小泉今日子、次の結婚相手は豊原功補?!

【小泉今日子は豊原功補と結婚?!】

かねてから熱愛疑惑があった小泉今日子さんと豊原功補さん。
2018年2月1日、小泉今日子さんは所属していたバーニングプロダクションから独立した報告とともに豊原功補さんとの交際についても認めましたね。

一方、豊原功補さんの方も自身のホームページで恋愛関係を認めています。

今後二人の結婚はあるんでしょうか?
これまでの出来事を時間を追って見ていきます。

スポンサーリンク

【小泉今日子の過去:結婚そして離婚】

小泉今日子さんは、1982年3月21日、シングル「私の16才」でアイドル歌手としてデビュー。
それ以来、「きょんきょん」の愛称で80年代を代表するトップアイドルでした。

同じ年にデビューした、堀ちえみさん、三田寛子さん、石川秀美さん、松本伊代さん、早見優さん、中森明菜さん、シブがき隊らとともに「花の82年組」何て呼ばれていたんですよ。

そして、1995年、当時人気だった俳優、永瀬正敏さんと結婚。
ふたりとも29歳のときです。

しかし、その9年後、2004年に永瀬さんと離婚してしまいます。
その離婚理由は「お互いの多忙なスケジュールによるすれ違い」。

芸能人夫婦の離婚のひな型のような理由ですね。

ちなみに二人の間には子どもはおらず、それが離婚の遠因になっているという噂もありました。

ところが、離婚から7年後の2011年に公開された映画「毎日かあさん」となんと夫婦役で共演。
そこから、周囲も円満離婚だったと理解したそうです。

それにしても、離婚した元夫と夫婦役を演じるってどんな気持ちなんでしょうね。

その後、熱愛報道が報じられたお相手は、ジャニーズの亀梨和也さん。

2006年にフライデーされ、「同棲中?」とか「年の差婚?」なんてうわさされました。
小泉さん40歳、亀梨さん20歳のときのことです。

そんな亀梨さんとも約2年で破局。

そして、つぎの熱愛報道のお相手が、豊原功補さんだったのです。

スポンサーリンク


【小泉今日子と豊原功補のコメント全文】

小泉今日子さんと豊原功補さんとの熱愛報道が出たのはには2015年。
当時、小泉今日子さんは、所属事務所「バーニングプロダクション」から独立するために、現在の個人事務所「明後日(あさって)」を設立しました。

その独立のため助力してくれていたのが豊原功補さん。

ところが、そのタイミングで豊原功補さんとの熱愛がスクープされてしまったんです。

報道当時、小泉さんは記者に、
「お友達の会社と豊原さんの個人事務所と場所をシェアしているだけ」
と答えています。

小泉さんが所属していた「バーニングプロダクション」も
「交際していたら同じ場所に事務所を構えませんよ」
とコメント。

本人も事務所ともに熱愛を否定しましたが、一時、独立を見合わせることになってしまいます。
小泉さん、残念だったでしょうね。

その2年後の2017年、またもや週刊誌がふたりの熱愛ぶりをすっぱ抜きます。

小泉今日子さんと豊原功補さんが、変装もせず二人で堂々と喫茶店から自宅へ向かう姿を写真入りで報じました。
こうなると、二人とも隠す気がなさそうにも見えますね。

そして、2018年2月1日、小泉さんは自身のホームページで事務所からの独立とともに豊原功補さんとの交際について発表したんです。
そのコメントがこちら。

小泉今日子からのご報告

私、小泉今日子は2018年1月31日をもちまして永年お世話になりました株式会社バーニングプロダクションから独立することになりましたことをご報告致します。
バーニングプロダクションにはデビューから36年もの間、育て守って頂いたことに返しきれないほどの恩を感じておりますが、50代になり残りの人生を意識した時にこのままでいいのかという疑問が心に生じました。

より成熟したエンターテイメントの世界を見てみたい。
そのために自分が出来ることは何か。
マネージメントとアーティストとの関係性も含めて模索して行きたいと思っています。

2015年に立ち上げた株式会社明後日は新しい夢のために設立した制作会社です。
設立当初から力をお貸し頂いている俳優豊原功補氏は同じ夢を追う同士だと思っております。
また一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります。

