小松菜奈が最新映画“さよならくちびる“(2019年)で門脇麦とキス!?

まもなく、小松菜奈さん主演の最新映画『さよならくちびる』が公開されます。
この映画の中で、小松菜奈さんともう一人の主演・門脇麦さんがキスをします!

しかも、小松菜奈さんが初めて歌声とギターを披露するとあって、ファンの間では『待ちきれない!』も声が。

一体どんな映画なんでしょう?

スポンサーリンク

【小松菜奈の最新映画“さよならくちびる“をザックリ紹介】

インディーズで人気の2人組女性デュオの『ハルレオ』。

ハル(門脇麦さん)が、バイト先で上司に叱られむくれていたレオ(小松菜奈さん)に「ねえ、音楽やらない?あたしと」と声をかけたのがきっかけで生まれました。

レオは、ハルからギターを教わり音楽の楽しさを知ります。
ハルは、そんなレオを温かく見守ります。

やがて二人は路上演奏を開始し、だんだん人気がでてきました。

ライブツアーに出るためにローディーを探していると、ハルの歌が好きだというシマ(成田凌さん)が名乗りを上げます。

こうして3人は、夢に向かって走り出しました。

ファンが増え、ライブにたくさんのお客さんが集まるようになった『ハルレオ』。

しかし、やがて3人の間に感情の行き違いが生まれてきます。

シマに思いを寄せるレオ。
ハルに惹かれるシマ。
そして、同時にハルはレオに友情以上の感情を抱いています。

名曲を生み、聴衆の心を感動させるライブを行いながらも溝が深まる『ハルレオ』。
ついに、それぞれの道に進むべくラストライブに向かう3人でしたが…。

映画の主題歌『さよならくちびる』を秦基博さん、挿入歌の『誰にだって訳がある』と『たちまち嵐』をあいみょんが提供し、小松菜奈さんと門脇麦さんがその曲を歌うというのもまた大きな見所ですね。

スポンサーリンク

【最新映画“さよならくちびる“での小松菜奈のキスシーン】

そんな音楽ロードムービーですが、3人の恋愛感情が複雑にからんでストーリーが展開していきます。

『さよならくちびる』というタイトルからもわかるように、いくつかの印象的なキスシーンが見られます。

まずは、小松さん(レオ)と成田凌さん(シマ)とのキスシーン。

写真ではわからないんですが、小松さんが無理やり成田さんの“くちびる“を奪いにいってます。

そして、コチラはなんと小松菜奈さんと門脇麦さんのキスシーン

やはり、小松さん(右)の方からイッテいます。
まさに友達以上の感情
しかし、美人同士のキスってやっぱりきれいですね。

この辺のところも『さよならくちびる』をみる楽しみの一つかな。

監督は、『黄泉がえり』『どろろ』の塩田明彦監督で2019年5月31日から全国で公開予定です。

小松菜奈さん・門脇麦さんのファンのみならず、インディーズ音楽が好きな人にもお勧めです。興味のある方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク