鈴木亮平の嫁、年齢はいくつ?挨拶しない?【画像あり】

【鈴木亮平、嫁の年齢と馴れ初め】

2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』で西郷隆盛を演じる鈴木亮平さん。
今や、CMなどでも目にする機会が多くなり、ノリに乗っている俳優さんです。

『西郷どん』のほか、ZNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』ではヒロインの真面目な夫役、映画『俺物語』では主人公のマッチョな高校生役など幅広い役を演じることができる実力派俳優ですが、ご家族のことをあまり語りません。

そこで、今回は、鈴木亮平さんのプライベートについてまとめてみました。

まずは、プロフィールから。

  • 鈴木 亮平(すずき りょうへい)
  • 別名(モデル名):友近 亮平(ともちか りょうへい)
  • 職業:俳優
  • 生年月日:1983年3月29日
  • 身長:186cm
  • 血液型:A型
  • 出身:兵庫県西宮市
  • 学歴:兵庫県立芦屋南高校⇒東京学国語大学外国語学部
  • 所属:ホリプロ
  • 資格など:実用英語検定(英検)1級、世界遺産検定1級

2006年、テレビドラマ『レガッタ~君といた永遠~』で俳優デビュー。
2007年、『椿三十郎』で映画デビュー。
2013年、映画『HK 変態仮面』出演。
2014年、連続テレビ小説『花子とアン』にヒロインの夫・村岡英治役で出演。同年、映画『TOKYO TRIBE』出演。
2015年、TVドラマ『天皇の料理番』、映画『俺物語!!』出演。
2018年、NHK大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛を演じる。同年、映画『羊と鋼の森』出演。

国立の東京外語大学卒というのですから、頭が良いのは間違いありません。

しかも、英検1級ってかなりの英語力ですね。

ちなみに、アメリカへの留学経験もあるだけでなく、高校時代は全国高校生ドイツ語スピーチコンテストで優勝しているそうです。
体格から、勝手にマッチョなイメージを描いていましたが、かなりのインテリさんですね。

そんな、鈴木亮平さんが奥さんと出会ったのはモデルの仕事をしていた大学時代。
知人の紹介によるものらしです。

それから8年間の交際期間を経て、2011年7月28日に結婚したといいますから、逆算すると出会ったのは2003年か2004年になります。

お相手はWeb関連の会社に働いていたOLさんです。
一般人の方ですから、メディアの露出が少ないわけですね。

そして、彼女の年齢ですが、鈴木亮平さんより9歳年上。

ということは、出会ったときは、鈴木さんが20~21歳の学生、お嫁さんは29歳か30歳のOLさんだったんですね。

結婚した4カ月後の2011年の11月には長女が誕生しています。
形の上では「授かり婚」ですが、8年も交際していれば、お子さんができたのをきっかけに結婚したという感じでしょうか。

2018年現在、鈴木亮平さんは35歳ですから、お嫁さんは44歳、娘さんは小学1年生、7歳になります。

スポンサーリンク


【鈴木亮平さんの嫁は「挨拶しない」?】

鈴木亮平さんのブレイクしたのは、2014年の連続テレビ小説『花子とアン』。
このとき、鈴木さん31歳ですから比較的、遅咲きといえますね。

ということは、それまでお嫁さんが陰でささえてくれていたんだと思います。
いわゆる『内助の功』見たいな話なんですが、ネット上では【鈴木亮平 嫁 挨拶しない】なんていう検索ワードが目につきます。

お嫁さんは人と会っても満足に挨拶すらしない失礼な人なの?
鈴木亮平さんが爽やかなイメージがあるだけに残念…。

と思いきや、これは大きな『誤解』!

先ほどご紹介したように。鈴木亮平さんのお嫁さんは『一般人』。
ですから、そもそもメディアに出る機会はありません。

芸能人の中でも一般の方と結婚された人は、近しい事務所関係者のみにご家族を紹介するケースが多い中、仕事とプライベートをきちり分けている鈴木亮平さんはマネージャーさんにも紹介したことがないとのことです。

その話が巡り巡って、【家族と仕事を分けている】⇒【嫁を紹介していない】⇒【関係者がお嫁さんに会ったことがない】⇒【嫁さんが挨拶しない】というように誤解されているようです。

なんか、ホッとしました。

スポンサーリンク