ですが事実ではない記事も多く、豊原氏の関係者の皆様にはご迷惑お掛けしております。
豊原氏にはご家庭があります。
最初に写真誌に記事が掲載された時、私はご家族に迷惑を掛けないように守って欲しいという旨をスタッフに伝えました。
その結果、事は思わぬ方向に動いてしまったまま数年の時を過ごしてしまいました。

インターネットや雑誌などには既に離婚されているという誤った情報が流布されており、そのためにご家族の存在自体が伏せられたような形で報じられ続けてしまいました。
この一連の報道に対して豊原氏からの発言の機会を奪ってしまったのも私の行動に一因があったのかもしれません。

このようなことになりご家族にはお詫びの言葉もございません。
そして今まで自らが発言しなかったことには後悔の念しかありません。

事務所から独立した今、一個人として全てをこの身で受け止める覚悟でございます。
私事では御座いますが、人間としてのけじめとしてご報告させて頂きます。

2018年2月1日 小泉今日子

(改行は管理人による)

一方、お相手の豊原功補さんも自身の公式ホームページでこのようにコメントしています。

本日、小泉今日子さんから独立のご報告と共に記されている件について、私からも述べたいと思います。

私と小泉さんとの関係性はご本人からの報告にあるように、互いに志を共にするパートナーシップであり、恋愛感情も伴っております。
そして私が既婚者であるということも事実です。

しかし一部週刊誌やネット上で伝えられてきた内容には実際と異なる部分もあり、中には私が既に離婚しているかのように書かれたものもありますが、それは事実ではありません。

私には家族、妻子があります。
このことで双方関係者の皆様にはご心配ご迷惑をおかけしておりますこと大変申し訳なく思っております。

また私自身、家族に対し様々な厳しい思いを強いていることへの自責の念は尽きませんが、それをどのような言葉を持ってここに記すのも相応しいとは思えません。
自分自身と家族の問題としてこれからを考えていきたいと思っております。
責任は私にあります。

これまでの間、虚実ないまぜの記事や、直接の取材要請も他メディアでの報道もなかったことに違和感を覚えつつもこれを黙認し、口を閉ざしていた自分の数年を反省しております。
おこがましくも、半ば私的なことを述べさせていただくことになりましたが、私の心で置き捨てにしてはならないと思うところ、また俳優業の端くれとしての自己と、この先の純然たる創作世界を見つめる上でも、私における事実として発することにさせていただきました。
つきましては、今後全て私の一身で受ける所存でありますことご了承いただきたく存じます。

尚、家族とは三年近く以前より住まいを別にしており、家族はこの仕事とは携わりのない明らかな私人であり、一般的な環境の中で日々の暮らしを過ごしております。
大変恐縮ですが、家族及び親類などへの取材、詮索等は一切ご遠慮下さいますよう、ご配慮、ご理解のほど切にお願い申し上げます。」

豊原功補

(改行は管理人による)

お二人とも互いの恋愛関係について、はっきりと認めていらっしゃいますね。
堂々としたものです。

小泉さんは豊原さんのご家族へ謝罪したうえで、「一個人として全てをこの身で受け止める覚悟」と潔さを感じます。

豊原さんも、関係者への謝罪とご家族への自責の念、配慮を願うと共に、「全て私の一身で受ける所存」とやはり覚悟を決めているようです。

スポンサーリンク

【小泉今日子と豊原功補、結婚はあるか?】

この発表の翌日、2018年2月2日のこと。
小泉今日子さん主演の舞台「毒おんな」の稽古が都内で行われていたそうです。

あの恋愛宣言をした翌日ですから、当然、たくさんの報道陣が小泉さんを待ち構えています。

報道陣から
「豊原さんと結婚されるのですか?」
「なぜ公表したんですか?」
と質問の嵐。

稽古場に向かう階段の途中で立ち止った小泉さん。
報道陣に向かって一礼すると、しっかりした口調でこう言ったそうです。

「(発表した)文章をキチンとお読みください。
結婚するとかそういうことではありません。
今の事実をお伝えしたく、自分の思いを書かせていただきました。」

続けて、
「自分の罪は自分で背負って生きていきたく思います。」
「お騒がせしてすみません。」
と報道陣に再び一礼した後、稽古場へはいっていったそうです。

ホームページで発表しただけあって、すでに肝が座っている感じがします。

そういえば昔、小泉さん、
「どうせこの世はやったもん勝ちよ~♪」
なんて歌っていましたね。

そんなフレーズが思わずアタマのなかをリフレインしました。


スポンサーリンク