安藤サクラと旦那:柄本佑がCMで共演した動画

安藤サクラと旦那:柄本佑がグーグルのCMで共演


女優の安藤サクラさんと旦那の柄本佑さんがCMで共演して話題になっていますね。
安藤サクラさんといえば、2018年に第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した映画『万引き家族』で主演したことで一躍有名になりました。
最近では、2018年10月から始まるNHKの朝ドラ、連続テレビ小説『まんぷく』の酒宴を演じるなど、ノリにノッています。
そんな安藤サクラさんと旦那の柄本佑さん夫婦が共演したCMが、2018年8月28日に公開された「Google Japan」の「Google(グーグル)アシスタント」です。
『それ、Google にやらせよう。』のフレーズを覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
スマホに文字を入力する代わりに話しかけるだけで、スマホがいろいろな機能を果たしてくれるやつですね。
では、早速実際のCM動画をご覧ください。
*20秒ぐらいのところで出てくる夫婦が安藤サクラさんと柄本佑さんです。
「Google(グーグル)アシスタント」がトラブルを解決してくれたバージョンのCMはコチラ。
*10秒ぐらいのところで安藤サクラさんと柄本佑さん夫妻が出てます。
スポンサーリンク


安藤サクラさんのプロフィール


  • 本名:柄本 さくら(旧姓:安藤)
  • 生年月日:1986年2月18日
  • 出生地:東京都
  • 身長:160 cm
  • 血液型:A型
  • 出身校:学習院女子大学国際文化交流学部卒業
  • 職業:女優
  • ジャンル:映画、テレビドラマ
  • 活動期間:2007年 –
  • 事務所:ユマニテ
  • 主な出演テレビドラマ『野田ともうします。』『ショムニ2013』『ゆとりですがなにか』
  • 主な出演映画:『愛のむきだし』『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』『かぞくのくに』『0.5ミリ』『百円の恋』『万引き家族』
  • 実父:奥田瑛士(俳優)
  • 実母:安藤和津(エッセイスト)
  • 実姉:安藤桃子(映画監督)
一口メモ:2007年、映画『風の外側』で本格デビュー。2014年、映画『百円の恋』にて第39回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。2018年6月全国公開の映画『万引き家族』(監督:是枝裕和)で主演。同作品は第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞。同年NHK連続テレビ小説『まんぷく』でヒロイン・今井福子に起用される。家族に著名人が多く、両親の奥田瑛士・安藤和津のほか、曽祖父に犬養毅、祖父に犬養健、再従姉妹に緒方貞子をもつ所謂”サラブレッド”。

柄本 佑(えもと たすく)さんのプロフィール


  • 本名:柄本 佑
  • 生年月日:1986年12月16日
  • 出生地:東京都
  • 出身校:和光高等学校(和光学園)、早稲田大学芸術学校空間映像化科
  • 身長:182 cm
  • 血液型:B型
  • 職業:俳優
  • ジャンル:映画、テレビドラマ
  • 活動期間:2003年 –
  • 事務所:アルファエージェンシー
  • 主な出演テレビドラマ『朝が来た』『雲霧仁左衛門』『雲霧仁左衛門2』『ヤンキー母校に帰る』『げげげの女房』
  • 主な出演映画:『美しい夏キリシマ』『偶然にも最悪な少年』『コワイ女』
  • 実父:柄本明(俳優)
  • 実母:角替和枝(女優)
  • 実弟:柄本時生(俳優)
一口メモ:2008年「秋田十文字映画祭」で安藤サクラさんと出会う。2010年、映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』で初共演。3年間の交際を経て2012年3月に結婚。2018年、二人の間の第一子誕生。

ぼくりり、ツイッター炎上で謝罪?ラストライブは「葬式」!

“ぼくりり”のツイッター騒動


“ぼくりり”が突如の引退発言のあと、ツイッターで大変なことになっていますね。

きっかけは、ツイッターでの

「こんなことなら、才能なんてなければよかった。ありきたりな人間に生まれればよかった」

という“ぼくりり”のつぶやき。

このつぶやきが賛否を呼び、エールや批判が寄せられていた。

その後、以下のようなつぶやきが続きました。

「今このツイートを見ている、僕のアンチの皆さん。皆さん、僕に嫉妬しますか?皆さん、僕が羨ましいですか?皆さん、僕になりたいですか?」

「アンチの意見が欲しいって言ったのに、僕に惹かれた信奉者ばかりで辟易しました」

「アンチ以外答えないでください。その他はリプライで答えなさい」

この物言いが更なる批判を招きます。

「アンチのことばかりつぶやいていないで、もっとファンを大切にすべき!」と批判するフォロワーに対し、『説教ババア』とよ呼び、

「リプ欄の説教ババア軍団うざすぎワロタ」

「『ファンを大切にしろ』?黙れよ説教ババア アーティストにも客選ぶ権利あるんだよ!!!」

「説教したいならてめえの子どもにしろや チヤホヤされたいならホストクラブいけカス」

「引退を前に、ファンが“ぼくりり”ロスにならないようにわざと嫌われようとしているのか?」といううがった見方をする人たちまで現れる始末。

スポンサーリンク


“ぼくりり”が謝罪?ラストライブ告知のため?

