな永野芽郁さん、実は芸能生活は結構長く、子役時代から活躍していたんですよ。

今回は永野芽郁さんの子役時代のお話です。
演技力には定評がある永野芽郁さんですが、子役時代はどうだったんでしょうか?



【永野芽郁は子役時代に“るろうに剣心“で佐藤健と共演!】


永野芽郁さんがヒロインを務めた『半分、青い。』では、佐藤健さんの恋人役でしたね。
でも、実はこの二人、共演するのは『半分、青い。』が初めてではないんです。

佐藤健さんの映画としては、『るろうに剣心』シリーズが有名ですが、その『るろうに剣心』で過去に永野芽郁さんと共演していたんです。

『るろうに剣心』は、第3作まであるんですが、永野芽郁さんが出演したのは2012年8月25日公開の第1作。
幕末から明治の時代、佐藤健さん演じる主人公・緋村剣心が日本各地を流浪しながら、剣の力で弱きものを助ける物語です。

その『るろうに剣心』で永野芽郁さんが演じていたのは、『三条燕(さんじょうつばめ)』
脇役とは言え、物語が動き出すきっかけを担っている重要な役どころでした。

子役とはいえ、演技力が求められる役回りだったんですね。
コチラがその時の画像です。


撮影が始まったのは2011年8月。
永野芽郁さんは、1999年生まれですからその時まだ12歳の小学生6年生だったってことですね。

その年でまわりの大人の役者さんと一本の映画を作っていくんですから大したものですよね。

よく、子役で売れた人はその印象が強すぎて、成人すると売れなくなると言われますが、その後の活躍を見ると永野芽郁さんは一味違うんですね。

ちなみに、佐藤健さんは永野さんの10歳年上ですからこのとき22歳。
お互い、後に恋人役を演じるとは想像もしていなかったでしょうね。



【永野芽郁のプロフィール】


永野芽郁さんのことをUQモバイルのCMで初めて知ったという人も多いんではないかと思いますが、永野さんは一体いつから芸能活動をしていたのでしょうか。
プロフィールをご紹介します。

  • 本名:永野芽郁
  • 生年月日:1999年9月24日
  • 出身地:東京都
  • 身長:163cm
  • 血液型:AB型
  • 職業:女優・ファッションモデル・タレント
  • 活動期間:2009年から
  • 事務所:スターダストプロモーション
  • 主なテレビドラマ:『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『こえ恋』、『僕たちがやりました』、『半分、青い。』、『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』
  • 主な映画:『俺物語!!』、『ひるなかの流星』、『君は月夜に光り輝く』

活動期間が2009年からといいますから、まだ小学3年生、10歳の時です。
なんでも、吉祥寺で買い物しているところをスカウトされたそうです。
人混みの中でスカウトされたのですから、よほど可愛くて目についたんでしょうね。

その年公開された映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』で子役としてデビューを果たしています。

翌2010年、11歳のときにはドラマ『ハガネの女』(テレビ朝日)で主人公の小学生時代の役、2013年14歳のときにはNHK大河ドラマ『八重の桜』にも出演し、山川常盤の少女期を演じています。

14歳で大河ドラマに出演しているんですから、やっぱり演技力があるんですね。

その後、『ニコ☆プチ』、『nicola』、『Seventeen』などの雑誌モデルとして活動し、2015年、16歳のときにはオーディションを勝ち抜き映画『俺物語!!』でヒロイン役に抜擢されました。

翌2016年からCMにも出演し出し、「カルピスウォーター」「UQ mobile」などのCMで注目を集めるようになります。

この年、連続ドラマ『こえ恋』(テレビ東京)でドラマに初主演。
同年、NHK大河ドラマに2度目の出演を果たし、『真田丸』で豊臣秀頼の正室・千姫役を演じていました。

映画の初主演はというと、2017年3月公開の『ひるなかの流星』
主人公の与謝野すずめ役を演じました。

2018年3月に高校を卒業し、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロイン・楡野鈴愛役を演じました。
このとき、2366人のオーディションを勝ち抜いといいますから、やっぱりなにか持ってるんですね。

こうしてみると、今年で20歳という若さながらすでに芸能歴は10年になります。
数々のオーディションを勝ち抜いてヒロイン役をゲットしていることからも、演技力は本物のようです。

2019年2月には、映画やTVドラマで活躍した人に贈られる「エランドール賞」の新人賞も受賞している永野さん。
これからも活躍が楽しみですね!