GACKT&YOSHIKIの『芸能人格付けチェック!』二人のコメントが神!!

【GACKTがYOSHIKIと組んだ『芸能人格付けチェック』】

GACKTさんが、お正月の恒例人気番組『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018お正月スペシャル』(テレ朝系)でYOSHIKIとチームを組みましたね。

問題は、「ワイン」、「和楽器」、「ワイン」、「ヴァイオリンとチェロの三重奏」、「盆栽」、「牛肉」の6つ。
YOSHIKI&GACKTチームは見事、全問正解!

GACKTさんは、2016年、ジャニーズ所属の二人(詳しいは別記事GACKTの格付け連勝を阻んだジャニーズの二人)とチームを組んだとき、二人が不正解を出して連勝が途切れたものの、個人としては連勝記録を「55」に伸ばしました。

その番組での二人の選択理由についてのコメントがネットで話題に。

まずは、YOSHIKIさんのコメントから。

YOSHIKIさんはワインの問題に挑戦。
1本100万円のシャトー・ペトリュスとフランス・ボルドー産の1本5000円のテーブルワインの飲み比べ。

YOSHIKIさんは、一瞬迷った風にも見えましたが、
「100%Aです」とズバリ正解。

その理由についてはこのようにコメントしました。

「香だけでわかりました。
アメリカに住んでますけど、100ドル以下、1万円以下でも結構いいワインはあるんです。
5000円でしたっけ?
それでこれだけの味がするというのは…。
これだまされる人いるんじゃないですか?」

香りだけで分るというのはさすが。

また、YOSHIKIさんはヴァイオリンとチェロの三重奏の問題にも挑戦。
3本で39億円の楽器と、総額80万円の音色を聴き分けるもの。

YOSHIKIさん、こちらも余裕で正解。

「響き、音の深みというのが全然違う。
同じ人が演奏してもあれだけ違うんだなと思いました。
最初の10秒でわかりました。」

と自信に満ちたコメント。

GACKTさんが挑戦したのは、琴・尺八・三味線の和楽器の問題。
プロの「日本音楽集団」とアマチュア和楽器サークル「関東学生三曲連盟」の聴き比べでした。

GACKTさん、勿論これも正解。

その選択理由がかっこいいんです。

「和楽器の演奏では、阿吽(あうん)とずらしが一番大切です。
和楽器の演奏者に年配の方、キャリアが長い方が多いのは、そういうずらしを独特の呼吸で出来るからだと思います。」

二人とも、それぞれうんちくを語っていますね。

このような説得力あふれる二人のコメントが話題になり、番組放送後、ネット上で「やっぱ本物は違う」、「勉強になった」などの声が数多く飛び交いました。

スポンサーリンク


【GACKTがブログでYOSHIKIを「カッコイイ」とリスペクト】

1月6日、GACKTさんは自身のブログを更新した際に「芸能人格付けチェック」についてこのように語っています。

「今年もYOSHIKIの大きな助力により、一流芸能人の地位を守ることができました。」

というあいさつに続き、

「YOSHIKIが冒頭での一言、「(間違えて落ちても)それはそれでいいかも…」ボクは心の中で全力で突っ込んでいたGACKTです。
『オ”????イッ!!真剣にやれぇぇぇ!!』
今年は無事にハゲずに済みました。
ボクの心臓は終始、バクバクだったわけです。」

と、内心ハラハラしていたと胸中を告白してます。

さらにこう続きます。

「YOSHIKIの余裕で正解を出す姿を見て、
『悔しいけど、カッコいいかも…』
と茶菓子好きな兄を尊敬し直したわけです。」

と、YOSHIKIさんをリスペクトしているのが分りますね。

ちなみに、YOSHIKIさんとは、2007年5月にヴィジュアル系バンド「S.K.I.N.」を一緒に結成したりと、二人は音楽活動を通じてかねてから交流があります。
昔からリスペクトしていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

【GACKT、来年は『芸能人格付けチェック!』に出られない?】

前人未到の、個人55連勝を達成し、番組『芸能人格付けチェック!』には欠かせない存在となったGACKTさん。
しかし、来年(2019年)の『芸能人格付けチェック!』には出ない、というか「出られない」のでは、という憶測が飛んでいます。

というのも、GACKTさんが熱心に肩入れして、別名『GACKTコイン』とも呼ばれる「SPINDLE」という仮想通貨があります。
これが大暴落し、政界も巻き込んだ大きな問題になっているからです。

この問題が解決するまで、テレビ各局がGACKTさんを出演させるのを控えるのではないかと囁やくテレビ関係者もいるくらいです。

詳しくは別記事『GACKT仮想通貨問題で逮捕直前?』に書きましたので、ご興味のある方は是非ご覧ください。