そんな中、一連の騒ぎに辟易したのか、“ぼくりり”がとうとう謝罪しました。

*9月28日のつぶやき

「【お詫び】 皆様から頂いたご指摘の通り、応援してくださるファンの皆様、とくに説教バb……貴重な御意見をくださる妙齢の方々への礼儀と感謝を欠いた態度をとってしまい、誠に申し訳御座いませんでした。心よりお詫び申し上げます。改めまして、ぼくのりりっくのぼうよみを応援してくださって、誠にありがとうございます」

ただ、そこにアップされている“ぼくりり”の写真の表情が挑発的なんです。

♣“ぼくりり”のツイッターはコチラ

だれかに謝るよう言われて仕方なく謝罪したとも思われます。

実際、その日すぐあとに、

「卑屈を押し付けるのは呪いだ 何言われようと好きに生きるのが僕の仕事です」

とつぶやいています。

そんな“ぼくりり”も、その直後「お母さん」にiPhoneを取り上げられたようで、9月29日以降1週間ほどツイッターに投稿がありませんでした。

その最後の投稿で“ぼくりり”はラストライブの告知をしています。

この流れから想像すると、もしかしたら、所属事務所から謝罪をするよう言い渡されたのかも…。

ちなみに、ラストライブのタイトルはなんと「葬式」。

偶像“ぼくりり”を葬り去る儀式と位置付けています。

ラストライブの日程と場所は以下のとおりです。

  • 日程:2019年1月29日
  • 会場:昭和女子大学 人見記念講堂

渋谷駅に大きな広告があるそうです。

興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

ボクノリリックノボウヨミの歌詞の意味は?”sub/objective”編

鋭い感性で綴った詩が心に響くと定評のある”ぼくのりりっくのぼうよみ”。

最近、日本テレビ系列の深夜の報道番組『ZERO』で、2019年から芸能活動から身を引くと発言し話題になりましたね。
なかなかああいう歌詞をかける人がいないので惜しい限りです。

その歌詞ですが、英語も混ざり、ときには難解な表現もあるので、「どんな意味?」と疑問に思うことはありませんか?(・・;

詩なので受け手がそれぞれ自由に解釈すればよいと思うんですが、英語の部分は単語を知らないと???ですよね。

そこで、ぼくのりりっくのぼうよみの曲の英語の部分を中心に歌詞の意味を書いてみました。
曲別にまとめていますので、「イチイチ調べるのが面倒・・・」という方はご覧ください。

今回は、”sub/objective”編です。

スポンサーリンク


ぼくりり”sub/objective”の歌詞

タイトル”sub/objective”の”sub”は、”subjective”という単語の一部。
“subjective”は“主観的”という意味です。

もう一つの”objective”は“客観的”という意味ですね。

高校の英語の授業で主語を”S”、目的語を”O”と習いましたよね。
あの”S”は”subject”、”O”はobjectの頭文字です。

ですから、タイトルの”sub/objective”を日本語に直訳すると、“主観的/客観的”になります。

他者を見る自分と、他者からどう見られているかにとらわれる自分が常に入れ替わっていく精神状態を歌った曲ですね。

ジコチュー的に周りを見てしまう自分と、いつも周りの目を気にしてしまう自分が同居しているボク。
ナンカわかる気がしませんか?

では、歌詞を英語を中心に見ていきます。
(日本語部分を解説するのは、ぼくりりに悪い気がするので、最小限にします。自分が感じたままでOKです。)

架けた橋 遠ざかり 遠回り
behave like a blindness
取り返しつかないところまで
一人ベッドで毛布に包まり
告げる現実にgood-bye

“behave”(ビヘイブ)は“ふるまう”、
“like”は、“~のように”、
“a blindness”(ア ブラインドネス)は“目が見えない人”です。
(外から部屋の中を見られないようにする窓の“ブラインド”にnessをつけた言葉です。)

つまり、“目が見えない人のようにふるまう”ということですね。

せっかく他人との「架け橋」が見つかっても「遠ざかって、遠回り」してしまう自分を”目が見えない人のようだ”と歌っています。

数倍に膨らんだ悪夢
簡単に物事を投げ出し
no matter what I do
全て未来は決まってる
そんなふりをした

“no matter what I do”(ノー マター ホワット アイ ドゥ)は決まり文句です。

“no matter~”は”~であろうとも”、
“what I do”は”自分がすること”ですから、
”ボクが何をしようとも”という意味ですね。

そして夜が来た
悲しみが空を覆った
放り出された真っ暗闇
見失わないように心研ぎ澄まし
塗りつぶすグレーに na na na
夜中にふと気付く isolation
なんか泣きたくなるな

“isolation”(アイソレーション)は”孤立”です。
John Lennonの曲に”isolation”というのがありますが、それと同じ言葉です。

Afterglow 照らすオレンジ
Afterwards すべて終われば
泣いたりしなくて済むのかな
I deceived other everyone

“afterglow”(アフターグロウ)は”夕焼け”です。
続く”照らすオレンジ”は夕焼けの空ですかね。

“afterwards”(アフターワーズ)は”その後”です。
お気づきのように韻を踏んでいますね。

続いて出てくる”deceive”(ディスィーヴ)は”欺く”、”だます”という意味です。
“I deceived other everyone”(アイ ディスィーヴド アザー エヴリワン)で”ボクは他のみんなを欺いた”になります。

スポンサーリンク


いつしかすり替る一人称から三人称へ
二元論でしか世界を観れないのは悲しい
すべてに apathy だから魂奪われ融ける
いつしか物を見ている自分を見るようになった
他人からどう見えてんのか
それだけ気にしている
なんてすばらしい人生だろう

いつしかすり替わる一人称から三人称へ”は、主観的=”subjective”に他者を見る自分から、から客観的=”objective”、つまり他者の目で自分を見るボクになるということ。

”二元論”というのは、世界を「精神と物質」とか「善と悪」など二つの原理で解釈する考え方です。
ここでは、”自分”と”他者”を指していると思われます。

“apathy”(アパスィ)は”無関心”。

”なんて素晴らしい人生だろう”は皮肉ですね。

“Check this!!” “Check this!!”
叫ぶ自分を objective に眺める
急にどうでもよくなって
投げ出す何もかも
そして拾い集める
また泣いてるよ

“Check this!”(チェック ジス)は“確認しろ!”。

「他人からどう見られているかを確認しろ」と自分に叫んでいる自分。
そんな自分を”objective”=客観的に見ている自分がいる。

“Daybreak また夜が明ける
Describe ボクを貫く
涙でなにかかわるかなぁ
I deceived even myself

“daybreak”(デイブレイク)は夜明け。

“describe”(ディスクライブ)は“記述する”、“(ことばで)描写する”という意味。

“subjective”と”objective”を行き来する自分自身を言葉で表現することで自分を知るということでしょうか。

“I deceived even myself”(アイ ディスィーヴド イブン マイセルフ)で”ボクは自分自身さえもだましている”という意味。

自分と他者に引き裂かれた自分。
常にその間を行き来している悲しさ。

この問題は、昔から哲学・心理学で扱われている王道のテーマです。
これまで信じられてきたかつての価値観が崩れ去った現代、ますますその意味が問われる深い曲ですね。

才能あふれる”ぼくりり”が芸能活動から引退してしまうのは、ホントに残念です…。

“ぼくのりりっくのぼうよみ”の歌、ランキング比較

どの歌もその歌詞のメッセージ性で人気のミュージシャン“ぼくのりりっくのぼうよみ”(略称:ぼくりり)。
2018年9月21日、日本テレビ系『NEWS ZERO』で2019年1月に音楽活動を終了することをポロっと語り、若者の間で話題になっていますね。

ぼくりりの歌はどれもヒットしていて大人気なんですが、ランキングを比較してみると“歌う曲”と“聴く曲”とでは人気曲が違うんですよ。
ちょっとその辺をご紹介します。

カラオケで“歌う曲”ランキング

  1. SKY’s the limit
  2. 朝焼けと熱帯魚
  3. Be Noble
  4. 罠 featuring SOIL&“PIMP”SESSIONS
  5. sub/objective
  6. Black Bird

JOYSOUND「ぼくのりりっくのぼうよみの人気曲ランキング」より

ダウンロードして“聴く曲”ランキング

  1. 僕はもういない
  2. 輪廻転生
  3. 朝焼けと熱帯魚
  4. Be Noble
  5. SKY’s the limit
  6. つきとさなぎ
  7. Be Noble(re-build)
  8. sub/objective
  9. パッチワーク
  10. 孤立恐怖症
  11. fuckin’ summer vacatioooooon!!!!!!!!!!!
  12. after that
  13. 罠 featuring SOIL&“PIMP”SESSIONS

  22.Black Bird

レコチョク「MUSIC LIST人気順」より

スポンサーリンク


カラオケで“歌うなら“僕はもういない”

“SKY’s the limit”、“朝焼けと熱帯魚”、“ Be Noble”、“sub/objective”あたりは、“歌う曲”と“聴く曲”のどちらにもベスト10にランキングされています。

おもしろいのは“Black Bird”で、カラオケではよく歌われているようですが、“聴く曲”としては22位とベスト10に入っていないんですね。

あと、レコチョク人気ランキング第1位の“ぼくはもういない”と2位の”輪廻転生”は、JOYSOUNDのランキングに入っていないんでよね。
まだリリースされたばかりで、これからカラオケランキングが上がってくるのは間違いなし!

こっそり練習してカラオケでうまく歌えば、「おお~」と一目置かれるのではないでしょうか。
自信のある方は、ぜひチャレンジしてみて!